金沢八景弁天屋 マゴチ釣り

 

ゴールデンウィーク最終日の5月6日に金沢八景の弁天屋からマゴチ釣りに出掛けた。当日はスポーツ報知新聞のフィッシングフェスタ(謝恩サービスター)のため完全予約制で私は後輩の栗原君を誘って約30日前に予約済み。案の定、当日は20名の大盛況。運良く右舷胴の間に栗原君と並んで座ることができた。同宿は基本的に釣り座は先着順となっている。

 

当日はGW中で最も凪日和で快適な晴天となった。マゴチ船は定刻通り午前7時15分に桟橋を離れた。船長は迷わず富津沖を目指した。およそ30分のクルージングで到着したのは富津岬の手前付近。最初のポイントは水深4蛋宛紊猟鏡場である。あまりに浅い場所に驚いたが、20人の釣り人が狙うことを考えれば少しでも浅い場所ならオマツリが少ないと考えたのかもしれない。

 

だが、時折根掛かりのある箇所もあり、なかなか本命からのアタリは訪れない。右舷で最初にヒットしたのは栗原君の左側の釣り人が掛けた良型のヒラメだ。今年は東京湾や相模湾でヒラメの魚影が濃いとは聞いていたが、目測で50汰宛紊離劵薀瓩覆藕盖薀殴好箸箸靴涜膣新泙世蹐Α正直羨ましい。

 

午前8時過ぎに栗原君の竿が急に曲がり、私の竿と交差したためすぐに釣り座を交換して釣り上げたのが全長57臓文絽\)のマゴチだ。これは素晴らしいサイズ。栗原君に感触を聞くと「底立ちを取り直した直後にガツンと突っ込まれた感じでした」と嬉しそう。

当日の潮は中潮の最終日で午前7時25分が満潮。ということは潮変わり直後のヒットという印象だ。その後も船中ポツリポツリと本命は上がるが、私の竿には音沙汰がない。

 

やっと幸運が訪れたのは午前10時15分頃。やはり底立ちを取り直して海面から1mの指示ダナに合わせて手持ちで待っていると、クイクイと引き込み、少し待ってからグン、と強く引いてから竿を大きく持ち上げたらうまく掛かった。参考までに私の仕掛けはハリス4号1.5m。オモリ15号の鋳込み天秤を使用した。

 

残念ながら型は小型で全長39臓文絽\)。それでもボウズを逃れたのは正直嬉しかった。実は私も栗原君もサイマキエビでのマゴチ釣りは初体験。過去に釣ったのはハゼかメゴチ餌の泳がせ釣りだけ。しかも、その大半はボートのシロギス釣りでの端物狙いだった。

つまり、サイマキエビの餌付けすら良くわからなかったのだ。仲乗りさんに付け方を教わりながら初挑戦で本命を釣り上げたのだから気分は最高だ。だが、餌盗りの被害も多い。犯人の大半はコウイカ=スミイカとフグ類だ。エビの頭しか残らないのはフグ。尻尾付近を齧り、グチャグチャにするのはスミイカ系が多いようだ。

 

私も昼前にクイクイとアタリが出るのに食い込まないのはイカの悪戯と分かっていたが、とうとう大きなスミイカが海面近くまでエビを抱き込んで浮上したところを仲乗りさんにタモ取りしてもらった。想定外の美味しいお土産を確保できたのもラッキーであった。

その後は予報通り南南西の風が強くなってきたが、午後2時15分頃にフワ〜とした変なアタリが出て竿を持ち上げるとクイッと曲がるので、そのままリールを巻いてくると最後にグインと大きく突っ込み、なんと後検寸で48造離泪乾舛釣れたのだからラッキーである。沖揚がり10分前の幸運である。

 

これも潮変わり直前の高活性の時間帯だったのかもしれない。午後の干潮は2時32分だからだ。潮変わり前後は神経を集中して最後まで諦めないことが大切といえる。釣り方は難しくない。オモリが着底したら穂先の先端を海面につけたまま1メートルほどリールを巻き上げてタナをキッチリと取るだけ。あとは時々竿先を50汰宛緤垢上げて餌のエビを踊らせてマゴチを誘うこと。活きたサイマキエビの自然な動きが最高の誘いになるからだ。

 

結局、南南西の強風の中最後まで富津沖の浅場でマゴチ釣りを楽しむことができた。午後2時30分過ぎに沖揚がり。50分近くかけて金沢八景の桟橋に戻り、満足な釣果を持ち帰ることができた。船長と仲乗りさんに感謝! 同時に東京湾の自然の恵みに感謝である。

唯一注意しておきたいのはサイマキエビの餌のことだ。5匹までは料金内だが、フグやイカ類の猛攻に遭うため追加で5匹以上は必要になるということ。追加は1匹100円かかる。また、エビの後ろ足が動かなくなったら餌を交換した方がいい。エビの活発な動きが誘いになるから「死に体」では好釣果は望めないと思った方がいいだろう。

もうひとつ大切なアドバイスを右隣の後藤さん(川崎市在住)から聞いた。「サイマキエビは勝負が早いからあまり待っていると食い逃げされるよ。ハゼやメゴチの時より合わせは早めがいい」とのこと。

これから6月後半になると餌がハゼに変わるはず。サイマキエビでの釣りとの違いを楽しむためにも早めに釣行されることをオススメしたい。マゴチ釣りの最盛期はこれからだ。

 

マゴチの料理はアライが一番人気だが、普通の刺し身でも絶品である。サイズが大きければ半身は昆布締めにしても良いだろう。冷蔵庫のチルド室に柵で保管しておけば3日後でもワサビ醤油で美味しく食べられる。6日に釣ったマゴチを実は10日の今日でも充分美味であることを証明できた。淡白な白身だが、噛むほどに甘みが口の中に広がる上品な刺し身を釣り上げてからご堪能下い。            

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM