真鶴半島 エトーボート カワハギ釣り


毎年11月に入ると気になるのが木枯らし一番。
相模湾でもボート釣りともなると風が吹くと出られないことが多い。

それでも1116日は運良く真鶴半島でボートでカワハギ釣りを楽しめた。

とはいえ、結果は小型が2匹だけと悲惨な結果終わったのだが。


真鶴のボート釣りでは原則としてアンカーはパラシュートアンカーのみ。

通常のアンカーは使用禁止。

それだけに一人だのカワハギつりは何かと忙しく難しいもの。

当日は天候も良く風も弱い北風で安心して漕ぎ出したが、案の定そうした日はアタリが少ない。

ボート店主の言う福浦漁港沖の定置網起点付近の赤い円柱ブイ回りを探索したもののほとんどアタリもなく、1時間粘って断念。

外道のベラやキタマクラも釣れなければ仕方ない。


向かったのは昨年晩秋に釣れたボート乗り場沖の近く。

水深2023m前後。

岩礁帯が多く根がかりもあるが、アタリも多い。

そこでなんとか小型を1匹釣ってひと安心。

2匹目はさらに1時間30分待ちという厳しい喰い渋り状態。

水温は海底で21度もありまだ群れが固まっていない様子。

それでも外道のベラやキタマクラが釣れれば期待が持てる。


昼直前に2匹目が釣れてなんとかなったが、型が小さい。

アタリも少なく外道も少ない状況だったが、自分の判断でポイントを移動して釣り上げたので、不思議と小型2匹だけでも満足できた。

12月中旬には爆釣りが期待できるだろう。


PB160044当日の全釣果は2匹.JPG
PB160013開始後2時間目で1匹.JPG

京急大津港 小川丸 ビシアジ


秋も深まり美味な東京湾のアジが食べたくなって出掛けたのは京急大津港の小川丸。

117日の日曜日の午前船に乗り込んだのは筆者を含めて16人。

天候は薄曇りだが風はほとんど無風でベタ凪に近い。

定刻の7時30分より5分早く出航した。ポイントまでの時間は恐ろしく短い。

6分と掛からない。

水深は50m弱。

アンカーを入れずに流し釣りだが、特に移動はしなかった。


というのも朝一番からポツリポツリと小型ながら本命のアジが釣れたからだ。

型は全長20〜25cm前後。

小さいがアタリが出れば楽しいもので周囲でも電動リールの巻き上げ音が頻繁に聞こえる。

釣れている時間に数を釣るのがビシアジ釣りの醍醐味でもある。


釣り方は簡単。

130号のコマセが詰まったビシが海底に着底したら糸フケをとって道糸が極力垂直になるように整えてから2m巻き上げてコマセを振り出す。

潮の流れが速ければそのままの位置でアタリを待てばいい。

1分待ってもアタリがなければ再度ビシを着底させて同じように2m巻き上げてコマセを振り出す。

この時、道糸のPEラインの目印をキッチリ確認して正確に2mで止めること。

アジはタナが合っていないと食いが悪く、口の掛かり具合も悪くなるからだ。


16人でコマセを撒けばアジの食い気もグッと上がるもの。

30分ぐらいすると入れ喰いの状態になり、手慣れた釣り人は3本仕掛けに2点、3点掛けで軽快に抜き上げる。

そんな食い気に誘われたのかミヨシ側では釣れたアジを泳がせて巨大なワラサを釣り上げていた。

デップリと太った5kgオーバーが3匹も釣れていた。

これには驚き。

5kg級のワラサが回遊していればアジは散ってしまうのかと思いきやまったく関係無しとのこと。

アジの食い気が高い時間帯はワラサなど青物も高活性ということである。

そういえば、筆者もアジを掛けて電動巻き上げ中に3回ほど強烈な引きを味わい、上げてみるとハリス切れ。

アジを丸呑みして持ち去った巨大な青物が回遊しているのだ。

腕に覚えのある大物釣り師はぜひアジの泳がせ釣りに挑戦してみては。


PB070014筆者手持ちアジ一荷.JPG
PB070015アジ泳がせで良型ワラサ.JPG

片瀬漁港 でいとう丸 初心者向けカワハギ釣り大会

絶好の釣り日和となった113日、江ノ島の中にある釣宿「でいとう丸」が初心者向けの釣り教室を開催するというので、興味津々で参加してみた。
普段でいとう丸はイカ釣り専門なのに今回は親子連れを中心とした釣り教室なのでカワハギ釣りに決定。
釣り時間も実質3時間弱と短く子供が飽きない程度の釣りを想定した。
嬉しいのは実釣時間が短いため料金も格安という点。
ペアで7500円にもかかわらずエサや氷に加えて竿やリール、仕掛けなどもすべてセットされている。
クーラーボックスと波しぶきで濡れても大丈夫な服装で来れば良いだけ。
釣り教室ならではのサービスぶりに感心した。
釣りインストラクターはなんと3人も乗り込んでいた。


集合時間は朝8時とゆっくり。

それでも40分前には大半の人が集まり、主催者側から細かい釣り方の説明や乗船時の注意事項などが語られ、ほぼベタ凪の海を8時20分に片瀬漁港を出発。

ポイントは腰越沖。

水深は初心者が多いため14m前後の超浅い場所からスタート。

釣り開始から1時間近くたっても本命のカワハギがなかなか釣れず、どうやら昨日までの南西風の影響が残っている様子。

わずかながら弱いウネリが時々沖から襲来。

風は北寄りだからまったく心配はいらないが、魚の方がこのウネリを嫌っているようだ。


筆者も「今日は凪ぎ倒れかな」と頭を抱え込む。

初心者ではないもののアワセるのが難しいカワハギだけに本命が釣れない。

ハリを換えたりエサ付けを丁寧にしたりと工夫を凝らすが、本命が釣れたのはなんと終了10分前。

しかも型は小さく全長16cm程度。

この釣り教室に一緒に乗り込んだ地元の坂部氏は終了5分前に良型を釣り上げて満面の笑みだった。

外道は定番のササノハベラ、トラギスに混じって良型のカサゴを釣り上げていた親子連れもチラホラ。

最後に港で集合写真を撮り、さばき方と料理方法のレシピをもらって港を後にした。

11月14日には追加で4回目が開催される。

問い合せ先は☎080-1310-0312  山下まで。一人でも参加OKとのこと。


PB030166.JPG
PB030164.JPG

佐島港 つね丸 ワラサ五目

亀城根のワラサが好調ということで佐島港のつね丸からワラサ五目に出掛けた。
つね丸は毎年必ず1回は釣りに行くことにしている。
誕生日の前後1週間は乗合船が半額になるからだ。
少しでも安く釣りが楽しめるのは嬉しいもの。
だが、だからといって釣れるとは限らないのが自然相手の釣りというものである。

 

実は今回は最悪な目に遭ってしまった。

結論から先に言うと、船中唯一のボウズになってしまったのだ。

理由は南南西の風が僅かにあった程度でウネリが高く、船酔いをしてしまったからである。

お恥ずかしい限りだが、なんとか釣りができたのはワラサが一番食い気のあった朝一番から午前9時頃まで。

一度はアタリらしきは竿に出たのだが、掛からず。

左右の両側の釣り人に釣られてしまい、戦意喪失状態。

ウネリもなんだか高く感じられ、アタリがないのはこれほど辛いものかと感じた次第。

1匹でも釣れていれば酔わずにすんだかも。


結果はソウダガツオ多数。その中から良型の2匹だけ血抜きをして持ち帰った。

実は最後にハプニングが起きた。

つね丸の常連客の一人が「1本お土産に持って行って」と差し出された。

船長曰く「明日もこの人、ワラサ釣るからさ」と言うではないか。

感謝感激で、港に着く前に3回もお礼を言ったものの肝心のお名前を聞き忘れてしまった。

船長の粋な計らいで「脂ののったワラサ」を賞味できたことは何より嬉しかった。

今年はもうワラサの強烈な引きを味わうことはないだろう。


PB020148.JPG
PB020150.JPG

第15回西伊豆町カワハギ釣り大会

爽やかな秋風に乗ってキンモクセイの香りが漂う頃になると、毎年恒例の西伊豆町主催のカワハギ釣り大会が開催される。
今年で15回目を迎える同カワハギ釣り大会は10月17日、安良里港に61名のハギファンを集めて行われた。
筆者は遠方ということもあり毎年前泊することにしている。
今年は6月に手漕ぎボートを借りた宇久須港の「福神丸」にお世話になることにした。


初めて宿泊した宿だが、驚いたのは新鮮で豪華な刺身の盛り合わせ。

とうてい一人前とは思えない5点盛りの他にマハタの煮付け、カサゴの唐揚げ、さらにはイセエビのボイル。

ご飯はアワビ飯と、美味な魚づくしの夕飯に酒量が倍増してしまい、就寝時間が遅くなってしまった。

翌朝は午前5時起床。

開会式は6時30分からだが、駐車場の混雑具合を考えて早めに安良里港に到着。

嬉しいことに海は無風ベタ凪で絶好の釣り日和となった。開会式も早々に船に乗り込む。

筆者は乗船者6名の神丸の右舷大ドモに運良く座ることができた。

基本的に船と釣り座は抽選というシステム。

当日は8隻に分かれて港をスタートしたが、大会だけに釣り開始時間は厳正に決められている。


当日は午前7時15分に釣り開始。

最初は大半の船が田子島周辺に集結した感じでスタートしたが、どの釣り船も小型船が多く、和やかな雰囲気である。

この大会は釣り上げたカワハギの数で勝負する最近では少ない規定。

ただし15cm未満はリリースすることとなっている。

この地域のポイントはどこも水深が深いのが特徴だ。

浅くても30m前後、深い場所では水深45mを越える。

平均して約40mといったところ。

神丸の船長は「なんか小学校の頃の運動会の前の緊張感を感じるね」と笑顔を見せる。

船長自身も上位入賞者を輩出すれば当分自慢ができるということだろう。


ところが、意に反してアタリが少ない。

水温がまだ高いためカワハギが散っていて群れが固まっていないらしい。

各船も点々とポイントを移動しながらカワハギを広い釣りする。

フラットな砂地帯だけでなく、ちょっと険しいカケアガリ地形も攻めてアタリの出方を探る。

筆者は開始から30分位のところでやっとアタリをとらえてダブルで抜き上げた。

ただ型は17cm程度と小さい。しかももう1匹はアマヅラハギだったからガックリ。

潮は適度に流れている感じで悪くないのだが、どうも本命カワハギからのアタリが遠いのだ。


仕掛けは市販のカワハギ仕掛けだが、ハリス止めに好きなハリとハリスを装着できるタイプを使用。

ハリはハゲ針5号を使ったが、途中からダイワのパワーワイドフックに変更した。

理由は筆者の釣り方にある。

オモリが着底したら速攻で竿先を海面近くで10回程度叩く。

次に道糸をわずかにフケさせて弛ませる。

1秒程度待ってからサッと竿を上げて引っ掛けるというスタイルだ。

いわゆる空アワセでカワハギの口回りに針を掛ける釣り方だからハゲ針かワイドフックが最適と判断。

カワハギはエサをついばむ時に一瞬口の中に入れるという。

その早業はなんと0.02秒とか。

その吸い込み動作の最中に最も掛かりやすいのがパワーワイドフックだという。

つまり、竿先でアワセを入れる必要のない「地獄針」ともいえる。

活性が高い日ならカワハギが口の中にアサリを吸い込めばそのまま自然とハリ掛かりするという素人御用達の便利針でもあるのだ。

とはいえ、そんな不精釣りがカワハギに通用するはずもなく、何度となくバラしがあった。トラギスやササノハベラなら間違いなく針掛かりするはずだから間違いなく「エサ捕り名人」の仕業だろう。

楽しいのは筆者の釣り座から操船室の魚探がノゾキ見ることができること。

水深はもちろんだが、海底地形が明確に分かるため、オモリ着底直前のタイミングがとりやすい。

当日、船長は比較的釣りやすい砂地帯を中心に攻めていたようだ。

というのは根ががりらしい根がかりが一度もなかったからだ。

岩礁帯を攻めるとカワハギがエサを見つける前にベラやキタマクラが針掛かりしてしまうからだ。


午前9時前に船長は船団から大きく離れて宇久須港の赤灯台堤防が見える位置に移動。

水深は45mと深いが、右舷胴の間の方が連続して良型を釣り上げ始めた。

筆者はここで秘密兵器を取り出した。

シンカーロボフラッシュと呼ばれる点滅発光オモリを装着したのだ。

カワハギは落ちてくるオモリに強い関心を示すということが分かっているので、周囲に散っているカワハギを寄せて釣ろうと考えたからだ。


だが、この作戦もダメ。

隣で良型が釣れていて、発光点滅オモリに反応、アタリが出ないということたぶん「人工的に光るモノ」は嫌うのかもしれない。

付けエサのアサリが半分以上そのままで戻ってくることが多かったから結局元の白塗り球形オモリに戻した。


少しだけ活性が高まったと感じたのは午前10時30分頃。

終了まであと1時間15分といったところ。

いつも通りの叩いてから少しだけ弛ませて、聞き合わせるとガガガ、グググっと良型を体感させる当日最強の引き具合に船長「オッ、デカイの掛かったか」と嬉しそう。

私は「これでベラだとショックだから期待させないで」と言うと、海面からバシャっと顔を出したのは目検討25cmの良型だ。ホッとひと安心。

というより、西伊豆まで来て小型ばかりでは悲しいからなんとか1枚でもデカイのを、と船長にも言っていたから嬉しさ倍増。

船長も一緒になって「おお、良かったね。おめでとう」と言って喜んでくれた。

その10分後にもほぼ同サイズを釣り上げて「なんか調子出てきたネ」と船長に褒められてしまった。が、そのあとが続かない。

時計の針はすでに残り30分弱。

釣りは最後まで諦めてはいけない、と言う信念を持っているが、アサリが捕られないで戻ってくると、ここにはカワハギはいない、と判断してしまう。

最後まで粘ったものの釣果は毎年のように貧果に終わった。合計6匹に小型ウマヅラが1匹。不思議に感じたのは外道のトラギスやベラが極端に少なかったことだ。


その後、安良里港に全船が戻って検量が開始された。

良型ばかりのベテランや女性釣り師も数人いて、のんびりとしたいつもの検量風景を見るのが私は好きだ。

数が同数の場合は、良型の重量で決定する。

トップは20匹で優勝であった。

群れが散っていて数釣りが難しい状況の中で、17匹も釣った女性には感服だ。

入賞者にはトロフィーの他にイセエビやサザエのお土産つき。

下位でも入賞すれば干物セットがもらえる。

筆者は何も商品はもらえなかったが、西伊豆町の長閑で落ち着いた港町の雰囲気が大好きである。

また来年も「福神丸」に泊まってカワハギを釣るだけで十分。

毎年顔を会わせる人にまた来年会えるのを楽しみに午後の日差しを浴びながら港を後にした。




カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM