伊勢町海岸みうらボート カレイ釣り

 

悪天候と強風が続いた4月の週末。仕事の締め切りをこなすために四苦八苦したのは言うまでもない。釣りに行きたい日に限って予定が立てられない辛い日が続いた。なんとかボート釣りに出られた4月22日は最高の天気に恵まれたのだが完全なる凪倒れに終わった。のっけから結論めいた書き方で恐縮だが、自然相手の釣りでは、よくあること。それでも、同行して頂いた小幡さんには最後の最後に幸運が待ち受けていた。

 

伊勢町海岸のボート釣りといえば、この時期なら肉厚の戻りガレイを置いて他にない。人気と実績、知名度ともにシーズンに最低1回は行かないと気が収まらないボートつりファンは多いことだろう。だが、チャンスは平等には訪れない。まして、シーズン終盤のラストチャンスとなれば気合いが入るもの。

 

クルマを走らせたのは「みうらボート店」。前日に電話を入れてボートが出られるのかを確認してから準備に取りかかった。仕掛けはもちろん今回は秘密兵器ともいえるマルキューのカレイ専用コマセまで購入して乗り込んだのだが、結果は悲惨なことに。

朝、小幡さん宅前で待ち合わせ。午前6時30分頃には出発して、7時前には受け付けをすませてボートを漕ぎ出した。天候は南の微風でほぼベタ凪。3年前にはカレイを釣り上げた記憶のある赤旗がたなびく浮き浮標を目指して漕いだ。風向きと潮流を考えアンカーを投入。水深約27mのやや深い場所からスタート。

 

竿はパックロッドにスピニングリールが2本、1.8mの万能ロッドに小型両軸リールの組み合せを1本の計3本を持参。最初に足下へ両軸リールのついたロッドに仕掛けを付けて投入。オモリは25号でハリスは3号80cm。カレイ針は2本。付け餌はアオイソメ。房掛けと縫い指しでボリュームたっぷりに装餌したのだが、2時間近く経ってもほとんど餌が取られない。減らないのだ。これにはガックリ。魚っ気がほとんどない。

 

2本目のスピニングリールが付いたパックロッドを出すにも気合いが入らない。こちらはチョイ投げして少しずつ仕掛けをサビいて誘いを掛ける。それでもほとんど付け餌がそのままの状態で戻ってくる。一方、小幡さんはシロギス狙いに的を絞った小針に小さくイソメを付けて30m近くの遠投で広く探る方針。もちろん、1本はカレイ狙いのロッドもボート直下に落として置竿狙い。カレイ釣りでは2本を投げて、1本を足下の置竿という釣り方が一般的だが、餌盗りすら皆無だけに3本目のロッドを準備する熱意が失せてしまった。つまり、2名で4本という非効率的な釣り方に終始した。だが、餌が取られないのでは効率的とか非効率的という段階ではない。カレイ釣りは良く時合を考えて粘って釣れ、と言われるが満潮時間の午前8時になっても何も変化がない。もう少し粘ってから移動しようと考えて、10時頃まで我慢したのだが、小幡さんに「もう少し浅い場所に移動しましょう」と声を掛けるのが精一杯。小幡さんはそれまでにシロギス狙いの仕掛けに見事に3匹のシロギスを掛けて、順調にお土産を確保していた。

 

次は19m前後。赤旗の浮標を基点に少し岸寄りに移動した。そこでもアタリは皆無だった。ポイントを移動する前に水温計で海水温を計測したが、15.5度もあった。この時期としては高いくらい。前日の水温が分からないが、もしかしたら2度近く高くなったのかも。急激な水温の乱高下は魚には悪い。活性が高まることはほとんどない。

 

3回目の移動は方角を変えて、ワカメ棚の角ブイの近くにアンカーを投入。角地であればブイのロープの影響は受けないはずと考えたからだ。水深は11m。すると私の置竿に異変が。クンクン、何度かコツンコツンとお辞儀を繰り返してからリールを巻いてくると可愛いシマダイ(イシダイの幼魚)が掛かっていた。晩酌のつまみにクーラーBOXに仕舞ってしまった。全長17cm程度の幼魚はリリースするのがマナーというもの。のんべぇの哀しい性がこんなところに出てしまうとは情けない。これでは幼児虐待ならぬ、幼魚殺害ではないか。

 

その後に海底から引き上げたモノといえばワカメの切り株と茎ワカメの切れ端。どうやら根際に入ったようだ。改装や岩礁帯の根際ならベラ類が元気に掛かってくるはず。それが釣れないのはちょっと可笑しい。雑魚も低活性とくればまさにお手上げである。

 

とうとう最後に小幡さんから「以前沖堤防の手前の浅い砂地帯でシロギスが結構数つれたので移動しましょうか」と言われた時間がすでに午後2時過ぎ。午後3時30分には着岸しないといけないことを考えれば、帰り道方向なので「帰りが近い方向だからそうしましょう」となり、水深5mの浅い砂地帯に移動。浅い場所ではベラ程度が釣れるかも、と思ったらとんでもない。小幡さんがついに感動のラストを飾ってくれたのである。チョイ投げのロッドを大きく曲げながら「来ましたよ、大きいのが」と言いながら慎重にリールを巻く。すると海面をバシャッと割って姿を見せたのがヒジタタキ。全長は目測でも30cm近くあったシロギスだ。しかも、20cm級とのダブル掛けだから驚いた。これは素晴らしい。こんな浅い場所に28cm(後検寸)のシロギスが棲息していたとは。

 

確かに、転々とツブ根らしきが砂地帯にある場所でときどき仕掛けが引っ掛かることが多かった。とはいえ、水深5mでこのサイズは値千金である。写真とビデオの両方で撮影したのは言うまでもない。小幡さんはその後小メゴチの連発でマゴチ仕掛けを投入してみたのだが、アンカーをいれたままでの釣り方ではヒットの可能性は低い。北東風が強まってきたのでアンカーは必要だった。

結局、午後3時に竿を締まって岸まで漕ぎ戻った。ボート店の人が「今日はカレイはダメだったね、良かったのはフグ狙いの人だけだね」と慰めの言葉をいただいた。今年の戻りガレイもまた不発に終わった。だが、これもボート釣りの宿命。天気の良い日の典型的な凪倒れである。最終的に4回のポイント移動でダメだったのだから仕方ない。やるだけのことはヤッタのだからある意味満足である。

 

最後にシマダイの味覚で締めくくろう。17cmの魚を刺し身にする時の気持ちがわかる人は少ないだろう。だが、想定外の激旨には驚いた。コリッとした触感のあとに口に広がる甘みと旨味。ワサビ醤油を付けても甘みが引き立つのだ。ウ〜ん、恐るべしシマダイの刺し身。もう少し大きければたぶんもっと美味しかったに違いない。幼魚殺害をお許し下さい。

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM