片瀬漁港萬司郎丸 アマダイ釣り

 

令和2年の2月下旬といえば酷寒の厳しい釣りになることは覚悟の上で電話予約を入れた。新春の初釣りに出掛けた時にもらった「お年賀クーポン券」が気になっていたからだ。片瀬漁港の萬司郎丸である。いつもならリベンジ券というのをもらえるのだが、それよりもさらに格安の価格設定が嬉しいではないか。すべての釣りモノが6500円というのは凄過ぎる。ただし、付け餌代のオキアミは別途300円。

 

出掛けたのは2月27日の木曜日。前日ヤフーの天気予報では天候は晴れ。北東の風が5〜6m程度という数字を信じて予約を入れた。ところが、10時前から強風が吹き始めてとっても寒い釣りとなってしまった。白波が立って、ウサギが飛ぶ感じだ。たぶん風速は10m以上。

 

この時期、風向きが北寄りなら釣り座は絶対に右舷に限る。なぜなら午前中は陽が当たるからだ。風のない日ならまだしも北東風が吹いたら日向か日陰かの違いは釣り人の士気に影響してくる。凍える寒さの中でマメにエサの交換をする手返しまで意識がまわらなくなるのだ。

 

当日も定刻の午前6時30分に港を離れたが、江ノ島沖は寒い。走ること約15分で最初のポイントに到着して、魚探を探索しつつ5分後には「ハイどうぞ。水深88mです」でスタートフィッシング。オモリ号数は60号か80号。私はPE2号だったので60号を選択。

 

今回は仕掛けはちょっとこだわった。珍しく自分で作ったからだ。ハリスは3号2m。1mで小型サルカンを介して30cmの枝スをだす。拘ったのはハリだ。オーナー針の「インプライト甘鯛13号Wケン付」を先針に使ってみた。針型としてはいわゆる丸カイズ型だ。軸がまっすぐでオキアミが直線になる理想的な針なのだ。今回はコレを使ってアマダイを釣りたいと考えた。針はピンク色で自発光する夜光色である。

 

釣り開始から最初に釣れたのはミニミニのガンゾウビラメ。針を飲み込んでいたのでキープ。塩焼きやホイル焼で旨い魚だ。次に掛かるのはオレンジ色のオキトラギス。これが2匹立て続けに掛かるとウ〜んタナが低いのかなって考えてしまう。口の際に針掛かりしていたからご丁寧にリリースして海中に戻ってもらった。

 

午前9時20分頃にやっと本命のアマダイらしき強い引き込みがあり、ゆっくりと3mほど手巻きでリールを巻くと、ググン、グインと強く突っ込むので「コレはアマダイに違いない」と確信して、電動リールのスイッチを中速で巻いた。途中でも、グングン、ググッと残り40m前後でも突っ込みがあり、これならそこそこサイズかも、と期待したのだが透き通ったオレンジ色の魚体を確認して、ホッと一息。これで本命ボウズはなくなった。

 

実はこのアマダイの直前に伏線があり、珍しいアラのミニサイズ=全長26cmが釣れていたのだ。だが、型が違うとヒ引き込みの豪快さが違うのだ。それでも小型のアマダイかと思って慎重に巻き上げたのだ。最近ではアラも貴重な魚になり、全長1mになる魚だが、相模湾ではされは無理。貴重な魚ではあったが、完全に針を飲込まれていたのでキープすることに。本来ならせめて40cmオーバーの型を釣りたかった。

 

その直後から北東風が強くなり始めて、同時にアタリが遠くなり辛い修行僧の時間帯が訪れた。船長はマメにポイントを移動しつつ、水深も120m前後まで探索してくれたのだが、こちらのモチベーションが切れてしまった感じで、最後はロッドキーパーに預けたままたまにサ竿先を動かす程度。横になりながらの横着釣りになってしまった。

 

真剣に最後まで竿を手に持って底ダチをキッチリと取り直していた人には幸運が訪れていたようだ。船中の釣果は竿頭で7匹。スソはゼロで数人いたらしい。決して難しい釣りではないが運と根気が大きく左右する釣りであることも分かった。

 

結局、午後1時15分に沖揚がり。帰路は北東風の強風を避けつつゆっくりと操船してくれた心優しい船長に感謝。お土産に季節限定のワカメのお土産までもらいシャブシャブで食して最高の春の味覚でした。

 

今回の釣行費用はお年賀ポン券を使って6500円、これにオキアミ300円で合計6800円。P代と氷代は無料。良心的だ。

 



金沢八景一之瀬丸 ショートメバル五目釣り

 

毎年2月に入るとメバル釣りが解禁される。ただここ数年は乗船代が高額となったイワシメバルには釣りに行かなくなってしまった。季節限定で地域も限定される釣りモノには興味はあるが、釣行費用が掛かる釣りは残念ながら遠ざかってまう。餌に使う活きイワシが高価になったこともその理由の一つだろう。

 

だが、東京湾のエビメバルはその点、財布に優しい。生きた藻エビを餌にしているが、釣趣はなかなか楽しいものがある。穂先が柔軟な少し長めのロッドを浸かって食い込みと巻き上げに独特な味わいがある。1匹のメバルを釣るのにどうしてこんな苦労をしてまで釣るのか理解できない人も少なくないだろう。数は釣れないし、最近では型も大きくない。それでも、良型のメバルが食い込む瞬間が堪らないのだ。ギュンギュ〜ンと大きく弧を描く竿先を見ながらリールを巻く時の快感は他の釣りでは体感できないものがある。

 

前振りが長くなってしまい申し訳ない。2月18日火曜日に乗り込んだのは金沢八景の一之瀬丸だ。ショートメバル五目釣りは午後1時に沖上がりのショート釣りで、乗合料金もシニフ割引を利用すれば6200円ととてもリーズナブル。P代は1日500円。午前7時の定刻に桟橋を離れて約25分で最初のポイントに到着。水深は約25m。近くには横浜の沖赤灯台が見える。仕掛けはハリス30cm3本針の1.25号の市販仕掛けを使った。オモリは25号。私はオモリを油性マジックで黒く塗り、メバルに違和感を与えないようにひと工夫。少なくとも銀色に輝く新品オモリは控えた方が良いという。

 

7時30分頃から実釣開始となったが、なかなかアタリが訪れない。これは厳しい日に当たってしまったかも、そう思いながらオモリを海底に着けてゼロテンションでジッと静かにメバルからのアタリを待つ。時々、仕掛けを持ち上げて聞いてみる。場所によってはオモリが根に引っ掛かり根ががり状態になるのを避ける意味でも3分i1回程度はオモリを移動させたい。また、10分ぐらいで一度仕掛けの藻エビエサの確認を怠らないこと。藻エビが白濁していたり、アタリがなくても脱落してしまうこともあるからだ。餌のない針にはどんな魚も食ってこないのは当然だ。

 

しかし、2時間ほどはアタリがなく、船長も転々とポイントを移動する。時折小型のカサゴが釣れるが、全長13cm足らずではあまりに小さい。リリースしたのが1匹。カサゴはメバル以上に成長の速度が遅く、型の良いカサゴはなかなか釣り上げられない。私が最初に釣り上げたのはなんとアジ。食い込み方がどうもメバルらしくないのでゆっくりと巻き上げてくると海面近くでキラっと光って海面に姿を見せた。

 

ゲストとしてはまずまず。型は全長21cmだが、食べて美味しいサイズである。やっとメバルが釣れたのは午前10時を回ってからだった。独特の引き込みを味わいながらリールを巻いて取り込んだ。この瞬間にボウズは逃れたという安堵感で肩の力が抜けた。その後、もう1匹釣り上げて、ついに痺れを切らした船長は「イシモチ釣りにリレーします」とアナウンスしてポイントを少し移動。付け餌をアオイソメに変更して釣り再開。午前11時30分近くになっていた。

 

その後のイシモチ釣りは絶好調。アタリが多く、仕掛けを落として底をトントンと叩く位置をキープするだけでいい。速アワセは禁物の釣りだからできれば置竿で待つのが最適だ。竿を手に持っていればどうしても反射的にアワセてしまうからだ。3回ほど連続して竿先が曲がっても断続的に震えていれば針掛かりした証拠。ゆっくりとリールを巻きながら一定の速度で海面まで巻くだけ。それで付け餌が残っていればそのまま仕掛けを落としても良い。餌が短くなっていたら新しいイソメをチョン掛けにして追加すればいい。

 

天候は晴れていたが、昼前から西南西の強風が吹き始めて、昼過ぎには白波だったて来た。本牧沖の大型貨物船が浮かぶ過ぎ近くで釣っていたが、寒いこと甚だしい。防寒着を着ていても顔と両手が冷たい。ヌメリのあるアオイソメを針に刺す時には石粉を持参すること。手返しの違いで数釣りを満喫できるだろう。

 

結局、定刻より15分ほど延長してくれて午後1時15分に沖揚がり。私の釣果はメバル2匹、アジ1匹、カサゴ1匹、イシモチ16匹で4目達成でまずまず。本命メバルがもう3匹ほど釣れれば満足感も高まったに違いない。良型の突っ込みが根ががりでバレてしまったのが返す返すも残念でならない。ここ数年、東京湾のクロメバルは数が減ってしまったのだろうか。船長が言うには前日からの強風で潮が澄んでしまってメバルが神経質になったかもか、と語っていた。潮が濁る時期がきたら再度挑戦してみたい。

 

最後になってしまったが、同船していた立神さんと中田さん(ともに相模原市在住)に撮影の協力をして頂き、有り難うございました。カゴ釣り師として長いキャリアを持つ立神さんでも本命メバルを釣り上げられなかったのは少し残念でした。またご一緒しましょう。

 




片瀬漁港萬司郎丸 LT深場五目釣り

 

令和2年は暖冬だというが、さすがに大寒付近では寒さを感じる日が多い。陸上での最高気温が12度と言われても海上(船上)での体感温度はおそらく8度前後だろう。それでも釣りキチを自負する(笑)私はこの時期に美味しくなる深場の五目釣りを無性にしたくなる。

 

2月2日の日曜日、北東風が3m程度吹くとい予報だったが、天候はほぼ晴れ。釣割の前日割を利用して片瀬漁港の萬司郎丸からLT深場五目釣りに出掛けた。この船宿が凄いのは水深300mを狙うのに仕掛けの投入が一斉だということ。通常ならミヨシから順番にオモリを投げ入れるスタイルだが、不思議と一斉投入が習わしとなっている。因に使用オモリは150号に統一されている。イカ竿やビシアジ竿で対応できるのが嬉しい。

 

当日も定刻の午前6時15分に港を離れて江ノ島沖の水深270m前後からスタートした。私は運良く一投目からメダイの40cm級を釣り上げてボウズを逃れたが、大半の人はノーヒット。中には小型キンメを釣り上げている人もいた。流し替えをしてから水深が徐々に深くなると隣同士や反対舷の人としかけのオマツリが多発するようになる。もちろん、着底前にサバ攻撃の邪魔が入ると、ほぼ間違いなくオマツリが発生して、ロスタイムとなる。この場合、隣同士であれば巻き上げスピードを合せて同程度の速度で巻いてくるとなんとか仕掛けを修復できることが多い。

 

嬉しいのはテキパキとオマツリを解いてくれる仲乗りさんがいること。これはとても助かる。慣れた手つきでクロスした道糸や絡み付いた胴突き仕掛けを使えるように解いてくれるのだ。針付のハリスを交換する程度で次の投入に間に合うから仲乗りさんに感謝である。

 

潮変わりの10時過ぎ頃から船中でもポツポツとキンメやクロムツが釣れるようになり、私もシロムツとキンメの計3点掛けを達成して、少しずつお土産が増えてきた。

 

だが、好事魔多し。反対舷の釣り人の仕掛けが道糸に絡み、上がってきた時だった。「オマツリは融けたから巻けるはずだよ」と仲乗りさんに言われたのだが、まったく巻けない。それどころか道糸が出されるままで巻けない。「コレはペラに入ったね。道糸を切らないとドンドン巻かれるから切るよ」と仲乗りさんに言われて泣く泣く340m以上のPEラインをカット。残りの道糸は150m足らず。長く愛用してきたヨリトリリングも8本針の胴突き仕掛けもすべて海の藻屑と消えた。トホホ。トモから2番目に釣り座を構える際には今後はくれぐれも注意したい。

 

そこからの釣りはもう諦めるしかなかった。ところが、「ウチの貸し道具を使えば良いよ。ハイ、これを使って」と渡されたのがシマノ製プレミオと2m前後のロッド。PE4号を500mは巻いてあるというから安心して使うことができた。その後は、マメに底立ちを取り直しているとアタリが頻発して、ノドグロカサゴ、クロムツ、メダイ(後検寸43cm)を釣り上げて気分は最高。

 

右隣の右舷トモに座ったいた中森さん(埼玉県三芳町在住)は沖揚がりの終盤になんと値千金のアカムツも釣り上げた。これには私もビックリ。しかも全長で目測40cmオーバーだから江ノ島沖としては貴重なアカムツだろう。何が釣れてくるか上がってくるまで分からない。これが深場五目釣りの醍醐味でもある。

 

メダイが掛かった時には「これはサバだな」と思って電動リールをフルスロットルで強引に巻き上げてくると正体は良型のメダイだったりするから分からない。そこがまた面白いのだ。

結局、午後1時50分に沖上がりに。私の釣果はメダイ2匹、キンメ3匹、クムロツ2匹、シロムツ2匹、ノドグロカサゴ1匹。終わり良ければすべて良しとは言えないが、美味しい根魚をキャッチできた点は評価できるだろう。それと機転の効く仲乗りさんの活躍に感謝して港を後にした。

 

今回の釣行費用は釣割の前日割を利用して7500円。P代と氷は無料である。

 




鴨居大室港五郎丸 午前ビシアジ釣り

 

東京湾のアジはいつでも美味しい。しかも、いつ行ってもそこそこの数釣りが楽しめる。だから年に数回位しか行かなくなる。その数少ないビシアジ釣りで貧果になることはとても悲しい。まるで神社のおみくじで大凶を引き当ててしまったような気分になる。運が悪かったでは片付けられない憤慨感が募ってくるのは決して私だけではないだろう。

 

北東風が朝のうち7mの予報(実際には5m程度)だった1月25日土曜日、鴨居大室港の五郎丸の午前ビシアジ釣りに乗り込んだ。右舷胴の間に座って支度をしながら見渡すと右舷は5人、左舷もほぼ同数で船中10人だった。


一昨日から数が釣れていないものの、「アジならボウズはないだろう」と甘く考えていたのは私だけではないはず。午前7時30分より少しだけ早く港を出発した。約30分かけて観音崎沖に到着。すこし波立つ中、水深60m前後で釣り開始の合図が出された。指示ダナは底から2〜3m。130号ビシがほぼ一斉に投入された。

 

だが、アタリが遠いのだ。たまに釣れてくるアジはまるで堤防釣りサイズのこぶりなアジでガックリ。アジに元気がないのか電動で巻き上げ中にはバレたかな、と思ってしまうほど生体反応が弱々しい。型が小さいのもあるだろうが、アジの活性が低いのだ。

 

私のヤリイカ竿が強く曲がったのは2匹目のアジの時だ。それも置竿でアタリを待っていると、グングンと突っ込み、手巻きでリールを3mほど巻いてくるとさらに強く引くのだ。これは良型だろうと慎重に抜き上げると後検寸全長37cmのビッグサイズ。これは嬉しかった。これこそ観音崎冲のビシアジに相応しいマアジである。ビデオを回しながら一人呟いたのは言うまでもない。

 

私の良型はこの1匹だけだった。アタリが出てもたまに釣れる程度。全長25cmがポツンと釣れるだけで、良型と呼べるサイズは釣れない。左隣の長竹さん(横浜市在住)が竿を大きくしならせて手巻きで慎重に巻き上げてくると、全長40cm近いマサバをタモで掬い上げている。正確には計測していないが、どうみても脂がノリノリの絶品ブランドサバには違いない。その後も良型アジも釣り上げて順調に見えたが、数は釣れていない様子。

 

右隣は川崎市から来たという山崎さん。釣り仲間2名と連れ立って楽しい釣りをしていたようだが、山崎さんには良型が釣れていない。タチウオ専用ロッドと電動リールを駆使して20cmオーバーをポツリポツリと釣り上げていた。だが、終盤近くになって、全長40cm近いサバを釣り上げた。嬉しそうなので写真撮影に協力していただいた。有り難うございました。

 

私も実は後半になってから強烈なアタリがあった直後にハリス切れをしてしまい、これは大サバの仕業に違いないと思い込んで、ハリス3号3本針の仕掛けに交換したのだが、運悪く右隣の山崎さんに釣られてしまった。ここ数年、ビシアジ釣りに来てもサバが釣れていなかった。なんとか良型サバを釣って数少ないお土産に華を添えたいと考えていたのだが、ツキがない日は自分の思い通りには行かないもの。

 

結局、午前11時30分に沖揚がり。船中トップは9匹、スソはゼロだった。アジ釣りでボウズを体験された方はさぞ悲しい思いを募らせたと思う。コマセを船中10人で振ってもアタリが忘れた頃にしか訪れないのだから呆れるしかない。船長も「一昨日辺りから喰いが悪くなってしまったんです」と正直に話していた。私はリリースサイズ=15cm前後2匹を含めて8匹。次頭とはなったもののアジの釣果としては納得が行かない。激渋りの日に遭遇してしまった運のなさが悔やまれるばかりだ。当然ミニサイズ2匹は海中に放流した。

 

今回の釣行費用はHP割引を利用して5500円。P代と氷は無料。次回までには運が回復してくれることを祈るばかりである。

 




釣りフェスティバル2020inパシフィコ横浜

 

毎年1月中旬に開催されるフィッシングショー、今年は令和2年、2020年ということもあってか名称がなぜか変わった。「釣りフェスティバル2020」となり、プレスリリースにはこう書かれていた。「幅広く釣りの楽しさを訴求するイベントとしてさらなる進化をした」という。良く分からない理由だが、因に2月に開催される大阪では今まで通りのフィッシングショーだとか。

 

まぁ、主催者サイドのご都合ということで、面倒な話は気にしないことです。ただ注目したいのが出展者の数。過去最大規模となる197社・団体、736小間になったという。ここ数年では嬉しい話題といっていい。出展社が増えることは釣り業界にとってはとても良いこと。今後も徐々に盛り上げて行きたいものである。

 

今回私が出向いたのが17日金曜日の午後3時頃だった。午後からは一般客と業界関係者も同時に入場するため、どうしても人気のメーカーは混雑必至となり、案の定、ダイワやシマノ、がまかつ等は新製品の展示に数多くの釣りファンが押し寄せて、撮影をするだけでもひと苦労。新製品の具体的な話も静かには聞けない状況であった。

 

その中でも注目のメーカー各社は動画撮影してきたので視聴して頂けると嬉しく思います。展示会場の騒然とした中での撮影でお聞き苦しい点があることを何とぞ御勘弁下さい。質問の突っ込みもできない場名もあり、浅薄なないようになっていますのでその点もご容赦下さい。

 

人ごみをかき分けて聞いてきたのがシマノのリールコーナー。話題の新製品はステラSWだという。ひと言で言えば、軽く滑らかな巻き上げ性能を格段に向上させている。具体的には、ドラグの熱ダレと糸巻き部分の温度上昇を抑えるヒートシンクドラグの搭載、また、ラインローラーを過酷な環境下でも守り抜くXプロテクトなどを採用し、大型ヒラマサやキハダに対応できる性能を持ち、滑らかに巻き上げられるハイエンドモデルに仕上げているという。


価格もカタログ上での本体価格が12万円に迫るモデルもあり。個人的にはド肝を抜かれる。

マルキューのブースでは、沖釣り用の締め剤が凄い。正確に言えば昨年登場した製品だが、「旨〆ソルト」が注目だ。うまじめ、読むそうだが、魚が好むアミノ酸をギュッと凝縮して添加している。そのため、活き餌の中でも魚の切り身系にはピッタリだという。身が少し軟らかいイワシ、サンマ等の身を硬く締めてくれる。ムキエビやオキアミでも効果はあるそうだが、どちらかといえば魚の身餌に特化した集魚剤である。

 

また、生分解性くわせエサとして人気のパワーイソメに今回新たに「ミニイソメの「太」サイズと「極太」サイズが追加発売された。1匹掛けが最適なカレイの投げ釣りにはオススメだろう。たっぷりと針いっぱいに刺して大型を狙いたいものだ。

 

最後に足が止まったのがアルファタックル。ブース自体は地味なカラーリングだったのだが、解説して頂いた開発課の柳澤さんの熱いトークが心に刺さった。2017年からスタートしたアルファソニックシリーズの中でも力を入れたのがマルイカだという。繊細なアタリを捉えるゼロテンション釣法専用モデルが158XUL。ゼロテンションとノーマル釣法をカバーするロッドが145ULだという。年々、繊細になりつつあるマルイカ釣法に対応する好感度ティップに仕上げて、微かなアタリを逃さない性能に高めている。価格は3万4000〜3万5000円。

 

取材当日、最後に登場頂いたのがディープマスターとして有名なテル岡本さん。マダイの王道、元祖MPGリアルツーピースロッドのブルークォーターNEXTを手に持ち、オモリ500号を背負って撮影させて頂いた。本来錘負荷は30〜80号なのだが、500号を背負ってもまったく問題がないほどの柔軟性と高い剛性が自慢だ。2.6mと3.0mの2種類がある。価格は7万8000円から。

 

その他にも某仕掛けメーカーでは、「発売は決定しているんですが、商品名と価格が決まっていないので」と小声で話してくれた某メーカーのチョイ投げ天秤仕掛け。さらに、ビギナー向けの餌撒きエギを発売しているメーカヘもあり、パンパンといったベテランのような巻きシャクリができない初心者にも容易にアオリイカやコウイカが釣れる餌木を開発したという。鶏のササミやサメの身を針金ではなく、ゴムバンドのような簡易的な縛り方で装着できる点も魅力である。誘い方は底に着底したら大きく誘い上げて、ゆっくりと落としたら数分後に再度大きく竿を煽ってまた着底させるだけだという。

 

すべてとは言わないが、新製品の発売時期は速いモノで2〜3月末、遅くても6月には釣具店の店頭に展示されるだろう。今後が楽しみである。価格は一般的にメーカー希望小売価格より大体20%オフ程度に値下げされることが多いとだけ付記しておこう。2020年も楽しい釣りの幅が広がりそうでワクワクして会場を後にした。

 





カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM