鴨居港カネハ釣餌ボート店 カレイ釣り

 

早朝にクルマに乗り込み吐く息が白くなるのが今年は少し早いかな、と思いながらエンジンキーを回したのが12月3日。時期的にはギリギリと思いつつも「海が凪なら1匹ぐらいは釣れるだろう」と安直にボート釣りに出掛けた。久しぶりのマコガレイ狙いである。前夜に鴨居港のサイトウボート店に電話を入れたが、留守電のまま。返信がないまま現地に到着したのは午前6時40分だった。港内の海岸にはいつものボートが並んでいない。不思議に感じた私は港前にある「カネハ釣餌ボート店」の窓を開けて「すみません、サイトウボートさんは辞められたんですか」と聞くと「もう昨年には廃業したよ。後継者がなくて、本人も高齢だから続けられないんだとか」とのこと。スタートからつまづいたのは今までボート釣りでは何度もあった。

 

だが、携帯電話が留守電のまま返信がないのがとても哀しかった。「明日朝7時頃には行きますからボートを貸して下さい」と。いつものなら返信があるのに可笑しいな、と感じていたがまさか廃業していたとは。貸しボート店だけではない。高齢化と後継者不足の業種は他にも色々とあるだろう。せめて電話の返信が欲しかった。約8年前、サイトウボート店からボートを漕いで店主の指示通りのポイントで5時間粘って3匹のマコガレイを釣った経験があったからだ。

 

気を取り直して4年前に貴重な35cm級を釣ったポイントを思い起こして港の真沖にあるノリ棚の向かって左奥角の黄色いブイの近くにアンカーを投入した。ノリ棚の周囲には縦横にブイを拠点にして約20m前後までロープが斜めに海中に沈んでいる。そのため、角地のブイにはロープがないはず。四角いタナ回りの唯一のスイートスポットがそこにある。これは鴨居港だけでなく、伊勢町海岸や大津港回りのノリダナでも同じ。

 

風向きは当日の朝は北東風。微風だがボートが流される方向とロープの長さを勘案してアンカーを投入。最初のポイントの水深は10m。ちょうど良いポイントに入ったと感じた。そこで早速ボート直下狙いの両軸リールにセットした1.8mの万能ロッドにカレイ仕掛けを付けて沈めた。ボートの揺れで底にトントンと20号オモリが当たる位置で置竿に。2本目のロッドはチョイ投げ用である。前日に地元の上州屋で購入したアオイソメ(半分はオレンジイソメ)は溜まっていたポイントを最大限利用して1270円分。おそらく120gはあったと思う。そのイソメを12号のカレイ針に縫い指しと房掛けの両方でダンゴ状態の特盛で付けた。

 

ところが、この特盛エサを最初に食ってきたのがなんとイイダコだった。イイダコが釣れるということは砂泥地帯と確信して真剣に粘った。3本目のロッドも方向を変えつつチョイ投げで置竿に。竿先にアタリが出ないのにエサだけはツンツルテンの丸坊主。針に掛からない雑魚がついばんで食い逃げしているのだ。その張本人はすぐに分かった。20cm前後のサバフグだ。もちろん、フグが掛かる前にはキュウセンベラやトラギスも釣れたが、ハリスや針を千切って仕掛けを台無しにするのはフグしかない。これが1匹や2匹ならなんとか我慢できるのだか、3本の竿の仕掛けが交互に全滅にされると腹が立つ。

 

そこでポイントを移動した。それも2回も、である。2回目のポイントではさすがにフグ攻撃は激減したが、今度は根がかりの連発だ。しかもPE2号の高切れが2回もとくればヤル気も失せるもの。たまに釣れるのが前述のベラとトラギスだから哀し過ぎる。特に良型のキュウセンは引きが強く、もしやカレイか、と期待させながら海面に浮くのが茶色ではなく薄い黄色だからガックリもする。昼前にグイグイと気持ちよく引いたのが黄土色のオハグロベラだ。針を丸呑みして上がってきたので仕方なく食べることにした。このオハグロベラはベラ類の中では旨くないことで知られる。針を内蔵から外科手術で強引に抜いたためご臨終に。食べて供養するしかない。で、クーラーBOXへ。トホホ、である。

 

午後1時にはエサの消耗が激しくてすでに投入しているロッドは1本のみ。最後は10cm前後のサビハゼらしき魚。悔しくてビデオ撮影してからリリース。その直後にも2匹目が。ヒラメやマゴチ狙いの生きエサなら最適サイズと思いいつつも、さすがにそこまでの気力はもうなくなっていた。午後1時30分にはタックルをすべて片付けてボートを漕ぎ始めていた。

 

カレイは12月に入ると産卵行動に入り、神経質になり食い気が落ちるという。産卵するのはメスのはず。オスなら釣れるだろうという発想はどうやらダメらしい。過去にも一度1月3日にボート釣りで32cm前後のカレイを釣った経験はあるが、たぶんまぐれで釣れたのだろう。今後は乗っ込みカレイをボートで釣るなら11月末がリミットであると肝に銘じておきたい。リベンジは春の花見ガレイの頃になるだろう。因に当日の水深10m下の水温は15度であった。

 

持ち帰ったキュウセン、オハグロ、トラギスは翌日すべてバターを使ったホイル焼きで食べたが、予想以上に旨かった。調理する1時間以上前に塩胡椒で下味を付けたのが良かったのかも。焦げ防止にタマネギを魚体の下に敷くことをお忘れなく。一緒にシメジかエリンギを添えるとさらに食感も楽しめてオススメだ。

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM