金沢八景弁天屋 午前タチウオ釣り

 

台風12号が関東地方へ向けて接近中という天気予報を確認してから「もうこの日しかない」と決断したのは9月22日秋分の日。天気は下り坂で午前中なら晴れ間も出るとの予報で金沢八景の弁天屋、午前タチウオ釣りに釣部OB仲間の斉藤さんを誘って出掛けた。北東風が風速8m前後吹くという不安はあったが、午前船なら特に問題はないと判断。前日に予約の電話を入れて当日は出船の1時間以上前に到着し、運良く左舷トモとトモから2番目の釣り座を確保できた。

 

7時20分、定刻より5分遅れで桟橋を離れた。向ったのは最も魚影の濃い観音崎沖。30分足らずで最初のポイントに到着。水深60m前後で釣り開始となった。船長の指示ダナは「底から20m上まで」とアナウンスされた。片天秤にオモリ60号のハリス6号2m1本針(2/0サイズ)で終始使い続けた。オモリには輝きのあるラメ入りを使ってみた。付け餌はサバの短冊。皮側から針を刺し、2回縫い指してまっすぐになるようこき上げてにケンで止めること。

 

釣り方は夏タチウオと同様に40cm弱の短い幅でシャクリ上げて行く。リールのハンドル回転は3分の1か2分の1程度でいい。スピードも比較的早く鋭くといった感じ。待ちのポウズ(待ち時間)は無しで続けて誘い上げて行く。すると、ラッキーにも52m前後でガガガッと強烈な突っ込みで大きくアワせると、運良く針掛かり。グイ〜っといつつも通りの刺激的な引き込みで釣れてきたのはレギュラーサイズ。全長80cm強といったサイズ。決して大きくはないが、強引な引きを満喫できたのは嬉しい限り。これでボウズはなくなった、という安堵感が心中に染み渡る。

 

立て続けにこんどは喰いダナが48m前後で強烈なアタリが出た。モーニングサービスなのか食い込みの良い、鋭い突っ込みで2本目をキャッチ。型はほぼ同サイズだが、開始から2本目を2投で抜き上げると気分がいい。誘い方が今日のタチウオに合致していると言うことだ。

 

だが、毎日のようにサバ餌で針に掛けられているタチウオにも飽きがくるのも理解できる。午前中の潮変わり、満潮8時13分を過ぎて潮止まりが約30分あるとして、その後のアタリは遠くなってしまった。どんな魚でも潮変わり直前直後はアタリが多いが、日によっては下げ潮になると食い気が落ちる日もある。気難しい魚だ。

 

同行してくれた斉藤さんは昔のインナーガイドの長い竿を使ってリールも手巻きリールにこだわる。だが、アタリはあるものの針に掛けられない。誘いの速度がやや遅いのか、アタリはあっても追い掛けてこない。スピード感のある誘い方をするには長いロッドは少し不便だ。

 

理由は長いために自重が重く、上方へとシャクる速度とテンポが不連続気味になり、疲労感が増すため。軽快に連続して一定の誘い方を約3時間近く続けるには、2m弱の竿に小型電動リールとのコンビが必須と思っているのは私だけではないだろう。決して高額な専用竿はいらない。アタリを引き出して掛けて釣る、タチウオ釣りには必要不可欠だと思う。

 

私の右隣に座った吉田さん(世田谷区在住)は1.8m前後の短いロッドで小さい幅出小刻みにシャクりながら、当日の最大ドラゴンを釣り上げた。全長はなんと118cmとか。船長からメジャーを手渡されて計測を依頼されていたほど。写真撮影にも協力頂き、有り難うございました。

吉田さんの凄いのは引き出しの多さだろうか。まだタチウオ歴2〜3年程度と謙遜していたが、研究熱心と感じた。アタリが出ても追い掛けてこない場合は、その場ですぐに6回程度のタタキをいれていた。この誘い方で掛けていた1本もあったようだ。

 

結局、午前10時50分に無念の沖揚がり。私は10時頃に小型を1本追釣して合計3本の釣果。写真は2本だが、1本は斉藤さんへ進呈。当日の竿頭は5本というから前日よりも喰い渋ったということだろう。残念にも斉藤さんはボウズに泣いた。「朝イチ番のアタリをバラしてしまったのが敗因。悔しいが仕方がない」とうなだれていた。

 

なお、当日の釣行費用はシニア割引を利用して5530円。確か通常の15%引きとか。嬉しいサーピスである。付け餌のサバ短冊と板氷は無料。ただしP代は1台500円。合計で6030円。

 




カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM