破損した格安カワハギロッドの補修

 

2020年1月1日、晴天の凪。ただし今回は釣りではなく、残念ながらロッドの補修作業をご紹介というとっても地味な企画です。とはいえ、せっかく購入して破損してしまったロッドを補修するひとは最近減っているようです。穂先のガイドを破損したケースは多いかと思いますが、ロッドの竿尻付近を折ってしまうひとは少ないでしょう。

 

今回はそんなレアケースのロッド補修を自分なりにやってみました。最近のロッドは細くて華奢なモノも多く、取り扱いに神経を使わないと簡単に折れてしまうこともあるようです。

 

私がタックリベリーで格安のカワハギロッドを購入したのはもう4年ほど前。記憶が確かなら6000円前後の激安ロッドです。適度に穂先が硬くガイド数も先端にいくに釣れて多く設置されていたので、コレでいい、と即決で購入。私の考え方は「魚は竿やリールは見ていない」ということ。つまり、安くても釣れるひとは釣れるということ。

 

ただし、今回の私のミスは手漕ぎボート内でアンカーの上げ下ろしや、トイレで水バケツを局部にあてがう際に注意散漫となって、ロッドを破損してしまった。これは不注意でのミスだから誰にも不満は言えない。昨年12月3日のボート釣りの時のしくじりである。

 

そこで、破損した箇所がリールシートの後部、つまり竿尻部分。折れた部分を確認すると中が空洞のチュープラー構造となっていた。ならば、この中にピッタリと入る棒状の何かを差し込めばすぐに補修できるだろうと考えた。100円ショップのダイソーの中に「工作材料」というコーナーがあり、そこに丸い木材の棒がある。直径6mmならうまくロッドの中に入るためこれを購入。2本セットで110円。

 

自宅に戻ってロッドの破損部分から差し込むとうまいこと入り、これなら後は接着剤とビニールテープで補修作業が完了できると地震を持った。実際にやってみるとものの20分程度で作業は完了。瞬間接着剤が乾くのを待ってから5回ほど折れた部分に巻き付けて終了。黒いビニールテープが剥がれてこない限りは釣りは可能だと思う。

 

今現在はまだこのロッドを使ってカワハギ釣りはしていないが、根がかりした際に取り扱いを注意すれば同じ箇所が破損することはないだろう。

 

今回の補修費用はダイソーで購入した丸棒2本セットで110円。瞬間接着剤は数ヶ月前に買い置きしたモノ。黒ビニールテープも自宅の道具箱に入っていた昔のものを使った。つまり、110円だけで補修できたということ。

 




カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM