金田湾浜千鳥 ボートカレイ釣り

 

なぜかボート釣りにこだわりたい魚がいる。マコガレイである。決して難しい釣りではないが、東京湾での魚影もここ数年でかなり減っているという。だから釣った時の感激は大きい。釣れれば大半が全長40cmオーバーとも言われる金田湾のマコガレイ。今回は大学釣り部の数年後輩である齋藤さんと渡辺さんを誘って浜千鳥ボート店に出向いたのは3月27日の水曜日。3人のため2隻に分かれて、私は一人で乗り込み、齋藤さんと渡辺さんは一緒に乗り込んだ。午前7時頃に曳航サービスでカレイの好ポイント、ボッケ根付近まで連れて行ってもらった。6隻同時の曳航はなかなか壮観である。

 

当日の天候は朝のうちは北寄りの微風で凪だが、昼前から南西風が強まる予報だ。金田湾では南寄りの風には強いというが、風速8m以上も吹けばボート釣りは危険を伴う。それを承知の上で、念願のマコガレイを果敢に狙ったのだが。最初のポイントはイワシの円形イケスから目測で100m以上離れた場所。水深は11m。小型スピニングリールに振出式パックロッド1.8m前後を2本で楽しむ予定でいたのだが、そのうちの1本が故障で1本に。

 

釣り開始は7時40分頃から。当日の潮回りは中潮の最終日。午前7時47分が満潮だ。ということは潮止まりから約2時間が食い気が高まるのがカレイの習性と言われている。潮変わりから前後2時間はあまりポイントを移動しないのがカレイ釣りの定説となっている。つまり、午前10時まではココゾと決めた場所で粘るのが良い。とはいえ、たまにフグの猛攻に遭えばポイント移動も致し方ない。

 

さて、前述の1本竿ではあまりに効率が悪い。そこで両軸リールに万能ロッドをセットした1本を出した。スビニングではないので基本ボート直下狙いである。そこで残りの1本も両軸リールに1.8mの柔軟な万能ロッドをどう使うか。迷ったあげく、カレイではなく、道中の「活きエサの徳丸」で購入した銀バク=養殖ウグイを泳がせてヒラメを狙ってみた。1匹140円を5匹買ってみた。イワシよりも丈夫で海水でも長時間棲息できると聞いたからだ。カタクチイワシは浜千鳥では20匹1300円という価格。1匹当たりの値段は安いが、弱るのが早いため、試しに銀パクでの泳がせ釣りに初挑戦してみた。

 

結局、この作戦がまんまと成功したのだ。泳がせ仕掛けは市販のハヤブサ製「瞬貫ヒラメ」。カタクチイワシ用の2本針だ。ハリス5号に幹糸が8号。全長2mだから狭いボート釣りにも最適。ハリス長は上針が40cm、下針は60cmと長い。捨て糸部分は4号40cm。この下針だけに銀パクを1匹下あごから上顎に刺し抜いて泳がせた。

 

30分ほど経ってから元気に泳いでいるかどうかを確認するために一度仕掛けを巻き上げてみた。するとまったく問題なく活発に泳いでいたので、安心してそのままゆっくりと落としてから底上げ80cmほどでアタリを待っていたら、突然竿尻が浮いたと思ったら次の瞬間に竿が海中に引きずり込まれそうになった。慌てて竿を手にすると一気にリールから道糸が滑り出して、慌てた。強烈な突っ込みといより必死に竿とリールを手で押さえたと言った方が正確だろう。ドラグが少し緩かったこともあったが、少しずつ弱り始めてから慎重にドラグを少しだけ締め気味にして巻き始めた。

 

それでも2度、3度と道糸が引き出され、「これはサメでもかかったかな」と内心不安はあった。ガッカリすることも想定して巻き上げてみると、海中に姿が見えたのが茶色の魚体ではないか。まさかカレイが釣れるはずがない。銀パクは食わない。タモ取りで2回ほどミスったもののなんとか取り込めてホッと胸を撫で下ろした。近くにいた齋藤さんチームのボートへ「ヒラメ、獲ったぞ」と叫びんでいた。

 

この時間が9時少し前。8時45分頃だった。まだ南西風は吹いていなかったが、もう少しだけカレイに固執してみた。結局午前10時にはアンカーを挙げて、ヒラメ狙いの流し釣りにトライ。上手くすれば2匹目のヒラメが釣れるかも、と甘い期待で2回ほどノーアンカーの流し釣りを続けたが、ボート店主が近づいてきて「風が強まるからもっと岸寄りに漕ぎ戻って」と指示通りに流し釣りを諦めた。案の定、天気予報通りに徐々に南西風が強まり、結局午前11時45分には危険を察知して強制終了に。帰りは逆風に向けて漕いだため約25分ほど掛かって岸に辿り着いた。参考までに当日の水深11m下の海水温は14度だった。今回も念願のマコガレイはその姿を見せてくれなかった。

 

今年初のボート釣りで初めてヒラメ狙いの銀パクを使った泳がせ釣りに挑戦して、運良く全長53cm、1.45kgのヒラメを釣ることができた。残念ながら当日一緒にボート釣りを楽しんだ齋藤さんは良型のカワハギとショウサイフグをクーラーBOXに収めていた。一報、渡辺さんはマアナゴとメゴチをお持ち帰りに。ボート釣りはのんびりできる反面、天候の急変や不測の事態に対処する知識と判断力は不可欠だ。危険を感じる前に帰港する勇気を持つことも大切である。

 

ヒラメは1晩寝かせてから数日にわたって刺し身で食したが、旨味成分が放出してくる2日目以降も旨かった。普段は飲まない日本酒にピッタリ。また頭とアラは潮汁で食したが、これも絶品。特に刺し身で皮を引いた部分をそのまま入れてみるとコレも最高だった。カレイ釣りがヒラメ釣りに変わってしまったことはボート釣りでは、めったにないが、泳がせ釣りの醍醐味を満喫できた日となった。

 

参考データとして、浜千鳥ボート店では、平日のボート料金は一人乗りで3600円、二人乗りで4100円。駐車場は無料。氷代はバラ氷一袋で100円。土日祝は別料金となる。

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM