鴨居大室港五郎丸 午前ビシアジ釣り

 

桜の開花が想定外に早まった3月下旬、やっと暖かさが続いた3月27日火曜日に釣り部後輩の栗原君と一緒に鴨居大室港の五郎丸から午前ビシアジ釣りを楽しんだ。火曜日に休みが取れる栗原君はビシアジ釣りが大好きで得意。LTアジでも良かったのだが、「数より型」を重視する趣向のようなので、130号のビシを使う通常のアジ釣りに決定。ただし、小型電動リールは必携だ。

 

実は数日前まで、五郎丸のアジ釣りの釣果は型も小さく、最大で26cm前後、数もトップで20数匹となっていた。それが釣行の前日になって良型が復活。30cmオーバーが多く混じり、小さくても24cm前後というから「これは楽しみだ」ということで決定。

 

平日の火曜日だというのに前日の釣果が良いと釣り客の出足は早い。しかも、風の弱い凪ぎ模様。気温も一気に20度近くになるという。案の定、当日は右舷だけでも7人。両舷で14人が乗り込んだ。午前7時30分の定刻より少しだけ早く港を離れた。航行すること約15分で最初のポイントに到着。鴨居沖の水深45m前後で釣り開始。指示ダナはいつもの「底上げ2〜3m」。

 

すると30分もするとアジ特有の「クククッ」と小気味良い竿の曲がりで25cm前後が釣れ上がる。仕掛けは定番のハリス2号2mに付け餌は宿支給の赤タン。最初は欲張って3本針の仕掛けで釣っていたのだが、どうにも手前マツリが多く、手返しが遅くなることを考えて、途中で2本針に変更。というのも、追い食いを待ってもダブルで掛かることが少なかったからだ。

 

しばらくすると、栗原君が30cmオーバーとおぼしき良型を釣り上げて嬉しそう。周囲でも30cm前後が多く混じり始めて、硬いビシアジ竿が気持ちよく曲がる。右舷ミヨシから2番の三浦さん(横浜市)が竿が満月に近く曲がりながら慎重にリールを巻いている。海面に浮かんだのはマトウダイだ。アジが大好物のマトウダイが針掛かりしたアジを姥食いしたということ。三浦さんのハリスはなんと1.5号だという。慎重にゆっくりと巻き上げた理由が分かった。最後はもちろんタモで掬ったことは言うまでもない。

 

実は当日最初のポイントでマトウダイ祭りが船中で開かれた感じ。右舷ミヨシの座間さん(横須賀市)もすでにマトウダイを狙って2匹、3匹と釣り上げていた。三浦さんも2匹目のマトウダイをキャッチ。それではマトウダイを釣らないと面白くない、ということで私も弱いアタリで掛かったアジらしきを追い食いを待ちつつ20秒ほど仕掛けをステイ。その後、リールをごくゆっくりと5mほど手で巻いてくると、途中でグングンと強い引き込みと重量感が加わった。もしかしたらマトウダイか、と思って電動リールのスイッチをロウスピードで巻き上げてみると、運良く目測40cm弱のマトウダイが掛かっていた。餌は16cm前後の小アジ。口の中にまだアジの姿が残っていたからすぐに分かった。

 

周囲でもマトウダイが数匹掛かり、タモ取りが忙しい。残念ながら良型アジばかりを狙って釣っていた栗原君にはヒットせずにポイント移動となった。次のポイントも水深は55mと浅い。ここでもマトウダイが釣れるかも、と思い追い食いを狙い習慣が身に付いた。だが、それほど甘くなかった。

 

それでも平均で30cmオーバーが多く混じり、時折グイングインと突っ込む強烈な引きで35cm(後検寸)を取り込んだ。タモ網なしで抜き上げたのは海面で針の掛かり具合を目視確認できたからだ。上顎の硬い部分にシッカリと掛かっていた。抜きあげの瞬間直後に右隣の釣人から「勇気あるねぇ」とお褒めの言葉を頂いたのが嬉しかった。本当は単なる面倒臭がりの無精者ということ。

 

その後、残り40分で最後のポイントに。ここが水深100m近い場所。東京湾では珍しい。どうやら久里浜沖らしいのだが、釣れてくるのが20cm前後のLTサイズでガックリ。深場なら大型かと思ったら大間違い。深くて小型だからさっきまでの強い引きを味わえない。ならば追い食いでダブル狙いをやってみたが、一荷を達成できたのは1回だけ。

 

結局、午前11時40分に沖揚がり。船中の釣果は5〜30匹。私はなんとか13匹を釣り、午前船としては大満足。ゲストのマトウダイも釣れたのでお土産は充分。栗原君も15匹を釣り上げて満足そうであった。東京湾のアジはこれから5月下旬頃まで脂が乗って美味なシーズンに突入する。ぜひ、東京湾の絶品アジを釣りに行こう。

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM