犬若港孝進丸 ヤリイカ釣り

 

間違いなく混雑することが分かっていても仕事の都合や天候の事情などを鑑みて行きたくなってしまうのが5月GWの犬吠埼沖のパラソル級のヤリイカ釣りである。イカ釣りということなら確かに相模湾でもそこそこ釣れる。ヤリイカ混じりでスルメやムギイカも混じる。だが、胴長35cmもあるパラソル級のヤリイカは銚子付近まで出向かないと釣れないのだ。デカイカを確実にキャッチするには遠出も仕方ないと思って孝進丸に電話予約を入れてクルマを走らせたのは5月4日。前泊するために自宅の藤沢を午前11時30分に出発し、孝進丸の船宿に到着したのが午後3時30分頃だ。約3時間の長旅だが、泊まり客は他に3人ほど。夕方5時過ぎから酒盛りをしてイカ釣り談義で盛り上がりつつ、床についたのは午後8時頃。そんなに早く就寝することもないだろうと思ったら大間違いなのである。翌朝というか深夜3時過ぎに船が港を出るというから驚きだ。

 

これまで釣り新聞等の取材を含めても午前3時前に船に乗ったのは過去に1回だけ。新島沖のキンメダイを釣るために深夜2時40分頃に伊豆の川奈港から出た記憶がある。それはブランドキンメの釣れる漁場まで行くのに時間が掛かるからだ。今回がまさにその2回目となった。目指すはパラソル級のヤリイカが釣れるという犬吠埼沖。正確には午前3時25分に外川港の岸壁を離れて真っ暗闇の中をクルージングという感じ。海上は凪だからそれほど揺れはない。とはいえ、夜明け前はどうしても風が吹くもの。多少のウネリを伴いながらなんと1時間50分の長旅であった。

 

オレンジに輝く朝焼けの中でスタートフィッシング、といえばカッコいいのだが、150号のオモリを投入して170m近くまで仕掛けが沈んだところで道糸の出方が可笑しくなった。仕掛けを止めたのはサバである。サバの猛攻が約2時間弱は続いた。腕に覚えのあるイカ釣り師であれば速攻で直結仕掛けに交換すれば良いのだが、私のような素人ではウネリのある犬吠埼沖ではバラシの連続になるだけ。サバが撤収してくれるのを待つばかり。確かにサバの中には全長40cmオーバーの真サバもいて私も1匹だけ46cmの真サバを血抜きをしてキープした。〆鯖ではなく、生の刺し身を食べるのが好きだからだ。蕁麻疹に要注意であることは百も承知である。

 

その後、やっとパラソルのヤリイカを2点掛けで取り込めたのは午前8時頃。胴長で約35cm前後。短いゲソを含めれば軽く45cmは越えているはず。重量感もあり、釣り応えはある。しかし、食いダナが水深200m前後となるとイカのアタリがどうにも読めない。イカ角に乗っている感触はあるのだが、すでに老成魚と化したオスのイカはグイングインといったスルメイカのような突っ込みは感じられない。しかもオモリ号数が150号となると、シャクル腕が疲れてくる午前9時過ぎにはなんだかイカが乗っているのかどうか怪しく感じられる場面も何度かあった。

 

そんな時に限って中速で電動リールを巻き上げてくると小型のサメが掛かったイカを丸呑みにして仕掛けこど奪い去るという暴挙に出るのだ。イカ角に掛かるサバなら仕方ないが美味なヤリイカを横取りしようとする卑怯な輩は許せない。150号のオモリも一緒に引きちぎって奪い去るのだから腹も立つ。因に船上では150号のオモリは500円もする。予備に2個持参したがそれでも足りなかった。トホホ、である。

 

それ以前にイカ角にヤリイカのゲソだけが残って上がってきたのは2回ほど。電動リールの巻き上げ速度が速かったわけではないと思う。シマノ製で18前後の速度なら問題はないはず。ウネリが残る犬吠埼沖ならその数値は決して無謀な速度ではないはずだ。これもサメの悪戯なのかどうかは分からない。

 

右舷の大トモに釣り座を構えていた山中さん(品川区)は順調にヤリイカを釣り上げて、ダブルで取り込んだ時には写真撮影に協力していただいた。有り難うございました。イカ釣り歴は20年以上という山中さんは午前11時25分の沖揚がりまでに合計27杯を釣り上げて次頭を達成。後半から終盤はサバがいなくなったのだからもっと釣れなくてはいけないのだが、私は10杯に届かず9杯でジ・エンド。ゲストは全長46cmのマサバとピンク角に掛かってきたマアジ28cm。船長には「10杯は行きました」と間違って答えてしまったのはアジのため。言い訳がましいのだが、アジが釣れるとイカと同じくらいに嬉しくなってしまう。コレだからいつまでたってもイカ釣りが上達しないのである。因に竿頭は左舷ミヨシに座ったベテラン、小野田さんの44杯であった。

 

港に戻ってきたのは午後1時20分過ぎ。往路と同じ1時間50分を費やしたことになる。その後、宿で美味しいカレーうどんを完食して午後2時に帰路についた。自宅に戻って時計を見たら午後7時になっていた。帰路は5時間掛かってしまった。途中で事故渋滞があったのは仕方ないが、GW釣行は時間の余裕がないと難しいことを再確認した。

 

 

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM