葉山あぶずり港まさみ丸 アコウダイ釣り

 

6月3日、深場釣りが大好きな釣り部後輩の山田君の企画立案で葉山あぶずり港のまさみ丸から乗っ込み終盤のアコウダイを釣りに出掛けた。フェイスブックで知り合った総勢12人が乗り込み、定刻より30分も早い午前6時に港を出発。当日の天候は北寄りの微風がわずかだけ。霊峰富士もクッキリと見える爽やかな初夏の海を約40分のクルージングで城ヶ島手前で第一投。水深470mから釣り開始となった。

 

私の釣り座は右舷トモから2番目の揺れない場所を山田君が指定。嬉しいのはマグネット板、バッテリー、さらにロッドキーパーまで無料での貸し出しに感謝。失敗したのは私の仕掛けだった。針数が9本と多く、しかもハリス長がやや長いため投入に神経を使わないと手前マツリが多く、途中で何度か胴突き仕掛けがダンゴ状態になることも。付けエサは塩漬けのサバの短冊が宿からの支給餌。今回は欲張って特エサのイカ短冊を持ち込むことはしなかった。また、サメを寄せては行けないと考えて水中ランプも装着しなかった。オモリは300号、中オモリは60号にヨリトリリングを装着することで海底に這わせる技法を使えるよ

うにした。

だが、運は左舷トモの河野さん(大田区在住)に持っていかれてしまった。なんと最初の1投目で本命アコウを釣り上げたのだ。船中誰にもアタリがないという厳しい中、オレンジ色の魚体を手に撮影に協力していただいた。満面の笑顔が印象的であった。さて、次ぎの流しは「自分の番だ!」と静かに息巻く姿がチラホラ。水深520m前後でオモリをトントンしつつ、時折底立ちを取り直して誘いをかけても一向に生体反応はない。活性が低いのか、底潮が動いていないのか分からないが誰の竿も曲がらない。

 

痺れを切らせた船長は午前9時前に大きく移動する決断を下した。向かう方角は大島方向。そう沖の瀬である。約40分近く走って釣り再開。今度はさらに深く570m前後というアナウンスに驚いたが、アコウ狙いなら特段ビックリする深度ではない。電動リールのカウンターが最高630mを示す場面もあり、いよいよ本場の深海釣りに突入した感を強くする。何度か底立ちを取り直していると、穂先がググっとお辞儀をして、何かが針掛かりした印象を伝えてきた。山田君の指示に従って道糸を少しずつ送り出して、穂先からテンションを消すゼロテンションを繰り返す。船長からの指示で右舷側を先に巻き上げましょうの合図で巻き始めた。

 

すると私の硬い調子の竿先が時々ググンと曲がって強烈な突っ込みが出る時もあり一体何が掛かったのか。不連続に穂先を叩く感触はどうやら得体の知れない深海魚か、などと夢とロマンのある他愛のない話で盛り上がるも、とうとう船中私の竿だけが巻き上げ途中になり、残り100mを切ってもリールのスプールが時々ストップして遅々として巻き上げ速度が上がらない。ドラグを締めて手巻きでもアシストするのだが、なかなか浮いてこない。数分後、とんでもない深海ザメが浮上したのだ。目の色が蛍光グリーンで全長1.3m近くはあった。船長の指示でハリスを切ってリリースとしたが、悠然と深海へ戻って行った。船長は「ベニアコウで釣れる深海ザメだね」とひと言。

 

その後、昼近くになってから魚の活性が高まったらしく、アタリは何度か出るようになり、エサだけ取られていたり、ハリスが切れていたり、反対舷の釣り人とオマツリする場面も数回。潮の流れが良くなってきたのだろうか。いわゆる魚っ気がジワジワと出てきた感じ。その後、私の竿には定番ゲストのトウジンが掛かり、あまりに良型(全長76cm)だったので写真撮影を山田君にしてもらい、なんとか食べられる土産を確保してひと安心。その後もスミヤキ(クロシビカマス)を1本追釣して最後の流しになる前に左舷で大物が釣れたとのこと。釣ったのは左舷胴の間の岩見さん(横浜市)だ。濃いオレンジ色というより深紅の方がピッタリくるアコウだ。アコウ釣りには自信を持っている岩見さんの真骨頂が炸裂した感じ。正確には計測していないが目測で2.5kgはあるだろう、素晴らしい魚体である。岩見さん、写真撮影にご協力頂き、有り難うございました。慌てて逆光でシャッターを切ってしまったため顔が真っ黒になってしまい、失礼しました。

 

その直後に「アコウが浮いている」と船中で叫ぶ声で船長が船を動かしてタモで掬った。誰かの仕掛けに掛かっていたであろうアコウが針から外れたのだ。針が口に残っていない以上誰の魚か分からない。最終判断は山田君の「ジャンケンで一番負け続けた人に進呈します」という粋な計らいで紅一点の女性アングラ−(お名前を聞き忘れました)の手に渡った。最後には右舷ミヨシの釣り人(冨田さん)が良型を釣り上げて船中4匹で今回の深海釣りは幕を閉じた。私は最後にアタリがあったのだが、釣りてきたのは46cm

のスミヤキ。一番下の針に掛かっていた。

 

沖上がりは午後2時30分を回っていた。完全に船長のサービス残業となったが、最後の1匹は有終の美を飾れて満足感があったことだろう。船長も残業した甲斐があった、と胸を撫で下ろしたことだろう。港に戻ると時計の針は4時近くになっていた。記念撮影と前述のジャンケン大会でお開きに。

 

最後に味覚の話を少し。トウジンは「肝和えが絶品」というキモ好きの山田君に言われた通り、刺し身で肝和えに初挑戦した。76cmもの巨体なのに肝が案外小さくてちょっと残念。それでも濃厚な旨味がトロけ出して旨かった。ただ身肉は若干軟らかかったため、昆布締めで翌日食べたが、こっちも絶品。飲んべえのツマミとしては堪えられない深い味わいだ。昆布の香りと締まった身肉が口の中で噛む毎に旨味として広がり、酒量が増えてしまったことはいつも通りだ。私は今回も本命アコウは釣れなかったが、凪の海で気持ちの良い釣りを満喫できたことが嬉しかった。

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM