腰越港孝太郎丸 アマダイ釣り

 

今シーズン初のアマダイ釣りに選んだのは腰越港の孝太郎丸。実は孝太郎丸はスポーツ報知の協定宿となっているのだが、11月13日は年に一度の謝恩サービスデイとなっていたため10日以上前に電話予約を入れていた。通常9500円がなんとオキアミのエサと氷が付いて5000円というイベント企画ならではのお得な料金。このため2艘出しの大盛況で、私が到着した午前6時5分前には2席の空きしかないという異常事態に驚いた。それでも、バッテリーを持参したので特に問題はなく、右舷胴の間に釣り座を構えることができた。この時期、風が北寄りになれば右舷に陽が当たることは言うまでもない。

 

案の定、当日は北風微風の凪で絶好の釣り日和となった。出船は午前7時の定刻より5分早く港を離れた。ゆっくりとしたクルージングで約25分足らずで江ノ島沖から釣り開始。水深は85m前後。オモリは50号に統一され、私もハリス3号2mの2本針にオキアミを装餌して投入。右舷だけで6人という混雑にも関わらず静かに仕掛けが落ちて行く。オマツリせずに仕掛けが着底できたのは潮が速くないためだろう。すると、左隣の佐藤さん(平塚市)が速攻で巻き上げてアジとサバのダブル掛けを達成。型は全長で35cmの良型だから驚き。アマダイ釣りのゲストとしてアジとサバを一荷で釣り上げた姿はなかなか見られない。

 

さらに凄いのはその直後だ。同じ佐藤さんが良型のアマダイ(後計測35cm)を釣り上げたからだ。しかも、「またサバかアジでしょ」と言いながら電動リールの最大で巻き上げて浮かんできたのが良型アマダイだった。針掛りした所が良かったからうまく上がってきたのは分かるが、運が良かったともいえる。

 

さて、私はというとゲストからのアタリもなく、やっと最初に針掛りしたのはシロギス釣りでお目にかかるヒメジ。水深80m以深でもヒメジが釣れるとは。その後、アタリがクククッと頻繁に出るようになったのは午前8時30分を過ぎた頃からだ。


潮が変わる直前から少しずつ魚の活性が高まってきたようだ。当日は中潮で午前8時47分が干潮。潮変わり前後にアタリが出るのは予想通り。その10分後にやっと本命のアマダイが釣れた。全長28cmのまずまずサイズでひと安心。ボウズを逃れて写真撮影して気合いが入る。ゲストのヒメコダイやレンコダイも周囲でポツポツと釣れ出して、コレならまたアマダイは釣れるはず、と思っていたら案の定、9時25分頃に全長31cmの今日イチサイズが釣れた。これで写真撮影をしてもらったのが佐藤さんの釣り仲間の友人。手持ちの魚の向きまで指示をしていただき有り難うございました。この場を借りてお礼を申し上げます。

 

釣り方は簡単だが、当日は少しだけこだわった。オモリが着底したらトントンと底を5回ほど叩いてから2秒ほど待ってからゆっくりと聞き合わせるようにした。すると1匹目のアマダイもそうだったが、クンクンの後にグングンと重量感のある突っ込みがあり、その後に手巻きでリールを5mほど巻き上げてから電動リールのスイッチを入れる。すると水深40m前後でゴンゴン、グングンと鋭く突っ込む。この動きがあれば本命アマダイの可能性が高い。型が小さいとヒメコダイの可能性も考えられたが、なんとか2匹目は満足できる30cmオーバーを釣り上げることができた。

 

今回は大きく誘いと叩きを入れたのは乗船客が多く、目立つような誘い方が有効と考えたからだ。ただし、水深が80m以上と深いため竿先を大きく60cm以上上下に大きく動かして底をオモリで叩くことで砂底に煙幕を作りたかった。小田原型のオモリは底が尖っているため砂埃を立てることができたのかもしれない。2匹目の時も叩いている直後にアタリが出たからその効果は侮れないだろう。

午前10時30分を過ぎると船長は大きくポイントを移動して逗子沖の水深70m前後に変わった。その頃には気温も高くなり合羽の上着を脱ぐ人が多くなった。風も南寄りの微風に変わり、ゲストの小魚が多く、エサの消耗も増えた。食べて美味なヒメコダイやレンコダイなら良いのだが、ミニトラギスやヒメジは勘弁してほしい。

 

結局、昼過ぎになっても盛り上がりはなく、午後1時には沖揚がりとなった。港に着いてから計測と表彰があると聞いてビックリ。イベント企画とはいえ8位までの商品が出ると聞いてさらに驚いた。当日の船中釣果は2艘の高低で0〜6匹。最大サイズは42cm。私の最大は31cmだから賞外と思っていたら、なんと7位に入賞とは。しかも、貼るカイロの箱詰めやネックウォーマーなど色々な商品を頂き感謝である。乗船料金が半額だというのに次回1000円引きの乗船券も頂戴してしまった。レディース賞もあり、多彩な参加賞を含めた商品にまたビックリである。魚以外のお土産がここまで豊富な釣りイベントも珍しい。孝太郎丸には感謝である。

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM