片瀬漁港萬司郎丸 LTヒラメ五目釣り

 

梅雨に入る直前の気候は年間で最も安定して穏やかな海が期待できるはずなのに、今年はGW明け頃から天候が不安定で、風も強い日が多く釣り日和がなかなか訪れなかった。やっと南西風が凪いだ平日の5月21日、釣割の前日割に地元片瀬漁港の萬司郎丸が出ていた。中でも先月から興味があった活きイワシ=カタクチイワシを餌にするLT(ライトタックル)ヒラメ五目釣りに飛びついた。通常1万円の乗船料金が2000円引きになるから嬉しい限り。

 

当日は北寄りの微風で晴れ。海はほぼベタ凪である。風が止んで天気が晴れると釣り人は動き出すのが早い。第一萬司郎丸のLTヒラメ五目釣り船に乗り込んだのは総勢10人ほど。私が座った右舷が6人。左舷側の人数はあくまで予想人数。右舷のトモから2番目に座って支度をしていると左隣に座った藤沢市の橋本さんがこう切り出した。「実は始めマルイカで予約を入れておいたのに出船6時にギリギリ間に合うだろうと思ったら、なんと船が出てしまったんですよ。それでこのLTヒラメ釣りに変更しました」と少し不満顔。それでも橋本さんの左側には釣り仲間の山岸さん(横浜市)が座り楽しそうに釣り談義をされていた。

 

定刻の午前6時30分に港を離れたが、最初の釣り場はなんと5分足らずで到着した。正面を見ると江ノ島の裏磯。しかも、磯釣りの釣り人の顔が確認できるほどの岸寄りでビックリ。当然水深も浅く15m弱からスタート。付け餌は活きたカタクチイワシだ。船長が各釣り座ま大きめの桶に10匹ほど網で掬って入れたくれた。付け方は簡単。下あごから上顎の硬い所に刺し抜けば良い。

 

私のタックルはライトヒラメだけに1.8mの万能ゲームロッド。オモリは30号を使用。仕掛けはハヤブサ製の胴突き仕掛け。幹糸8号の全長2m。ハリスは5号で上が40cm、下が60cmの2本針。針はヒラメ6号。通常のヒラメ仕掛けならハリスは1本だが、2本針の仕掛けを使ったことが功を奏することになったとはその時は気付かなかった。

 

最初に山岸さんが高級ゲストの良型ホウボウを釣り上げた。どうやら魚の活性は高いようだ。アタリは時々訪れるのだが、明確な突っ込みがなく、食い込みアタリまでグイッときてくれない。イワシの魚体に歯形が付いて戻ってくることが多く、針掛かりまで持ち込めないのが何とも悔しい。

 

誘い方は簡単だ。オモリが着底したら底上げ50cm〜1mほどで静かにアタリを待つだけ。時々仕掛けを上方へ誘ってみるが、アタリは遠い。それでも、午前7時40分頃に底立ちを取り直した直後にイワシが暴れて、穂先がプルプルと震えた後にグングン、グイ〜と強く引き込み、さらに大きな食い込みアタリを待つと、しばらくして大きく竿先が突っ込みガヅガツ、ガツガツと叩かれた所で少し大きく竿を煽ってみた。すると、針掛かりしたようで強く海面へ引き込まれる。時々、リールを巻く手が止められドラグが滑ること3回ほどあり、強い突っ込みの時には巻く手を休めて、竿の弾力で耐えること数回。

 

船長が操舵室が出てきて「コレはデカいから慎重にやって。ドラグが滑ったら巻かないでいいよ」と的確なアドバイスで無事にタモに収まったのは後計測56cm、体重2kgのヒラメだ。その時に掛かっていたのが上針だった。下針までの枝間が110cmで捨て糸が50cm。つまり、釣れたヒラメは海底から一気に2mほど飛び上がってきたイワシに食い付いたことになる。活性の高い時間帯に運良く飛びついてくれたのは上針のある仕掛けを使っていたからに違いない。

 

注意したいのは餌の種類。基本はカタクチイワシが大半なのだが、船のイケスには小サバも混じっている。小サバはイワシに比べてほぼ一回り大きい。動きも小サバの方がシャープで元気なのだが、どうにもサイズが大きく、食い込むのに時間がかかるためヒラメが途中で諦めるケースがあるようだ。口が大きいヒラメだけでなく、ホウボウやカサゴでは食べるのに大き過ぎると感じた。実際、魚体に歯形が付いて戻ってきたのは小サバの方が多かったと記憶している。小ぶりなカタクチイワシをマメに交換して投入を繰り返した方がアタリの出方は多い。もちろん、ゲストの高級魚もカタクチイワシの方が食べやすいのだろう。周囲で一番数が釣れていたのは30cm近い良型カサゴだったようだ。

 

10時を回るとアタリは遠くなり、ゲストも釣れなくなってきた。船長は少し深い水深30m前後のポイントにも移動して、探索してくれたのだが、結局午後1時30分に沖揚がり。船中釣果は0〜2匹。胴の間のベテラン、山岸さんがヒラメ2匹で竿頭に。「LTヒラメはまだ5年ほど。でも東京湾の某宿でマゴチ釣りを長くやっているので強くアワセる癖がついちゃっているんですよ」と好釣果に満足そう。隣の橋本さんも良型カサゴを3匹ほど釣っていた。釣れてくる魚がどれも大きいのがこの釣りの嬉しい所。小型魚が混じらないのは捌くのが楽でいい。

 

全長56cmのヒラメは一晩クーラーBOXに寝かせて翌日刺し身と昆布締めで食べたが、白身魚の中では最高に旨味が恐縮されて噛むほどに甘みが広がってくる。淡白な白身だが、縁側は甘みが強い。昆布締めは身がグッと締まり歯応えと旨味が同時に楽しめる。おそらく後2日間は刺し身と昆布締めで晩酌が進んでしまうだろう。刺し身はなるべく薄造りにして食べた方が旨く感じる。お酒は好みもあるだろうが、たまには日本酒に挑戦してみよう。

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM