佐島港つね丸 マダイ五目釣り

 

11月3日は晴れの特異日と言われている。なのに数日前の天気予報では生憎の傘マークがついていた。それでも年に1回はどうしても訪れたい船宿がある。誕生日の前後1週間だけ乗船料金が半額になるサービスがある佐島港のつね丸である。この船宿は小船に乗り込んで湾内に係留されている本船に乗り込むちょっと面倒なスタイル。そのため、出船が7時でも受け付け完了が1時間前の6時でなければならない。それもあって朝4時30分には起床して宿には5時40分着としている。それでも船の四隅は常連客が事前予約でシッカリと抑えられている。

 

当日の天候は昼前から晴れ模様という予報だったが、早朝は小雨混じりの曇天だった。とはいえ、本船に乗り込む前には雨は止み、薄日が射す天気に。ただ北風がやや吹き、この時期としてはやや寒く感じた。相模湾の北風はかなり強く吹かない限り凪になるもの。私は右舷トモから2番目に釣り座を構え、揺れの最も少ない場所を確保できた。

 

定刻よりやや早く舫が解かれ、一路最初のポイントである三戸輪沖に15分足らずで到着。水深45m前後から釣り開始となった。私のタックルは昨年暮れに新調したヒラメ竿。価格は激安の4000円以下。購入したのは浅草釣具。リールはPE4号を300m巻いたダイワ製の小型電動リール。水深60m前後まで狙うとHPに書かれていたので電動リールが手返しの点で有利と考えたからだ。ビシは80号のL型。狙いはマダイだが、ゲストが多彩に混じるという事前情報をキャッチしていた。特にマダイに固執しているわけではないが、お土産になる美味しい魚が数匹釣れれば良いだろうと甘く考えていた。

 

そうした緩い釣りが大好きな私は運良く最初にカワハギを取り込んだ。全長21cm程度だから良型ではないものの腹パンの美味しい型にすぐにキープ。タナは底からハリス分+1mにした。ハリスは4号6m。針数は欲張って2本針に。段差針仕掛けで先針との距離が短い特殊な仕掛けをセレクトした。理由はゲストが色々と釣れることを想定して、ちょっと色気をだしたというだけ。

 

ところが、その発想が功を奏した。型は小さいが、次に釣れたのはソコイトヨリだ。刺し身では小さいものの白身の美味しい魚。カモメの餌にしてしまうのはもったいないとクーラーBOXへ。つぎに掛かったのがカイワリだ。これはシマアジに似た美味魚で全長22cm足らずだったが、速攻で血抜きをして氷入りのクーラーへ。右隣の町永さん(大田区在住)はハリス分+2mで良型のイナダを釣り上げて嬉しそう。軟調ロッドを大きく曲げてファイトを楽しんでいた。

 

私は相変わらずハリス分+1mを続けていたが、イナダも釣りたいと考えて2mにしたらアタリが遠くなってしまい、再度1mに戻した。イトヨリやカイワリが釣れるというのはマダイ狙いとしてはタナが低いとは感じていたが、美味なゲストを数釣りたいと考えていたのでそのまま釣り続けてしまった。そのためか、通称金魚と呼ばれる20cm弱のサクラダイも掛かり、そのあとにはサバフグも。すると船長は移動を告げて佐島方向へ大きく移動。水深60m前後で釣り再開となった。

 

そこで運良く釣れたのが船中3匹しか釣れなかったマダイである。型は全長で約28cm。小ぶりだが、年に1回程度しか行かないマダイ釣りで本命が釣れたのはことの外嬉しい。竿の曲がりは控えめだったが、本命が釣れたのは私の他に2人だけだったとか。運が良かったとしか言えない。前述の町永さんにシャッターを切ってもらった。有り難うございました。その町永さんは良型イナダを3本の他に今や貴重な大サバに加え高級魚のメイチダイも釣っていた。ゲストが多彩と言えば、右舷ミヨシの釣り人は朝のうちにイシダイを2匹も釣り上げていた。

 

その後、潮が複雑に入り組んだためか、船中オマツリが増え、ヒラソウダガツオが掛かると仕掛けの損失が大きくなる。それでもこの時期のヒラソウダは刺し身で美味だから当然キープ。水バケツの中で血抜きを済ませたら早い段階でクーラーBOXに沈めよう。

最後まで盛り上がりはなかったもののゲストは多彩で豊富。船中だけでもおそらく10目は釣れていたと思う。

 

私だけでも、マダイを筆頭にカワハギ、ソコイトヨリ、カイワリ、アジ、ヒラソウダ、トゴットメバルと7目を達成。イシダイやメイチダイ、サバを含めれば完全に10目に達している。魚図鑑で調べた所によれば前述のサクラダイは刺し身で美味とのこと。20cm足らずのため速攻リリースしてしまったのが少し心残り。「外道楽」を追究している私としては失敗の巻きであった。次回は持ち帰ろうと思う。年に1回程度のマダイ五目、今年はとても楽しい釣りを満喫できた。

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM