腰越港 釣り場ガイド

 

約10年ほど前に港を大幅ニリューアルして完成した腰越港。以前の面影は一部にはあるものの外海側の外壁はおよそ2m以上と高くなり、釣りは不可能となっている。基本的に釣り場は港内だけと思って間違いないだろう。この港では一部を除いて釣り禁止エリアがほとんどないのが嬉しい。

 

腰越港は正門のゲートが朝5時前後に開き、クルマで入れるのだが1日500円の有料。湘南エリアとしては安い。1日置いて駐車しても500円で、この額は平日も週末も同じだ。時間制の高額駐車場に停めるならここに置いて江ノ島まで歩いて観光するというのもアリだろう。普段運動不足の人には最適ともいえる。

 

さて、釣り場紹介だが、江ノ島に近い最も西側の長い堤防の先端は魅力的な釣り場となっている。それは広いスペースが確保されていて2つのベンチまで設置されている。先端は円形状に湾曲していて、江ノ島方向に向けてチョイ投げをすると5月頃からシロギスやメゴチがボツポツと釣れる。ただし、30〜40m付近に沈み根があり、仕掛けを引っ掛けてロストすることが多いので要注意だ。それでも根廻りに仕掛けがうまく入ると昔釣れた貴重なアイナメが釣れるかも。仕掛けとオモリは多めに持参しよう。

 

足下の水深が浅い所で3m、深いところで4m前後ある。海底は基本的に砂地帯が広がるが、転々と海藻が繁茂する箇所もある。ヘチ狙いでカサゴやソイも釣れるが、港内側の方が釣れる。潮が当たり流れがきつい場所は居着かないようだ。ウキ釣りなら寒いこの時期でもウミタナゴや小型メバルが顔を出すことが多い。アミコマセは必携だが、絶対にゴミを出さないこと。持ち帰りが常識。もちろん、垂らしたコマセも水バケツで洗い流してから帰ろう。

 

港内入口から左側に進むと釣船の係留エリアが一番奥にある。ここが一番船が数多く係留されている。船を繋ぐローブにも注意が必要だが、基本的に釣船が沖に出て行ってからの釣り場となる。係留ロープが沈んでいることを考慮して、底狙いの釣りは避けた方が良い。仕掛けがロープに絡むからだ。ルアーをキャストするのも控えたい場所だ。くれぐれも漁業関係者とのトラブルはないようにお願いしたい。

 

その奥の岸壁先端は深く、潮通しが良い。水深も5m弱ある。ウキ釣りでクロダイをダンゴ釣法で狙ってみたい場所だ。ただし釣り座が狭いため入釣できるのは一人だけ。階段上は立入禁止なので要注意。堤防先端にはテトラポットが入り、カサゴなど根魚が釣れそうだが転落防止柵が設置され、乗り越えは危険。絶対にテトラ帯に昇らないこと。

 

港内には小さいながら公衆トイレがある。目印は公衆電話BOXのすぐ脇。トイケマークがあるのですぐに分かる。ただし清潔感はあまりないので男性利用客が中心のようだ。このトイレを出て斜め左手側に港内の岸壁がある。飯岡丸が帰港した際に釣船客を下船させる着岸のための岸壁になっているようだ。海面までの距離があまり高くなく、サビキ釣りやチョイ投げを子供連れで楽しむには最適な場所だ。普段は係留船は少ないので早朝にここに船が係留されていなければ、釣船が全部で払うまでここで竿を出して時間を過ごしてから、係留船エリアに移動するという手もある。

 

ザックリと、腰越港の釣り場を見てきたが、注意点がひとつある。それは港内に浚渫工事の台船が接岸していたこと。期間は3月15日までと看板に書かれていたが、どの箇所で工事が実施されるかは分からない。撮影当日は港内の立入禁止堤防に止まっていたが工事自体は行われていなかった。多少工事期間が長くなっても世間が春休みとなる頃には終了していることだろう。砂泥が堆積してしまっている場所を深く掘る工事だが、泥をかきあげて濁りが入るとその翌日にクロダイが良く釣れるという話は聞いたことがある。春の乗っ込みも近い。楽しみではある。

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM