金沢八景弁天屋 タチウオ釣り

 

今年最後の釣り納め、納釣釣行をタチウオに決めたまでは良かったのだが、難攻不落のタチウオだけに貧果だけは回避したかった。ところが、自然相手の沖釣りはそんなに甘くなかった。同行してくれるのがタチウオ釣り2回目の釣り部後輩の栗原君だけになんとか良型の数本をキャッチしてほしいと思い、1日船の金沢八景弁天屋に決定したのが12月26日火曜日。中潮の最終日でたぶん潮流は速くないだろうと想定して道糸PE4号を巻いている栗原君へは「両舷のどちらか大ドモを確保できればPE4号でもオモリ100号を使えば大丈夫だろう」と勝手に判断して乗り込むことに。早朝に彼が確保してくれたのが見事に右舷大ドモだったからひと安心。オマツリになる可能性が低くなったからだ。

 

当日は昼前頃から西南西が強く吹く予報とのこと。それでも朝のうちは北の微風で観音崎沖に向かった。航程約35分で観音崎に当地約したものの魚探反応が薄いのか船長は早々に「久里浜沖に行ってみます」とのアナウンスを告げてから一足飛びに久里浜へ走った。案の定、魚探反応は深い。水深150m前後で釣り開始となった。僚船の船団は軽く20隻近くいたが、タチウオの取り込みの風景は周囲では見当たらない。

 

とろこが、右舷トモで黙々と2.4mのイカ竿をシャクリ上げている栗原君に待望の1本目がヒットしたのは午前9時直前だった。しかも、90cm前後の良型だ。嬉しそうに船中1本目をキャッチして写真撮影に器用力してもらったのは言うまでもない。「下の方でガツンと掛かったのは分かったんですが、途中で半信半疑で」と謙遜気味に語る彼らしい発言にひと言「釣れちゃった感覚はなかったですから」と少し自信を持って切り返してくれた。前回のタチウオで1本しか釣れなかったのだが、それが船長が「仕掛け上げて」と言った直後に針掛かりした釣れちゃったヒットだったからだ。タチウオ釣りには時々発生する巻き上げ直後のヒットはよくある話。だが、初タチウオでは納得がいかないのは理解できる。

 

ところが、当日の栗原君の「魚運」は想定外の高級ゲストを釣り上げることでその実力が証明できた。午前9時40分頃だった。新規に買い替えたシマノ製フォースマスター800がどうにも使いこなせていない感じ。電動のスイッチを入れても巻き方が可笑しい。ゆっくりとした中速巻きだからだ。しかも、手巻きでアシストを加えつつも竿先はグイングイン、強引に突っ込む場面もあり、相当な大物かと思ったら海面に浮かんだのがなんと大ニベ。後検寸で全長62cmというから驚きだ。操船室から船長も飛び出してきて「写真、撮らせて」と嬉しいハプニングも。

 

一方、私はといえば相変わらずドン臭い掛け合わせができないばかりか、アタリがあってもうまく掛けられない場面が多く、手合わせが合わないのだ。突っ込みが弱いと言えばそれまでだがとにかく口に掛けられない。悔しいというよりヘタクソの言葉がピッタリ。PE2号に基本の80号オモリを使っていたが、水深150mからのシャクリには慣れていない。潮の抵抗とオモリの重量感がどうにも手に合わない。言い訳は色々とあるのだが、栗原君が3本目のタチウオを釣り上げた後にやっと1本目をキャッチ。しかも、指3本の小型だから情けない。

 

その後、左隣の安藤さん(横浜市)とオマツリをしてしまい、その際になんと痛恨の高切れに。約50m以上の道糸と仕掛けの全損をしてしまった。オマツリはお互い様だが、道糸切れは辛いものがある。仕掛けを付け直して速攻で落とすと、なんと海底まで落ちない。20m手前でスプールの糸が底をついたのだ。これでは、釣りにならない。

 

だが、そんなこともあろうかと予備のタックルを持参していたのだ。これまでにも高切れで悲惨な目に2回ほど遭っているため、最悪の事態を想定して2本のロッドと電動リールを準備していたのだ。これで息を吹き返して、水深140m前後で2本目を追釣。これも70cm前後のミニサイズにガックリ。なんとか1mサイズを1本釣りたいと粘ったところ、昼過ぎの12時20分頃に待望の95cmをキャッチ。やはり、型が良くなると巻き上げ途中での豪快な突っ込みが凄い。電動リールがストップするほどのパワーはなかったが、それに近い刺激的な強引を満喫できた。この1匹で哀しいかな私の本命釣果はジ・エンド。

 

西南西の強風が強くなってきたところで船長は「走水沖に移動してみます」で水深70mのポイントに変更となったが、船中3本を釣り上げて結局午後2時に沖揚がり。船中の釣果は3〜18匹で私がスソに。トホホ、である。タチウオ釣り2回目の栗原君は7本。さらに値千金の大ニベもゲットして大満足。食い渋りの難しい日に当たってしまったようで、28日にはトップ50匹まで活性が高まったとか。魚運がなかった2017年の私の沖釣りもこれで終わった。

 

それでも、タチウオ釣り2回目で7本まで釣果を延ばした栗原君の健闘は賞讃に値する。というより、半ば強引にタチウオ釣りに誘った私自身がホッとした。新しい釣りモノにチャレンジする精神は持ち続けたいもの。でも、釣り仲間に強要してはならないなぁ、とつくづく反省したのも正直な気持ちである。2017年の釣りはタチウオ釣りで終わったが、来年も挑戦する気持ちを持ってうみつりネットを続け行きますので、何とぞお付き合いのほどを。

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM