川崎つり幸 午後ライトアジ釣り

 

12月に入ると何かと忙しくなる。それでも釣りキチはなんか理由を付けて釣りに出掛けたくなる。忘年会と研修会を組み合わせた週刊つりニュースAPCを募った会合が12月7日に川崎つり幸で催された。参加者は青木さん、木村さん、奥野さんら数人と私の計6人ほど。編集部からは青砥さんが担当者として乗船された。釣りモノは午後ライトアジだから初めてのつり幸さんでも不安はなかった。

 

ただ初めて訪れる船宿のため自宅の藤沢を早めに出発した。集合時間は午前11時45分。出船が12時30分だから余裕を持って自宅を10時過ぎには出たのだが、到着してみるとほとんどギリギリ。集合時間には間に合ったが、昼飯を購入する時間がなく、慌てて受け付けをすませて近くのコンビニまで宿の自転車を借りて事なきを得た。結果オーライだが、初体験の宿は詳細な場所が分からないのでカーナビに頼るしかない。ナビの設定が悪いとピンスポットまで正確ではないことを改めて思い知った。

 

当日の天候は晴れで北風微風。前日の西南西の強風とはうってかわって凪模様だが、頬を通り抜ける風は想像以上に冷たい。つり幸は定刻通りに運河沿いを出航し、約30分のクルージングで本牧沖の水深21m前後に到着。ライトアジのタックルは1.8m前後のゲームロッドに小型両軸リールの組み合せだ。ビシは40号と軽い。ライトアジの素晴らしい点はここにある。ロッドもリールもビシも軽いから終始手持ちで誘っていても疲れないのだ。しかも、水深が浅い。手返しも楽とくれば数も釣れるはず。

 

確かに最初のポイントでは、コマセを振ってから2投目でダブル掛けを達成し、幸先の良いスタートを切れた。ただし、型が小さい。全長で16〜17cm前後。ちょっと型が良いものでも20cmには届かない。コマセを底上げ2mで振ってアタリを待つと数秒後にクククッと小気味良い引きが穂先を伝わって手元に感じる。その瞬間は気分がいい。3点掛けで上がってくると、どうしても気持ちが焦る。取り込みの際にポトリと1匹を海面でバラしてしまうこともしばしば。針掛りを確認しながら取り込むのだが、型が小さいと口のどの位置に針が刺さっているのか確認できない。とにかく、思い切って抜き上げてしまえば良い。バレる時はバレると覚悟を決めれば良いだけ。両舷で10人以上がコマセを撒けば当然アジの群れは足止めされる。船長はそれを確認してからアンカーを投入し、その場所でほぼ1時間近くカカリ釣りを続けた。

 

しばらくすると、アタリが遠くなり、ポイントを移動。水深に大差はなく21m前後と浅い。この場所ではなぜかアタリが遠く、数が釣れずに再度大きく移動した。それが川崎の工場地帯のすぐ脇。ルアーシーバスでは有名な場所らしいのだが、川崎エリアの釣り場を熟知しているつり幸ならではの特別なポイントのような気がした。

 

それが証拠に釣り再開から10分足らずで強い引き込みが。海面を割って顔を見せたのは全長25cmのでっぷりとしたメバル。東京湾のクロメパルである。そのあとも置竿にしてアタリを待っていたら突然穂先が満月のようにひん曲がり、ゆっくりと慎重に浮かせたらなんとさっきよりもでかいクロメバルが浮いた。後検寸で全長28cmもあった。アジもドでかいのがつれるので楽しいことこの上ない。水深が21m前後と浅いと海面近くで横に走るのでサバかなと思ったら30cmの大アジ。ライトタックルで釣るとこれが最高に楽しい。ドラグが滑る場面もありライトアジの醍醐味を存分に味わうことができた。左隣の木村さん(さいたま市)も良型メバルを釣り上げて満面の笑み。写真撮影に協力して頂き有り難うございました。

 

結局、夕闇迫る午後4時に納竿で沖上がりに。船中トップは63匹というから凄い。最初に数を釣らせて最後に型狙いのポイントで終わらせるという船長の粋な計らいがとても嬉しい。満足感のあるライトアジといえよう。相模湾や湘南エリアでは到底考えられない工場地帯の浅瀬で釣れるから強引な引き味を堪能できるということだ。

 

自宅に戻ってから当日はアジの刺し身とタタキに舌鼓を打ち、翌々日に食べた大メバルは数年振りの絶品刺し身に驚いた。2日間ほど氷り漬けのクーラーBOXで熟成させたのが良かったようだ。旨味成分が放出した感じで、口の中に上品な甘みが広がり、白身魚の脂を感じることができた。煮付けでは、豊満な腹身に隠れていた真子が最高の味だった。半生状態の真子は高級料亭でもなかなか食べられないのでは思ったほどである。東京湾の恵みに感謝! 東京湾のライトアジ最高!
 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM