松輪港あまさけや丸 ワラサ釣り

 

季節回遊魚とも言われる青物だが、今年のワラサはどうしてしまったのか。早い時期なら8月中にはブレイクしているはずなのにどこにも群れが参上しない。今年はもう東京湾には訪れないのか、と思っていたら、10月17日に一気に大ブレイクしたのが剣崎沖だ。トップで17本という驚異的な釣果を叩き出した宿があった。それ以外にも7〜8本は当たり前、スソでも3〜5本という船宿が多く、ついにやってきたか、という感じでその後は毎日釣果情報を楽しみにしていた。

 

山田君の主催する「大人の遠足」グループの一人、岩見さんが主催する仕立て船に乗り込んだのは11月5日土曜日。総勢8人が松輪港に集まったのは午前5時頃。出船は結局6時20分だったのだが、ワラサフィーバーが続く時期は港内の駐車場が想定外に混雑するため早めの集合時間に変更したためだ。クルマを止める場所がないのは釣りをする以前の問題。それだけワラサの襲来を待ちこがれていたファンがいたということ。ドラグを引き出す強烈な引きとブリと大差のない豊潤な味覚に惚れ込んだ釣り人が「なんとか1匹でも」と松輪港に馳せ参じるわけだ。

 

当日の宿はあまさけや丸。仕立てと予約乗合がメインの老舗宿。当日はなんと4隻とも出船。岸壁には4隻が連なり、活気溢れる雰囲気に釣り人は気合いが入る。とはいえ、仕立て船だとちょっと和やかな印象である。同船した女性アングラーからのお菓子やクッキー、せんべいなどが手渡しで配られ挨拶がてらの8人が笑顔で語り合う時間が案外貴重ともいえる。

 

最初のポイントまでは航行すること約20分。ワラサ船団の中にあまさけや丸も突入。水深50数辰ら釣り開始となる。海面からのタナ取りかと思われたが、ビシを海底に落としてからのタナ取りでもOKという臨機応変な釣り方となり、ハリス8号6mで始める人が多かったようだ。私が座った右舷ミヨシから2番目はコマセ巻き係=山田君のすぐ左隣ということで期待したのだが、最初の1匹目は私の右隣の大田区から来た山上さんにヒット。強烈なワラサの突っ込みに対して手巻きで最後まで対応していたのが印象的だった。というのも、船長は「基本的に巻き上げは手巻きでやって下さい。電動巻きでは不意の突っ込みでバレることが多いから」というのだ。掛けた本命はバラして欲しくないと思うのは当然。数日前からフィーバーが終焉したような釣果が続いていたからでもあろう。船中釣果が0〜3前後では厳しいことも予想できた。水深は徐々に深くなり、船長からの指示ダナが75mという、まるでアマダイ釣りのような水深になっていった。

 

だが、モーニングサーピスは山上さんの後から数人が立て続けて午前8時30分頃までワラサがポツポツ釣り上がった。型はどれも4kgオーバーといった太い腹回りが好印象だ。私は残念ながら2回も針外れ。スッポ抜けでバラしてしまった。ただ2回のうち1匹はワラサクラスではないと感じた。最初の突っ込みが弱く、ドラグが滑ることがなかったからだ。50cm弱のイナダであろう。その後、私もイナダクラスを2本釣り上げたが、ワラサには嫌われてしまったようだ。

 

午前9時40分を過ぎると、ワラサタイムは終了。船団から離れてマダイ五目に変更した。天気はその頃から晴天となり、風も穏やかになり凪ぎに。合羽の上着を脱ぐ場面もあり、のんびりとしたワラサ釣りになった。ただ、そこでもベテランの岩見さんは5kg級とも思える良型のワラサを釣り上げて、ついに5本の竿頭に。左舷ミヨシが特別な特等席とは感じなかったが、どんな釣りでも「釣る人は最後まで釣る」という貫禄が感じられた。ロッドワークや取り込みでも終始落ち着いて対処していたのが印象的だった。

 

午後1時20分、無念の沖上がり。私は本命ワラサはゼロ。全長47cmのイナダを2匹、34cmのマアジを2匹、早朝に仕掛け回収途中で釣れた平ソウダをクーラーBOXに納めた。まぁ、お土産が適度にあるのだから文句は言えない。2年ぶりのワラサを1本は釣ってみたかったというのが正直な所である。ドラグが滑りながらリールを巻き上げる快感を味わいたかった。

 

最後に船長に今年のワラサ事情を聞いてみた。「今日は群れがギッシリと魚探に映っていたから良かった。時々、イワシの群れを追い掛けて群れが突然消えることもあるけど、今年は年内一杯はワラサを狙って行けると思います」と自信たっぷりに締めくくってくれた。

 

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM