小網代港太平丸 コマセマダイ釣り

 

ゴールデンウィーク前半の4月29日、小網代港の太平丸から仕立て船でマダイ釣りに出掛けた。音頭取りはSNSで釣り仲間になった小幡夫妻。残念ながら急病で小幡政和さんが不参加となったが、5名で午前6時に港を離れた。

 

当日の天気は晴天、南寄りの微風で海上は凪ぎ。頬に心地良い潮風が吹き抜ける快適な釣り日和になった。乗っ込みシーズン真っ盛りのマダイ狙いだが、私は普段マダイ釣りは得意ではない。理由はハリスが長く、不器用な私には不向きと感じているからだ。

 

船長は約30分近くかけて城ヶ島沖のポイントに到着。周囲には僚船はそれほど多くは見られない。水深は約43叩3ぬ未らの指示ダナは34蛋宛紂私のタックルは2.4辰離劵薀甦箸望型電動リールの組み合せ。仕掛けはL80号のビシにハリス62本針を使った。一般的には8〜10mを使うようだが、手前マツリが怖いので短いハリスで開始した。付け餌はオキアミの1匹掛け。

 

釣り方は一般的なコマセマダイの釣り方で、ハリス分だけ指示ダナより深く沈めて数秒間待ってからコマセを3回に分けて振り出しつつ、指示ダナにセット。釣り開始から20分は何もアタリがなく、付け餌のオキアミもそのままの状態。3投目あたりで付け餌が取られ始めて活性が少し高まった感じ。

 

しばらくすると私の竿が絞り込まれた。竿を手にリールを手巻きでゆっくり巻くと強い引き込みがないものの途中で首を振る感覚が手に伝わったので少し慎重に巻き上げると海面に浮かんだのは黒っぽい魚体のメジナだった。針の掛かりどころを確認してから抜き上げた。後検寸で全長32臓ゲストとはいえボウズを逃れた安心感は心に余裕が生まれるものだ。コマセを8分目程度に詰めて再投入を繰り返す。アタリが来なくてもマメに手返しを続けるのがヒットの近道と聞いている。付け餌の有無の確認も重要である。

 

すると10数分後に鋭い突っ込みがあり、竿が満月になり、ちょっと慌てた。竿を手に取ると重量感のある引き込みを体感。「これはデカイかも」と期待しつつ手巻きで巻き続けた。途中ドラグが滑る場面もあり、リールを巻く手を止められること数回。浮いてきたのは青物のイナダ。それでも後検寸で全長59造發△辰拭赤い魚体を期待したのだが、そう簡単ではなかった。

 

私は運良く8時15分過ぎにも同サイズのイナダを釣り上げて「あとはマダイを釣るだけ」と気合いを入れたが、船長は城ヶ島沖に見切りをつけて本命場所の剣崎沖へ移動を告げた。

 

到着した剣崎沖はマダイ狙いの釣船が密集していた。乗っ込みシーズン真っ盛りの週末だけにその数は軽く30隻を超えていただろう。水深はやや深くなったが海面からの指示ダナは42蛋宛紂ハリス6辰斑擦せ笋魯織覆鮠し低めに設定。44辰坊茲瓩拭

 

左舷のトモに座った有泉さん(鶴ケ島市)が本命マダイを取り込んだというので写真撮りに走った。すると全長47臓1.4kg(後検量)のマダイを手に嬉しそう。話を聞くと「指示ダナにセットしたら突然ズッドンときましたよ」と目を細める。仕掛けはハリス4号10辰世箸いΑ7崎沖のマダイは毎日大勢の釣り人の仕掛けで神経質になっているため、ハリスは長い方が良いようだ。食べて最も美味しいサイズだけに正直羨ましい。

 

午前11時を回っても本命マダイからのアタリはなく、右舷ミヨシの谷藤さん(大和市)がキントキやメジナを釣り上げる程度で盛り上がりがない。マダイは低活性のままだ。

 

船長は「水温が今日は16〜17度ぐらいだね。18度位になると活性が高まるんだけどね」と残念そう。我々はもっと悔しいのだ。

 

結局、午後1時過ぎに納竿。本命マダイは有泉さんの1匹だけ。天気が良かっただけに悔やまれるが、これも自然相手の釣りである。剣崎沖の乗っ込み真鯛は人気が高く、競争が厳しいだけに、できければ釣り人の少ない平日の釣行が理想かもしれない。爆釣のXデーは明日かもしれないのだ。

 

最後に料理の話を少し。イナダは刺し身で食べたが、脂の乗りは今一歩だった。だが、アラ煮は旨く、酒が進んだ。意外だったのが32cmのメジナ。腹を捌くと巨大な白子が入っていて、これもイナダのアラ煮と一緒に煮付けたら絶品。クリーミーで口の中でとろける感触が堪らない。本来なら辛口の日本酒で食すと最高なのだろう。刺し身も旨かったが、冬場ならしゃぶしゃぶで食べたい魚の筆頭だけにちょっと残念。とにかく、東京湾の自然の恵みに感謝である。            

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM