二の宮梅沢堤防 つり場ガイド


大磯港を過ぎて小田原の早川港までの間にポツンと1本だけ砂浜海岸から延びた堤防が堤防がある。二の宮海岸の梅沢堤防だ。西湘バイパスを入っていると逆に目立つ堤防といえる。というのも、天気の良い週末にはどうしてこんなに釣り人が短い突堤に密集しているのか疑問に感じるからだ。


理由は簡単。無料駐車場(夏季は有料)と公衆トイレがあるからだ。さらに言えば、多種多様な釣り方で多彩な魚を四季を通して狙えるからである。春から初夏はウキフカセ釣りでクロダイ、メジナ、ウミタナゴなど。投げ釣りでは、シロギスとイシモチがメインターゲット。夏から秋は青物が回遊する。イナダやソウダガツオに混じって良型のカンパチも釣れるというから侮れない。弓角を使ったサーフトローリングが定番だが、早朝にナブラが起きればメタルジグ30g前後でもヒットする。


注意したい点は堤防の高さ。大潮の満潮など潮位が高い時には堤防の上に波が被るので滑り止めなど足下には十分注意したい。また。台風一過でウネリの高い日は釣りを控えた方が良い。足下の水深は中央付近で5m前後。潮が濁れば良型のクロダイが一人で2時間程度で数匹釣れるというのもうなづける。


ここは漁場でもあるため砂浜から漁師が船を出す。そのための太いロープが向かって左側の海中に延びている。堤防から東方向に投げ釣りをする際は、このロープが海中に入り込んでいるかどうかを確認してからキャストすること。砂浜は両サイドとも急深で、波打ち際にヒラメやマゴチが潜んでいることが多い。特に晩秋から丸先は良型がぶっ込み釣りでヒットする確率が高い。エサは冷凍イワシでOKだが、できれば活きエサが最高。投入ポイントは波打ち際から30〜40m程度で大丈夫。


堤防西側は根が点在していて、投げ釣りではすぐに仕掛けを損失するため西側はウキ釣りかルアー、サビキ釣りで楽しむのが得策といえる。東側は砂地帯が広がる。

 




大磯港 つり場ガイド


西湘バイパスの入口手前にある漁港が大磯港である。下りの渋滞がなければ平塚新港からクルマで10分前後で着くことができる。港は大別して東堤と西堤に区分できるが、西堤防は砂積み場があり、ほとんど立入禁止エリアと考えていい。西湘バイパス下には公衆トイレと有料駐車場があり、港内側にもパーキングはあるので夏季の混雑時でも満車という日はあまりない。


カブト岩がある東堤は年間を通じてサーファーが多い。そのためチョイ投げやルアーで仕掛けを遠投する場合には十分投げる方向と距離に注意が必要といえる。

投げ釣りでは、初夏からシロギス、メゴチ、イシモチなどが釣れる。クロダイも潮が濁ればウキフカセ釣りやダンゴ釣りで4月ー頃から高実績となる。


西堤は基本的に全域立入禁止エリア。ただし、海岸へ降りられる階段があり、投げ釣りやクロダイ狙いの地元ベタランが竿を出す。照ケ崎と呼ばれる一級磯釣り場として人気と実績は高い。また、干潮時間帯には磯遊びをする家族連れが5〜7月に多くなるので長竿を振る際には要注意だ。


最も釣り人が密集するのが漁協と魚市場の建物がある前の堤防。ここは水深が深く適度に潮が通すため、サビキ釣りでイワシ、アジ、ウミタナゴ、メジナなどが釣れる。夜釣りならクロダイ、フッコ、メバルモ良く顔をみせる。撮影当日は砂置き場前の護岸が駐車場の整備などで工事中。2011年2月末までこのエリアには入れないと同時に釣りは禁止されている。サビキ釣りやウキ釣りで多彩な魚が釣れる場所だけに早期に工事完了を期待したいものである。


最後に朗報。「めしや大磯港」は新鮮な魚介類を食べさせてくれる市場食堂的な存在。昨年4月にオープンしたばかりだけからまだ認知度は低い。それでも地元住民は週末になるとジョギングやサイクリングの途中に立ち寄る人が多いようだ。毎週水曜日が定休日。ごぜん11時30分から14時までが昼の部とのこと。夜は夕方5時から再オープン。ただし、シケ日や台風など悪天候の日も休業するとのこと。同店利用客は駐車場が無料になるとか。(要確認)





外川港 つり場ガイド


銚子港の南に位置する外川港。沖釣りの拠点港としては有名だが、堤防釣り場としても侮れない。水深は決して深くはないが、海底地形が砂地帯と岩礁帯が適度に入り交じり、多彩な魚種が棲息するからだ。潮通しも良好でウキフカセ釣りではクロダイやキビレ、メジナやシマダイも釣れる。投げ釣りではイシモチやアナゴに加えてアイナメも濃い。


左右から延びる堤防の外海側はテトラポットで埋められているため、根魚の魚影が濃い。カサゴやソイは穴釣りで楽しめる。もちろんソフトルアーでも十分釣れる。ただ足場が悪いので初心者や子供にはあまり薦められない。


ルアーシーバスは夜釣りが有利。堤防先端の潮通しの良い場所が有望だが、港内でも実績は高い。10cm前後のシンキングミノーで丹念に探ればヒット率は高い。また、同じルアーで船道を探ると良型のヒラメがヒットすることがあり思わずスリリングな釣りを満喫できる。


足場の良い港内では子供連れでサビキ釣りが楽しめる。白灯台側でも水温が上昇する6月以降なら群れが回遊してくる頻度が高まり、アミコマセを切らさなければ十分楽しめる。チョイ投げではハゼやアナゴが高実績。シロギスも混じるから飽きないで楽しめる。アオイソメかジャリメがあれば十分。港内は釣船や漁船が数多く係留されているのでロープに注意して釣りをすること。


港内には無料の駐車スペースや公衆トイレの他釣具店もあり、何かと便利な釣り場といえる。コンビニも至近距離にある。





飯岡港 つり場ガイド


連綿と続く外房の九十九里浜の砂浜海岸。その砂浜海岸が銚子の少し手前の飯岡で終わる。そこにある港が飯岡漁港である。

それだけに外房の港というより銚子エリアの漁港という印象が強い。

南北に延びる大堤防と清潔感のある公衆トイレのある公園を持つ港として釣り人には定評がある。


港内の海底はどこも砂泥地帯が多く、季節風でウネリが出るとすぐに底が荒れて潮色が薄茶色に濁ることが多い。

水深は浅くても魚影は濃い。特に砂地帯に生息する魚種は豊富だ。

シロギスは多くはないが、イシモチ、ハゼ、アナゴ、シャコの数は他の港以上に濃い。例年ハゼは8月から11月が盛期となっている。


初夏の6月頃になるとシリヤケイカが回遊してきてコアなファンを楽しませる。

ルアーでは真夏の高水温時期を除きシーバスが高確率でヒットする。

50cm弱のフッコクラスは電気ウキのエサ釣りでも楽しめる。

日没後の夜釣りが有望だが、5月に入ったらアナゴ狙いの仕掛けとエサを準備して2刀流で狙うというてもある。


少し波風がたち潮に濁りが入ったらウキフカセ釣りでクロダイとキビレを狙うと高実績である。

水温が上昇して活性が高まる5月下旬以降が狙い目となる。

この頃になると半夜釣りのアナゴも面白くなる。

港内でも30m程度のチョイ投げでアタリを待つ置き竿で十分実績がある。

付けエサはアオイソメが高確率。魚の身エサでもOKだ。


ルアーファンには朝夕マヅメときに楽しめるメッキもオススメ。

5cm前後のミノーか2インチ程度のワームでも高確率だ。

港内でのチョイ投げなら日中でもシャコとアナゴが良く釣れる。

投入距離は20m前後のチョイ投げで構わない。

アイナメのヘチ狙いと併用して楽しむこともできる。


全般的に北寄りの風には強いが南よりの風には弱いので事前に風向きを気象情報でチェックして出掛けると効率的だろう。

港内には無料で止められる駐車スペースは多く広い。





日立港 第五埠頭 つり場ガイド

都心からマイカーで2時間弱というアクセスの良い日立港第五埠頭。

中でも全長約1kmもある新防波堤は魚影の濃さと多彩な魚種で約3年前までは人気が高かった。

だが、2008年の転落死亡事故が発生したため途中で頑丈な鉄柵が設置されてしまい新堤防には入れなくなった。

最終地点は久慈川の河口部角地まで。

地元の釣り人に聞くと「晩秋から春までカレイの良型が釣れ、初夏からはクロダイとスズキ、秋口からは1kgオーバーのイナダやカンパチが回遊してくる絶好のポイントだった」とのこと。


さらに驚いたことに数年前に沖堤防でも人身事故が発生したため、沖堤防への渡船も完全に中止されているという。

全長40cmオーバーのカレイやアイナメ、初夏には50cm級のクロダイが数釣れていただけに残念でならない。

釣り場を狭めているのは皮肉なことに釣り人側が原因である場合が非常に多い。

堤防釣りは基本的に自己責任のレジャーと心得て必ずライフジャケットを着用したいものだ。


例年12月の声を菊子と炉になると、地元では有名なヒラツメガニがカニ網に掛かるようになる。

第五埠頭の岸壁から50m前後投げて置竿でアタリを待つノンビリとした釣りである。

カニ好きの常連釣り師によれば「寒くなるとヒラツメガニはとても旨くなる。

味噌汁の出汁としても良いが、寒い日は鍋に入れると最高。

カニ味噌が鍋に溶け出して最後にシメで雑炊にしてもうどんにしても絶品だよ」と頬が緩む。


ただ新堤防に入れないから「もうカレイもダメだろうし、クロダイも無理だね。この久慈川沿いではせいぜいイシモチかカニ程度だね」と残念そう。

唯一の救いは釣具店の並ぶ港内には無料で駐車ができ、足場の良い港内岸壁でファミリーフィッシングが楽しめること。

水深は深い所で5m前後もあるため、サビキ釣りやプラクリの探り釣り、チョイ投げも楽しめる。

アジやイワシが回遊してくるのは例年7月頭頃からだ。

茂宮川沿いだけに秋口にはハゼが爆釣できるという。


今後も快適な釣り場が減少しないように、持参した飲食料やエサ、コマセ類は奇麗に後片付けしてゴミは持ち帰りましょう。






カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM