鴨居大室港五郎丸 午前タチウオ釣り

 

最低気温が2度、最高気温が8度になるという1月23日に鴨居大室港の五郎丸から午前タチウオ釣りに出掛けた。仕事の都合やら家の事情もあって土日に出掛けられず、なんとか時間が作れたのが月曜日23日だったからある意味仕方がない。前夜の天気予報は決して悪くなかったのだが、東京湾が北寄りの風に弱いことを改めて実感する辛い釣りとなってしまった。

 

当日は平日だけに釣り客が少ないのは分かっていたが、それでもなんとか私を含めて4人が乗船し、午前7時20分に港を出航。港を出ると風が予想以上に強く、冷たい。北北西の風が4〜5mの風速というのだが、海上はそれ以上吹いていたに違いない。船長が向かった先は猿島沖。ここは水深64m前後に反応が出るとのこと。とはいえ、右舷大ドモに座った常連客は「前日は半分の人がボウズだったよ。とにかく、アタリがほとんどないんだから。今日も厳しい釣りになると思うよ」と哀しい情報を聞かされてガックリ。船はドッタンバッタンと風とウネリで前後左右に揺れる。ゆっくりとしたスピードで猿島沖に到着すると、すでにタチウオ船団が形成されていた。

 

船長から「はいどうぞ。水深は64m。タナは底から10m上まで探って下さい」というアナウンスで釣り開始。筆者のタックルはPE2号を200m巻いた超小型電動リールに1.8mの万能ロッドの組み合せ。オモリは80号で統一。潮は速くはないが、ウネリと風で釣りにくい。この時期、寒いのは覚悟の上。万全の防寒対策で乗り込んだからその点は問題はない。

 

だが、アタリが少ない。ククッと軽くエサを押え込むアタリが52m前後で出ても食い込むような強い引き込みがないのだ。コレでは合わせをくれても針掛かりはしない。それが釣り開始から1時間経過するのに2回程度しかない。

 

その後、9時を少し回るとグングンと強い引き込みがあって速攻でロッドを煽ると針掛かりしたようで、強引に突っ込みが見られてなんとか1本目を釣り上げた。これでボウズはなくなった、とホッと一息。すると、今度は船酔いの気配が身体を駆け巡り始めた。コイツはマズイと思いながら少しだけ釣り座の脇で寝転んだ。ウネリで船が持ち上がる時に息を吸い込み、船体が下がった時に息を吐く。この呼吸法で少しは楽になり、5分後にはサバ短冊を針に縫い刺しにして仕掛けを再度投入。なるべく遠くを見るようにして波の動きを見ないようにした。

 

すると、また50mより少し下で1回目のアタリが出た。そのまま同様のペースで誘い上げてくると、2回目にゴンゴン、グイッと突っ込んだので思い切ってロッドを煽って電動リールのスイッチを全速力に。途中、追い合わせを入れて針掛かりを確実にして巻き上げると、1本目よりは少しだけ太くなった印象のタチウオを抜き上げた。これで2本で晩酌のつまみは確保したと思い、再度右向きに体を横たえてしばし休息。って酔いにくくする工夫が今の自分にとっては大切と考えたからだ。

 

もちろん、時合到来ということは分かっていたが、気合いが入らないのだ。これが辛い。それでも、10分後には復活した。その直前に横殴り吹雪が船内に降り掛かってきた。寒いわけだ。肌が露出している部分、顔と手が痛い。

 

それでも、微妙な誘い方で3本目を釣り上げたのは10時少し前だった。誘い方はこうだ。竿先を上に誘い上げてからリールを4分の1回転させ、道糸のフケを取りつつ上方に30〜40cm弱動かしてから、またハンドルを4分の1回転ほど回す。微かなアタリを逃すまいと穂先に神経を集中させることは言うまでもないが、ゆっくりでも少しずつ上へ上へと誘いを入れる。この誘い方で3本すべてを釣り上げた。

 

午前10時30分を回ると、風も波も弱くなり凪に近い状態になってきた。天候も晴れ間が大きく広がり、朝の吹雪はなんだったのかと思うほどの好天ぶりに。残念なのは天気が好天した頃からアタリが皆無になってきた。時折エサの状態を確認するために回収してみると、何も変化がない。つまり、魚に齧られた形跡がないのだ。これでは士気が低下するのも無理はない。

 

結局、午前11時40分に沖上がり。船中トップは7本、スソは2本とのこと。若干の船酔いにもめげずに最後まで釣り続けた結果、3本の釣果は正直悪くない。激渋の日に当たってしまったのは仕方のないこと。その悪条件でも結果を出したのは誘い方に間違いはなかったと自負している。参考までにハリスは6号2m弱の1本針(2/0タイプ)。チモトに補強編み込みのあるダイワ製仕掛けを使った。

 

悔しいのは3本の釣果ではなく、良型が1本も釣れなかったこと。せめて90cm級を1本は釣りたかったのが正直な感想だ。自宅に戻り他の宿の釣果情報をチェックすると、久里浜沖や金谷沖を狙っていた釣船はトップ30本以上という。ただし水深は、160〜180mとか。深場での手返しのロスタイムを考えると、アタリは多かったに違いない。どの船宿がどのポイントを狙っているのかを事前に調べておくことも釣り人には大切な情報戦略といっていいだろう。今後の教訓にしていきたい。ちなみに、五郎丸の前日の釣果情報はアップされていなかった。

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM