走水港関義丸 午前ビシアジ釣り

 

走水沖のブランドアジが食べたくなって12月9日の土曜日に出掛けたのは同港の人気宿、関義丸だ。実は当初鴨居大室港の五郎丸に行く予定だったが、なんと朝到着すると駐車場係の担当者から「今日は午前アジは出ませんよ」と想定外の返答にビックリ。早々に走水港へ走ったのだ。午前6時40分というのにすでに第八関義丸は満席で第五関義丸に乗り込んだ。陽の当たる右舷側のミヨシに釣り坐を構えた。当日は北寄り微風で波風は皆無だったからミヨシでも問題はないと判断。

 

定刻の午前7時より5分ほど早く、港を離れて向かったのが猿島沖。航程約15分で到着し、水深30m前後の浅場で釣り開始となった。タックルはネット通販で購入した廉価なロッド1.8m。正直に言えばこのロッドを実際に使ってみたかったからで掛けたとも言える。ビシアジ竿はこれまでヤリイカ竿を使っていたため、オモリ負荷50〜150号という幅広い竿がどんな感じかを知りたかったのだ。先調子ではなく6対4の少し柔らかめといった印象。だが、130号のビシにイワシミンチを9割方詰めてシャクっても何の不安感もない。コマセがキッチリと出ていることはすぐに証明できた。なんと1投目から20cm前後の中っぱサイズが一荷で釣れてきたからだ。水深も30mと浅いため20cmクラスでも充分アタリは分かる。クンクン、ときてリールをゆっくり手で巻き始めて3mほど。針掛かりの感触を再確認してから電動のスイッチを入れて中速で巻き上げた。

 

その後も底上げ2〜2.5mでポツポツと釣れてくるからアジ釣りらしい気分の良い時間を楽しめた。ただ入れ食いとまでは行かずに、タナを取り直してやると数分後にアタリが出るという感じ。針の掛かりどころが悪いと巻き上げ途中でバレていることも数回あった。関義丸では、基本的にエンジン流しをするため微妙にタナが変わることがある。右隣の春日部市から来たというS.I.さんは「タナはどのくらいですかね」と聞かれたので「2〜2.3m前後です。誘ったあとにロッドキーパーにセットすると微妙にタナが変わりますから2.4mで食い付くこともありますね」と答えた。

 

アジの活性が高まったのは午前10時10分ほど前からだった。仕掛けを投入して底上げ2m少しでコマセを振り出すと数秒後にクンクンというアジ特有のアタリが出る。巻き上げてビシの中のコマセ量を確認して、半分近く残っていればそのまま再投入する。手返しの早さが数釣りには重要である。1分待ってもアタリが出ない場合はビシを再度落とし直してタナを確認すること。するとタナが微妙に狂っていることがある。正確なタナ取りでまたアタリが増えることになる。これを面倒がって置竿にしてしまうと食いが悪くなることもある。

 

活性の高い時間はそう長くは続かない。釣れるアタリの多い時間帯に素早い手返しで数を釣るのがビシアジ釣りのキーポイントだ。そんの高活性の時間になると高級ゲストも顔を見せる。胴の間中央付近では軽く2kgクラスのクロダイが釣れていた。もちろんタモで掬い上げていたが、ハリス2号のアジ仕掛けで釣れたとすれば幸運以外の何者でもない。前述のS.I.さんも30cmオーバーの良型アジを釣り上げた。

 

10時30分を過ぎると最後のポイントである観音崎沖に移動した。水深は70mだったが、船長は「タナは海面から40mでやって下さい」とタナ指示が海面からに変わった。たぶん、沈船回りのポイントだからビシを底まで落とすと根掛かりしてしまうからだと思う。ところが、このポイントでは船中ほとんどアタリがなく2回ほど移動したが、アタリすらほとんどなく、終盤は尻すぼみ状態で午前11時40分に沖揚がりになった。

 

私は珍しく28匹を釣り上げて午前船としては満足できる釣果を得た。ただ型に不満が残るといえば贅沢か。最大サイズは26.5cmで2番手が25cm。それ以外は20cm前後が大半だった。混じるゲストはなく、サバも船中ほとんど釣れていなかった。船中トップは45匹とのこと。腕達者の人にはとても敵わない。

 

自宅に戻ってからのお楽しみは食味だ。刺し身とタタキが絶品。プリップリのブランドアジは冬場になると脂が乗って最高に旨いのだ。ビールにも焼酎にも合うが、できれば日本酒でやって欲しい。翌日にはフライにして食べたが、サクッとフワッの2段攻撃で味覚を刺激してくれる。フライにはビールがピッタリだと個人的には思うのだがどうだろう。

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM