片貝港南新堤 釣り場ガイド

 

3月24日、約5年振りに訪れた片貝港。実は沖釣りで悲惨な釣果だったこともあり、何か獲物を多く持ち帰りたかったこともあって、片貝港の南西方向にある南新堤の実釣調査をしてみた。何が釣れているか、ということ以外に釣り禁止エリアや堤防の拡張工事が進行しているのではという点が気になったからだ。

 

昼過ぎになると天候も晴れ間が広がり、波風も弱くなってきた。だが、4日間近く続いた時化の海は正直だ。海をみればそのきつい濁り具合がすべてを物語る。ウネリが残っているのは当然だが、海底が砂地帯だけに泥水のような薄汚れた水色が目に飛び込んでくる。楽しんでいるのはサーファー連中だけ。

 

南新堤の付け根付近から釣り人に声を掛けてみる。「何か釣れましたか」と聞くと大半の人が「何も釣れていません。今日はダネですね」という。見るからに味噌汁を箸で掻き混ぜたような泥水のような色だけに魚は釣れていない。活性が高いとか低いという次元ではなく、いわゆる「底荒れ」状態が数日間続けば仕方のないこと。

 

それでも「今の時期は何が釣れますかね」と聞くと「ぶっ込みでセイゴかフッコかな」という。私が「投げ釣りでイシモチは釣れませんか」と問いかけると「まだ時期が早いよね。4月下旬か5月GW頃にならないと」と教えてくれた。

 

南新堤は堤防中央付近でも足下の水深は3m前後しかない。海底は広い範囲で砂地帯である。しかも、暖かい季節になれば地元以外からも波を愛する根っからのサーファーが集う場所だ。とすれば、投げ釣りにしろルアーフィッシングにしろサーファーに要注意ということになる。サーファーがいるからと言って決して釣れないのではなく、時化後の底荒れときつい濁りが魚の活性を下げているということ。

 

水温が突然2度以上も上昇したりすれば沖の魚やイカも口を使わなくなるもの。適度に安定した水温と海況にならないと陸っぱりでは釣果は期待できない。ルアーや投げ釣りだけでなく、ウキ釣りやサビキ釣りでも魚は釣れないのだ。自然相手の釣りという趣味はある意味潮任せという点が大切だ。天気が良くなり、陸上が暖かくなったからといって海の中とは違うということを充分知っておくことが重要だ。

 

一番確実な情報を持っているのは地元の釣具店。時化の数日後に行くにしても、事前に釣具店に電話を入れて最新情報を仕入れておくことが欠かせない。餌やコマセだけでなく、どんな釣り方で釣れば確実に魚をキャッチできるのか、具体的に聞いておいた方がいい。できれば釣行の前日ではなく、3日ほど前から釣果情報は広範囲にチェックしておくこと。3店鋪ぐらいに情報を確認すれば信憑性も高くなる。

 

こうした熱意が功を奏することもある。高級なブランド竿やリールを購入しなくても、釣りに対する飽くなき情熱と研究心さえあれば夢は実現できるはず。南新堤で70cmオーバーのシーバスを釣ることもできるのだから。

 

ひとつ注意しておきたいことがある。この堤防では、「ギャング針を使った釣り」と「投網」は使用禁止となっている。この二つの釣り方をしなければ他の釣り方は許可されているということ。南新堤の付け根付に掲げられた新しい看板を見つけたからだ。私の記憶が正しければ5年前にはなかった注意事項である。この堤防で長く釣りを楽しみたいと思うなら絶対に守って欲しい。

 



この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM