片瀬漁港島吉丸 カワハギ釣り

 

毎年秋が深まる前に釣っておきたい魚は数多くあるが、特にカワハギは10月中旬以降になると15cm弱のワッペンと呼ばれるミニサイズが増えてくる。その前に良型をサクッと釣っておこうと思って出掛けたのが9月10日、片瀬漁港の島吉丸のカワハギ釣りであった。ところが、想定外の「もうワッペンがいるのか」とガックリ。しかも、海面で全長25cmオーバーのギガサイズをバラしてしまい、ショックを最後まで引きずった。

 

当日は天候の良い凪日和。朝から晴れていて風もない夏日に。こうなると船中は右舷だけ出11人の乗船客。たぶん両舷で20人以上の大盛況だったに違いない。私が座った右舷胴の間の左隣し多摩市から来たという上田さんご夫婦。右隣は小学3年生で9歳の五十幡日向君とそのお父さんの家族連れで賑わっていた。

 

まだ海水温が高い時期だけにベラ類やトラギスといったエサ盗りゲストが多い時期だけに私は普段は装着しない中錘と集魚板をつけて点々と散らばっているカワハギを寄せて釣ろうと考えた。ところが、他の釣り人たちもそんなことは先刻承知で個性的な最新の集魚アイテムを装着して仕掛けを投入。最初のポイントは港から10分の江ノ島裏。水深18m前後からスタートした。

 

予想通りのトラギスとベラのオンパレードは約1時間近く続いたが、腕のある常連はそんなゲストを避けつつも、ポツポツと本命のカワハギを釣っていた。私はというと相変わらず誘い方に手が合わず苦戦。やっと本命が釣れたのが開始から1時間経ってからという、いつものドン臭いスタイルだ。25号の白塗りの球形オモリが海底に着底すると同時に竿先をスッと大きく1mほど上げてから少しずつ穂先を揺らしながら仕掛けを下げて行く。これはカワハギが仕掛けをめがけて寄ってきていることを想定して、上から少しずつ餌のアサリをみせながら誘い、最後にオモリを底に着けてカワハギの頭を下げて喰わせる方法を得意としているのだが、どうも近づいているのが前述のベラとトラギス、キタマクラばかりという結果に辟易することに。

 

それでも、マメに餌を付け替え、針&ハリスを交換しながらなんとか2匹目を釣り上げたらこれが哀しい「ワッペン」とくれば悔しいこと甚だしい。14cm足らずのサイズはさすがにリリースするしかない。9月初旬にも関わらず江ノ島裏には早くもワッペンが出現するとは、ちょっと想定外であった。一般的にはワッペンは10月下旬頃から増えてくるモノと考えていたからだ。エサ盗りの雑魚に加えてこの類が多いとなると当然エサの消耗も激しくなる。

 

船長は「昨日はここで結構良い型が数釣れたんだけど、今日は潮が逆なんだよね」と渋い顔。それでも、時折、強烈な引きで良型を抜き上げる場面もあり、カワハギの型は大小入り交じる感じで釣れている。午前10時30分頃から南風がそよそよと吹き始めた頃についに今日一番のゴンゴンゴンという強烈なアタリがきて、リールを巻き始めると海面近くで左に走り、浮いてきたのが目検討で25cmオーバーのギガサイズ。これはさすがに怯んだが、エイヤッと抜き上げようとした瞬間にハゲ針が抜けてしまって痛恨のバラしに。船長は「タモ入れを待ってくれれば掬ったのに」と言われたが、もう後の祭りでしかない。悔しいというより強烈な引き味に興奮して数分間は呆然としてしまった。

 

掛かっていた箇所のハゲ針5号が延ばされて、間抜けな形に変形していた。いままで針が延ばされるほどのギガサイズを釣った経験がないだけに一種感動的でもあった。右隣の五十幡さんには「30cmはあったように見えたけど」と言われ、改めてギガサイズは「抜き上げ禁止」と痛感した。針の掛かりどころはもちろんだが、針が抜き上げ直後に延ばされることがあるということを体験できたのは貴重かもしれない。今後の良い教訓として頭に刻んでおこう。

 

その後は1匹追加できたのだが、これがまた情けない。竿の脱落を回避するために落下防仕用のリーダーを装着していたので安心して、トイレに行った。まさにその数分の間に「ゴンゴンと竿が曲がってから巻き上げておいたよ」と仲乗りさんに言われて苦笑い。あれほど誘いが上手く行かなかったのに底上げ2辰里泙淬峇箸砲靴浸迭櫃韻剖瑤辰討るとは。嬉しいやら恥ずかしいやらでもう笑うしかなかった。それが2匹目だからなおさらである。恥ずかしながらワッペンサイズのリリースは合計3匹。

 

南西風が少し強くなり始めた午後2時に沖揚がり。船中の釣果は1〜15匹。お父さんと一緒に釣りにきていた五十幡日向君はまだ9歳だというのに良型カワハギを2匹釣り上げて嬉しそう。「もう3〜4年ほどカワハギ釣りはしてます」というお父さん。アサリの餌付けから誘い方までお父さんからの指導よろしく、将来有望なプロアングラーになるだろう。その日向君が2匹、私は沖揚がり直前に釣った15cmを最後に3匹で終了。ここまで貧果が続くと「もうカワハギ釣りは辞めた方がいいのかな」とその夜、肝和えを晩酌に真剣に悩んでしまった。修行が足りないだけなのだろうか。ウ〜ん、どうなのだろう。やるべきことはやっているつもりなのに‥…。

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM