京急大津港石田丸 ボートアジ釣り

 

1年間の中で最も海が穏やかになる5月下旬の27日、釣り部後輩の斉藤さんと京急大津港の石田丸から手漕ぎボートでアジ釣りを楽しんだ。運良く、当日の天候は晴れで極弱い南東風が吹く程度。当然朝の海はベタ凪でポイントまで漕ぐのも楽だった。午前7時に漕ぎ出して最初のポイントはガレ場根の少し手前の水深25mで釣り開始。時計の針は午前7時30分になっていた。コンクリートブロックのアンカーは40mあり、安心できる。重さも充分あり、午前10時過ぎからの下げ潮でも問題はなさそうだ。

 

仕掛けはサビキ。私はどんな潮でも信頼できるサバ皮を使ってみた。1本目の1.8mの竿にはハヤブサ製の「マイボートサビキ」を使った。サバ皮オーロラが4本針、下2本は空針にサバの切り身を装餌した。この時期はたまにタチウオが食ってくるという情報があったからだ。もう1本の1.65mの竿にはまるふじ製の伝承サビキ、金袖9号にサバ皮をあしらったモノ。ハリス2号12cmの幹糸4号に前述仕掛け同様にオモリ30号を付けて水深25m下まで下ろして、タナは底から1〜2m前後でアタリを待つスタイル。

 

一方、斉藤さんは「コレしかないんで」と持ち出したのがハヤブサ製の夜光スキンサビキである。ハリス2号の全長1.75m6本針。だが、この仕掛けが当日の大津沖のアジには最適だったようだ。少なくとも私のサバ皮系のサビキよりも圧倒的にアタリが多く、当然釣果も格段に差がついた。潮が濁っているとはいえ、使っていた竿が硬めのカワハギ竿だから驚く。というのも、微細なアタリに対して口の弱いアジが掛かれば弾いてしまい、バレが多いだろうと考えたら大間違い。しっかりと針に掛かり、小型ではあるが全長20cm前後のアジをポツリポツリでもコンスタントに取り込んでいるではないか。

 

確かに、時々バレることもあったが、私が1匹を釣る間に斉藤さんは4匹というペースで釣り続けている。夜光スキンはライトグリーンで発光する目立つ仕掛けだが、当日のアジは不思議と光りモノが好きだったようだ。ただ、6本針に2匹のアジが掛かることはなく、すべて1匹ずつというペース。私も同じだが、サビキ仕掛けの釣りの場合、アジの群れがコマセに寄ってくればバリバリっと多点掛けできるのが醍醐味のはず。それが単発では、ポイントが微妙にズレているのかも。

 

ということで、潮変わりとなる午前10時には再度ボート店から頂いた略地図を頼りに移動をする。風と緩い潮のためにアンカーを入れた場所からどうしても流される。アンカーロープは40mだが、全部ロープが張ると思い通りのポイントに入ってくれない。それでも、単発ながらアジは釣れてくる。一時的にはアタリが連続した時間帯もあったが、2匹で掛かることは皆無だった。それ以上に不思議に感じたのがタチウオか根魚狙いで海底近くに落としていたサバ切り身にもアジが釣れたこと。決してアジの活性が低い訳ではない。しかも、こともあろうに、餌もサビキも付いていない空針に掛かったアジもいた。オレンジ色のビーズ玉に誘われたのか、それとも潮の流れでアミコマセが漂って間違って食ったのか、理解できない現象も起きた。

 

昼前から少しずつ強まってきた南東風を考えて少し岸寄りの丸根付近に移動。ここでもポツンポツンと忘れた頃にアジは釣れるが、ゲストも増えた。フグだ。マフグらしきが立て続けに3匹掛かったのも夜光スキンの斉藤さんの仕掛けだった。フグの調理師免許を持たない彼は悔しい気持ちをぐっと抑えてリリース。その後はカタクチイワシがバリバリって多点掛けに掛かり、スワっ「格好の生き餌だ」ということで端物竿を出した。私も1匹元気の良いイワシを頂き、逆転満塁ホームランを狙ったのだが、自然界はそんなに甘くない。弱るのが速いカタクチイワシでは10分も経たないうちに死に体となり、仕掛けを回収すれば餌だけが外れて空針状態に。

 

アミコマセは1人1kgサイズを1個。これに集魚剤+増量剤となる「波止の鬼 アジの巻」を一袋の4分3程度投入して掻き混ぜる。これを入れると量が2倍に増えると同時に解凍することで汁気が発生するのだが、それをすべて吸い込んでくる。そのためかコマセカゴ(サブマリンタイプ)に入れ込む際にベタつかず入れ易い。これは何かと便利である。確か価格的にも300円以下なので助かる。釣具のポイントで購入可能。

 

結局、風が強まり始めた午後1時30分、コマセもすべて使い切った所で沖上がりに。帰りは逆風なので時間は掛かったが、正味25分で着岸できた。このエリアでは南東風は波立つことがないためウネリは出ない。ただ吹き始めたら港近くにポイントを移動して、すぐにでも撤収できる態勢を整えておこう。ボート釣りは安全第一だからだ。

 

斉藤さんの全釣果は27匹。すべてアジだった。私の釣果はと言えば最後の仕掛け回収で針掛かりしていた1匹を加えても7匹という貧果。夜光スキンサビキに完敗した感じである。もうひとつ理由があるとすれば、硬いカワハギ竿での弛ませ釣り。手に竿を持ち、マメに底立ちを取り直しつつ、仕掛けを弛ませてゼロテンションで待ったりと工夫を最後まで繰り返していた彼の完全なる勝利といえる。もし、同じ仕掛けがあれば私も当然仕掛けを交換して使っていたに違いない。教訓としていえることは、仕掛けの種類は多彩に準備しておくこと。なお、サバの身餌で釣れたのはアジ1匹のみ。海底25m下の海水温度は19度だった。

 

最後に当日に掛かった釣り経費はボート代4500円(2人乗り)と2個の1kgブロックのアミコマセ900円。一人当たりの料金は2700円。駐車場代は無料。半日乗合船の約半分である。自分で探し当てたポイントでもし爆釣となればこんな嬉しいことはない。ただし、今回のようにうまくアジの巣を直撃できなければ貧果となる。それもまたボート釣りの楽しみでもあるのだ。大津港沖でタチウオが釣れる季節に再度挑戦したい。

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM