鴨居大室港 午前ビシアジ釣り

 

今年の2月上旬に約40年ぶりに再開できた大学釣り部OBの後輩、齋藤哲さんと4月19日金曜日に鴨居大室港の五郎丸で午前ビシアジ釣りに出掛けた。齋藤さんはビシアジ釣りはまだ2回目。彼は以前にタチウオ狙いで訪れたが、3本しか釣れなかったので悔しくて午後のアジ釣りにも挑戦したとか。五郎丸では現在、午前便がタチウオとビシアジ、午後便はアジのみとなっている。

 

さて、当日の天候は曇りがちながら晴れものぞきまずまずの釣り日和だったのだが、南西風がやや強めに吹いていて、想定外のウネリが湾口から入り込み不穏な空気が流れていた。定刻の午前7時30分に港を離れて向ったのが鴨居沖の水深36m前後。浅いためか齋藤さんは自前の手巻きの両軸リールにインナーロッド2.7m前後の組み合せ。手返しで数を欲張らずにジックリとアジ釣りを楽しみたいとか。130号のビシを使うビシアジ釣りでは疲れると思い、私の予備の電動リールセットを持参したのだが、最後まで手巻きリールで通したのはある意味立派である。

 

釣り開始からアタリがなかなか訪れず、コマセの詰め替えの繰り返しで約40分が過ぎた頃、やっと弱々しいアタリが出始めて、手の平サイズのアジがポツポツと釣れ出した。アジには違いないのだが、魚に元気がない。確かに型は小さいが、もっと明確なクククッというアジらしい引きが欲しかった。

 

それでも、連続でアタリが出るようになり、徐々に2本針にダブルで掛かるようになり気持ちはいい。釣れている時に数を延ばそうとアタリが出てから数秒間待ってから、リールをゆっくりと手巻きで5mほど巻いてきて、その後に電動のスイッチを入れる。すると、期待通りに中羽と呼ばれる食べて美味しそうなアジが連続で釣れてくる。これこそがビシアジ釣りの醍醐味である。

 

だが、数は延びるが型に不満が出る。釣り人とは欲張りな人種だ。アタリのない時間帯は「魚がいないのでは」と思いつつも、コマセを詰め替えては130号のビシを沈めて、底から2m巻き上げてから1回目のコマセを振り、残り1mを巻き上げて3mでアタリを待つと、数秒後にククク、と来るアジからの心地良い感触。これで何か不満があるのか、と言われれば「ないよりは楽しい」ということになる。私もダブルで釣ると、左隣の齋藤さんも負けじとダブルで数回、連続で釣り上げて嬉しそう。

 

船長は船中で数釣りが楽しめとことを確認すると、午前9時45分頃には移動を告げた。釣れているけど移動するというのは間違いなく型狙いのポイントに移動するということ。走ること10分程度で水深40m前後に船を停めた。エンジン流しだから決してアンカーをいれることはない。潮の流れが速く感じる場所だったが、タナを取り直している最中にすでにアジからの強いアタリが出始めた。今度のアタリはさきほどまでは違う。重量感のある強いアタリと巻き上げ途中に感じる元気な動きが、まるで違う魚を釣っている感じだ。

 

私は良型を意識して慎重に抜き上げようと、ハリスの下の方を腕を延ばして船内に抜き上げようとした瞬間、船縁で口切れとなり、目測30cm級をバラしてしまった。そのショックもあったのだが、南西風に寄るウネリが寝不足の体に船酔いの気分を容赦なく、叩き込んできた。耐えられる範囲内だったが、少し横になる時間をもらうことで終盤に釣果を挽回しようと考えた。

 

午前10時45分を過ぎると少しだけ体調が回復したので再びコマセを詰めてビシ着底後に3m底上げでアタリを待つ。すると130号のビシを感じさせない強いアタリがすぐに訪れるではないか。少しだけ追い食いを待ってから3mほど手巻きで巻いてその後に電動スイッチをオン。すると、グイン、グインと突っ込む快感の引き込みがある。これこそが、良型アジの釣りだ。海面に浮いた姿は目測で30cm級がダブルである。針掛かりを確認しつつ、エイヤっと抜き上げて船内に取り込む。その瞬間がビシアジ釣りの醍醐味の頂点だろう。

 

もちろん、右隣に座った横浜市の寺田さんのようにタモで掬うのも悪くない。せっかくの良型ブランドアジを抜きあげ直前でバラしてはもったいない。私はアジの上顎にがっちりと掛けて気持ち良く抜き上げることがこの釣りの醍醐味だと感じているのだ。バレる魚はどうしてもバレる。針の掛かりどころが悪ければ巻き上げ途中でも針外れとなるからだ。それで数が釣れなければ自分の腕がまだまだ、と感じて修行を続ける。アジと釣り人との終わりなき戦いがそこにはある。

 

船長から「残り10分で揚がります」という合図。時計の針はすでに午前11時30分近くになっていた。五郎丸の午後船は午後1時出船だから、午前船の実釣時間は案外長い。しかも今の時期は港から近い鴨居沖だから最後まで頑張れば、少し船酔いをした私でも22匹も釣れた。因にビシアジ釣り2回目という齋藤さんはなんと良型を数多く釣り上げて28匹。右隣の寺田さんは37匹。船中トップは59匹とのこと。上には上の人がいるのだ。誰でも簡単に釣れるビシアジ釣りだが、数を釣るとなれば熟練の技の違いが明確に出る釣りでもある。奥が深いのである。

 

なお、五郎丸では、HPのサービスページをデジカメかスマホで撮影してその画面を受け付け時に提示するだけで500円値引きになる。駐車場は平日、土日も無料だ。ただし、ロッドキーパーや貸しビシは有料となるので念のため。帰港後の追加氷は100円と良心的。水深40m前後で釣れている今、強引な30cmオーバーを目指して釣りに行って欲しい。味覚に関しては何をか言わんや、だ。

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM