金沢八景荒川屋 午前LTアジ釣り

 

8月22日の水曜日、台風19号が小笠原諸島を北上中、一方台風20号が九州地方に上陸しつつあるという日に東京湾でLTアジ釣りを楽しんだ。日本列島も広いものである。足を運んだのは金沢八景の荒川屋。この船宿が嬉しいのは平日に利用できるシニア割引だ。通常6200円のところ1000円引きの5200円に。しかも、駐車場の料金が無料になる。前日の予約も不要だから安心して出掛けた。前日に同宿のHPで釣果情報をチェックしてみると、これが凄い。数ではなく、型がデカいのだ。35cmオーバーが混じってスソで20匹、トップで40匹超とは驚き。LTアジ釣りとは思えない良型が釣れ盛っていた。

 

これを見て来店を決めたLTアジ釣りファンは当日約16人ほど。私が座った右舷だけで8人だから両舷で16人と計算しただけなので違っていたら申し訳ない。人気の高いLTアジ釣りだが、数と型の両方で満足できたらラッキーと思った人は多かったに違いない。だが、自然界はそんなに甘くない。釣り人の思惑通りに釣果を出すのは案外難しいものである。今回もいつも通りの「昨日までは良かったけどねぇ」という船長の声が聞こえそうな結果となったことを先に書いておこう。

 

LTアジ船は定刻の午前7時30分より2分ほど遅れて桟橋を離れた。向った先は横須賀沖。海上は南寄りの風が吹いていたが、釣り場に25分ほどで到着すると心地良い潮風が陸上での猛暑を忘れさせてくれる。風速は5m前後。風に向けて舳先を向けると右舷は日陰になる。胴の間なら操舵室の影になり、直射日光を遮ってくれる。たぶん左舷は当日暑かったのではと予想できた。

 

さて、釣り開始からものの5分程度でクククッというアジ特有のアタリが出て、幸先よく1匹目を釣り上げた。水深は17mという浅い場所だけに型が20cm強でも引き味は強く感じた。タナは底上げ2m。貸しビシは30号で1m巻き上げて1回コマセを振り、もう1m巻き上げて2回目のコマセ振り。ここで10秒前後待っているとグングンと強い引き込みが訪れることが多かった。サイズは期待通りではなかったが船長が一番美味しいサイズという20〜25cm前後がポツポツと釣れてくる。上顎の硬い場所に針掛かりしているので海面バラシもない。付け餌は赤短のみ。

 

しかし、アジの活性が高かったのは釣り開始から1時間弱といった感じ。午前9時を過ぎる頃になるとアタリが渋い、というよりアジがいないのでは、と思うほど何も掛からない。潮回りは中潮の初日。午前8時27分が干潮だから午前中は上げ潮で釣りができることになる。20分程度の潮止まりはあるにしても10時を過ぎてもアタリが皆無になるというのは理解できない。もちろん、船長はポイントを移動してくれるのだが「魚探を見ているとビシが落ちると魚がパッと散るんだよね」と嘆き節が口をついて出る。「これが自然界の怖いところなんですよ」と半ばお手上げ状態だ。

 

右隣の芝崎さん(埼玉県久喜市)は「これじゃ、納得できないですよね。速攻でリベンジしないと」と悔しがる。撮影に協力していただけたのは午前11時の沖揚がり直後。お隣の釣り仲間、小林さん(埼玉県羽生市)と一緒に手持ちアジでニコパチをして頂けました。有り難うございました。釣れている時間帯に撮影ができなかったのはまさに突然アタリがゼロになるという非常事態になったからだ。

 

唯一残念だったのは、もう少し大きくポイント移動をしてくれれば活性の高いアジを探し出せたのではないかという点。平日に10人以上が乗船していれば油代を気にせずに大移動が可能だったのでは。とグチりたくなる。とはいえ、当日は釣りに不慣れな貸し竿組の他に小学生のお子様も数人乗船していた。つまり、潮の早く、水深が深い場所では仕掛けのオマツリが予想されたかもしれない。これも船長判断ということだ。

 

当日の午前船の釣果は船中トップが16匹、スソはなんとゼロ。私は辛うじて9匹を釣ったものの、型に不満が残った。参考までに午後船はトップが52匹とか。アジ君のご機嫌が斜めの日に出掛けてしまったのは運が悪かったといえよう。また運の良い日に巡り合うことを信じて竿を仕舞った。

 



京急大津港小川丸 ショートタチウオ釣り

 

今年の夏は尋常な暑さではない。流石の私も釣りを躊躇してしまうほどの猛暑が続いている。そんな8月4日の土曜日、海が凪ということで前日に予約を入れたのが京急大津港小川丸のショートタチウオである。今年最初の夏タチウオはSNSで釣り仲間となった国分寺市の伊東と同行することができた。というより、伊東さんは昨年10月にタチウオ釣り初体験で3本しか釣れなかったことで相当悔しい思いを募らせたようだ。それが証拠にタチウオ専用ロッドに小型電動リールを新調してきた。ダイワ製のブランド品だ。タチウオ釣りに対する並々ならぬ意気込みと情熱が伝わってくる。

 

当日は8月最初の週末ということもあり、前日の電話では「駐車場が混雑するので最遅でも午前6時までにはきて下さい」と言われて、私は5時15分には到着して受け付けをしたら女将さんから「お連れの方はもう受け受けをして船に乗り込んでると思います」と言われてビックリ。いくら横横道路の最終出口の馬堀海岸から近いとはいえ、国分寺からクルマで来るのになんと伊東さん曰く「3時に起きました」と言う。釣りは情熱、という昔の上州屋のTVCMを思い出すが、ここまで力が入って入ると、何か末恐ろしいモノを感じてしまう。目標本数は10本と伊東さんは言うものの、私はたぶんそれ以上は絶対に釣るはずと確信していた。

 

第十五小川丸は定刻より10分ほど早く舫が解かれて、港をゆっくり出航した。最初のポイントは大津港の真沖。水深45m前後でスタート。今年は水温が高い割に指示ダナが深い。浅いポイントでは30mを切る場所もあるはずだが、当日は走水沖に移動しても50m前後であった。たぶん8月下旬頃には30m以浅に群れが固まる可能性もあるだろう。

 

さて、釣り開始から20分足らずで伊東さんがタチウオを掛けた。取り込みもスムースで慣れた手つきである。とてもタチウオ2回目とは思えない。ただ若干電動リールの操作に戸惑う時もあったようだが、ジョグレバーに不慣れなだけ。彼が言うには「ユーチューブでタチウオの誘い方を徹底的に見まくり、熟知してきましたから」と自信たっぷり。海面へ向けた穂先を鋭く短くシャクリ、リールのハンドルも半回転以下という小刻みな誘い方が当日のタチウオには適合したのか次々と数を重ねる。活性の高い時間はおよそ8時頃から9時30分までであったが、少し食い渋り時間になってもロッドを握る手を休めない。給水する時間以外は常に誘いを入れている印象があった。比較的早いテンポでシャクリ、合間のポーズのタイミングは非常に短い。

 

一方、私はといえば、最初から「良型が3本釣れればそれで良い」という欲のない、緩〜い釣り方。誘い方はほぼ同じだが、シャクリ幅は40cm強で食いの間をタチウオに与えるため僅かにポーズを入れるだけ。安物の万能ロッドは6対4〜5対5の軟調子のためかタチウオが掛かると小型でも手元のパッド近くからグイングインと曲がり、見た目には楽しいが海面に上がってくるタチウオはどれも70cm前後の夏タチサイズばかり。

 

それでも活性の高い時間帯に運良く念願のメーターオーバーを1本釣ることができた。ご検寸で105cmあった。この1本で満足してしまったためかその後の釣りに気合いがあまり入らず、数が落ちた。右隣の伊東さんはバリバリと掛けては巻き、取り込み餌を付け替えて投入を繰り返す。

 

左隣の露木さん(平塚市)は途中穂先を破損するトラブルがあったにも関わらずガンガン釣りまくる。餌付けを見ると、私の縫い指しとは正反対のチョン掛けだ。話を聞くと「チョン掛けの方が勝負が早いですよ。アタリ即掛けアワセで釣れますから。ただ掛けられなければ餌がなくなっていることが多いのですぐに仕掛けの回収が欠かせません」と言う。実際、私もチョン掛けで釣ってみると、アタリがあってから直ぐにアワセても掛かりが良く、午前10時過ぎ頃から食い渋りになった時には有効に思えた。いつもサバの短冊は縫い指しが基本と思い込んでいたが、低活性の時間帯にはチョン掛けも試した方が良いということを露木さんから教わった。感謝です。

 

右舷大ドモに座っていた横地さん(横浜市)は高活性の時間帯に指5本かそれ以上の大物ばかりを数本立て続けに釣っていた。仕掛けを見てみると天秤の仕掛け側に小型水中ライトを装着していた。50m以浅の水深から考えると不要だろうと思ったが、もしかすると緩い点滅のライトに良型が反応しやすいのかもしれない。「まぁ、何が効果的なのかは分かりませんけどおまじないのようなモノでしょう」と苦笑い。それでも釣果は27本という数字を叩き出していた。前述の露木さんも全釣果が29本だから凄い数である。その数字を上回るのがタチウオ釣り2回目の伊東さんだ。33本で堂々の竿頭とはまたまた驚き。2回目にしてもうベテラン、タチウオマスーの称号をもらったようなものである。

 

一方、時々竿を置いて食事をしたりビールを飲んでいる温い釣り方の私は午後1時の沖上がりまでに15本を釣って大満足。1本だけ混じったメーターオーバーが満足感の大半を占める。強烈な突っ込みと海面直下での強引は夏タチウオの醍醐味だ。これからもっと浅くなれば15号の鋳込み天秤を使って海面直下まで追い掛けてくるタチウオ。当日は70cm級の夏タチ標準サイズも釣れたが、全体的に80cmオーバーが数多く釣れたので、食の面でも楽しめた。

 

刺し身はもちろん、簡単に調理できる塩焼きに加え、私のおすすめ料理はアルミホイルにバターを乗せるホイル包み焼きである。フライパン専用のアルミホイルの上にタマネギを敷いてからタチウオの切り身を乗せて、その上にシイタケカシメジを乗せる。そのシメジの隙間にバターの欠片を2個ぐらいのっけてからアルミホイルを包む。それをフライパンに乗せて焼けばいい。中火で7分程度。火を消してからもフタをしたまま5分以上蒸し焼きにするとほっこりとバターの香りが漂い、お酒が進むこと間違い無し。お好みで白ワインでもいいでしょう。言い忘れました。塩を振ってから一晩寝かせて、調理の直前に再度塩コショーを振れば少し濃いめの味付けになり、タチウオの味覚を再発見できるでしょう。

 




小坪港太郎丸 アコウダイ五目釣り

 

異例に梅雨明けが早かった関東では連日猛暑が続いていた7月中旬の16日、逗子の小坪港にある太郎丸からアコウダイ五目釣りに出掛けた。真夏に根魚というのもマニア好みだが、実は当日はスポーツ報知のファン感謝デーで乗合料金が通常のほぼ半額の6500円ということで約1ケ月前に予約を入れていた。その時には「キャンセル待ちということでお願いします」となり、1週間後くらいに船長から電話が入り「空席が出ましたのでいかがですか」と連絡が入って無事に乗船できることに。狙いは釣れればラッキーのアコウダイ五目が太郎丸のこの時期の釣りモノである。太郎丸は8月のカツオ狙いの他は周年深場の根魚が中心の人気船宿として知られている。

 

当日は運良く右舷の胴の間に席を構えることができた。天候は晴れ。風は南西だが風速4〜5m弱と弱風程度。定刻の午前6時の5分前に港を離れて向ったのはいつもの沖の瀬。クルージング時間は約50分。船長は魚探を見ながらポイントを探索すること約10分。午前7時5分には第一投が告げられた。ミヨシから順に投入するシステム。私は5番目に投入した。最初の水深は260mとやや浅い場所。オモリ250号に針数8本(最多で10本まで)の胴突き仕掛けが海底まで無事に届くと、糸フケを取りつつ底立ちを取り直す。船長の指示ダナは底から5m。ただこれは基本的にキンメ狙いのタナということを熟知しておくこと。

 

最初の投入で私の竿にアタリが出た。ただ何が食ったかは分からない。キンメらしき動きではないが、何かが掛かった感触は目視ですぐに分かった。船長は「アタリがあってもそのままの位置で待って下さい。巻き上げは左舷から巻き上げますから」という当日の指示が出された。当日の潮流は極端に速いという印象はないが、総勢16人が一度に巻き上げればオマツリする可能性は大きい、ということだろう。深場釣りの船長が言うことに間違いはない。

 

さて、巻き上げて浮いて行きた私の仕掛けに掛かっていたのは全長40cm弱のゴマサバが2本。トホホ、と思ったが速攻でエラを切って血抜きをしてクーラーBOXへ。沖の瀬水深260mのサバである。旬が夏というゴマサバなら間違いなく脂が乗っていて美味に違いないと確信したからだ。正直に言うと、2匹のうち1匹は切り身にして付け餌にしようと考えたのだが、それは数時間後、宿支給のサバの塩漬け短冊がなくなってからでも構わないだろうと思ったからだ。食が優先してしまうのは食いしん坊の性である。最近はビシアジ釣りに行ってもなかなかサバが釣れないから余計にそう考えたのだ。これが当日の貧果を招くとはつゆ知らず。

 

さて、気を取り直して第2投。次も水深270m前後。オモリが着底してから速攻で10mほど電動で巻き上げて再度底立ちをゆっくり取り直す。それから5mほど巻き上げて船長の指示ダナ、5mをキッチリと守る。キンメのタナは通常で5m上ということ。すると数分後に微妙なアタリが穂先に出た。だが、私の竿がやや硬調なためウッスラとしか確認できなかった。一瞬だが、不連続な小刻みに震えた感覚があったのだが、その後は動きが見られなかった。数分後に巻き上げ合図が出た時にはまさかキンメが掛かっているとは思っていなかったが、仕掛けを回収してみると一番下から2番目の針に小さいながらも本命のキンメが掛かっていたのだ。これはラッキーとしかいえない。8本針の下側の針に掛かるとアタリが明確に出ないことが多い。しかも、全長で27cm(後検寸)の小型だから余計に分かりにくかったのだろう。

 

その後、午前10時30分には船長はポイントを大きく移動。水深400mの深場で投入が再開された。この水深であればキンメよりはアコウダイがメインとなるのだが、船長からは特に仕掛けの変更や指示ダナの変動はは告げられなかった。それが後に大きなミスを招くことになるとは分からなかった。太郎丸に乗り馴れている常連であれば分かっていたことだろう。深場のアコウ狙いなら指示ダナは低くするのが一般的。オモリが底をトントンする程度にすればもう少しゲストも釣れたのだが、私はそのまま5m底上げの指示ダナでアタリを待ち続けた。

 

昼過ぎになっても私の竿には何も魚からの魚信は訪れないまま時間が過ぎる。船中では定番ゲストのユメカサゴ(この魚も煮付けにすると絶品)やスミヤキ、トウジンなどが釣れていた。ミヨシ2番に座った松本さん(横浜市)は値千金のアカムツを釣り上げていた。「400m以上になれば狙いはアコウでしょうから底トントンで下の方で誘いを掛けたら釣れました」と嬉しそう。深場釣りの経験はお父さんと一緒に約10年以上のキャリアがあるという。慣れというより機転を効かせた、根魚釣りの「引き出し」が多いということだろう。

 

結局、午後1時35分頃に無念の沖揚がり。私はキンメ1匹にゴマサバ2匹の貧果に終わった。反省点は他にもある。投入ミスがなんと2回もあり、その内の1回はリールのハンドルにハリスが絡まるという初歩的なトラブル。その流しで周囲がつれていたらショックは大きかったかも。だが、大半の人は空振りだったようだ。

 

数年ぶりに訪れた太郎丸はいつも通りのサービスが嬉しい。マグネット板を無料貸し出しはもちろん、タオルやタワシ(メダイ等のヌメリ除去用)も各人の釣り座に置かれていて気持ちの良い船宿であることを再認識した。港に戻ってから簡単な表彰式があり、キンメ5匹の竿頭の方にはオーブントースターなど豪華賞品が渡された。私は記念品のフェイスタオルだけ。それでも、当日夜食べたゴマサバの刺し身、翌日煮付けで食べたキンメダイはどれも絶品で酒が進む君となってしまった。欲を言えば、終盤の530mで底トントンを狙っていれば、アコウが釣れたかも。失礼。タラレバ、は御法度でしたね。まだまだ修行が足らないということだろう。

 




久比里山天丸 カワハギ釣り

 

カワハギ釣りのファンならたぶん御存知だろうと思うが、産卵時期は5月中旬から7月下旬までとされている。もちろん個体差はあると思うが、剣崎沖は7月末まで禁漁期間となっている。1年中カワハギ釣りの乗合船を出している久比里の船宿もこの時期だけは剣崎沖には行かれない。にも拘らずカワハギ釣りに行くのはこの時期ならではの豊潤な甘みの身肉の旨さにある。しかも、ワッペンは混じらずに大半が22cmオーバーの良型が多いから釣趣も楽しめる。

 

そんな話を釣り部後輩の栗原君にしたら「この時期のカワハギは釣ったことがないのでぜひ釣ってみたい」ということで7月3日の火曜日に久比里の山天丸を訪れた。平日なので前日に電話予約を入れると「出ますけどお一人ですか」と聞かれて「釣り仲間と2名で行きます」ということでOKを頂いた。当日は北九州に台風7号が接近しているというのに関東エリアでは南南西の風が7mほど吹く予報だったが、問題なく定刻の午前7時30分には平作川の桟橋を離れた。ところが、釣り客はなんと我々2名だけ。まさに大名釣りである。

 

船長は風裏となる久里浜沖からスタート。ポイントまではゆっくりとしたクルージングで約20分程度。水深16mから釣り開始となった。潮流は適度に流れていたが、決して速くはない。アサリの剥き身を3本針に付けて投入。しかし、アタリはなかなか訪れない。


私の仕掛けは球形オモリ25号にハリス3号のハゲ針4.5号の3本針。転々と群れが散っている時期だけにカワハギに仕掛けの存在をアピールする意味でタコベイトを被せた2号中オモリとその下にイチロコイタを装着し、その下に3本針仕掛けを取り付けた。

 

一方、栗原君は船宿支給の2本針を使っていた。エサも船宿の剥き身アサリを装餌していた。この時期なら2本針でも3本針でも大差はない。中錘は彼も装着していた。誘い方は少し違うかもしれないが、私の誘い方はいつも通り。オモリが着底したらすぐに2mほど仕掛けを巻き上げてエサ捕りのベラやトラギスを避ける。2m上から少しずつ仕掛けを揺すりながら少しずつ下げながらカワハギに餌をアピールして最後には底に着けて、ゼロテンションを2秒程度キープする。アタリがなければさらに仕掛けを弛ませて餌を食わせる間を与える。その直後に聞き合わせてリールを巻くと、ガガガっと掛かることが多い。

 

ところが、その釣り方で掛かるのは餌盗りのベラ類かトラギスが多い。水温が22度近い7月にはゲストは付き物。私が最初に掛けたのは20cm前後のカサゴ。ゲストとしては高級な部類である。ベラの種類も多彩で、キュウセンを筆頭にササノハ、本ベラなど数種類。さらにはクサフグなどのフグ類も針に掛かる。約1時間後に本命カワハギを掛けたのは私の方。しかも、後検寸で全長25.5cm。この時期らしい良型だ。その後も20cm級を1匹釣り上げて順調な滑り出しと思っていたら、その後は2時間以上もゲストの猛攻撃。
たまに、高級ゲストのカサゴが釣れると、ホッとする。お土産になるからだ。

 

船長は久里浜沖を諦めて下浦沖の少し深い場所に移動。水深は27〜30m前後。時々オモリが引っ掛かる根廻りらしく、底狙いでは根掛かりのリスクはあった。それでもオモリ着底後には数回のタタキを入れてから弛ませる釣り方を続けていると、昼前頃に俄然好調に栗原君が立て続けにカワハギを掛けるのには驚いた。10時30分頃からパタパタと3匹ほど一気に連釣すると、昼前には一気に5匹越えに。こちらもさすがに焦るもののどうにもアタリが出ない。というより、ゲストに翻弄されトラギスとベラ祭りが続く。

 

後で分かったことだが、産卵時期のカワハギは神経質になっているメスを釣るには静かで大人しい誘い方が大切だという。忙しいタタキや敏速な誘いは逆効果らしい。オスはそうでもないが、一般的に良型のカワハギは忙しい誘いには付いて来れないとか。群れが転々と散っている時期だけに数匹単位で遊泳するカワハギに餌を見つけさせたらゆっくりとして誘いで静かに誘うのがセオリーとのこと。いつもの一瞬にして3本のアサリが消え失せてしまう場合は、数匹のカワハギが寄っていると判断していいいだろう。

 

そんな活性が高まった午後1時40分頃に栗原君が当日最大となる全長29cmのメガハギを釣り上げたのだ。これには私もビックリ。手に持って撮影させてもらった時にサイズがデカイ!のだ。背びれを見ると長いヒレガ延びていて、すぐにオスと分かった。栗原君の嬉しそうな笑顔とともに撮影をすると、沖揚がりまで40分程度。私が追釣できたのはカサゴだけ。本命が2匹だけの私とは対照的に後半から終盤に釣り続けた栗原君はなんと7匹。帰港の船の中で、なんと2匹ものカワハギを頂戴してしまった。先輩としては情けない結果だが、これも釣りの世界では良くあること。スタートダッシュは良くても尻すぼみでは気分爽快とはいかない。最後に29cmのメガハギを釣り上げた栗原君はやはりカワハギ釣りが上手いということだろう。夏ハギは静かに誘いましょう!

 




葉山一色海岸 ボートシロギス五目釣り

 

横浜の最高気温が31度になるという天気予報を耳にして、風のない凪なら手漕ぎボート釣りに出掛ける予定を立てていた。昨年は乗合船でも数が釣れなかったという湘南エリアのシロギスは今シーズンはどうなんだろう。最盛期とも言える6月下旬の25日、クルマを走らせたのは昨年リニューアルオープンした「一色ボート店」。以前は池田ボート店として葉山では人気のあったボート店だったが、店主が他界されたということで現在の店主が引き継いだようだ。もうひとつこの葉山に向かった理由は葉山公園の駐車場が6月末まで平日に限り無料となっているからだ。6月25日は月曜日。この日しかないというタイミングで海が凪いでくれたのは幸運としか言いようがない。これでシロギスがそこそこ釣れれば最高なのだが。

 

午前7時40分頃に葉山公園の門扉が開いて早速支度に取りかかる。少し重い荷物を担いで御用邸前の砂浜海岸を歩いて一色ボート店の小屋に辿り着く。ボートを漕ぎ出したのは午前8時ジャスト。当日の潮は中潮。午前9時16分が干潮でその後は午後4時10分に満潮となる。ボートの帰りは午後3時着岸だから上げ潮の良い時間帯に勝負を掛けることができる。期待できそうだ。当日のタックルは狭い手漕ぎボートの中で使いやすい振出式のパックロードを3本とマゴチ狙い用のワンピースの短い端物竿を持ち込んだ。もう1本はタコ釣り用のロッドも欲張って持ってきたが、着岸後ボート店の人に話を聞くと「このエリアはタコ釣り禁止ですから漁師さん以外はダメなんです」と後で分かった。結果的に餌木タコ釣りはしなかったのでトラブルはなかった。充分に注意したい点である。

 

さて、最初のポイントで掛かってきたのはなんとササノハベラの3点掛け。針数が3本のトロギス仕掛けを使ったのだが、完全に根廻りだったらしく速攻でポイント移動。砂地帯まで数分漕いで仕掛けを投入する。仕掛けは一般的な片天秤のシロギス仕掛け。オモリは12〜15号を使った。潮流はゆっくりで風は北風微風だからアンカーを入れずに完全な流し釣りを楽しんだ。だが、シロギスからのアタリはまったくない。2本目のパックロッドに仕掛けを付けてチョイ投げでアタリの確率を高めても虚しいばかり。

 

仕掛けを回収してもエサのアオイソメが付いていればまだいい。最悪なのは産卵期にあたるクサフグがハリスと針を切っていくこと。これは腹立たしい。群れで行動するフグ類だけに速攻で再度ポイント移動。とはいえ、アンカーが入っていないためすぐに漕ぎ出すことができるのは助かる。流される方角は一色堤防の沖合150mから芝崎埋立地方向へゆっくりと移動する。潮も風も弱いからできる流し釣りは広範囲を探ることができる釣法である。チョイ投げで仕掛けが着底したらリールの糸フケを取って、そのまま置竿にできる。ボートが少しずつ流されることで適度な誘いが自然にできるからだ。

 

やっとシロギスの1匹目が釣れたのがなんと9時30分過ぎ。上げ潮に変わった直後と考えて良いだろう。これからバリバリ釣れるだろうと思ったら大間違い。アタリは忘れた頃にクククっ穂先に出る程度。単発というより散発だ。群れが固まっていないというより個体そのものが少ないという印象。砂地帯に棲息する魚はいるはず。アタリが少ないのは潮が濁っているからだろうか。確かに10時20分頃に大きく竿が曲がって全長26cmのイシモチが釣れた。このエリアでイシモチを釣ったのは初体験。濁り潮で元気になるイシモチは知っているが、シロギスがここまで釣れないというのも経験がない。

 

流し方のコースを少し移動してみても好転は見られない。小型のホウボウやフグのスレ掛かりでのんびりと楽しんだが、これでは晩酌のツマミ程度にしかならない。午後になると多少活性が高まったらしくシロギスが3匹ほど追釣できた。その後、流し釣りでは珍しく小メゴチが釣れたので速攻でマゴチ仕掛けを投入した。活き餌の泳がせ釣りである。シロギスのボート釣りの裏本命と言っていい魚だ。マゴチ狙いの端物竿を出す時にはシロギス竿は1本にすること。理由は端物竿のマメな底立ちの取り直しが必要になるからだ。活き餌が動くさまをマゴチにアピールすることがヒット率を高めることになる。

 

昼過ぎになると風向きが南寄りに変わった。それでも不思議と流される方角に大きな変化は見られない。するとマゴチ仕掛けを投入してから2回目の流しかえでアタリが出た。最初はゴツゴツ、次にグングンと竿が曲がり、少しだけ竿先を海面に近づけて待っていると、ガガガッと大きく曲がったところで強くアワセると針掛かりしたようで強烈な突っ込みが続く。咄嗟にリールのドラグを緩めて対応。ズルズルと糸が出されて道糸が前方に走るではないか。まさかアオモノ=イナダかと思ったがメゴチは食わないはず、と慎重にリールを巻きつつ海面に浮かせると茶色のマゴチの魚体がユラ〜りと左右に走る。少し弱った所でタモ入れに成功。無事にランディングできた。目測で50cm前後と思ったが、着岸後ボート店で計測すると全長52cmもあった。シロギスの魚影は薄くともマゴチの数は多いのかもしれない。

 

午後2時30分に竿を畳んで海岸まで漕ぎ戻った。全釣果はシロギスは4匹、イシモチとホウボウが1匹ずつ。このマゴチが釣れていなければとても寂しい釣果だったに違いない。シロギスの魚影は今年も薄いことがわかった。水温は海底で21.5度。この水温で食わないシロギスはいないはず。マゴチは翌日捌いて刺し身で食べたが、一部柵の状態でチルド室に寝かせた方が旨味が出て、白身魚特有の豊潤な甘みも感じられた。日本酒が欲しくなる魚である。
 





カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM