牛伏海岸ボート シロギス&サビキ五目釣り


立秋に入ってから強烈な猛暑が続くというのに好きな人は釣りに出掛けるもの。それがボート釣りとくれば、海面からの照り返しもあり魚を釣る以前に熱中症対策が釣果を左右するといってもいい。出掛けたのは8月8日の深夜12時頃。釣り仲間の斉藤氏と藤沢駅前で待ち合わせて沼津の牛伏海岸に到着したのは午前2時過ぎ。広い無料駐車場にクルマを止めて早速深夜の宴会が始まる。寝たのは午前4時過ぎ。これで夜明けから釣りをするのは無謀と考えて、午前6時まで寝てしまった。


ここ牛伏海岸は昼前から必ず南寄りの風が吹くため、午前11時には着岸しなければならない、という特異な場所。それを熟知している地元ベテランは夜明け前に到着して日の出とともにボートを出す。すでに終盤を迎えたシロギスは高水温もあって水深3m弱の浅瀬に移動し、小さな群れを形成。この時期はピンポイントの群れを探せるか否かで釣果が大きく違ってくる。


実際、我々も牛伏山の近くにある洗岩近くに移動するとポツリポツリとシロギスが釣れるが、少しでも離れるとすぐにアタリが激減する。岩の近くに2艘のボートが流し釣りで楽しんでいる姿を目にする。だが、あまり近づきすぎるのもマナー違反だ。

当日は無風ベタ凪の好条件だが、風がないため午前8時を過ぎると極端に暑い。アタリがあって本命シロギスが釣れているうちは良いのだが、ポイントを外れるとアタリはなくなる。


そこで、コマセを持参していたので「そろそろアジとか青物でも釣りますか」ということで、牛伏山の全景が見渡せる沖まで漕ぎ出して、釣り再開。水深は22m前後から35mと一気に水深が変わるため、流し釣りは難しい。アンカーを投入しようと考えたが、無風で潮流も揺るいため、ノーアンカーでサビキ五目に挑戦。沖揚がり前にはなんとかソウダガツオを仲良く1匹ずつ釣り上げて、その後30分で納竿とした。


ソウダガツオは全長30cm超で、強烈な引きを味わいながらボート内に取り込み、写真を撮ってすぐにエラを切って血抜き。水バケツに頭から入れて5分ほど血抜きをしてから氷の入ったクーラーボックスに仕舞った。残念ながらヒラではなくマルであった。これから青物五目が楽しくなってくる季節だ。コマセは多めに持参し、仕掛けの種類やオモリ号数も多種類用意しておこう。ワカシやカンパチの幼魚も釣れ始まる頃にはもう少し猛暑も落ち着いてくれることだろう。


因に日の出から午前11時までの貸しボート料金はどの店でも共通で2500円。ただし一人乗りの場合は、2000円というボート店もあるとのこと。着岸11時の時間厳守は必ず守ること。

また、ボート店主の話によれば「シロギスはもう終盤。5月から7月末までが最高に釣れる時期なのに」と言われ、ガックリ。遠征ボート釣りは最新の詳細情報を仕入れて行くことが大切だ。





石部海岸ボート シロギス五目釣り

西伊豆の石部海岸を知っている人はかなりの伊豆半島通といえるだろう。松崎と雲見に挟まれたこじんまりとした村といった印象だが、長閑でゆったりとした時間の流れるこの地域が個人的に好きである。ここで昨年ボート釣りを楽しもうと思い、貸しボート店に電話をすると、なんと4軒とも廃業や転業していてガックリ。地元民宿に電話をかけてやっと探し当てたのが、今回2度目に訪れた「ひなつけキャンプ場」だ。オーナーの高橋さんは「貸しボートはサービス料金で、1日1000円でいいですよ」と驚きの低価格。8月2日という夏休みシーズンにも関わらず駐車場も無料だ。


午前4時に自宅の藤沢を出発し、なんと3時間という短時間で石部海岸まで到着した。前夜に震度5の地震が焼津方面であったとはいえ早朝はガラガラ。有料道路は西湘バイパスのみ。あとは国道135号線と136号線を使い、多賀経由修善寺で土肥に渡って西伊豆の海岸線を一路石部へ、というルートをとった。


午前7時40分に漕ぎ出し、水深9m前後で流し釣りを開始。当日は弱い西風がソヨッという感じでほぼベタ凪。狙いの釣りものはシロギス&マゴチ。だが、結論を先言えば「本命ゼロの五目釣り」となってしまった。どうやら石部海岸の真沖は純粋な砂地帯ではなく砂礫帯といった感じ。定番外道のメゴチも1匹、ヒメジも1匹なのだが、珍しいのはイトフエフキダイの稚魚がかなり多い。全長12cm前後だからリリースできるものはすべて放したが、針を飲み込んだものは丁重にお持ち帰りした。午前9時30分頃からにわか雨が降り始めて、風も東に変わったためアンカーを投入して沖へ流されるのを未然に防止。それでも誘いを入れると付けエサがアオイソメということもあって、全長20cmのカワハギも釣れた。1時間後には2匹目も釣れて少しはカッコがついた感じ。


しかし、約6時間以上アオイソメでシロギスを狙って1匹も釣れないのはどう考えても可笑しい。たぶん水温が26度と高くなったため海水浴場近くの超浅場に移動したということだろう。キュウセンやトラギスが釣れて、シロギスがゼロというのは残念というより不思議に感じた。仕掛けを巻き上げると結構な確率でアマモの切れ端がハリやハリスに絡んできた。当日、シロギスの変わりに筆者と遊んでくれたのは小さなイトフエフキダイの稚魚たちであった。


なお、石部港の裏手には無料で入浴できる天然露天風呂がある。水着着用だが、脱衣所やシャワー(有料)もあって夏場はスッキリと潮と汗を洗い流して快適に帰宅できる。この点は見逃せない。





保田港弥生丸 ビシアジ釣り


毎年7月の中旬の「海の日」には昔からの飲み仲間を連れ立って千葉県鋸南町で田舎暮らしを実践して楽しい生活を送っている人の家でバーベキュー&大宴会を楽しむことにしている。今年は台風6号が接近中だったが、なんとか6名を引き連れて釣りと飲み会を楽しむことができた。


ただ残念だっのが17日の日曜日に予定していた保田海岸でのボート釣り。まだ台風の影響は出ていなかったのだが、前日までに予約を入れていなかったため当日突然の電話では対応してくれなかったこと。確かに早朝は少しだけ風は吹いていたが、出られないほど波風の影響は出ていなかった。とはいえ、ボート店主に「朝の内はウネリがあったからね」と言われてあえなく断念。予約電話を入れていなかったこちらのミス。前日に電話した岩井海岸も富浦海岸も連休は「祭礼のためすべて休業」とか。


翌日に予定していた沖釣りは保田港の弥生丸からのビシアジ釣り。当日はスポーツ報知のファン感謝デーということで通常8500円が6000円ということで予約を入れておいたのだ。午前6時出船で沖揚がりが午後1時。これで6000円は破格だ。釣り仲間3名と乗り込んだのは午前5時40分。他に4名の釣り客が乗っていた。


ポイントまでは約35分。少し遠いが船足はゆっくり。台風6号の影響は皆無で、波も風もなくとても快適だ。だが、この後に訪れる悪夢のような事態とこの船宿の古い発想と体質には呆れた。


釣り開始は午前6時40分頃。水深80mのポイントでスタート。筆者は自前の小型電動リールと30〜80号の万能竿を持参したから特に問題はなかったのだが、釣り仲間2名は貸し道具。無料の貸し道具だから我慢しなければならないという考え方は20年前の話し。

2.7m近くもある30年近く昔の竿に20年は使い込んでいるだろう両軸リールのセット。しかも、道糸はマーキングのない6号近い太いPEラインとくれば腹も立つ。船長のアナウンスでは「貸し道具の人は22回巻いて下さい。そこがタナです」といかにも親切そうなアドバイスがあったが、これは誤摩化し。貸し道具を借りる人は初心者のはず。初心者であれば、1mごとにマーキングのない道糸を使わされればタナが取りにくいのは当然。


船長ま指示ダナは海底から6〜8mとか言っていたが、これではリールを22回転させるとか、ハンドルを22回すとか言われても分かりにくい。しかも太くて長い竿だから重たいのだ。本来ビシ竿なら長くても2m程度。ビシは80号を使うと言っていたが、当日は午前9時を過ぎれば、引き潮になり80号ビシではビシが流されてしまい釣りがしにくくなることは分かっているはず。東京湾の大潮の引き潮は流れが早く大変釣りにくくなる。それは永年乗合船を出していれば分かっているはず。それを80号とか言い続けていることに問題がある。水深が80mなら始めから130号に統一すればいい。


まだある。途中で「増オモリ」で120号前後まで重たくしたようだが、その指示が遅い。初心者が多いならもっと前に指示をだすべき。実は筆者は無料の80号の貸しビシを船のスクリューに巻き込まれ80m近くも損失した。そこで仲乗りさんに道糸を切ったので別のビシを貸して欲しいと告げると、増オモリをビシカゴの下に追加オモリとして40号を加えた。80と40だから120号となる。


それでもすぐに仕掛けを付け直して落としたが、すぐにスクリューに巻き込まれたのだ。仕掛けは一度は海底に着底したが、コマセを振り出して3m巻いたらまたペラに巻き込まれた。さらに腹立たしいのは筆者の左隣で船長の息子らしき仲乗りが竿を出して釣りをしているのにもかからわず、道糸が巻き込まれても平然と釣りを続けている。巻き込まれたのが2回目ならもっと対応が早くないと仲乗りの仕事怠慢としか言いようがない。筆者が「ハサミで道糸を着るしかないでしょ」と声を少し荒げて言って始めて重い腰を上げた。

 

潮が早い時間帯になれば道糸の出方や方角、そして注意事項を逐一細かく指示するのが船長の大切な仕事のはず。仲乗りに指示をだすのも遅いし、これでは楽しい釣りができない。


結局、筆者は午前11時少し前に竿を仕舞った。リールの道糸が160m近く損失したからだけではない。潮の流れ方が早い時間帯の操船方法があるはず。筆者も同じ釣り座ではオモリが120号になっても「また危ないな」とは感じていたが、ならば船長が指示を出すかまたは、操船の位置をと向きをビシの着底まで気を配るのが当然だろう。


実は釣り以前に失礼な行為があったという。釣り仲間の借りたビシに網目が切れて大きな穴が開いていたという。コマセがすぐに流れるなら細かい目のビシにするべき。ましてコマセがイワシミンチではなくアミエビのコマセなのだ。イワシミンチはミンチ状態にするのに手間がかかる。その点、アミコマセはまんま冷凍を解凍すれば良い。いわば手抜きとしか言いようがない。釣れればどちらでも構わないと言えばそれまでだが、誠意と親切心がみじんも感じられなかった。


確かに貸し道具は無料だから文句は言いにくい点はあるが、同じ東京湾でも走水港の「松栄丸」の電動リールと竿のセットは無料で借りられる。船宿業は魚を楽しく釣られてナンボのはず。それが古過ぎる重たい竿と使いにくいリール。しかも貸しビシは網が破けてコマセが出まくり。海底に落ちるまでにコマセが出てしまうだろうことは予想できるはすだ。特に東京湾の大潮の引き潮なら当然。


問題はまだある。この船長、演歌のCDまで発売している。好きなのは分かるが、CDを製作する前に最低限、まともな貸し道具を提供するようにしなければ、あと10年も営業は続けられないのではないかと心配になった。貸し道具や貸しビシが無料だからお客は来てくれると思ったら大間違いだ。無料貸し道具や貸しビシ程度は今の時代、結構多いのである。


一応、釣果を報告しておくが、釣り仲間2名は仲良く3匹ずつ。筆者もビシが巻き込まれるまでは良かったが、午前11時までにアジを8匹、ゴマサバを1匹だけであった。たぶん2度と弥生丸には行かないだろう。釣れない時こそ、食いが渋いときこそ何が大切なのかをもう一度他の地域のビシアジ船に乗って勉強した方がいいだろう。





川奈港小川ボート シロギス&サビキ五目


関東甲信越に梅雨明け宣言が発表された直後の712日に無風ベタ凪を期待してボート釣りに出掛けた。足を運んだのは東伊豆の川奈湾。伊東からすぐ近くの湾だが、風光明媚なロケーションが人気だが訪れる人は比較的少ない。それでもこの時期にどうしてここ川奈を選んだかというと、南から西風に強い地形を持つからだ。朝のうちは無風でも昼頃から南風が吹くのが夏季の海の特性である。南西風が吹くと沖に流されて、漕ぎ帰るのが大変苦労する。


当日は予報通りの無風ベタ凪で絶好のボート釣り日和。だが、その分海からの照り返しを受けて、釣り人にとっては灼熱地獄を覚悟しなければならない。午前6時30分頃に「いるか浜駐車場」に到着。

タックルを準備していると、小川ボートの店主が現れて準備万端。

漕ぎ出したまでは良かったが、シロギスのポイントまで漕ぐだけでも汗だくになり、「これ熱中症に注意しないとマズイな」と思わせる日和であった。


ボートはノーアンカーの流し釣りができるため、釣り開始から15分でアタリが出た。穂先をブルブルと震わせる小気味よい引きを味わいながらリールを巻くと、掛かっていたのは定番外道のヒメジ。黄色に2本のヒゲが特徴のオレンジ色の憎いヤツ(古っ)だった。型が小さくすぐにリリースしたが、次に掛かってきたのもヒメジだ。型は良型だったので天ぷら種としてキープ。その後もヒメジ2に対してシロギス1の割合でポツリポツリと釣れる。暑さを忘れるほどの入れ食いではないもののボート釣りとしては充分楽しい状況が続いた。


その後、午前9時頃になると、潮変わりしたためか上げ潮と同時にアタリがググッと多くなり、強烈な引き込みで釣れたのが全長24cmのカワハギだ。ハリス1号のシロギス仕掛けだけに無事にタモ取りするまでハラハラドキドキ。その頃になるとそよそよと南寄りの風が吹いてきて、火照ったからだを癒してくれた。風が出ると不思議と汗をかかなくなる。とても快適な時間は10時頃まで続いた。


アタリが減ったため、場所を日蓮銅像前のポイントに移動してコマセのサビキ五目に挑戦。川奈湾ではアジだけでなく良型イサキが釣れることでも知られる場所。まぁ、良型は無理にしても数匹のアジが釣れれば良いと思ってサビキ仕掛けを投入。水深は21m。だが、どうやら岩礁帯のポイントを外したらしく、シロギス仕掛けにシロギスが釣れてきた。海底は砂地帯のようだ。


そこで大きく港灯台側の根周りにポイントを大きく移動した。時計の針はすでに11時を回っていたが、最後の移動と覚悟して漕ぎ進んだ。定置網の横から100m程度の場所でアンカーを投入。30分後に掛かってきたのはカタクチイワシ。しかも3連。そのあとは23cm前後の小さなゴマサバ。念願のアジもイサキも結局釣れなかったが、最後に楽しませてくれたのが釣れた小型トラギスを生きエサに泳がせていた竿。午後2時少し前に突然グングン、グググと海中に引き込まれたからだ。ついにマゴチが掛かったかと思ったのだが、海面を割って顔を出したのは大口の口裂け魚であるエソだ。全長30cmだから大した大物ではなかったが、シロギス五目では味わえない強引を体感できただけでもヨシとしようと思い、午後2時15分に納竿。


最終釣果はシロギス7匹、ヒメジ7匹、トラギス6匹、エソ3匹、メゴチ1匹、カワハギ1匹、ゴマサバ5匹、カタクチイワシ3匹、タマガシラ1匹と9目釣りを達成。魚種豊富に楽しめたのだから、まぁ文句は言えまい。ボート店主に話しを聞くと「最近はシロギスもめっきり減ったね」と寂しそう横顔がミョーに印象的だった。





南房浜田漁港 シロギス五目


個人的なことで恐縮だが、関東周辺の貸しボート店をすべて訪れて実際に現地で釣りをすることを続けて今年でおよそ10年目。いつもと違う地域で竿を出してボート釣りをする楽しみが一種感動や好奇心を刺激することがある。それを多くのボート釣りファンに分かって欲しくて続けてきたが、やっと達成できたのが今回の南房館山の「アジロボート」。

 関東周辺ボート釣り場の集大成がほぼ完了したということ。最後になった今回は7月10日。実際は9日の土曜日の予定で現地に足を運んだが、南西風が強いため「もしかすると2時間程度で港に帰ってもらうかもしれません」とボート店主に言われて「ならば明日にします。明日は凪になりますか」と問い返すと「今日よりは凪になるでしょう」ということで、安全第一を重視して翌日10日に変更した。


当日は現地に赴くと「昨日よりはいいけど南風が強くなったら港近くに早めに戻ってきて」という話しで港を出たのは午前7時20分頃。アジロボートのある浜田漁港は南風は背中から吹くため、普通なら風裏となるから大丈夫だろうと考えると大間違い。波立つことは少ないが、いつもとは違う2馬力の船外機ボートだから安心感が違う。しかも、同乗者は大学の釣り部出身の後輩で、かなり優秀(釣り以外でも)なのでまぁ鬼に金棒的にノリで港を後にした。


ボート店主の言うシロギスの釣れる場所を確認して、2馬力エンジンを操船すること約10分弱。仕掛けを投入すると海底はあまり起伏のない砂地帯だ。水深は10m弱。7月上旬だから本当はもっと浅い場所にシロギスは移動しているだろうが、単独のシロギスなら釣れだろうと様子見を含めて、ノーアンカーの流し釣りで釣り開始。


ところが、2人で2本の竿を出して、しかも流し釣りをしてもアタリがまったくないのだ。外道はおろか海底に棲息するであろう生物のすべてがどこかに消滅してしまったかのように生体反応がない。原因は一昨日から吹いた南西風で水温が急激に下がったためだろうという話しは聞いていた。とはいえ、ここまで食い渋りになるとは驚きを通り越してほとほと呆れるばかり。


唯一の救いはヤマハ製の2馬力エンジンの掛りの良いこと。一般的に2馬力エンジンは一度エンジンを切ると、次回はなかなか掛かりにくいという悪癖があるのだが、それがまったくない。たぶんボート店のマメなメンテナンスの賜物といっていいだろう。ただこのエンジン、一度エンジンが掛かると前進しかできない。ニュートルといった便利な機能がないのだ。これには慣れるまで苦労したが、エンジンの再始動が素晴らしく良いため不安感がない。いつでもすぐに掛かるとなれば、ポイントを探索しながら釣ることが楽しくなる。


このため、シロギスからのアタリが極端に少ないため、なんと沖の島のすぐ近くまで遠征してしまった。だが、沖の島の西側一帯はほとんど岩礁帯でシロギスの棲息するエリアではなかった。浅い岩礁帯には黒っぽい海藻が生い茂り、とても砂地とは思えない箇所が広がっていた。


少しずつ砂地帯を求めて移動すると、出航した浜田漁港の東側の港、塩見港真沖で砂地帯を発見。水深は約4mから5m弱。ここで待望の良型シロギスと初対面となる。同乗した藤田君も良型シロギスを数匹釣り上げてご満悦、とまではいかないものの「シロギスの引きがこんなに楽しいとは」と改めてボートシロギスの楽しみを発見したようだ。


結局、午後2時25分に納竿。着岸が午後3時厳守ということだから余裕をみて、竿を仕舞った。2名の合計釣果はシロギス5匹、良型カワハギ1匹、3種ベラ類はすべてリリースした。途中、アミコマセでのサビキ釣りでカタクチイワシが数匹掛かってきたので、活きエサとして端物狙いを敢行したが、不発の終わった。とにかく、午前中の超食い渋りは呆れた。ボート店主も「2日前から突然食いが激減した。水温低下と潮変わりの影響だろう」とのこと。自然相手の釣りとはいえ、館山南端まできて「コレかよ」という気分に落ち込んだが、週明けには「関東甲信越の梅雨明け宣言」を聞いて、なるほどと思った。


天候に恵まれるとほとんどの場合、釣果は悲惨。沖釣りは別にしてもボート釣りにはそうしたリスクは多い。それでも最後のボート釣り場として訪れた南房館山の風光明媚なロケーションは格別に美しく、時折耳にする緑の中からの不如帰の音色は最高の癒しとなった。


なお、アジロボートは船外機船のみ。事前予約が必要だが、2馬力ボートは1日7500円。氷は無料でもらえるから嬉しい。港内の駐車も無料。






カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM