佐島港つね丸 マダイ五目釣り

 

2019年はなぜだかワラサがブレイクしない。10月中旬頃に少しだけ好釣果の日が剣崎沖であったようだが、数日間もつづかない。単発の好釣果ではまったく行く気にはならない。10年前の某釣り新聞社の取材で行った時には竿頭で20匹近く釣れたものだ。ワラサのブレイクとはそういうもの。松輪江奈港の港内駐車場は前夜から訪れる猛者が何台もいたのだ。それを考えると今年は11月に入ってからもチョボチョボ。今年はイナダクラスで諦めよう、と思って佐島港のつね丸にマダイ五目釣りの前日予約を入れて向ったのが11月3日の日曜日。

 

同宿のHP釣果情報欄を見ると、50cm前後の良型イナダの他にカンパチ、ヒラソウダ、カイワリ、マハタ、イトヨリといった高級ゲストが目白押し。たとえマダイが釣れなくても美味しいゲストがそこそこ釣れれば良いだろうと思ったからだ。

 

もう一つの理由はつね丸のお得情報にある「バースデイサーピス」が魅力的だから。誕生日の前後1週間の期間ならなんと乗船料金が半額になるのだ。これは見逃せないメリット。通常料金なら1万円のところ半額の5000円で楽しめる。3kgのオキアミコマセと氷代が含まれいている。付け餌は別途。今回私は持参した。

 

事前予約が基本の乗合船。定刻7時に出船だが、つね丸は湾内に浮かぶ船に小船に乗って乗り込むスタイル。午前6時には受け付けを済ませること。当日は両舷で10人が乗り込み、定刻の午前7時に舫が解かれた。船長はゆっくりと最初のポイントまで約30分を掛けて亀城根周辺に到着すると、魚探反応を確認しつつ「ハイ、どうぞ。水深は52m前後です」と言って仕掛けが一斉に投入された。特に指示ダナのアナウンスはない。

 

私が最初に使った仕掛けはハリス4号6mの2本針。ビシは80号で船中統一。ビシを海底まで落としてから3回に分けてコマセを撒き、ハリス分プラス2m、つまり8mまで巻いてアタリを待った。待つというより、底上げ8mにセットした途端にグイ〜んと竿先が曲がり、強い引き込みでゆっくりとリールを手巻きで巻くこと10m前後。明らかにマダイか青物といった感じ。一投目からのアタリに少し慎重になりすぎて電動のスイッチを入れずに巻き上げてきたら、案の定ミヨシの釣り人の仕掛けに絡み、オマツリ状態のまま抜き上げてしまった。針掛かりが良かったため運良く取り込めた。これでボウズがなくなったと思うと安堵感で嬉しくなるもの。

 

型は48cm程度だから良型とまではいかないが、シッカリ血抜きをしてクーラーBOXへ。嬉しいのは次の投入でもイナダのアタリが続き、速攻で2匹目をキャッチできたこと。これなら船中トップのイナダの竿頭か、と甘く考えたのが運のツキ。2本針の仕掛けはハリスが絡み易く、潮が複雑な当日はあまりオススメできない。決してイナダの一荷を狙った訳ではない。アタリ棚を把握するために2本針仕掛けを使っただけ。朝のうちは船中ポツポツとイナダの食いが立ち、高活性だったが、それも午前8時30分を過ぎるとアタリが遠くなっしまった。

 

船長はマメにポイントを移動し、水深60〜70m近い深場も探索してくれたが、アタリは遠いまま。それでもエサ盗りの雑魚が多いのか、オキアミの頭だけ齧られるケースもあり、3分以内に手返しを繰り返さないと付け餌が取られてしまう。

 

それでも、同じ右舷の大ドモに座ったさいたま市の松本さんはしっかり本命マダイを2匹も釣り上げていた。そのお隣の釣り仲間である三島さん(さいたま市)はイナダを数本の他に美味しそうなヒラソウダやイトヨリも釣り上げていた。「今回が3回目の釣りです。師匠の松本さんに色々と教わって楽しんでいます」と嬉しそう。お二人に話を聞くと「高速を使えば1時間半で佐島まで来れますよ」という。海無し県の人たちのパワーは素晴らしい!

 

結局、午後2時に沖揚がり。本命マダイは船中0〜2匹。それでも高級ゲストが凄い。前述したイナダやカンバチの他にカイワリ、イトヨリ、マハタ、ヒラソウダ、アジ、サバ、ミノカサゴなど10目近い魚種を釣ることができた人もいた。食べて美味しい佐島港つね丸のマダイ五目は多彩な魚種を釣りたいという人にはオススメである。因に私の全釣果はイナダ3匹、ミノカサゴ、ゴマサバ各1匹。

 

今回の釣行費用はバースデイ割引を使って5000円。付け餌は持参したのでゼロ。氷と駐車場代は無料。最後に追加氷はつね丸では200円だが、佐島港入口近くにある某鮮魚店ではバラ氷を無料で分けてもらえる。ただし、少量程度。何も魚を購入していないにも関わらず。感謝である。店舗名は伏せておきます。有り難うございました。

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM