鴨居大室港五郎丸 午前タチウオ釣り

 

9月17日は3連休の最終日。9月は度重なる台風の影響と仕事の都合が悪く、なかなか釣りに行かれなかった。とはいえ、17日は天候が良く海も凪ぎ模様のためか釣り客が集中する結果に。この時期、釣果が安定傾向にあったタチウオを狙って鴨居大室港の五郎丸の午前船に乗り込んだ。出船が午前7時20分だというのに午前6時過ぎにはいつもの駐車場が混雑必至に。辛うじて港前の駐車場に止められた。案の定、タチウオ船は2艘出しの大盛況。

 

五郎丸の午前船は実釣時間が他の午前船に比べて少しだけ長いのが魅力だ。午後船が午後12時30分に港を出る宿の場合、午前船の沖揚がりは午前11時頃になるのが一般的。その点、五郎丸は午後1時が午後船の出発のため、午前船は午前11時30分頃まで釣りが楽しめる。それでも、料金は他の午前船と同じ6000円。五郎丸はHP割引で500円引きとなるため、実質5500円。もちろん氷付きである。気難しいタチウオが食い渋らなければ数はそこそこ釣れるだろうと高をくくったのが失敗のもと。活性の高い時間はそう長くは続かなかったからだ。

 

港を離れたのはほぼ定刻通り。航程約20分で観音崎付近で釣り開始となった。水深は60〜70m前後。船長の指示ダナは「そこから5m上まで誘って下さい」で仕掛けを投入。オモリはPE2号で60〜80号だが、右舷だけで8人の乗船だからオマツリを避ける意味でも80号を選択。仕掛けはハリス8号の2.5m1本針。針は2/0タイプ。小さい1/0タイプでは針を飲まれてハリス切れのバラシにつながるから今の時期は2/0が有効である。中には全長60cm弱の短いのも混じるが、メーターオーバーが掛かった時に悔しい思いをしないためにも針は大きめが理想。

 

さて、最初の流しでは1回アタリがあったが、掛けられなかった。誘い上げてきた水深50m前後でググっと餌を押え込んだアタリが出た。低活性という印象はなかったが、相変わらず難しい釣りモノであることを実感。2回目の流しではシッカリと掛けられる強引な突っ込みがあり、標準の75cmサイズを無事抜き上げた。水深が65m前後の場合、底上げ15mを誘い上げるのだが
タチウオは餌のサバ短冊を追い掛けてくるため、20m上まで誘った方が良い。シャクリ方は竿を45度下に向けて40cm幅でビシっと勢い良く上へ誘い上げて、一瞬止める。リールを40cm巻き上げつつ竿先を45度下へ下げる。次のシャクリが軽い掛け合わせという印象で上へ上へと誘い続けるのだ。

 

ただし、1回目の軽い押え込みのアタリで掛けようとするとほぼ間違いなくスッポ抜けてしまうことが多い。上記のシャクリ幅とスピードで2回目か3回目のググっ強く押え込む感覚の時に竿を大きく煽って掛け合わせる。これが上手く行くとガガガと大きく竿が曲がり強烈な突っ込みを体感できる。その瞬間がタチウオ釣りの最大の醍醐味といっていいだろう。

 

注意したいのが餌付け。同宿のサバは全長10cmとやや長いため、2回ほど縫い指して装餌すると、少し垂らしが長くなってしまう。その垂らしの部分だけを齧って逃げ去る個体もある。縫い指しを1回だけにして垂らし部分をハサミで切っておくという手もあるが、これは活性の高い時間には有効だが、食い渋りの時間帯は逆効果。その場合は、逆にチョン掛けで漂わせる方が効果的なことが多い。個体差もあるので絶対ではない。ここが難しい。誘い方による食い気の違いもあるという。

 

左隣の川辺女史(相模原市)はどちらかというと大きくゆっくりと誘いを入れてジックリと餌を食わせる釣り方のようだ。それでも沖揚がりまでに10を釣り上げていた。話を聞くと「タチウオ釣りは今日が2回目です」というから驚きである。私のタチウオ初挑戦の時は確か1本か2本だったと記憶している。餌付けはほぼチョン掛けといった感じだった。

 

右隣は和田宗大君(小学3年生)が祖父と一緒に来ていた。最初におじいちゃんが釣り方を教えると、宗大君は一生懸命竿を大きくシャクってリールを巻きつつアタリを待っている。それを見守る祖父の姿が微笑ましかった。敬老の日に相応しい光景を目にすることができた。その右隣に父親が座っていたことはすぐに分かった。親子3世代に渡って釣り好きというのは傍で見ていても嬉しいものだ。

 

午前11時30分に沖揚がり。結局、私はいつもの通りの一桁、7本で終了。途中、メーターオーバーと思しき良型を抜きあげの瞬間にバラしてから釣れなくなった感じで反省しきり。掛かりどころが悪いとバレるのは仕方ない。最長サイズは90cmあった。

だが、反省材料は他にもあった。自分の仕掛けが道糸のPEラインに絡み付くという初歩的なトラブルがロスタイムに。さらにタチウオに切られた他の釣り客のPEラインが仕掛けに絡むという不慮のトラブルにも見舞われた。その修復時間のロスは痛かった。まぁ、これも釣りの内、と諦めるしかない。ハリス3m弱1本針でも絡む時には絡むと肝に銘じておこう。

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM