葉山あぶずり港 鈴木ボートシロギス五目釣り

 

紫陽花の花弁が薄紫色に色づき始めた6月初旬、今年の相模湾のシロギスの魚影が2年ぶりに濃くなり始めたということで、釣り部後輩の渡辺さんと葉山あぶずり港の脇にある鈴木ボート店からシロギスのボート釣りに出掛けたのは4日の火曜日。ここは平日だと有料駐車場が1日500円と格安になる。もちろん、ボート店の駐車場も500円ですむから助かる。土日は1500円と高いのだ。

 

午前7時に漕ぎ出してものの5分で水深5.8mの真沖から釣り開始。周囲にも2艇ほどのボートが浮かんでいる。アンカーを投入しているようだったが、我々は南の微風でベタ凪だったのでノーアンカーの完全流し釣りに挑戦。実際、朝の2時間は潮も弱くゆっくりと葉山港の赤灯台寄りに流される程度だった。

 

仕掛けは定番の片天秤にハリス80cm前後の2本針を使用。付け餌はアオイソメ。前日に上州屋で2パックを購入したが、パック売りのため正確なグラム数は不明。しつこくて委員に聞くと「大体ですが、50g程度ですね」と言われ納得。本当は一人60gが理想だが、仕方ないのでこれで我慢。シロギスの場合、カレイ釣りとは異なり針に付ける場合、垂らしは長くても3cmまで。できれば2cm以下で使いたい所。魚の活性が高ければ垂らしが1cm弱でも食ってくるはず。

 

同行してくれた渡辺さんが開始早々に本命、シロギスを釣り上げて嬉しそう。彼はボート釣りは2回目。前回3月下旬に金田湾でカレイを狙った時には水温も低く、活性も低い状態。釣れた来るのはヒトデばかりだったと嘆いていた。それに比べればアタリが出て、20cm強のレギュラーサイズが釣れて嬉しいはずだ。その後もポツポツと釣れるのだが、私がシロギスをやっと釣り上げたのは30分後でしかも14cm程度のミニサイズ。いわゆるピンギスだ。

 

アタリが頻発し始めたのは開始から1時間後ぐらい。私は2本竿でまずシロギスを釣りつつ、外道の小メゴチが掛かったらすぐにでもマゴチ仕掛けを投入するつもりだったが、流し釣りをしているとなかなかメゴチが釣れない。潮と緩い風で少しずつ仕掛けが海底を漂うためかメゴチが掛かりにくいようだ。それでもポツンと掛かることもあり、9時過ぎにはマゴチ仕掛けを投入して、期待に胸を膨らませる。なんども流し釣りでマゴチを釣って聞いてる私に取っては流し釣りができる日には、必ず1匹は釣ってきた経験がある。

 

だが、最初にマゴチを掛けたのは渡辺さんだった。2.7mという長いルアーロッドにスピニングリールの組み合せ。ボート上で2.7mのロッドを操作するのは至難の業だ。という訳ではないのだが、強烈に穂先が曲がったと思った次の瞬間にブチんという感じでラインブレイク。道糸を回収するとリーダーとの結び目近くで切れていた。結びが悪かったか道糸の劣化かどうかは今となっては分からない。一瞬ではあったが、豪快で刺激的なマゴチからの引き味を体験できただけでも幸せだ。次回、流し釣りでマゴチを狙う時には道糸の劣化を当日までに目視確認することはして欲しいもの。できれば、小型両軸リールに1.8m前後の万能ロッドでトライして欲しい。PEは2号100mで充分である。

 

その後も流し釣りをしていると、砂浜海岸近くに近づくとクサフグが掛かるようになる。これが釣れたら漕ぎ戻ることにしている。目標物は葉山港の赤灯台と浄水センターの岸壁に立つ茶色の3階立ての建物を結んだ場所、これより灯台寄りにまで漕ぐのは大変だが、水深5m前後で釣り再開を何度も繰り返すと、必ず10分足らずでシロギスの喰いが良くなる場所=エリアがある。その付近でアンカーを入れてみるという手もあったのだが、アンカーを投入するとどうしてもマゴチに遭遇できる確率が激減する。そのため、涙を飲んでノーアンカーを続けた。

 

当日の潮変わりは午前11時36分に干潮。その後、上げ潮に変わる。大潮の最終日だったことは後で分かった。それにしては潮流が速くなくて、釣り易かったことは助かった。時々水深3mほどの浅場で良型がかかることがあり、渡辺さんも当日の最大サイズをその浅い場所で掛けている。後検寸で全長26cmのヒジタタキだ。最後の取り込みにたも網を使ったのが印象的。彼曰く「逃したくなかったから」と正直に語った。それが釣り人のあるべき姿であろう。良いことである。

 

上げ潮に変わってから浅い場所で私も22cmの良型シロギスを掛けてリールを巻いてくると、途中で首を振るような感覚でクンクンと竿先を曲げてくれる。この感触こそがシロギス釣りの楽しい所だ。約2年ぶりに復活した感のある相模湾のボートでのシロギス釣りは、先調子のやや柔軟な竿で釣るのが最高の醍醐味といえる。水深約4m下の海水温度は21度であった。

久しぶりに味わったシロギスの天ぷらはフワッ、サクっとした淡白な白身魚でいくらでも食べられる。抹茶塩か粗めの岩塩を掛けて食べるとビールのツマミには最高である。良型は昆布締めと刺し身で食したが、これも絶品。酒好きには日本酒が進んでしまうことだろう。

 

午後2時には着岸。風は弱かったが、鈴木ボート店では基本的に2時には着岸すること。正味7時間弱の釣りを凪の海で満喫できたのは運が良かった。釣果は私がシロギス17匹にゲストのキュウセンベラ(雄)1匹。渡辺さんはビッグな26cmを筆頭に20匹以上釣った。数的には少し不満だが、調理の手間ひまを考えればこれで充分だ。

今回はボート釣りの決算報告。ボート代金は2人乗り3800円。有料駐車場代1台1日500円、アオイソメは一人50gで約500円。一人当たりの出費は2900円。平日ならではのリーズナブルな釣りとなった。

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM