京急大津港 小川丸 タチウオ釣り

難攻不落の幽霊魚として知られるタチウオだが、今年もいよいよ10月に入り観音崎沖の水深約80m付近で活発にエサを追い始めたという情報をキャッチ。

集中して釣りには半日船が良いだろうと考えて、京急大津港の小川丸に出掛けたのは10月2日の土曜日。

強い引きと簡単調理で美味という観点からも人気が高いのは当日の午前船が片弦6人ということからもうなづける。


定刻の午前7時30分より少し早く港を離れて目指すは観音崎沖。

約20分足らずで到着したもののタチウオを狙う僚船は多くない。

というよりポイントに集結しているという印象はない。

嫌な予感は的中してしまった。

食い渋りで各船が細かくポイント移動をしているだ。

小川丸も水深80mラインで釣り開始。

「底から10m前後を探って下さい」という船長の合図で一斉に80号オモリの仕掛けが投入された。

だがアタリはまったく訪れない。

魚探に魚は映っているはずだが、食わない。

エサを追いかけもしない。

触っても来ない。


こんな閉塞状況に痺れを切らした船長は「下浦沖まで少し走ります」と告げて約20分走った。

そこにはタチウオ釣りで有名な釣り船が集結していた。

ここなら釣れるはずと思って真剣にアタリを出そうとゆっくりと仕掛けを動かしてタチウオの食い気を誘う。

が、わずかなアタリを逃すともうダメ。

エサを追いかけないのだ。

食い込みアタリが出ないため、アワセることができない。

ハリに掛けるために左隣の釣り人は硬めの竿にタックルごと交換。

後で聞くと「アタリが出ても食い込まない時には、魚を引っ掛けるしかないと思って交換しました」と語る。


結局、筆者は観音崎沖で最初の小さな1本のみ。

左隣の釣り人はうまく少ないアタリを引っかけてハリに掛けて3本をキャッチ。

80cmオーバーの良型も混じっていたようだ。

とにかく、超食い渋りに遭遇すると、対応策がない。

その点、少ないアタリで「引っ掛ける」作戦に出た左の釣り人は戦略の引き出しの多いベテランとみた。

今後は喰い渋りの日には「引っ掛け釣法」にトライしてみようと考えて帰路についた。

当日の竿頭は6匹、スソはゼロ。

他の釣り船も惨憺たる結果だった。


PA020008.JPG
PA020004.JPG

金谷フェリー港 さえむ丸 カワハギ釣り

 館山で2馬力ボートの釣りを予定していた914日だったが、北風が吹きそうなのでキャンセルして急遽金谷フェリー港のさえむ丸からカワハギ釣りに出掛けた。
当日は風もなく金谷沖は朝から凪。
自宅の藤沢を深夜330分に出発したら東京湾アクアラインを使ったこともあり、現地にはなんと午前5時に到着してしまった。
出船が午前7時なので船長と雑談しながらのんびりと釣り仲間と2名で出船。


最初はポツリポツリとアタリが出て順調に釣れていたが、午後830分頃からなかなか本命からのアタリがなく、定番外道のササノハベラやトラギスが多く掛かりエサ捕りの猛攻に遭う。

釣友は「カワハギ釣りは初めて」と言いながらも順調に本命を釣り上げて満足そう。

話を聞くと、雑誌やネットを見て釣り方を頭に叩き込んできたとか。

私の愛用の竿とリールを借りての釣りとしてはかなりの腕達者だ。


結局、午後12時30分の納竿。私は14cm以下をリリースしたものの本命は7匹と完敗。

釣友の彼はなんと10匹。

初めてとは思えない釣り方で船長からも「バラシがなかったら20匹は釣れていたはず」と褒められていた。

さえむ丸のアサリの剥き身は新鮮でカワハギ釣りには最適。

冷凍物とは違うので食い込みも良い。

1袋900円だが、時間内なら1袋で足りる。

予備に市販の冷凍アサリ剥き身を用意したが使わずじまいであった。


P9140012.JPG


鴨居港 五郎丸 タチウオ釣り


 
今年の猛暑は9月に入っても収まらず最高気温が35度 が続く。
9月最初の日曜日もまさに猛暑。
5日の鴨居港五郎丸はそんな猛暑をきにしない熱狂的なタチウオファンが集まった。
なんと2隻出しというからその人 気ぶりがわかる。
しかも前日のタチウオ釣果は0〜7とさんざんにもかかわらずだ。
筆者が乗り込んだのは小振りな乗合船。釣り座は右舷胴の間。
定刻の午前7時20分に港を離れて一路ポイントの観音崎を目指す。
航程は約20分。
タチウオ船団の中に入るが、群れが小さいのか船団から離れて釣り開始の合図。
これが浅い。
「水深40mです。下から10から15mまで誘って」という指示が出された。
これならライトタックルでもできるのに、と思ったが筆者はシンカーロボ の80号の黄色点滅を天秤にセットして釣り始めた。
右舷大
ドモの女性アングラーと右隣の釣り人は開始15分で1本目を釣り上げている。
だがこちらはアタリがあっても食い込まない状態が続く。
やっと1本目をかけたのは8時30分を回っていた。
ボウズを逃れた安心感で左隣の釣り人としばし談笑。
話を聞くとなんと8年ぶりの沖釣りとか。
しかも電動リールを購入して初体験とのこと。


釣り方は上方に少し ずつシャクリを加えながら誘いをかけるこの時期のノーマル釣法。

筆者もほぼ同じで、30m付近から50cm前後ずつリールを巻きながら上方へしゃくり上げ る釣り方。

アタリが出ると、一瞬誘いを止める。

だが、食い込みアタリが出ないと静かに再度シャクリ上げを続ける。

すると、29mでコツンときたあとそのま ましゃくり続けていると、24mで突然ガガガッと強い引き込みがあり、待望の2本目。

すでに時間は9時40分過ぎ。

船は観音崎灯台が見える付近に移動す る。


今度は「水深が70mです。下から20mまで誘って」という指示。

ところが、アタリが出ない。

食い渋りがさらに加速した感じ。

だが、前述の女性アングラーは着実に数を延ばし、7本を釣り上げていた。

食い渋り状態だが、シンカーロボの色を橙に変更した。

すると、それが効果的だったかどうかは不明だが、小さめの本命を1本釣り上げ た。

潮が流れ始めたのか右隣の人の道糸と絡んで上がってきた。

残り時間は10分というのに仕掛けを切り、再度結び直して残り7分に集中したが、結局筆者は 3本に終わった。

ただ救いだったのは3本のうち2本は80cmサイズのまずまず良型だったこと。

自宅に帰ってから刺身で食べたが、約1年ぶりの夏タチウオ の新鮮な刺身に酒量が増えたことはいうまでもない。

当日は食い渋りが最後まで解消されず、厳しい状況だった。竿頭は10本。

別船でもほぼ同じ数字だから仕方ない。


シンカーロボの効果は黄色で2本、橙で1本の釣果だった。

参考までに天秤と仕掛けの間に化学発光体(ケミホタル)を1本接続していたことを付記しておく。





茅ヶ崎港 一俊丸 ワカシ&イナダ釣り



茅ヶ崎の一俊丸から今年初のワカシ&イナダ釣りに挑戦。
829日の早朝半日船は午前6時から沖上がり945分 までの短時間勝負だ。
私は手釣りのカッタクリ道具で釣りを開始したもののバケには魚が反応せず、1時間近くも釣れずに焦りまくり、ウィリー仕掛けに交換し ても2回程度のアタリだけで針掛かりしない。
仲乗りさんのアドバイスでオキアミエサをもらい、空針にオキアミを付けてのエサ釣りに変更すると15分後に 33cm前後のワカシが釣れ始め、ホッとひと安心。
その後もエサ釣りで対応すると36cm級のイナダサイズも釣れ6匹、7匹と釣れ続いたものの、ミヨシで 貸し竿を使っていた目黒区の磯貝氏は朝から一人入れ食いを続けて、26匹を釣り上げて竿頭となった。
話を聞くと、「ワカシ釣りは初体験で、こんなに釣れる とは」と驚いた様子。
それでも今までルアーフィッシングの経験があるためか、手返しは早く慣れたもの。
仲乗りさん曰く「この釣りはサ、カックリのバケに ガッツリと食ってこないと面白くないんだけどな」と苦笑い。
アタリ棚は水深21mで食いダナは13m前後といったところ。
サバやソウダガツオも混じった が、全体の1割程度だから楽しめた。
帰り際に竿頭の磯貝さんから5本ものワカシを頂戴しました。有り難うございました。
教訓として言えることは、魚皮バケ だけでなくオキアミも用意して乗り込むこと。
仕掛けも色々な種類を持参することをオススメする。
当日の潮具合によってはバケやウィリーに反応しないケース もあるからだ。
青物は特に気難しいのだ。

貸し竿の初体験で26匹竿頭

洲崎の源平丸でイサキ釣り



2010
86日の金曜日に館山の突端にある洲崎西港の源平丸からイサキ釣りに出ました。
西千葉に住んでいる昔の仕事仲間と数年ぶりの沖釣りです。
本来なら梅雨イサキを狙う予定だったのだが、予定がズレ込んで8月になってしまいました。
ここでは湘南方面と違って良型イサキが数多く釣れるということですが、すでに卵をはたいてしまった個体が多いようです。

それでも釣り開始の午前5時20分頃からすぐにイサキからのアタリがあり、3本バリの仕掛けに2点、3点掛けという時もあり魚影の濃さは折り紙付きといった感じ。

ただ季節的にはすでに終盤で、マダイ狙いに変更する船宿も多くなっているようです。

実際、イサキを釣っていると時折強烈な引き込みがあり、ハリスが切れてしまうアタリが数回ありました。

船長の話では「たぶんマダイが掛かったのでしょう」とのこと。

イサキ狙いの場合、ハリスは太くても1.7号程度ですから2kgオーバーのマダイが掛かれば一瞬にしてハリス切れとなってしまいます。

もちろんクッションゴムを付けていてもひとたまりもありません。

マダイを想定してハリスを太くするとイサキの食いが落ちるためなかなか2号以上のハリスに変更しにくいところが残念です。


筆者は定番外道のウマヅラハギを2匹釣り、最終的にイサキ34匹を釣り上げてスソとなりました。

34匹でスソということは驚きです。因に同行した河野君は44匹でした。竿頭は52匹とか。

唯一残念だったのは30cmオーバーの良型が混じらなかったこと。

たぶん7月中旬までに出掛けていれば数匹は混じったのではと思います。


イサキの釣り方は簡単。船長の指示するタナを正確に守ることです。

例えば「24mでやって下さい」とアナウンスされれば、一度27mまでビシを落として2回ほどコマセを振り出しながら24mの食いダナに合わせるだけ。

その位置で1分ほど待てばアタリがあるはず。2分待ってもアタリがない場合は、再度27mまで落としてコマセを撒き出しながら再度24mまで持ってくる。

この誘いを2回繰り返してもアタリが出ない場合は、ビシを回収してコマセを詰め替える。

アタリが出ないのはタナが合っていないか、仕掛けが絡んでいるか、または付けエサのバイオベイトがハリから外れている場合が多い。


一番してはいけないのが、アタリがないからとロッドキーパーに竿をセットして置竿にしてしまうこと。

イサキは誘いをかけないと食ってきません。待ちの釣りではなく積極的に食わせる誘いが重要です。

いわゆる「マメな手返し」が好釣果を約束してくれます。

コマセはアミエビのみでオキアミは使いません。

また付けエサは白いバイオベイトで、どちらも船宿から支給されますから購入する必要はありません。


年に1回はイサキ釣りに行きますが、できれば6月下旬から7月中旬までが理想です。

30cm前後の良型が多く、真子や白子を腹に抱えた美味なイサキが数多く釣れるからです。

たぶん来年も1泊2日で行く予定です。

ここ源平丸では釣り客のみに1泊1000円の素泊まりが許されています。風通しの良い2階の部屋は夕方からは夏でも涼しくエアコンを付ける必要はありません。

港までは宿からクルマで2分弱と至近距離です。ただ周囲にコンビニがないため飲食物は前夜までに購入しておいた方が良いでしょう。

沖上がりは通常は昼12時ですが、夏期は熱中症対策のため午前11時に早上がりとなるようです。


私のイサキ釣りタックル

釣り仲間河野君

イサキ34匹ウマヅラハギ2匹



カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM