小田原早川港平安丸 スルメイカ釣り

 

好きな釣りはいくつもあるが、苦手で不得意な釣りも数多くある。それは釣り方にバリエーションがないためなのかどうかが以前から気になっていた。夏のスルメイカである。これまでブランコ仕掛けだけで対応してきたが、今回は電動直結の釣り方で挑戦しようと決めて乗り込んだのが小田原早川港の平安丸である。

 

数週間前に釣り仲間でもある伊東さんと2人で行く予定にしていたが、仕事の都合で私一人で7月17日の海の日に8号船の左舷胴の間付近に釣り座を構えた。午前6時出船だが、50分前に到着するとすでに80%以上の人がすでに乗り込み、支度に余念がない。出遅れた感はあったものの今回はスポーツ報知のファン感謝デーということで完全予約制。座る場所は必ずあると確信していたものの案の定片舷だけで10人、両舷で20人の大盛況。理由はイカがそこそこ釣れているということもあるが、乗合料金が5000円という破格値だからであろう。

 

8号船はもう1隻の3号船より大きく、ゆったりしている。定刻6時に港を離れて向かった先はいつもの南沖である。具体的には航行すること約1時間の初島西側。7時頃に到着するとすでにスルメイカ狙いの乗合船が数隻ポイントを探索中。我々の8号船もその船団に入るまでに約15分の時間を費やした。おそらくイカの群れが小さいのか、群れの移動が速いためになかなか投入の合図が出せなかったのであろう。

 

船長から「ハイ、どうぞ。90〜120m」という指示ダナが告げられた。一斉にオモリ120号に繋げられた14cmの複数のプラヅノが海中に沈んで行く。直結仕掛けに最初から挑戦した私は運良く、ラッキーなことに1投目でアタリを捉えることができた。サイズはムギイカだったが、自分の感覚で釣り上げた久しぶりのイカにちょっと自慢したくなってしまった。とはいえ、取り込みには船長からのアドバイスと手助けがあったことは言うまでもない。出船前に船長に「直結仕掛けは2回目で要領が分かっていないのでご指導下さい」とお願いしていたからだ。幸先の良いスタートで「もしかしたら今日はイケるかも」と淡い期待を抱いたのが失敗のもと。その後はアタリもなく、苦難の連続となってしまった。

 

私の左隣に座った田村さん(相模原市)は最初からブランコ仕掛けで釣り、朝のうちはサバ攻撃で苦労していたようだが、それもポツポツ程度。プラヅノは8本で釣り続け、1時間後には数杯を取り込んでいた。また、プラヅノの色変更など仕掛けをマメに交換する工夫が感じられた。乗りの悪いツノを外して違った色のツノへ交換するという「考える釣り」を実践されていたようだ。

 

それに対して私はといえば、直結の6本ツノをうまく操作し、取り込みや投入するのがやっと。当日はウネリもなく、無風だから直結の初心者には最適な日和だと考えて、終始直結と思っていたのだが、田村さんがポツポツとスルメイカを取り込んで、どうやらサバがいなくなったと感じた、昼前には使い慣れたブランコ仕掛けに交換した。理由は、どうにも直結仕掛けのイカのアタリが掴めず、もしかして掛けていてもバラしているのかも、思ったからだ。イカのサイズが20cm前後のムギイカサイズだと掛かり方も、掛かった後の暴れ方も弱々しく、判然としない。疑念を抱いたまま直結を続けるより、慣れ親しんだ5本ツノのブランコ仕掛けに戻したという次第。直結の釣り方に自信が持てないからでもある。

 

その効果があったのか、ブランコ仕掛けに交換した直後に1杯を追加することができた。釣りというものは信用できる仕掛けと釣り方かどうか、という点も案外重要だと実感した。新しい釣り方に挑戦する気持ちも大切だが、不安があれば一度立ち返る勇気もある意味大切だと感じた。その後、大きくシャクリ上げた竿がポキッと破損して、ジ・エンド。補修して数年使い続けたが、老朽化は隠せなかった。急遽、船長に直結用のロッドを貸して頂き、感謝です。

 

結局、午後2時まで初島回りで探索し続けたが、8号船の釣果はトップ30杯、スソは2杯(私)という悲惨な結果に。見かねた船長が私のバケツに1杯のムギイカを投入してくれた。船長、有り難うございました。刺し身で美味しいムギイカ。約1年ぶりに晩酌で満喫できた。船上干しは次ぎのステップまでお預けだ。トホホ。

 

しかし、乗りが悪く周囲でも釣れていないと心が折れることは良くある。今回はさらに無風ベタ凪の灼熱地獄の中でシャクリ、投入、回収の繰り返しはまるで修業層のようで辛いものがあった。合計2リッター持参した飲み物はギリギリ間に合ったが、8月一杯は3リッターを目安に水分補給の準備をしておきたい。

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM