大津港石田丸 ボートタチウオ五目釣り

 

東京湾の夏タチウオがすでに高活性だ。半日船のトップ=竿頭が30本を数えるのも決して珍しいことではない。腕の差が出る釣りモノだが、そんなに数を釣っても後処理にも困ってしまう。ならば、数ではなく型を狙うにはどうするか。活き餌の泳がせ釣りが効果的であることは知っていたが、乗合船で勝手なことはできない。

 

そこで考えたのが自由気侭なボート釣りである。京急大津港の大津沖周辺では、ボートでタチウオが釣れることは知っていたが、大半がメタルジグ等を使ったルアー釣り。冷凍サバなどのエサ釣りでも、タチウオの活性が高ければそこそこ釣れるのだろうが、メーターオーバーを良型だけを狙って釣るには活き餌しかない。

 

サビキ仕掛けで小アジを釣ってそれを泳がせることを考えたが、釣り開始から即効で小アジが釣れるとは限らない。そこでヒラメやマゴチを狙うのに最適と言われている養殖ウグイ=ギンペイを泳がせて釣ろうと考えた。

 

出掛けたのは7月24日、最高気温が30度に達するのではという天気予報だったが、凪なら暑さは我慢するしかない。もちろん、熱中症対策は講じるのはボート釣りファンとしては当然だ。大津港の石田丸に斎藤さん、渡辺さんら2人を誘って朝6時30分過ぎには到着。早々に受け付けを済ませて、2艇に分乗して漕ぎ出したのは7時10分を回っていた。

 

目指したのはヤマダ電気沖。水深が20〜22m前後だが、なかなか山立ての方法では正確には探しきれずに、渡辺さんが所有する簡易魚探で海底地形と水深をチェックしてもらう。水深が25m前後とやや深かったが、魚探にフィッシュマークが表示され、ベイト反応がバッチリならタチウオもいるだろうと考えて最初のポイントに決定。アンカーを下ろすとどうしても多少のポイントのズレが生じる。それでも回遊するタチウオならコマセで小アジ類を寄せればきっと釣れるに違いないと確信していた。小魚を捕食するタチウオの習性を考慮してのこと。自信はあった。

 

養殖ウグイ=ギンペイは海中でも1時間程度は問題なく、元気に泳ぎ回ってくれる。その遊泳力がタチウオの捕食意欲を刺激してくれる。それがハッキリしたのは斎藤さんの竿だった。置竿にしていた竿先に違和感が出て、リールを巻き始めるとグイグイと突っ込み出して強烈なパワーで海面へと突き刺さる。海面に浮かんだのは紛れもないタチウオだ。しかも指幅5本はありそうな良型である。タモを使って無事に取り込んでから分かったことは、針を完全に飲み込み、ハリスが歯に干渉していたこと。上手く取り込んでハリス切れにならなかったのは幸運だった。釣り開始から約1時間弱だったと記憶している。

 

その後はギンペイの頭だけ残して食い逃げされてガックリ。私のギンペイも結局2匹が頭だけにされてジ・エンド。冷凍サバで狙うことにしたが、そうするとマメに仕掛けを上方へ40cm幅でシャクリ上げてくる乗合船での釣り方を実践するしか手はない。私の竿にも数回、コツコツ、と竿先を抑える場面があったが、追い掛けてこなかった。魚影はあるが活性が高くないのだろう。

 

もうひとつ残念なことはサビキ仕掛けで狙っていたアジがなかなか釣れずに、群れから外れたアジがたまに掛かってくる程度。私のサビキ仕掛けは定番のハリス2号6本針のピンクスキンだったが、最後まで1匹も釣れなかった。20年以上も色々な場所でボート釣りを経験してきたが、サビキ仕掛けに何も掛からなかったことは初めてだ。ゲストのイワシや小魚も何も食わないとは驚いた。こんなこともあるのかと呆れてしまった。

 

一番アジを釣ったのは渡辺さん。サイズは17〜22cm程度だったが、最後に浅い場所で追加して合計17匹だったという。立派なものだ。午後3時に港のスロープに着岸して女将さんに状況を説明すると、「ヤマダ電気沖はアジの群れが少なくて、タチウオ狙いなら良いんだけど」と言われてしまった。

それが証拠に同時刻に沖上がりしていた親子連れの男の子がなんと20cm前後の一番美味しいアジをなんと40匹前後は釣っていた。場所は排水口の3番目の沖20m前後とか。ボート釣りはポイントを外すと悲惨な釣果になることを改めて証明してくれた。悔しいが、これもボート釣りの現実なのである。

私のボートと斎藤、渡辺ペアのボートの距離は近い時には3mも離れていなかったのだ。それで1匹もアジが釣れないのは仕掛けに問題があったということ。最低でも3種類のサビキは持参して欲しい。1時間釣れなかったらサビキの種類を交換して試してみることをオススメする。

 

結局私の唯一の釣果は冷凍サバで釣れた全長65cmの良型アナゴ1本だけだった。翌日、蒲焼きと煮付けで美味しくてただいた。なお、当日の海底付近の水温は23度だった。自分の考えたギンペイの泳がせ釣りで斎藤さんが本命タチウオを釣ってくれたことがとても嬉しかった。釣り方には今後も改善を加えて行きたいと思っている。数釣りなら乗合船で競えば良いだけ。一瞬の興奮と感動を体感できるボート釣りを今後も続けて行きたいと思った。

 

今回のボート釣りの経費は一人で乗った私の場合、ボート代金は4000円、冷凍アミコマセが400円、前日購入した上州屋での冷凍サバが550円+税、帰路前に追加した氷代が200円、活き餌のギンペイは一人4匹で480円。合計すると5630円。半日船の乗合船の料金をオーバーしてしまった。それでも、自分で狙ったポイント、釣り方、初挑戦のボートでのタチウオ釣りを最後まで通すことができたので満足感はある。本命タチウオを釣ってくれた斎藤さんの釣果が何より嬉しかった。

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM