葉山一色海岸山田屋ボート店 カワハギ釣り

 

今年最後のボート釣りを楽しむために訪れたのが葉山御用邸前にある山田屋ボート店。前夜に電話を入れて出航可能か否かを確認してOKとのこと。北風微風で終日海は穏やかという情報を鵜呑みにして12月23日の朝8時10分前に葉山公園の駐車場(冬期も土日祝は小型車520円)にクルマを止めて準備開始。ほぼ無風に近い海を眺めながら海岸を御用邸前まで歩く。この時期の狙いは迷うことなくカワハギである。約7年前、この海で11匹のカワハギを釣った経験がある。つまり、釣れる好ポイントを知っているつもりだった。

 

ところが、芝崎埋立地のマンション群が見え隠れする岩礁帯回りに辿り着いたのはもう8時30分近くになっていた。弱い風向きと潮流を考慮してアンカーを投入。水深18m弱で釣り開始となった。タックルはカワハギ専用の1.8mのロッドら小型両軸リールの組み合せ。これは乗合船用と同じもの。直ぐにアタリは出たのだが、釣れたのは定番外道のササノハベラ。これで根廻りであることは確認できた。あとはカワハギを呼び寄せるだけと思いつつ、竿先に神経を集中するのだが、どうにも落ち着かない。理由は沖から押し寄せる不気味なウネリだ。風も波もないのだが、海が盛り上がってくるようなウネリは寝不足気味の私に容赦なく襲いかかってくる。イヤ〜な気分が静かに忍び寄ってきたのだ。

 

カワハギからのアタリはなく、外道はベラやキタマクラ、フグ等々。船酔いならぬボート酔いは軽いものの気力と集中力が落ちるのは明白。それでもマメにエサを付け直して丹念に誘いを入れる。エサの取られ方でエサ取りの外道というのが分かると「水深18m前後にはもうカワハギはいないのかも。深場に移動してしまったのだろうか」と不安になる。それでも竿先を上下に揺らしながら上から下へ、また下から上へと誘いを繰り返してゼロテンションで2秒待ってから聞き合わせると突然、コココッとカワハギらしい独特の手応えを感じて巻き上げてくると本命カワハギがやっと1匹釣れた。だが、型はワッペンだからガックリくる。後検寸で15cmと小ぶりだが、なんとかボウズは逃れたとひと安心。

 

この本命が釣れる前に何か怪しい重みを感じるアタリが数回あり、リールの巻き上げ途中でフワッと軽くなってバレてしまう。3回目にやっと正体が判明。マダコである。手の平大のそこそこサイズ。ジッパー付の袋に入れてお土産にしたのは言うまでもない。新鮮な塩茹では酒のツマミに最適だからである。そんなゲストが掛かった理由はたぶんオモリが白塗りだからだろう。白色に好反応を示すことは分かっていたが、カワハギの集魚パーツでもある「花火」と呼ばれるアクセサリーも装着していたのでその効果もあったのかも。

 

海底をトントンと叩いて揺らしていればタコに興味関心を抱かせたのは理解できる。実は2回目もあったのだが、それは丸く白いオモリにシッカリと抱きついて上がってきて海面で放してしまった。あとで思えばタモで掬っていればと悔やまれた。

 

午前11時に大きくポイントを変更。一色堤防の沖にある小磯の鼻と呼ばれる場所に移動して最後のチャンスにかけた。潮回りは中潮の最終日。午後1時20分頃に干潮を迎える。


潮変わりでカワハギの活性が高まればと思って水深14m前後で釣り再開となったが、ここでも釣れてくるのはベラ、キタマクラ、トラギスそして20cmオーバーのヒガンフグだから頭に来る。ウネリは大分収まってきたが、今度は少し北風が強まってきた感じ。

粘っても本命カワハギからのアタリは皆無だ。午後2時、潮が上げ潮になっても一向にカワハギが釣れないので、諦めて竿を畳むことにして岸に漕ぎ戻った。今年最後のボート釣りは悲惨な結果に終わってしまった。納竿釣行としては寂しい限りである。

 

持ち帰った15cmのカワハギは残念にも肝が小さく一層哀しくなってしまった。その悲しみを一気に払拭してくれたのはマダコだ。塩で揉んでヌメリを取り去り、1分ほど軽く塩茹でしてワサビ醤油で食べた刺し身は絶品。歯応えといい、薄い甘みが口の中で広がり、噛むほどに味わい深くなる。カワハギ釣りのゲストとしてマダコを食べたのは初めて。タコの好ポイントはほとんどカワハギのポイントと同じと思っていい。ただし、今度は白いタコテンヤを持参して専門に狙ってみてもいいかもしれない。来年には今年秋に購入した魚探(ロランス製)を登場させてみたいものである。宝の持ち腐れにならないように。

 



この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM