銚子マリーナ 釣り場の安全ガイド


銚子マリーナへは2007331日に足を運んでいる。今回は震災後の影響が釣り場となる堤防にどの程度出ているかを調査するためである。結論から先に言えば、堤防への震災の影響はほとんど見られないという印象を受けた。

 

訪れた2012年1月25日は平日にも関わらず4人ほどの釣り人が竿を振っていた。実際に自分の足で赤灯台のある先端付近まで行ってみたが亀裂や決壊したような箇所はまったく見られなかった。テトラポットが沈下したり隆起した形跡も特に見受けられなかった。


釣り人にこの冬場に釣れのはどんな魚かと聞いてみたら「アイナメとカサゴが釣れるけど今日は底が荒れて濁りがきついからこれが取れないとダメだね」とのこと。またこの堤防ではイセエビ釣りが認可されているようだが、全長が13cm以下の小さいものは捕獲禁止となっているようだ。


アイナメの釣り方はいわゆるぶっ込み釣法で根がかりが多いため、ナツメ型の中通しオモリを使った仕掛けを自作して対応している。エサはアオイソメと岩イソメを併用している。

 

ただ残念ながら釣果は見られなかった。


釣り場ではないが、明確なことはマリーナ内に係留されていたヨットやプレジャーボートがほとんど消失している点。要するに、地震の影響よりも津波の影響が大きかったということであろう。マリーナの岸壁には沈没した思われる壊れたヨットやプレジャーボートのガレキが見受けられた。当日の係留ボートは3隻だけであった。 





三宅島坪田港 釣り場ガイド


三宅島の南東に位置する小規模な漁港が坪田港。港自体は複雑な形状で足場は良好だ。海面までの距離も先端の白灯台付近以外は適度に低く、釣りはしやすい。港内の足下水深は浅い場所で5m前後、深くても8m弱である。白灯台の先端は潮通しが良いため、深く掘れている感じで約13mほどある。


漁船が接岸する港内はどこも平坦なコンクリートで海面までは1m程度だ。従って、ファミリーで訪れてもサビキ釣りやウキ釣り、チョイ投げといった手軽な釣り方で楽しめる。また、港内奥には公衆トイレが完備され、クルマの乗り入れも、灯台側の堤防以外は可能である。


当日は北東の風がやや強かったが、南東側に位置する坪田港では、ちょうど風裏に当たるためか港内はとても波静かでのんびりと竿を出すことができる。


釣れる魚種はここ豊富で、冬場ならメジナ、カサゴ、カワハギなど。1月も下旬近くなると水温が15度を下回るようになり、サビキ釣りでアジやサバが回遊してくる日は少なくなりそう。それでも外洋に面した灯台側ならカゴ釣りでムロアジやサバは釣れるはずだ。アオリイカなどイカ類は日中よりも日没後が有望だ。3月下旬以降になれば1kgオーバーはほぼ確実で、潮の良い日に遭遇すれば2kgオーバーも充分期待できる。


水温が高まる7月以降はイナダやカンパチといった青物が回遊し、4号クラスの磯竿を思い切り曲げてくれるに違いない。最新情報は錆ケ浜港のすぐ近くにある「ホテル海楽」(☎04994-5-0131)に問い合わせて欲しい。





三宅島伊ケ谷港 釣り場ガイド


三宅島伊ケ谷港。島内では北西にある港で東海汽船の新しい接岸港でもある。おそらく南東風の強い日に離発着する港になるはず。港内には中型の漁船や釣船も数隻見られるが、錆ケ浜港からはレンタカーを使うと約10分の所。位置的にはほぼ北に位置する港だ。


取材当日は一部港湾工事が進められていた。最も沖に突き出した堤防先端は潮通しが良く、水深も13m前後と深い。

たぶん夏季から晩秋にかけてイナダやカンパチ、ソウダガツオなどが回遊してくるだろう。海底は詳細にリサーチしたわけではないが、早朝から竿を出していたアオリイカファンに話しを聞くことができた。沖に向けて右側の方が水深があり、沈み根が点在していてメジナやイシダイなどの磯魚の魚影が濃いとのこと。一方、アオリイカなどイカ類は堤防先端から向かって左側が好ポイントだという。海藻帯が多いが、これから春先にかけて良型がエギングやヤエン釣りで釣れるとのこと。


足場は全域で良好だが、のんびりとファミリーで竿を出すなら港内の波静かな場所が最適。水深は5m弱と浅くなるが、サビキ釣りやチョイ投げ、ウキ釣りでメジナやアジなど多彩な魚種を狙うことができる。堤防際をミャク釣りで探ればカワハギやカサゴも顔を出すはずだ。


注目は岸壁右奥の堤防にある柵で囲まれた部分。転落防止の安全柵が設置され、子供連れで竿を出すには最適である。水深は4m弱と浅いが、潮が動いている時間帯ならサビキ釣りやウキ釣りで多彩な磯魚を釣ることはできる。

総体的に、この港は未知数な点が多く、期待値は大きい。


唯一残念なことはクルマの乗り入れが途中で終わる点。堤防先端までは徒歩で行くしかない。公衆トイレも見当たらなかった。近い将来に設置されることを願うばかりだ。





三宅島阿古漁港 釣り場ガイド


錆ケ浜港のすぐ南に隣接するのが阿古漁港である。錆ケ浜港が東海汽船の接岸堤防とすれば阿古漁港はまさに漁船や釣船が係留できる漁業のための港といえる。


三宅島の中では東の三池港と並び最も開発が進んでいる港と言っていいだろう。港の近くには観光協会の事務所、郷土資料館のほかに立ち寄り温泉の「ふるさとの湯」がある。入浴料500円だか冬期は土日の週末のみ営業のようだから利用する場合は観光協会に問い合わせた方が無難である。


阿古漁港は島内の南西に位置するため、風裏となる北東の風には強く、晩秋から春先の釣り場としては注目度が高い。港内は足場が良好で、海面からの距離も適度に低いため子供連れでも竿をだしやすい。水深も平均して6m弱だからサビキ釣り、ウキ釣り、ヘチ釣りで小魚を狙うには最適だ。ただ水温が上昇する5月下旬頃からは全長30cm級のアジやサバ、小型のカンバチなども回遊してくるから侮れない。岩礁帯が周辺に多いためアカハタやカサゴなど根魚の魚影も濃い。サバの切り身をエサにすれば確率は高いだろう。


風の影響を受ける日には、錆ケ浜港より阿古漁港内の方が釣りはしやすい。特にファミリーでのんびりと竿を出すには最適。クルマを港内に乗り入れることもできるが、漁船の水揚げ場となるエリアでの釣りは絶対に控えること。また漁業関係者の迷惑になる駐車にも気をつけよう。係留船の多い場所もあるため、ロープなどに仕掛けを引っ掛けないように注意が必要だ。





三宅島錆ケ浜港 釣り場ガイド


東京都三宅村。東京の竹芝桟橋から南へ約180kmにある伊豆諸島の中央に位置する周囲38kmの島である。2000年8月の大噴火によって全島民が避難を余儀なくされたことは記憶に新しい。


やっと2年ほど前から火山によるガス被害が終息方向に向かい、島民が戻れる状態となり、観光客の受け入れも可能となっている。そこで今回は最も島内で観光地として開けている「阿古地区」と「伊ケ谷地区」を3区分して紹介する。第一弾は「錆ケ浜港」。


釣り場ガイドとして一番注目したいのが東海汽船が離発着する錆ケ浜港だ。港といってもほぼ直線の一文字堤防といった感じの岸壁である。全域で足場が良く釣り場としてはファミリーでも安心できる。水深は浅くて9m前後、先端付近の深い場所では12m前後ある。海底は岩礁帯が多く、純粋な砂地帯はわずかしかない。その分磯魚が多彩で豊富だ。


取材当日は北東の風がやや強い日であったが、先端付近では、地元の釣り師がサビキ仕掛けやウキ釣りで30cm程度のムロアジや40cm級のゴマサバを釣りまくっていた。潮の動いている良い時間帯は入れ食いで、クーラーボックスを満杯にしていた。「そんなに釣ってどうするんですか」と聞くと、「今の時期なら干物が最高にうまい。風も適度にあるからすぐに旨い干物ができるよ。毎晩の晩酌には絶品だ」とのこと。


今回取材に協力してもらった「ホテル海楽」の山口さんの話しによれば、冬場はメジナが人気で春になると多彩な魚種が狙えるという。同ホテルの貸し竿を使って港の岸壁からシマアジやカンパチが釣れるというのだから凄い。水温が高くなると磯の王者と言われるイシダイも釣れる。アオリイカやアカイカの魚影も濃く、釣り三昧を満喫できることは間違いない。「家族連れで釣りを楽しむなら5月GW過ぎ頃から7月頃が最高」とはホテル海楽の山口さんの弁。


ホテル海楽では、東海汽船が到着する早朝5時から受付ができ、朝食のバイキングは午前5時30分から一人800円で食べられる。レンタカーも事前予約すれば半日5000円で貸してもらえる。ホテル海楽の問い合せ先は☎04994-5-0131まで。接岸する港が三池港の場合でも送迎してくれるから安心である。






カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM