伊勢町海岸みうらボート カレイ釣り

 

悪天候と強風が続いた4月の週末。仕事の締め切りをこなすために四苦八苦したのは言うまでもない。釣りに行きたい日に限って予定が立てられない辛い日が続いた。なんとかボート釣りに出られた4月22日は最高の天気に恵まれたのだが完全なる凪倒れに終わった。のっけから結論めいた書き方で恐縮だが、自然相手の釣りでは、よくあること。それでも、同行して頂いた小幡さんには最後の最後に幸運が待ち受けていた。

 

伊勢町海岸のボート釣りといえば、この時期なら肉厚の戻りガレイを置いて他にない。人気と実績、知名度ともにシーズンに最低1回は行かないと気が収まらないボートつりファンは多いことだろう。だが、チャンスは平等には訪れない。まして、シーズン終盤のラストチャンスとなれば気合いが入るもの。

 

クルマを走らせたのは「みうらボート店」。前日に電話を入れてボートが出られるのかを確認してから準備に取りかかった。仕掛けはもちろん今回は秘密兵器ともいえるマルキューのカレイ専用コマセまで購入して乗り込んだのだが、結果は悲惨なことに。

朝、小幡さん宅前で待ち合わせ。午前6時30分頃には出発して、7時前には受け付けをすませてボートを漕ぎ出した。天候は南の微風でほぼベタ凪。3年前にはカレイを釣り上げた記憶のある赤旗がたなびく浮き浮標を目指して漕いだ。風向きと潮流を考えアンカーを投入。水深約27mのやや深い場所からスタート。

 

竿はパックロッドにスピニングリールが2本、1.8mの万能ロッドに小型両軸リールの組み合せを1本の計3本を持参。最初に足下へ両軸リールのついたロッドに仕掛けを付けて投入。オモリは25号でハリスは3号80cm。カレイ針は2本。付け餌はアオイソメ。房掛けと縫い指しでボリュームたっぷりに装餌したのだが、2時間近く経ってもほとんど餌が取られない。減らないのだ。これにはガックリ。魚っ気がほとんどない。

 

2本目のスピニングリールが付いたパックロッドを出すにも気合いが入らない。こちらはチョイ投げして少しずつ仕掛けをサビいて誘いを掛ける。それでもほとんど付け餌がそのままの状態で戻ってくる。一方、小幡さんはシロギス狙いに的を絞った小針に小さくイソメを付けて30m近くの遠投で広く探る方針。もちろん、1本はカレイ狙いのロッドもボート直下に落として置竿狙い。カレイ釣りでは2本を投げて、1本を足下の置竿という釣り方が一般的だが、餌盗りすら皆無だけに3本目のロッドを準備する熱意が失せてしまった。つまり、2名で4本という非効率的な釣り方に終始した。だが、餌が取られないのでは効率的とか非効率的という段階ではない。カレイ釣りは良く時合を考えて粘って釣れ、と言われるが満潮時間の午前8時になっても何も変化がない。もう少し粘ってから移動しようと考えて、10時頃まで我慢したのだが、小幡さんに「もう少し浅い場所に移動しましょう」と声を掛けるのが精一杯。小幡さんはそれまでにシロギス狙いの仕掛けに見事に3匹のシロギスを掛けて、順調にお土産を確保していた。

 

次は19m前後。赤旗の浮標を基点に少し岸寄りに移動した。そこでもアタリは皆無だった。ポイントを移動する前に水温計で海水温を計測したが、15.5度もあった。この時期としては高いくらい。前日の水温が分からないが、もしかしたら2度近く高くなったのかも。急激な水温の乱高下は魚には悪い。活性が高まることはほとんどない。

 

3回目の移動は方角を変えて、ワカメ棚の角ブイの近くにアンカーを投入。角地であればブイのロープの影響は受けないはずと考えたからだ。水深は11m。すると私の置竿に異変が。クンクン、何度かコツンコツンとお辞儀を繰り返してからリールを巻いてくると可愛いシマダイ(イシダイの幼魚)が掛かっていた。晩酌のつまみにクーラーBOXに仕舞ってしまった。全長17cm程度の幼魚はリリースするのがマナーというもの。のんべぇの哀しい性がこんなところに出てしまうとは情けない。これでは幼児虐待ならぬ、幼魚殺害ではないか。

 

その後に海底から引き上げたモノといえばワカメの切り株と茎ワカメの切れ端。どうやら根際に入ったようだ。改装や岩礁帯の根際ならベラ類が元気に掛かってくるはず。それが釣れないのはちょっと可笑しい。雑魚も低活性とくればまさにお手上げである。

 

とうとう最後に小幡さんから「以前沖堤防の手前の浅い砂地帯でシロギスが結構数つれたので移動しましょうか」と言われた時間がすでに午後2時過ぎ。午後3時30分には着岸しないといけないことを考えれば、帰り道方向なので「帰りが近い方向だからそうしましょう」となり、水深5mの浅い砂地帯に移動。浅い場所ではベラ程度が釣れるかも、と思ったらとんでもない。小幡さんがついに感動のラストを飾ってくれたのである。チョイ投げのロッドを大きく曲げながら「来ましたよ、大きいのが」と言いながら慎重にリールを巻く。すると海面をバシャッと割って姿を見せたのがヒジタタキ。全長は目測でも30cm近くあったシロギスだ。しかも、20cm級とのダブル掛けだから驚いた。これは素晴らしい。こんな浅い場所に28cm(後検寸)のシロギスが棲息していたとは。

 

確かに、転々とツブ根らしきが砂地帯にある場所でときどき仕掛けが引っ掛かることが多かった。とはいえ、水深5mでこのサイズは値千金である。写真とビデオの両方で撮影したのは言うまでもない。小幡さんはその後小メゴチの連発でマゴチ仕掛けを投入してみたのだが、アンカーをいれたままでの釣り方ではヒットの可能性は低い。北東風が強まってきたのでアンカーは必要だった。

結局、午後3時に竿を締まって岸まで漕ぎ戻った。ボート店の人が「今日はカレイはダメだったね、良かったのはフグ狙いの人だけだね」と慰めの言葉をいただいた。今年の戻りガレイもまた不発に終わった。だが、これもボート釣りの宿命。天気の良い日の典型的な凪倒れである。最終的に4回のポイント移動でダメだったのだから仕方ない。やるだけのことはヤッタのだからある意味満足である。

 

最後にシマダイの味覚で締めくくろう。17cmの魚を刺し身にする時の気持ちがわかる人は少ないだろう。だが、想定外の激旨には驚いた。コリッとした触感のあとに口に広がる甘みと旨味。ワサビ醤油を付けても甘みが引き立つのだ。ウ〜ん、恐るべしシマダイの刺し身。もう少し大きければたぶんもっと美味しかったに違いない。幼魚殺害をお許し下さい。

 




鴨居大室港五郎丸 午前ビシアジ釣り

 

桜の開花が想定外に早まった3月下旬、やっと暖かさが続いた3月27日火曜日に釣り部後輩の栗原君と一緒に鴨居大室港の五郎丸から午前ビシアジ釣りを楽しんだ。火曜日に休みが取れる栗原君はビシアジ釣りが大好きで得意。LTアジでも良かったのだが、「数より型」を重視する趣向のようなので、130号のビシを使う通常のアジ釣りに決定。ただし、小型電動リールは必携だ。

 

実は数日前まで、五郎丸のアジ釣りの釣果は型も小さく、最大で26cm前後、数もトップで20数匹となっていた。それが釣行の前日になって良型が復活。30cmオーバーが多く混じり、小さくても24cm前後というから「これは楽しみだ」ということで決定。

 

平日の火曜日だというのに前日の釣果が良いと釣り客の出足は早い。しかも、風の弱い凪ぎ模様。気温も一気に20度近くになるという。案の定、当日は右舷だけでも7人。両舷で14人が乗り込んだ。午前7時30分の定刻より少しだけ早く港を離れた。航行すること約15分で最初のポイントに到着。鴨居沖の水深45m前後で釣り開始。指示ダナはいつもの「底上げ2〜3m」。

 

すると30分もするとアジ特有の「クククッ」と小気味良い竿の曲がりで25cm前後が釣れ上がる。仕掛けは定番のハリス2号2mに付け餌は宿支給の赤タン。最初は欲張って3本針の仕掛けで釣っていたのだが、どうにも手前マツリが多く、手返しが遅くなることを考えて、途中で2本針に変更。というのも、追い食いを待ってもダブルで掛かることが少なかったからだ。

 

しばらくすると、栗原君が30cmオーバーとおぼしき良型を釣り上げて嬉しそう。周囲でも30cm前後が多く混じり始めて、硬いビシアジ竿が気持ちよく曲がる。右舷ミヨシから2番の三浦さん(横浜市)が竿が満月に近く曲がりながら慎重にリールを巻いている。海面に浮かんだのはマトウダイだ。アジが大好物のマトウダイが針掛かりしたアジを姥食いしたということ。三浦さんのハリスはなんと1.5号だという。慎重にゆっくりと巻き上げた理由が分かった。最後はもちろんタモで掬ったことは言うまでもない。

 

実は当日最初のポイントでマトウダイ祭りが船中で開かれた感じ。右舷ミヨシの座間さん(横須賀市)もすでにマトウダイを狙って2匹、3匹と釣り上げていた。三浦さんも2匹目のマトウダイをキャッチ。それではマトウダイを釣らないと面白くない、ということで私も弱いアタリで掛かったアジらしきを追い食いを待ちつつ20秒ほど仕掛けをステイ。その後、リールをごくゆっくりと5mほど手で巻いてくると、途中でグングンと強い引き込みと重量感が加わった。もしかしたらマトウダイか、と思って電動リールのスイッチをロウスピードで巻き上げてみると、運良く目測40cm弱のマトウダイが掛かっていた。餌は16cm前後の小アジ。口の中にまだアジの姿が残っていたからすぐに分かった。

 

周囲でもマトウダイが数匹掛かり、タモ取りが忙しい。残念ながら良型アジばかりを狙って釣っていた栗原君にはヒットせずにポイント移動となった。次のポイントも水深は55mと浅い。ここでもマトウダイが釣れるかも、と思い追い食いを狙い習慣が身に付いた。だが、それほど甘くなかった。

 

それでも平均で30cmオーバーが多く混じり、時折グイングインと突っ込む強烈な引きで35cm(後検寸)を取り込んだ。タモ網なしで抜き上げたのは海面で針の掛かり具合を目視確認できたからだ。上顎の硬い部分にシッカリと掛かっていた。抜きあげの瞬間直後に右隣の釣人から「勇気あるねぇ」とお褒めの言葉を頂いたのが嬉しかった。本当は単なる面倒臭がりの無精者ということ。

 

その後、残り40分で最後のポイントに。ここが水深100m近い場所。東京湾では珍しい。どうやら久里浜沖らしいのだが、釣れてくるのが20cm前後のLTサイズでガックリ。深場なら大型かと思ったら大間違い。深くて小型だからさっきまでの強い引きを味わえない。ならば追い食いでダブル狙いをやってみたが、一荷を達成できたのは1回だけ。

 

結局、午前11時40分に沖揚がり。船中の釣果は5〜30匹。私はなんとか13匹を釣り、午前船としては大満足。ゲストのマトウダイも釣れたのでお土産は充分。栗原君も15匹を釣り上げて満足そうであった。東京湾のアジはこれから5月下旬頃まで脂が乗って美味なシーズンに突入する。ぜひ、東京湾の絶品アジを釣りに行こう。

 




片貝港南新堤 釣り場ガイド

 

3月24日、約5年振りに訪れた片貝港。実は沖釣りで悲惨な釣果だったこともあり、何か獲物を多く持ち帰りたかったこともあって、片貝港の南西方向にある南新堤の実釣調査をしてみた。何が釣れているか、ということ以外に釣り禁止エリアや堤防の拡張工事が進行しているのではという点が気になったからだ。

 

昼過ぎになると天候も晴れ間が広がり、波風も弱くなってきた。だが、4日間近く続いた時化の海は正直だ。海をみればそのきつい濁り具合がすべてを物語る。ウネリが残っているのは当然だが、海底が砂地帯だけに泥水のような薄汚れた水色が目に飛び込んでくる。楽しんでいるのはサーファー連中だけ。

 

南新堤の付け根付近から釣り人に声を掛けてみる。「何か釣れましたか」と聞くと大半の人が「何も釣れていません。今日はダネですね」という。見るからに味噌汁を箸で掻き混ぜたような泥水のような色だけに魚は釣れていない。活性が高いとか低いという次元ではなく、いわゆる「底荒れ」状態が数日間続けば仕方のないこと。

 

それでも「今の時期は何が釣れますかね」と聞くと「ぶっ込みでセイゴかフッコかな」という。私が「投げ釣りでイシモチは釣れませんか」と問いかけると「まだ時期が早いよね。4月下旬か5月GW頃にならないと」と教えてくれた。

 

南新堤は堤防中央付近でも足下の水深は3m前後しかない。海底は広い範囲で砂地帯である。しかも、暖かい季節になれば地元以外からも波を愛する根っからのサーファーが集う場所だ。とすれば、投げ釣りにしろルアーフィッシングにしろサーファーに要注意ということになる。サーファーがいるからと言って決して釣れないのではなく、時化後の底荒れときつい濁りが魚の活性を下げているということ。

 

水温が突然2度以上も上昇したりすれば沖の魚やイカも口を使わなくなるもの。適度に安定した水温と海況にならないと陸っぱりでは釣果は期待できない。ルアーや投げ釣りだけでなく、ウキ釣りやサビキ釣りでも魚は釣れないのだ。自然相手の釣りという趣味はある意味潮任せという点が大切だ。天気が良くなり、陸上が暖かくなったからといって海の中とは違うということを充分知っておくことが重要だ。

 

一番確実な情報を持っているのは地元の釣具店。時化の数日後に行くにしても、事前に釣具店に電話を入れて最新情報を仕入れておくことが欠かせない。餌やコマセだけでなく、どんな釣り方で釣れば確実に魚をキャッチできるのか、具体的に聞いておいた方がいい。できれば釣行の前日ではなく、3日ほど前から釣果情報は広範囲にチェックしておくこと。3店鋪ぐらいに情報を確認すれば信憑性も高くなる。

 

こうした熱意が功を奏することもある。高級なブランド竿やリールを購入しなくても、釣りに対する飽くなき情熱と研究心さえあれば夢は実現できるはず。南新堤で70cmオーバーのシーバスを釣ることもできるのだから。

 

ひとつ注意しておきたいことがある。この堤防では、「ギャング針を使った釣り」と「投網」は使用禁止となっている。この二つの釣り方をしなければ他の釣り方は許可されているということ。南新堤の付け根付に掲げられた新しい看板を見つけたからだ。私の記憶が正しければ5年前にはなかった注意事項である。この堤防で長く釣りを楽しみたいと思うなら絶対に守って欲しい。

 



片貝旧港第一二三丸 キンメダイ&ヤリイカのリレー釣り

 

1日に2魚種を狙い分けるリレー釣りはお得感がある。しかも、キンメダイとヤリイカのリレーとくれば興味が沸かないはずがない。片貝旧港にある第一二三(ふみ)丸の小倉船長がその指南役だ。

 

足を運んだのは3月24日の土曜日。だが、出船がなんと午前4時というから自宅を前夜の午後8時30分に出発し、片貝旧港に着いたのは午後11時過ぎ。車中で仮眠を2時間ほど取ってから乗り込むと、船中はすでに満席状態。片舷6人、両舷で12人の「ヤリキン」ファンを乗せて午前4時に港を出航した。最初にキンメを狙うのだが、そのポイントまで要する時間は2時間だ。風は強くないもののウネリが残り、揺れ幅は想像以上に大きい。

 

外房特有の壁のような波が容赦なく船体を打ち付ける。それでも船長はウネリを上手くかわしながら航行するため波飛沫はわずかしか掛からない。暗闇の中を走り続けて空が白々となる午前6時少し前にポイントに到着。5分ほど魚探反応をチェックしながら最初の投入の合図が出された。

 

「水深260辰如⊂しずつ浅くなります」の指示で一斉投入。オモリ号数は200号。潮流は少し速い程度で釣りにくさはない。ポイント移動毎に細かく水深とカケアガリかカケサガリかの説明がアナウンスされる。

 

興味深いのが仕掛けだ。キンメ釣りにフラッシャーサビキを使うのは初めての経験。船宿仕掛けハリス8号14臓幹糸12号枝間40cmの10本針で全長4.4叩ピンクと白のフラッシャーが魚にアピールするという。針は丸セイゴネムリの18号。当然のこと、針に餌は付けない。右隣に座った飯田さん(茂原市在住)は「実は身餌を持参してきました」と気合いが入っていた。

 

船長は魚探を見ながら細かい指示を出す。「230辰ら下に反応があるので途中で一瞬仕掛けを止めて、アタリを見ながら降ろして」と釣り方を丁寧に教えてくれる。

 

すると230辰濃澆瓩浸笋隆箸縫▲織蠅出た。グングン、と小さくお辞儀をしたあと小刻みに震えた。さらに2辰曚瓢悗妊汽潺鵐阿鬚靴覆ら数回に分けて沈めて行く。250檀婉瓩悩討咼▲織蠅出たので、巻き上げることに。同宿では巻き上げは自由裁量である。ただし、潮流の速い日には2回目の投入ができない場合も。

 

運良く両隣とのオマツリもなく、海面を最初に割って出たのはメダイ(後検寸40臓法その下に2匹のキンメダイが掛かっていた。船内ではどうやら私がファーストヒットのようで気分は最高。しかも船長からどんな感じでアタリが出たのか、と聞かれて次のように説明した。「船長の指示通りに230辰念貪抻澆瓩1分ほど待っていたらクンクンと竿先が曲がったので、その後も約2担岾屬撚爾悒汽潺鵐阿靴覆ら仕掛けを少しずつ落としていっただけ」と。

 

だが、その後は船内でオマツリが多発したり、サメに掛かった魚(キンメかどうかは不明)を仕掛け丸ごと略奪されたりで悲惨な結果に。私も持参した市販仕掛けと200号オモリをロストしたので船内で購入。1800円の大損害である。

 

船長は午前8時前にはヤリイカに転向すると決断。15分ほど走って釣り再開。11促廛薀泥里5〜7本セットのブランコ仕掛け。オモリは150号。水深は160〜170蛋宛紂ここでもサバ攻撃に遭い、仕掛けが下まで降りない人が多かった。ヤリイカの活性も低く、潮具合が悪い。

 

船長に下船後話を聞くと「水温が時化前と比べて2度も高く、19度になってしまって」と苦戦の一因を嘆いていた。ヤリイカの船中トップが6杯。私はゼロであった。その後もオマツリとサバ攻撃で戦意喪失。私は早々に戦線離脱を余儀なくされた。軽い船酔いとノリの悪いイカのご機嫌取りに疲れたためである。因にキンメの船中釣果は0〜2匹。一応私はキンメの竿頭となったことになる。

 

結局、午前11時40分に沖揚がり。皮肉にも帰港する時間になって海は凪いで静かになった。午後1時過ぎに港に戻り、二三丸名物の昼食の焼きそばを口に頬張り、船長からキンメやメダイの美味しい調理法を聞きながら、イワシのミリン干しのお土産を手に提げて港を後にした。潮具合が悪い日に当たれば悲惨な釣果に終わることは良くあること。決して船長のせいではないのだ。4月1日以降はイサキ釣りに変わるとのこと。




金沢八景一之瀬丸 ショートメバル五目釣り

 

毎年2月に入ると相模湾佐島方面では、活きたイワシを使ったメバル釣りが開始される。いわゆるイワシメバル釣りである。それが今年はイワシの入荷がだいぶ遅れているのか、なかなかスタートしなかった。3月に入ってからやっと一部の船宿で釣り開始の合図が宿HPに記載されていたが、時期が過ぎてしまい肩すかしを喰らった感じでヤル気が失せてしまった。だが、軟調メバル竿が海中に突き刺さる快感は活きた餌を使った釣り以外では見ることは出来ない。

 

そこで数年振りに東京湾で活き藻エビを使ったエビメバルを釣ることにした。数は釣れないが、良型メバルの強引を堪能できる、ちょっと酔狂な釣りを金沢八景の一之瀬丸から楽しむことにしたのが3月13日火曜日。前夜の天気予報でも最高気温が18度と4月上旬の陽気になるとか。風予報も凪で、メバル釣りにし最適かと思われた。春告魚=メバルは昔から凪の海で釣れ、と言われているだけに期待を胸に右舷胴の間に乗り込んだ。出船は午前7時だが、予約の人数9人が約20分前には揃い、少し早めに桟橋を離れた。

 

航行すること25分で最初のポイントに到着。水深27mで船長から釣り開始の合図が出された。釣り始める前に船長から餌の付け方を教わった。「藻エビの尾羽部分を丁寧に切り落として、針先は尻尾の一節部分へ抜く。抜く方向は腹側でも背中側のどちらでも良い」という。仕掛けに関してはアドバイスを受けた。「ハリスは細ければ細いほど食いはいいです。それに針は金属色を消して黒く塗るとアタリは増えますよ」と教えてくれた。市販仕掛けを持ち込んだ筆者の仕掛けの中には針が黒く塗ってあるモノは見当たらない。油性マジックで針を塗るだけでも良いとか。潮が濁っていれば、それほど問題ないだろうと思ったが、当日のメバルの活性はそれほど高くはなかった。

 

水色は濁り気味で、風も弱いのだが、天気が晴れのためか朝のうちの1時間程度を過ぎるとアタリの数も減った。私は運良く一投目で全長26cmの良型メバルを釣ることができたが、その後、2匹目が釣れたのが9時5分前。その2匹だけでメバルは打ち止めに。船中のメバルの数もトップで6匹程度と推察できた。少なくとも右舷側ではそんな程度しか釣れていなかった印象を受けた。

メバルのアタリは藻エビがビビビッと暴れた直後に穂先が震えて、竿先を聞き上げてやるとグググイーッと満月のように弧を描く感じ。ゆっくりとリールを巻くとさらに竿先が海面近くまで突っ込み、気持ちの良いメバルの引き込みを満喫できるのだ。エビメバルの真骨頂といったところである。

 

ところが、朝のうちに数回訪れていた、ビビビっといったエビが暴れるアタリは全部で5回程度。食い込みがないのでエサを確認すると、3本針に漬けてあった藻エビがすべて消え失せている。餌付けが丁寧にできないとこの釣りは餌だけ取られてしまうことも決して少なくない。船長からの釣り方アドバイスは「オモリが底に着いたら、ジッと静から待って下さい。動かすと警戒心の強いメバルは食ってきません」という。不必要な仕掛けの上下の誘いは逆効果ということだ。

 

オモリを底に着けたまま静に待っていると確かにアタリは出るのだが、そこまでで終わることが多かった。午前9時30分を過ぎると、そのアタリも出なくなり、カサゴ狙いに変更したのが午前11時15分。15分ほど移動してから水深27m前後とほぼ同じ水深で再開。すると、左隣の濱さん(東久留米市)の竿が突然大きく突っ込みで上がってきたのは良型のイシモチだ。船長はどうやら数の釣れないカイゴより数釣りが楽しめる良型イシモチ狙いに予定を変えたようだ。濱さんはその後も立て続けに5匹ほどを釣り、「これだけアタリがあるのは楽しいですね」と口元がほころんでいた。

 

私はいつもイシモチ釣りの時には置竿にする習慣がある。理由は簡単。手に持っていると最初の強い突っ込みでビックリ合わせをしてしまうから。なので、置竿で穂先がガンガン、ガクガクと2回以上続いたらゆっくり手にもってリールを巻き始めて合わせるという釣法を使っています。その方がバレる確率が非常に少なくなるからだ。

 

もうひとつ重要なのが仕掛け。メバル釣りからそのまま同じ仕掛けでも釣れるのだが、ハリスが細いメバル仕掛けをそのまま使っていると、どうしてもハリスにヨレやチヂレが生じてしまう。そのまま使い続けているとハリスが幹糸に絡むことが多くなり、付け餌のアオイソメだけが齧られて減るだけという現象が多くなる。これを解消するにはパリッとした太めのハリス、できればフロロカーボン3号以上のモノに変更した方がいい。イシモチはメバルと違って、ハリスの太さをあまり気にしない。それよりハリスが幹糸に絡んだ状態を嫌う傾向がある。針掛かりも悪くなり、良いことはない。ハリス長も20cm前後と短くても食い気に差はないようだ。

実は私の仕掛けに食い気がないため、周囲では釣れているのに可笑しいと判断して太く短い胴突き仕掛けに交換した途端にバリバリと食ってきたからだ。アオイソメは10cm程度の1本掛け、短い場合は2本掛けもアリ。誘い方はオモリが底をトントンする程度でOK。無理に大きく誘い上げることは不要である。仕掛けを交換した直後から沖揚がりの午後1時までに置竿で12匹を釣り上げて一応満足できた。残念だったのはメバルがもう少し釣れていればという点だけ。

 

この時期のイシモチは血抜きをして3分程度ですぐにクーラーBOXに入れて、海水氷で締めてやるだけで充分。あとは調理する際に、刺し身なら熱湯をかける湯引きで、その直後に氷水に1分間漬けてから水気を取り去り、ひと口大に切って盛りつければいい。塩焼きで食べる場合は、粗塩を振りかけて一晩チルド室に寝かせるといい。身がグッと締まって旨味が滲み出る。私の好きなホイル焼きも塩を振って1晩寝かせてから、翌日調理する直前に塩胡椒を再度振ってクックパッドのアルミホイルの下にまずタマネギ、シイタケを敷いてからその上に魚を置いて、バターをひと掛け乗せてから包む。フライパンに乗せて強火で5分してから弱火で3分してから火を消す。20分後に食べるとバターの風味が魚全体に行き渡ってとても美味となる。白ワインと一緒にご賞味アレ。飲み過ぎにはご注意を。

 





カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM