小田原早川港平安丸 ヤリイカ釣り

 

今年になってから釣りたてのヤリイカを食べていないなと思って数週間前から船宿の釣果情報を色々とネットで眺めているとどうやら城ヶ島方面より小田原沖〜初島沖の方が数が出ていると判断。行くなら小田原だろうと決めて出掛けたのが10月10日の3連休最終日となった。前日は南西強風で天候も雨というのに乗合船は出ていた。それでもスソで7杯前後は釣れていたので、いつもの平安丸に電話を入れて一応出船の確認をしたところ、「出ますよ。出船は6時10分ですから」と言われてビックリ。HPでは午前6時30分が出航時間なのだが、案外HP情報というのはあまり当てにならないと思った。

 

当日は雨はないものの北東風で肌寒い陽気。それでもすでに日の出前から港の駐車場は混雑していた。午前5時10分に港に到着して受け付けを済ませて乗り込むともう支度に余念のないイカ釣りオヤジが数人も。安定した釣果が出ていればそれも当然だろうと思ったが、私は約1年ぶりのヤリイカ釣りだから不安が一杯。もちろん、これまで何度もヤリイカ釣りには訪れているが、11cmのイカヅノを7本も投入器にいれてから120号のオモリを投げ込むのは久しぶり。うまく仕掛けを投入できるか否かも不安が過る。と同時に両隣の釣り客にオマツリなどで迷惑をかけないようにと一応朝の挨拶をして支度にとり掛かった。

 

私のタックルは1.8mの安価なヤリイカ竿にシマノ製小型電動リール。ただし、型はどちらも古い。道糸はPE5号で最近のイカ釣り用としてはやや太い。だが、水深はまだそれほど深くないから大丈夫だろうと甘く考えたのが最初のしくじりだった。ヤリイカは基本的に海底付近を遊泳する。だから、一番速く仕掛けを海底に送り込んだものが最初にイカの乗りを得ることができる。リールは古いは道糸は太いはでは、戦力的に辛い。それでも欲張った釣果を期待しなければ何とかなるだろう釣りを始めたのが午前7時50分頃。港からは約30分前後で真鶴沖に到着したものの、イカの群れを探索しながら最初の投入合図が出たのがその時間だったと記憶している。およそ10分は走り回った感じだった。

 

無事に投入出来た直後にイカらしき乗りを感じたのだが、どうやらそれは15号の中オモリと潮流の押され具合で一瞬「乗った」と思っただけ。1年振りのヤリイカ釣りはそんなに甘くなかったのだ。イカの乗りを感じる感覚すら忘れていて、クンクン、という繊細な乗りを感じ取れるほど熟練した腕を持ち合わせてはいない。北東風は想定よりやや強く海はウネリを伴って船は揺れる。それは想定内だが、乗りが渋いとシャクリに神経を使う。スルメイカのように大きく強くシャクレば良いというものではない。オモリ着底直後は少しだけ糸フケを出して仕掛けを弛ませてから道糸を張る。活性の高い日はそれだけで乗ってくるのだが、当日は上潮が速くトモ方向に流され、底ダチを2回ほど取り直さないと着底が確認できないことが多かった。仕掛けの回収時にオマツリが多発したことは言うまでもない。

 

それでも左隣の須藤さん(綾瀬市)はソフトなシャクリと巻き落としを交えて乗りを捉え、ポツリポツリながら乗せている。途中仕掛けをすべて交換すると一気にイカの乗りが増えたようだ。時には3点掛けもあり、足元のタルにはヤリイカの姿が少しずつ増え始めた。一方、私はというとイカの乗りが分からず苦戦が続く。確実に乗った、と思って巻き上げてもイカの姿はない。ツノに墨跡やヌルがベットリということが数回続いて、今日はついてないなぁ、とボヤキつつ仕掛けを回収すると、ツノが1本なくなっている。これは結び方が雑なため外れてしまったということ。実は最初の投入直後にサバが掛かり、その際に結びが弱っていたのかもしれないが、すべてにサバが掛かったわけではないのだから自分のハリスと幹糸との結び方が甘かったということ。それも1回や2回ではなく、沖上がりまでに4回もあった。イカヅノと浮きスッテの消耗はバカにならない。

 

そんなことを繰り返しつつ、やっと当日の1杯取り込んだのがなんと午前11時少し前である。とりあえず、ボウズはなくなったがそのイカのサイズが極端に小さくて情けなくなった。まるでマルイカのミニサイズのようだからだ。まぁそれでも初物だから気分は悪くない。この時期は小さいメスイカが旨いのだからと自分で慰めていた。周囲では水深130m前後でポツリポツリと数を増やしているようだが、私の仕掛けにはなかなか乗ってこない。たまに「乗った」と思って電動で巻き上げてくるとバレている。ツノにイカ墨がべっとりということは何回もあったが、難しい釣りに頭を悩ませていると、ついに数年振りの船酔い襲われてしまった。北東風のウネリ程度で酔ったことはなかったのだが、前夜からの睡眠不足が祟ったようで、気力が萎える。

 

途中でイカヅノの交換なども考えたが、辞めた。理由は自分のリールが古いためかオモリ着底が極端に遅いのだ。右隣の釣り人が着底した時にはまだ85mのカウンター表示というからどうしようもない。須藤さんと比較しても8秒は遅い。イカの乗りが悪いのは自分の仕掛けや誘い方が悪いだけでなく、仕掛けの着底が周囲の人より遅過ぎるからに違いない。そう考えると、もうどうにも元気が生まれない。なんとか2杯目を釣り上げてからは「ヤリイカはもう辞めようか」とさえ思ったほど。実は久しぶりの船酔いが辛かっただけ。(笑)

 

結局、午後2時5分に沖上がりの合図。私は船中スソの2杯に終わった。だが、巻き落としを含めて知っている誘いはすべて繰り出して頑張ったつもりだ。その貧果を素直に受け止めるしかない。要するに、修行が足りないのだ。この時期のヤリイカは低活性になると非常に乗りが分かりにくく、難しくなる。それを再認識しただけでも良い教訓になった。ハリスの結びからもう一度出直す必要がありそうだ。

 

そんな私の悲惨の状況を見かねて須藤さんからお裾分けを頂いてしまった。しかも5杯も、である。美味で貴重なヤリイカを5杯も頂きまして、有り難う御座いました。感謝感謝で涙が出そうになった。また、今度平安丸でお会いできましたら改めてお礼を申し上げます。ヤリイカの刺し身は実は当日よりは2〜3日目が甘みが増して絶品だ。ワサビ醤油と生姜醤油の2通りで食べると飽きがこないので大量に食べられることを報告して不漁の釣行記を締めくくろう。

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM