横堀海岸貸しボート油壺 シロギス五目釣り

 

ボート釣りに絶好の季節が到来した。梅雨時の晴れ間で風がなければ間違いなくボートでシロギスを釣るには最適だ。ところが、当日の天候が風速1〜2m程度の凪でもボートが危険な日もある。今回ほどボート釣り日和を難しく思ったことはない。

 

釣行日は6月29日月曜日。場所は葉山一色海岸にある山田ボート店(☎080-1301-9185)に決定。理由はボート料金が一人乗りで2700円、2人乗りでも3800円と安いからだ。さらに駐車場を葉山公園にすれば6月末までの平日なら終日無料だからだ。ボート店のPを借りれば1日1台1000円も取られてしまう。少しでも釣行費用を節約すれば、それだけ複数回ボート釣りを楽しむ経済的余裕が生まれると考えているからである。

 

さて当日、問題が生じた。葉山公園に7時30分過ぎに止めて支度をしてから出掛けようとするとボート店主から電話が入り「昨晩まで吹き荒れていた南西強風の影響が出て、ウネリが残っています。漕ぎ出しと着岸の場所を変えて頂く感じになります」という。葉山御用邸前の砂浜海岸はウネリが出ると出航がしにくく、さらに着岸する際にウネリがあると直前で転覆が予想されるからだ。店主は「外せない用事がありボートを出した後には居なくなるので別の日にした方が良いかも」というではないか。緊急事態の際に店主がいないのでは救助艇が出せないということ。これではあまりにもリスキーだ。

 

結論は一色海岸を断念することに決定。速攻で向ったのは貸しボート油壺である。この場所は北と南に風を遮る山と高層マンションがあり、東風み避けられ唯一西風が強くない限りボートは出せる貴重な場所。電話で確認をとり2隻を借りることに。ただしボート代金は2020年5月1日以降に1隻4000円に値上がりしている。まぁ、他に出せるボート店がなければ料金以前の問題である。なお、駐車場代は県営のPが1台520円。

 

葉山公園から一気に油壺まで走って漕ぎ出したのは9時20分頃。湾内の波風は弱く、若干ウネリが残っていたがシロギスを狙うなら湾内で充分。風が弱いだけに流し釣りでマゴチも狙えるはず。葉山釣具センターで1匹200円のギンペイを使って活きエサの泳がせ釣りをしながらのシロギス釣り。これがこの時期には欠かせない醍醐味なのだ。

 

当日の同行者は釣部OBの後輩、斎藤さんと渡邊さんの2人。2艇に分かれての釣りとなる。私はいつもの単独釣行。シーボニアマリーナの岸壁付近から流し釣りを敢行。ゆっくりと湾奥に流れる潮と風。だが、岸壁付近はガレキや小石が多く、根掛かりがあり場所を移動。砂地帯を流すべく少し航路側へ移動して再開。するとポツポツとシロギスのアタリがあり、小型ながら3匹を釣り、ギンペイを付けた泳がせ釣りの竿にも一瞬ブルブルと大型魚から逃げ惑うギンペイの動きが伝わってきた。

 

だが、食い込みもなくジ・エンド。悔しいが一瞬だけ期待が膨らんだ。シロギスはその後もポツポツと数が出始めたが、良型がいない。全長20cmオーバーが数匹混じってくれると嬉しいのだが、なかなか計算通りには行かない。水深は深い場所で11m、浅い場所で4m前後。

 

ここで浅い場所でダブルで連れたので浅い場所へ流し釣りを変更。左方向に目を移すと小網代堤防の中腹付近であることが分かった。漕ぎ戻って再度同じコースを流すが、型はこぶりが多い。強烈な突っ込みで釣れたのはキューセンベラの雌。穂先の軟らかい振出式のパックロッドで釣ると小型でも結構な引き味を楽しめる。これはこの釣りのもう一つの楽しみでもある。オモリ号数も10号以下にすると明確なアタリが出やすいのでなるべく軽いオモリを使うと楽しめる。ただし、潮が速い日は辞めた方がいい。流されて仕掛けが浮いてしまうからだ。

 

水温計を装着したベストを着忘れたため海水温は計測できなかったがおそらく22度前後はあったと思う。斎藤&渡邊ペア組もシロギス、メゴチ、カミツキハゼなど数釣りを楽しんだようだ。残念だったのはギンペイでの泳がせ釣りに大物がヒットしなかったこと。朝の好時合を逃したのかもしれない。9時30分からスタートしてそこそこお土産を釣ったのだから由としよう。リスクを抱えた一色海岸で釣りをするよりも長閑なウグイスのさえずりを耳にして風光明媚な小網代の森を眺めつつ、のんびりと楽しめた。この選択はボート釣りでは大切なことである。

 

今回は私の釣行費用はボート代が約2700円、駐車場代が520円、氷代が200円、これにギンペイ2匹で400円、アオイソメ代は2パックで1000円。合計すると4820円。ちょっと高くなってしまった。40g1パック500円のアオイソメは一つで充分足りた。次回は東京湾で魅惑のタチウオを狙ってみたい。乞う御期待!

 





カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM