腰越港孝太郎丸 アマダイ釣り

 

スポーツ報知新聞のフィッシングフェスタというイベントが11月12日に腰越港の港太郎丸で開催された。昨年も参加したが、運良く船別で7位に入り、色々な商品を頂き、有意義な釣りを満喫できた。さて、今年は同だろうか。実は10月中旬に開催される予定だったのだが、悪天候のため11月12日に順延されたのだ。これが私としては都合が良く、無事に予約を入れることができた。乗船料金も半額の5000円。

 

ところが、前日に吹いた南西強風の影響が出てしまい、船中トップは4匹。2艘出しのため私の乗った船では3匹が竿頭という低活性に。結果から先に言うと、私は初めてアマダイ釣りのボウズを体験してしまった。定番外道のヒメコダイやキダイは活性が高かったようで、そこそこ釣れたのだが、型は小さく20cm以下が大半だ。

 

当日は北東風が風速で9〜10mという寒い日になったが、相模湾の海は北寄りの風には強く高いウネリはなく、船の上下動はあるものの釣りにくいほどではなかった。潮は小潮回りで午後12時45分に満潮となる潮時を考えると、潮流れは悪くないはずと思ったのだが、オモリ号数は80号で統一して下さいという船長からの指示。片舷で6〜7人で竿を出していればオマツリは避けられない。参考までに仕掛けはハリス3号2mの2本針。針はオキアミチヌ3〜4号を選んだ。先針の上20cm付近小さいガン玉を打って、仕掛けの

沈みを安定させる工夫は大切。付け餌はオキアミの1匹掛け。

 

ほぼ定刻に出航し港から20分で最初のポイントに到着。水深は90m前後で釣り開始となった。私の右隣に座った森川さん(藤沢市)は幸先よく1投目から本命をキャッチした。しかも30cmオーバーの良型である。これはチャンスと思い、頻繁に底ダチを取り直しつつ、誘いを入れるのだが、私の竿先には本命からのアタリは出ない。

 

すると今度は左隣の須山さん(町田市)が竿を曲げて電動リールを中速で巻いているではないか。しかも、途中で穂先が小気味良くお辞儀を繰り返して、本命を強く意識する突っ込みが出ている。姿を見せたのは紛れもなく淡いピンク色のアマダイだ。全長で30cm前後はあったようだ。森川さん同様に写真撮影にご協力頂いたのは言うまでもない。嬉しそうな笑顔はいつ見ても心地良いもの。

アマダイは1匹釣れるとその周辺に数匹が群れている場合が多い。棲息しやすい環境が整っている場所に群れを作るようだが、相変わらず私の竿に掛かってくるのはアカボラ=ヒメコダイやキダイ=レンコダイばかり。一般的にヒメコダイが掛かる時はアマダイのタナに適していると言われる。一方、キダイはややタナが高いと言う印と教えられた。だが、当日の底潮はどうにも動きが鈍い。トロトロより弱くヌタっとした緩過ぎる潮流だったようだ。活性が低いのはアマダイだけでゲストは多彩で豊富だ。前述したヒメコダイやキダイの他にガンゾウビラメ、沖メバル、オニカサゴ、カナガシラなどが顔を見せる。他にもホウボウやイトヨリを釣った他船の釣り人もいたとか。とにかく、本命以外のゲストは賑やかだった。

 

ただし、その時間も午前10時を過ぎること頃になると、ピタっと止まり、付け餌のオキアミがそのまま戻ってくることが多くなった。ここには魚がいないと判断すると船長はマメにポイントを移動してくれる。水深は深くて95m前後、浅い所でも75m前後はあった。場所は江ノ島から腰越、鎌倉沖を転々と流し変えていたようだ。

 

左隣の須山さんは午前9時半頃までに3匹を釣り上げて嬉しそう。そこで須山さんに誘い方の方法を聞いてみた。「今日は船の上下動が少し大きいのでタナを少し下げ誘いを入れています。50cm前後でもアタリは出ていましたから」と教えてくれた。

 

右隣の森川さんは「私はあまり誘いは頻繁に入れない釣り方なんです。底立ちは取り直しますが、活性が低い日は忙しい誘いはしないようにしますね」と言う。その森川さんも船中トップの3匹のアマダイを釣り上げていた。

 

逆に釣れない時ほど誘いを頻繁に入れてしまう私とは違う釣り方である。魚の気持ちになり、一時は静かで大人しい釣り方も試してみたのだが、結局ゲストのヒメコダイが掛かるので元の忙しい誘い釣りで終始してしまった。それがもしかすると敗因だったのかもしれない。

 

午後1時に沖揚がり。港に戻ってから検量と表彰式。良型は40cmが大物賞。数では他船の4匹が数釣りの大漁賞。私の乗った船では、なんと両隣の森川さんと須山さんが3匹で竿頭に。間に挟まれた私は寂しくボウズになってしまった。これまでアマダイ釣りでボウズを喰らったことは一度もなかった。今回はおそらく私の釣り方と誘い方に問題があったと反省するしかないだろう。前日の悪天候で底荒れがあったとしても外道は口を使っていたのだから、7時30分から約2時間のゴールデンタイムにアマダイを掛けられなかったのが最大のミスだろう。年内中には必ずアマダイのリベンジをするつもりだ。できればLTで釣りたいものである。

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM