鴨居大室港五郎丸 午前タチウオ釣り

 

令和元年の最後の釣りをどうするのか正直迷った。釣果が確実な東京湾のビシアジも冬は脂が乗って旨いのだが、数釣りでは自宅に帰ってからの後処理が大変。かといって、正月用に赤い魚、アマダイだと最悪、ボウズも考えられる。高級ゲストが釣れても本命がゼロか20cm前後の極小サイズでは悲し過ぎる。

 

ということで、強烈な引きが楽しめるタチウオに決定。半日船なら経済的負担も少なく、体力的にも助かるからだ。炙り刺しを食べられるそこそこの良型が数本釣れれば良い、と考えて足を運んだのが鴨居大室港の五郎丸。12月21日の午前船を前日に予約をして右舷胴の間に座った。

 

同宿のHP釣果欄を数日前からチェックしていた。すると、驚きの数字が出ていた。釣果ではなく、ポイントとその水深。本牧沖の40m前後だという。12月も下旬というのに観音崎や走水沖ではなく、湾奥に近い本牧沖とは過去に経験がない。しかも40mというのだからいったい今年の海はどうなっているんだろうか。夏場なら金沢八景から近い福浦岸壁の水深20〜30mというのは理解できるし、実際にその海域で夏タチを釣ってきた。

 

水温が極端に高いわけではない。16度というからこの時期としては平均的な数字だ。同じ東京湾でも15度前後という海域もあるだろう。それでも水温としては問題はない。タチウオの群れがたまたま本牧沖に集結しただけなのかもしれない。沖堤防が目前で船長の合図が出たのは午前8時を回っていた。鴨居港から本牧までの距離は遠いのだ。航行すること45分という時間が雄弁に物語る。

 

最初のポイントは水深38m前後。下から10mまで探るというもの。タチウオの場合、船長の指示ダナよりも5m上までは誘ってきた方が良い場合もある。餌のサバ短冊を追い掛けてくるたからだ。当日も水深23mでもググッというモタレのアタリが2回ほどあった。とはいえ、平均すると喰いダナは32〜29m前後が多かった。12月下旬とは思えない喰いダナである。

 

私は船宿指定のPE2号でオモリ80号を使用。片天秤にハリス7号2mの1本針(2/0)で釣り開始。すると、運良く一投目でガッチリと食い込むアタリが出て、90cm前後の良型をキャッチ。2本目も80cmオーバーという満足できるサイズが釣れて、気持ちに余裕が出た。

当日の誘い方はショートピッチの小刻みなしゃくり方よりも大きくゆっくりとした幅広い40cm前後の誘い方が功を奏した感じだ。というのも左隣の釣り人(お名前を確認しませんで失礼しました)がかなり素早く鋭い誘い方を続けていたが、「アタリがまったくないね」とボヤいていたからだ。途中で止めの合間=ポウズをまったく入れずに細かく忙しいしゃくり方を続けていた。当日のタチウオの活性具合は決して悪くはなかったが、忙しく誘い方が合っていないのが見てとれたので私は逆に大きく、ゆっくりと誘い、喰いの間を1秒弱とって見た。その結果が早々に2本をキャッチできた理由だろう。

 

だが、驚いたのは同じ大きくゆっくりと誘い続けていると、30m前後でグングンと引っ張ってきたので思い切り合わせてやると、釣れてきたのが指幅2本の極小サイズだったこと。これまでここまで細く短いのを釣ったことがなかったのでビックリ。もちろん、針も飲まれていなかったので速攻リリースした。そのサイズが確か3本は釣り上げている。あまりに小さく、「もっと大きくなって来年、また釣れてこいよ」と心で叫んで海中へ帰ってもらった。

 

回りでもその極小サイズが数本ずつ各人が釣っていた。良型がその中に混じるといった感じ。だから数を釣る中で、良型が混じってくると思った方が良い。良型だけを選んで釣る訳にはいかない。餌のサバ短冊を丁寧にまっすぐ装餌して、海中で回転するようなことがないようにする。これだけで喰いが違ってくる。アタリを出すための最低限の対策がコレである。

 

あとは、アタリがあっても掛けられない場合、餌がボロボロに喰いちぎられていることが多い。マメに仕掛けを回収して餌のチェックを怠らないこと。これも大切だ。ハリスの傷も同時に確認しておこう。不意に訪れるメーター級が掛かると、ハリスに傷があればひとたまりもない。すぐに仕掛けを交換した方が良い。

 

結局、午前11時10分に沖揚がりに。いつもの観音崎沖なら11時35分頃に沖上がりなのに帰りの時間を考えていつもより15分以上早めに納竿となってしまった。ポイントが本牧沖なら金沢八景の船宿の方が実釣時間はたぶん長く取れていただろう。まぁ、実釣時間が長くてもタチウオが釣れるとは限らないのだ。それは仕方のないこと。

 

私はなんとか4本をキャッチできた。指幅2本りミニサイズはすべてリリース。それでも満足感があったのはタチウオとの強烈な引き味を満喫できたからだ。電動リールのスプールが何回となく止まり、悲鳴を上げている状態を目視確認できたのは嬉しかった。ドラグはキツく締めてあってもグイングインと突っ込む気持ちの良い釣りを楽しめた。結果が4本でもそれはそれで良いと思う。当日のトップは13本とHP釣果欄には書かれていたが、そのうちの80cmオーバーは何本だったのか知りたいと思った。翌日22日には再び観音崎沖の50〜70mを攻めていた。釣果は0〜8本。幽霊魚、タチウオの神出鬼没のポイント移動に翻弄された令和元年最後の納竿釣行であった。

 

また、右隣に座っていた逗子市の細野さんと色々と釣り談義を楽しめたのも乗合船ならでは。一期一会とはいえ、またどこかの船宿でお会いしたら宜しく御願いします。ビデオ撮影しながら釣りをしている変な伯父さんが目印です(笑)。

 

当日の釣行費用はHP割引を利用して5500円。氷と駐車場代は無料。五郎丸は良心的である。

 





カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM