金沢漁港忠彦丸 午前タチウオ釣り


東京湾の夏の風物詩と言えば、タチウオをおいて他にない。そのタチウオの釣況が上向き出したということで出掛けたのは8月26日の金曜日。食い気にムラのあるタチウオだが、一度活性が高まるとルアーでもエサ釣りでも数多く釣れることでも知られる。当日は三浦半島の鴨居港、新安浦港周辺の船宿が夏休み中ということもあって、金沢漁港の忠彦丸に集中した感じだ。


平日だというのに2隻出しの大盛況。筆者が乗り込んだ船では右舷だけでも11人の竿が並んだ。2〜3日前から食いダナが70m前後と深くなっているということで、電動リールを持ち込んだ。だが予備に用意した1.8mのライトタックルが功を奏してくれた。


港から約30分で到着した観音崎沖。船長からの指示ダナは「底から5〜15mを探って。水深は50m」というアナウンス。最初は電動リールを使ってアタリを出していたが、どうもリールの作動が不調で、1匹掛けたあとからライトタックルに変更。オモリ60号にハリス6号2m1本針で対応した。理由は喰い渋りだからだ。エサのサバの短冊は縫い刺しでアタリを早く出す釣り方に決めた。垂らしの長い短冊では下側の垂らしのみがかじられるだけで、なかなか針掛りしないのだ。


一般的には、食い渋りの時には垂らしを長く取るチョン掛けでハリに付けるのだが、アタリがあってもなかなか食い込まない状況に痺れを切らして縫い刺しに終始に。これがうまく行って3本目を取り込んだのはもう9時を過ぎていた。やっと少しだけ活性が高くなった印象だったが、食い込みアタリが少ない。アタリが出てもまったく針掛りしない。強く引き込むアタリが出ないため、誘い続けるのだがエサを追いかけてこない。両隣の釣り人もなんとか9時頃に1本ずつを掛けただけで、「今日は難しい日だね」とボヤく。


筆者の誘い方は、夏タチウオの典型的な方法。上層へ向けて少しずつ仕掛けを揺すりながら巻き上げてくる。ルアージギングでいうショートピッチジャークに近い感じだ。巻き上げ距離は30cmから50cm弱。途中でアタリが出ても無視すること。多少待っても3秒程度。待てど暮らせど食い込みアタリが出ないのだから仕方ない。最も上のタナで食わせたのは水深19mであった。船長も「アタリが出ても上へ誘い上げてくること」と指導していたのが印象的。


午前10時20分を過ぎると、まったくアタリがなくなり、エサも取られなくなった。食い渋りの日は活性の高い時間が短いと思った方が良い。食い気が出ている時間帯に数を釣らない限り釣果は伸ばせない。タチウオ釣りの難しい点といえる。


結局、午前11時に沖揚がり。船中釣果は0〜12尾。筆者はなんとか4本で打ち止め。途中の早アワセによるバラシがなければあと2本は取り込めていたはず。電動リールの不調、ライントラブルや道糸切れなどもあり、集中できる時間は少なかった、と言い訳するのが精一杯。9月中には再度リベンジするつもりだ。





京急大津港小川丸ボート シロギス五目釣り


自然を相手にする釣りは天候に左右されることが多い。予定していた釣りが悪天候や強風などによって断念しなければならないことが案外多いもの。お盆の真っただ中である8月15日の月曜日は葉山でボート釣りの予定だったが、次第に南風が強くなる予報のためボート釣りは急遽中止となった。


すでに前日に購入済みのアオイソメをまんま廃棄処分にするというのも忍びない。そこで冷蔵庫の野菜室に保管しておいたアオイソメを使うべく、相模湾から東京湾へ遠征? したのは17日の水曜日。場所は走水の手前、京急大津である。ここは過去に何度か訪れているが、夏季にシロギスメインで釣りをした記憶がない。ここはサビキで狙うアジ五目が人気で実績も高い。


だが、当日は一切コマセを使わず自宅から持ち込んだアオイソメだけでシロギス五目を集中して釣ることに決めていた。もちろん、外道のメゴチが釣れれば端物狙いでマゴチも釣ってしまおうという大胆な計画を立てた。


当日は運良く弱い南風で、相模湾では出船中止でも東京湾ならOKという風向き。朝5時に起床して6時過ぎには横横道路の衣笠インターを降りていた。途中コンビに立ち寄りたっぷりの飲料水と氷、それに食料も購入。熱中症を考えてスポーツドリンクは多めに購入した。


京急大津港の小川丸から一人でボートを漕ぎ出したのは7時15分前。かなり気合いが入っていたのは今シーズのシロギス釣りで満足できる釣果を得ていなかったからだ。

端物狙いのマゴチも不発ばかりでストレスも頂点に。


だが、思うように行かないのが釣り。それでも波穏やかな大津港沖に漕ぎ出すと、もう釣果は気にしない。そこそこのお土産が釣れれば良い、と考えを変えることができた。南寄りの微風がわずかに吹くだけの早朝の清々しい海面に釣り糸を垂れると、心が落ち着く。いつもは釣り仲間と訪れるボート釣りだが、何も気遣うことなく一人でシロギスと戯れる時間も心地よい。


馬堀海岸沿いを流し釣りで狙うと最初に釣れたのは根回りに棲息していたカサゴ。しかも大小ダブルで釣れた。たぶん親子か番いだったのでは。シロギスは水深24m前後の砂地帯を流しながらポツリポツリと釣れた。良型は少なく、アタリも散発。ただノーアンカーで流し釣りをすると、結構忙しい。しかも2本竿ならマメに底ダチを取り直す必要があり、途中からマゴチ狙いの竿を出したらもう大変。タバコに火をつける時間もないほど。アタリが多いのでなく、少しずつボートが流れるためアタリが多く、底ダチを取るのも忙しい。


反対にアンカーを投入して釣りをするならアタリはマメに誘うこと。リールを巻きながらエサを動かすことが重要となる。ただ、弁当かオニギリなど食事をする際にはアンカーを入れた方が絶対落ち着ける。小川丸のアンカーは円錐形コンクリート片だけに重たい。だが、流されることなくシッカリとアンカリングできるので安心。


残念ながら釣果はチョボチョボ。シロギス7匹にカサゴが2匹だけ。アタリがあってもバラシが多く、食い込みが浅いという現象はハリ掛かりが浅いことでも分かった。ボートの中に取り込んだ直後にハリから魚が外れることが多かった。また、付けエサについて一言。相模湾のシロギス釣りに使われるジャリメよりも東京湾の沖釣りで多用されるアオイソメの方がハリに付けやすい。ヌメリが少ないこととつかみやすい点。初心者なら迷わずアオイソメを使うことをオススメする。





片瀬漁港萬司郎丸 ショートシロギス釣り


うだるような灼熱地獄のこの時期にボート釣りをして、昼からバーベキューをしようということで出掛けたのはお盆真っ最中の8月15日。ところが、予定していた葉山の遠山ボートに出向くと「今日はこれから南西風が強まるからボートは出せません」とのこと。急遽我々2名だけ予定を変更し、片瀬漁港の萬司郎丸からショートシロギス船に乗ることに。理由は簡単。一緒に連れてきた中学時代からの友人が「釣りを覚えたい」というからだ。


なんとか出船時間に間に合い、午前7時10分に港を離れて七里ケ浜沖まで約10分。すでに南西風は吹いていたが、逆にまったく汗をかかない爽快感が沖合ならでは。友人は釣りがまったくの初心者。竿も持ったことがないためゼロからの指導をしながらの釣りとなった。萬司郎丸では、貸し道具は無料でエサのジャリメも使いたい放題。氷も付いているから良心的である。

乗船料金は午後12時30分沖揚がりで、大人4000円は安い。

 

だが、釣り開始からアタリが少なく、どうにもストレスが溜まる。シロギス釣りなら船下に仕掛けを落としておくだけでもプルプルとアタリが明確に出て、ものの20分程度ですぐに釣れるのが一般的だが、どうやら当日は濁り潮のようで、シロギスには悪い潮のようだ。やっと筆者に掛かったのは午前8時30分過ぎ。それまでもアタリはあるのだが、どうにも針に掛からない。濁り潮と高水温が災いしている感じ。


友人は初めての釣りと乗船も30年振りとか。前夜の睡眠不足も手伝って船酔い気味。なんとか竿を手にしていたが、2時間後にはマグロ状態に。それでも30分後には復活して、教えた通りに竿と仕掛け、エサ付けもできるようになり、午後9時過ぎには1匹、その30分後には2匹目と苦労しながら釣り上げていた。

ただ、慣れていないためどうしても手返しが悪く、遅くなる。特にジャリメのエサ付けがひと苦労。ヌメリがアオイソメよりも強く細いためエサが付けにくい。筆者も久しぶりにジャリメの付けにくさを体感。タオルでヌメリを除去してからでも途中で切れやすいため、付けエサとしは不満が残った。濁り潮対策のためにアオイソメを持参することをオススメする。


さて、結果はさんざん。特に10時30分頃からは南西風が強くなり、胴の間に座っていても揺れを感じた。さらに大潮の下げ潮のためか潮が速く仕掛けが流される。他のお客と仕掛けのトラブル、オマツリが多くなり、自分の仕掛けが手前マツリというケースもあって、なかなか本命を釣り上げられない。


まぁ、ポツリポツリと釣れたのが9時前後から10時頃。外道も多彩で、定番のメゴチやヒメジの他にカナガシラやヒイラギ、ジャンボトラギスも混じった。初挑戦の友人は頑張ってシロギス3匹を釣り上げて嬉しそうであった。


相模湾でのシロギスの沖釣りは8月末で終了。9月から年末までは禁漁期間となる。産卵時期の釣りを控えてシロギスを増やそうという考え方はぜひ続けて欲しいものである。再開は1月頭からとなっている。





伊東海岸ボート サビキ五目釣り


前日から東伊豆の川奈に宿泊して小川ボートから貸しボートで釣りを予定していたのが8月10日。だが、「小川ポートは海の家が忙しいから無理かもね」と川奈漁協裏のつりエサ店主から聞き、結局伊東まで走ってオーシャン釣具でボートを借りることになった。


オーシャンボート店主の最新情報では「ソウダガツオは数日前からポツポツ、小サバが多いのが難点。でもカイワリも粘っていると釣れるから場所の移動はしない方がいい」と言われて、ポイントを教えてもらって漕ぎ出したのはもう午前8時40分を回っていた。出遅れたのが幸わいしたのか先客が好ポイントに入っていたため目印代わりになってくれた。先客のボートから約25mほど宇佐美より移動してアンカーを入れると、これがまた運良くボート店主の言う水深約39mに入れた。


ここで粘ること2時間15分。やっと釣り仲間の斉藤氏に待望のカイワリが釣れた。伊東沖のボート釣りで釣れるサイズは決して大きくはないが、シマアジと同等の美味な高級魚だけに大切にキープ。斉藤氏に聞くと「タナは海底から1mか50cm程度。仕掛けはハゲ皮に替えてみたら食い出した」といって嬉しそう。それまでほとんど釣れなかっただけに喜びもひとしお。カイワリはアジと同様に海底近くを遊泳する習性がある。引きも強く同時に2匹以上もかかるとリールのドラグが滑るほど。


筆者にはアタリがないまま2匹目も斉藤氏に掛かってきた。これはサバ皮が当日の潮色に合わないことを暗に物語っていると判断。斉藤氏にハゲ皮サビキを借りて再投入すると30分もしないうちに竿先が海面に突っ込み待望のカイワリが釣れた。全長17cm程度だから引き味はまずまずといった印象。筆者に2匹目が掛かったのは、もう午後1時近くになってから。その間に斉藤氏はカイワリを3匹、小サバ1匹、ソウダガツオも釣り上げて、サビキ五目釣りを満喫していた。


だが、ドラマは最後に筆者の竿に訪れた。海底から50cm底上げしてアタリを待っていると、急激な突っ込みに慌ててリールを巻く。すると手応え充分な重量感とドラグを滑らせる強引が心地よい。もう午後1時30分で沖揚がり直前でのヒットに慎重に巻き上げると、海面に現れたのは全長30cm(後検量)のマアジだ。海面近くになっても横走りしないのはサバやソウダガツオではないと思っていたが、まさか良型アジが掛かるとは驚き。満足感に浸って沖揚がり。


好ポイントで粘ることが大切とは聞いていたが、本命カイワリを2人で6匹、マアジ1匹をクーラーボックスに入れて帰宅の途についた。参考までに水深約36mの水温は28度。昼前から微かに南寄りの風が吹いた程度で終日ベタ凪であった。また7月下旬から8月末までは事前にボート店へ予約の電話を入れることをオススメします。港祭りや海の家との関係でボートを出せない日もあるようです。貸しボートは1日3500円、駐車場代は1日500円。夏季は多少割高になるボート店も。





牛伏海岸ボート シロギス&サビキ五目釣り


立秋に入ってから強烈な猛暑が続くというのに好きな人は釣りに出掛けるもの。それがボート釣りとくれば、海面からの照り返しもあり魚を釣る以前に熱中症対策が釣果を左右するといってもいい。出掛けたのは8月8日の深夜12時頃。釣り仲間の斉藤氏と藤沢駅前で待ち合わせて沼津の牛伏海岸に到着したのは午前2時過ぎ。広い無料駐車場にクルマを止めて早速深夜の宴会が始まる。寝たのは午前4時過ぎ。これで夜明けから釣りをするのは無謀と考えて、午前6時まで寝てしまった。


ここ牛伏海岸は昼前から必ず南寄りの風が吹くため、午前11時には着岸しなければならない、という特異な場所。それを熟知している地元ベテランは夜明け前に到着して日の出とともにボートを出す。すでに終盤を迎えたシロギスは高水温もあって水深3m弱の浅瀬に移動し、小さな群れを形成。この時期はピンポイントの群れを探せるか否かで釣果が大きく違ってくる。


実際、我々も牛伏山の近くにある洗岩近くに移動するとポツリポツリとシロギスが釣れるが、少しでも離れるとすぐにアタリが激減する。岩の近くに2艘のボートが流し釣りで楽しんでいる姿を目にする。だが、あまり近づきすぎるのもマナー違反だ。

当日は無風ベタ凪の好条件だが、風がないため午前8時を過ぎると極端に暑い。アタリがあって本命シロギスが釣れているうちは良いのだが、ポイントを外れるとアタリはなくなる。


そこで、コマセを持参していたので「そろそろアジとか青物でも釣りますか」ということで、牛伏山の全景が見渡せる沖まで漕ぎ出して、釣り再開。水深は22m前後から35mと一気に水深が変わるため、流し釣りは難しい。アンカーを投入しようと考えたが、無風で潮流も揺るいため、ノーアンカーでサビキ五目に挑戦。沖揚がり前にはなんとかソウダガツオを仲良く1匹ずつ釣り上げて、その後30分で納竿とした。


ソウダガツオは全長30cm超で、強烈な引きを味わいながらボート内に取り込み、写真を撮ってすぐにエラを切って血抜き。水バケツに頭から入れて5分ほど血抜きをしてから氷の入ったクーラーボックスに仕舞った。残念ながらヒラではなくマルであった。これから青物五目が楽しくなってくる季節だ。コマセは多めに持参し、仕掛けの種類やオモリ号数も多種類用意しておこう。ワカシやカンパチの幼魚も釣れ始まる頃にはもう少し猛暑も落ち着いてくれることだろう。


因に日の出から午前11時までの貸しボート料金はどの店でも共通で2500円。ただし一人乗りの場合は、2000円というボート店もあるとのこと。着岸11時の時間厳守は必ず守ること。

また、ボート店主の話によれば「シロギスはもう終盤。5月から7月末までが最高に釣れる時期なのに」と言われ、ガックリ。遠征ボート釣りは最新の詳細情報を仕入れて行くことが大切だ。






カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM