長井仮屋港仮屋ボート メバル五目釣り

 

最高気温が19度になるという晴天の天気予報を確認して、さらに波情報を入念にチェックした。その日が運良く今年最初のボート釣りの日にビッタリと合致したところまでは「ツイてるな、運が良い」と思った。それが3月26日木曜日。釣部OB後輩の斉藤さんも渡邊さんも同行できるという最高のボート釣り日和になったことも幸運といえば確かにそうだった。

 

ところが、である。当初予定していた油壺釣船組合の貸しボート店が3月末まで土日祝日以外は休業だったことに気付いたのが当日の深夜12時。寝床に入って明日の好ポイントを過去の資料からおさらいするつもりでページを読み返してみて上記のことが発覚したのだ。愕然とした。天候ばかりの情報を追い掛けていたのが大きな間違いだった。春の時期はこうした貸しボート店もあるのだと知ってはいたが、まさかベタ凪が予想される日に限って。

 

そこでボート店を急遽長井港にある仮屋ボート店に変更した。その件を渡邊さんへ朝6時に携帯に電話をして「場所の変更」を通達し、齊藤への連絡も御願いした。そこまでは最悪の事態にはならずにすんだ。カーナビで検索できれば特に不安はないはず。

 

しかし、次の魔の手が「活きエサの徳丸」で待ち受けていた。決してお店が悪いのではない。私に運がなかった。同時に下調べをしておかなかったのも悪かったのだ。反省しきりである。メバル釣りの特エサとも言える活き藻エビが売り切れで購入できなかったのだ。代わりになる銀パクも4月に入らないと入荷しないとは。さらに、カタクチイワシの購入も考えたのだが、店主に「そのサイズのブクでは無理です」と言われてしまった。

 

確かに、藻エビとイワシのサイズの違いは歴然。生命力の弱いイワシならすぐに死に絶えてしまうことだろう。想定外のことがダブルで起きてしまったのである。

 

このため、同店で購入したのはアオイソメ120gと冷凍サバのみ。これでメバルを狙うのはかなり厳しいことを覚悟して、齊藤&渡邊氏にも伝えて、取りいそぎ長井沖に漕ぎ出した時にはすでに午前8時を回っていた。当日の潮は中潮の初日、午後12時10分頃に干潮。向ったのはツブ根の沖側。水深約9mから釣り開始に。

 

最初に私の竿に掛かったのはササノハベラ。次いでキタマクラ。怖れていたことが現実に。ハリスを切っていくのはキタマクラ系のフグ類だ。これらは定着性が強く行動範囲が狭い。つまり、移動をしないと仕掛けやエサの消耗が激しく釣り人の大敵である。

私は重たいアンカーを2回ほど回収してやっと安定した場所に移動。水深は約22m。少し深いが、キタマクラの攻撃はなくなった。だが、アタリが遠く砂地帯に棲息する「ウミケムシ」が2回ほど針に掛かってきて外すのにひと苦労。毒はないが、刺されると痛痒くて大変。

 

その間、まともに釣れたのは11時30分頃にサバの短冊にヒットしたカサゴ。潮が上げ潮に変わってからはトラギスとクラカゲトラギス、そしてコンブの切れ株と一緒に釣れてきたシロギス。すべてシロギス仕掛けのアオイソメに掛かってきた。

 

風向きが南東寄りに変わってボートの向きが変わると、ポイントが少し変わったようで時々根に引っ掛かることが多くなり、潮の流れも少し変わったらしくコマセを使ったサビキ仕掛けと根魚狙いのメバル仕掛けが絡んだりして面倒なロスタイムも。

 

ドラマは最後に待っていた。午後2時5分頃、そろそろ見切りを付けて片付けを始めようかと思った時に魚皮のサビキ仕掛けになにやら反応が出た。強く引く訳ではなかったが、海面を割って姿を見せたのは30cm弱のミノカサゴ。胸ビレを広げてピンク系の華麗な舞いで威嚇してきた。ボート内に取り込んで撮影をしてから針を外し、背鰭をペンチで切り落としてクーラーBOXへ。獲物が少ないときは食べられる魚はすべて持ち帰る主義だからだ。

 

午後3時の着岸に間に合うように2時35分に漕ぎ始めて港内のスロープに戻ったのは約20分後。凪の海なら漕ぎ戻る時間も短くて助かる。ただ注意が必要なのは港内に入る前に洗岩や暗岩のある怖いエリアが多くあること。一人でボートを漕いでいる場合は、後方の岩影をつねに確認しておくことが大切。

 

潮が上げている時間帯であっても岩にぶつかれば転覆の危険性もある。時間内に慌てて帰ることよりも安全性を重視することは言うまでもない。同行してくれた齊藤さんの釣果を見ると、定番のササノハベラの他に大きなメゴチやカサゴ、トラギスなども釣り上げていた。だが、本命のメバルは渡邊さんも撃沈。来月にもメバルのリベンジ釣行を敢行するつもりだ。

 

なお、当日の水深22m下の水温は水温計で14.5度だった。釣行費用はボート代が3人で7000円。一人当たり2400円弱。私のエサ代はアオイソメ120gと冷凍サバで1820円。港内P代は無料。氷は持参。私は4220円だった。

 





カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM