金田漁港つりの浜浦ボート シロギス五目釣り

 

8月は連日の猛暑で外回りの仕事を熱中症に最善の注意を払って行動したことは言うまでもない。健康でなければ釣りもできなくなってしまうからだ。締め切りに間に合わせて仕事を達成して、念願のボートでシロギス&マゴチ釣りに出掛けたのは8月21日金曜日。向ったのは金田湾のつりの浜浦。

 

心強い助っ人は今回も釣部OB後輩の齊藤さんだ。午前7時15分前に駐車場に着くと平日にも関わらずほぼ満杯。女将さんの指示でなんとか駐車できたが、平日は予約不要とはいえ、なるべく早めに到着した方が良い。当日は隣のボート店=浜千鳥が夏期休業していたため浜浦に集中したとも考えられる。参考までに駐車場代は2人乗りボートの場合、1台は無料だが、2台目は原則として1日500円がかかる。当日は特別に無料。

 

朝から気温も湿度も高く、タックル等をボートまで運ぶのに汗だくになった。風は南寄りの微風で海は凪ぎ。前回の大津港沖では北東風で海が揺れまくっていたが、今日は絶好のボート釣り日和となった。しかも、行きはボート店主が船外機でポイントまで曳航してくれるから助かる。そのおかげで午前7時20分には仕掛けを投入することができた。

 

齊藤さんは素早くシロギス仕掛けの竿を投入後、すぐに養殖ウグイのギンペイをマゴチ仕掛けに装餌して投入。すると、釣り開始から10分足らずで泳がせ釣りの竿が海面に突っ込んだ。「きたよ、これはデカイ」と興奮しながら海面に浮かせたのは茶色の魚体、だがマゴチではなくヒラメだ。私が慌ててタモ取りしてボート内に取り込んだ。目測で全長40cmはある。ボート釣りでは初のヒラメをキャッチして満面の笑顔。彼が凄かったのはその後に立て続けに良型カワハギやホウボウを取り込み、ものの30分前後でバタバタとお土産を確保したことだ。

 

一方、私はと言えば、シロギス狙いの竿にメゴチがポツポツと釣れる程度。型は全長20cm前後だから活きエサには使えない。当日の泳がせ釣り用のギンペイは一人3匹まで。これは外道の小メゴチかピンギスを釣って活きエサにしようと考えていたからだ。だが、自然界は釣り人の考えや計画をあっさり断念させる。途中トラギスやベラも釣れたが、どれも活きエサには不都合なサイズばかり。

 

ギンペイを使い切ると、シロギス狙いが中心となるのだが、不思議なことにまったく本命シロギスが釣れないのだ。2人で4本のシロギス仕掛けを海中に投入し、しかもノーアンカーの流し釣りをしているにも拘らず、だ。海水温が高くて浅い場所に移動しているのかも。そう思って水深3m近くの超浅場も狙ってみたのだが、釣れてくるのはメゴチばかり。根が点在する場所では、キュウセンやトラギス、ホウボウも釣れる。アタリがあるのは楽しいのだが、ここまでシロギスが釣れないとちょっとイラつく。

 

当日の潮は中潮の初日。午後12時30分に潮変わりとなる。そこで潮止まり時間を狙って大きくポイントを金田漁港の白灯台の横付近に移動してみた。水深は4m。すると港湾口に投入した仕掛けに当日初のシロギスが釣れた。型は18cm未満の小型。それでもアタリを感じてアワセて釣り上げた本命は小型でも嬉しいもの。

 

しかも自分たちで考えた時間帯と場所に居てくれたことを感謝したい気持ちだ。齊藤さんもしっかり2匹のシロギスを釣り上げたが、後が続かない。浅瀬周辺に移動していたのではなく、群れが散っていて数釣りが難しい季節になったのだろう。

 

面白かったのは息絶えたギンペイをエソがくわえて上がってきたこと。食物連鎖の現場を目撃したことは貴重である。死んだ餌でもエソはおかまい無しに食らいつくことが分かった。恐ろしく貪欲な魚である。もうひとつ齊藤が凄かったのがバラエティに富んだ釣果だ。前述のヒラメ、カワハギ、ホウボウに加えてベラ類やフグ類など全13魚種を釣り上げたこと。シロギス五目釣りといっても13種類の魚を釣ったことはある意味素晴らしい。では、私はと言えば、メゴチが8匹の他はシロギス、ホウボウ、トラギスが各1匹ずつという貧果に泣いた。

 

決して負け惜しみではないが、アンカーを投入した際の誘い方がうまく魚と合致すると軟らかい穂先がピクピクと震えて、その感触を味わえたことは感慨深い。流し釣りでは、竿先に出るアタリを目で見て判断するだけだから誘いはボートの流れ方と風任せのポイント移動ということになる。まぁ、それはそれで楽しいのだが、「釣った感」を味わうなら手に竿を持って誘いを入れて手にアタリを感じて釣りたいものである。今回改めてシロギスのボートつりの醍醐味を再認識したといっていいだろう。参考までに水深4m下の海水温は25度であった。

 

なお、今回の釣行費用はボート代が2人乗り4200円、ギンペイが6匹で900円、アオイソメが一人500円、氷代100円。P代は無料。一人当たりの金額は3150円。土日祝日はボート代が2人乗りで5000円になるので要注意。

 





カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM