金田湾つりの浜浦 ボートカワハギ釣り

 

今年はなかなか天候が安定しない。度重なる台風の襲来と同時に秋雨前線の執拗な降雨などで釣りに出掛けるタイミングを予定できない。やっとの思いで晴れ間が出そうだというので9月27日に単独で金田湾のつりの浜浦にカワハギ釣りに出掛けた。平日ならポイントまで曳航してくれるため釣り開始までの時間を短縮できるだろうと考えて結局浜浦に到着したのは午前7時30分頃。速攻で受け付けをすませて支度をしてからボートに乗り込むと曳航の船外機が海岸近くに戻ってきた。少しだけ沖に漕ぎ出して曳航してもらう。カワハギのポイントは金田漁港を通り越して雨ヶ崎方面の少し手前にある定置網の周辺。私がポイントに到着した時にはすでに数隻のボートが浮かんでいた。漕ぎ出しの時間は午前6時30分からだというから地元のボート釣りファンはたぶん相当早くから来ているに違いない。それが証拠に浜浦ボート店の隣の駐車場は私が到着した時点ですでに満車であった。

 

さて、係留ロープが解かれて船長に海底の様子を聞くと「砂地に根が点在しています。周辺を丹念に探して下さい」とのこと。周囲の先釣ボートに近づきすぎないようにアンカーを落とす。仕掛けを投入すると水深は8m弱。冷凍アサリを3本針に付けて釣り開始。時計の針は午前8時を少し回っていた。参考までに当日の潮は中潮。午前8時30分に干潮となり、その後は午後3時過ぎに満潮になる。つまり、釣り開始の時間は潮止まりの直前といった感じで、エサ盗りの雑魚も少ない。

 

とはいえ、付けたアサリがそのまま戻ってくる時間が長い。これはどうやらポイントを外してしまったと考えて、潮変わり前に一度アンカーを上げてポイントを探索することにした。方法は簡単だ。弱い東風のためノーアンカーの流し釣りで岩礁帯となる
場所を探せば良い。周囲のボートにはくれぐれも注意を払い、エサが一気に取られてなくなるカワハギポイントを探すこと10分ほど。水深7.5m前後で3本針のエサが10秒足らずでなくなった。そこがポイントに違いないと再度風向きを考えて風上方向に漕ぎ戻ってアンカーを入れると、ドンピシャとまではいかないがまずまずの根廻りに落ち着いた。基本的に18mのアンカーロープはすべて出し切ってボート姿勢が安定してから仕掛けを投入して少し待つとコツコツ、ググッと生体反応が出た。これがカワハギか否かは釣り上げてみないことには分からない。

 

最初の1匹は9時10分頃に釣れてホッと胸を撫で下ろした。全長24cm級の良型だ。尾びれ中央が千切られていたのが気になったが、肝はパンパン。好ポイントに入ったことを証明できたのは次ぎのアタリがすぐに訪れたからだ。オモリが着底してすぐに1mほど巻き上げてから竿を上下に振りながら少しずつ海底近くまで落とし込んで行く。道糸のテンションを瞬間的に抜いた。その直後に聞き合わせると、カワハギ特有のガツガツ、ググッと引き込んだのでリールを巻きながら合わせつつ竿を上へ持ち上げる。間違いなく、良型のカワハギだ。慎重に巻き上げると1匹目よりも少しサイズが大きい本命をキャッチ。撮影をしたあとすぐに付けエサを装餌して再投入する。

 

私の好きな釣り方は前述した通りの方法。カワハギを一度浮かせてからエサが落ちてくるのを追わせてから最後に口を下に向けさせて針にかけるスタイルだ。ただし、アワセのタイミングが上手く合わないとバレることもある。こうした上に浮かせる方法で釣るためか徐々にカワハギが浮いてきて一番上の針に掛かるようになってきた。活性が高い時間帯にはこれでも掛かるが、技法の引き出しが少ないのが私の難点。

 

午前10時30分頃まではこの釣り方で数を稼げたが、時々ワッペンサイズが一気に集まってきた集中的に餌に襲いかかると、3本の餌はひとたまりもない。不思議なことに小さい個体ほど下の針に掛かる。嬉しかったのはベラやトラギスといったゲストが非常に少ないこと。今回ベラが掛かってきたのは1回だけ。キタマクラもゼロだから針交換が少なくてすむ。エサの消耗はワッペンが増え始めてから早くなったが、粘っていると20cm弱のそこそこサイズもポツポツ釣れるので場所が移動しにくい。

 

当日は天候が晴れてきて暑く真夏の用な積乱雲が散見され、少し休もうと置竿にして底から10cmほど巻き上げて待っていたらコンコンコンと穂先を叩くので巻き上げてみると、ワッペンが釣れた。カワハギを置竿釣法で釣ったのは初めてである。

午後12時30分頃まで粘ったが、ついに超ミニワッペンが釣れてきた所でカワハギ釣りを断念。まだアサリは残っていたが、ボート上げ下ろし場の近くの浅瀬でイイダコを釣ってみようと考えたからだ。アンカーを上げて東風を利用して金田漁港方向に流されつつ、イイダコ用のタコテンヤを落としてみたが、潮の流れが早くテンヤが落ち着かない。着岸する海岸の真沖水深5m前後の所でアンカーを入れてじっくりとテンヤをこずいて誘ってみたが、結局1杯も釣れずに午後2時15分に竿を畳んだ。

 

帰路は運良く船外機に1隻を係留して帰る途中に遭遇。本来帰路は自力で漕ぎ戻ることになっているのだが、拾ってもらった感じで楽ができた。基本的に午後3時までに着岸することになっているので少し早めに戻ることができた。女将さんに「25cm級の良型も釣れるけどそろそろワッペンが増えてきましたね」と問いかけると「その日によって違うのよ。良い日は大きいのばかりということもあって型狙いだけに絞るのは難しい」とのこと。また、イイダコも「上手い人は7杯ほど釣ってきましたよ」という。ただ、全体的にイイダコはまだ時期が少し早いのかもしれない。

 

自宅に戻って魚を並べてみると、カワハギだけで11匹、ゲストはアジが2匹。リリースのミニワッペンは1匹だけ。最大サイズは全長24cmあった。ボート釣りのカワハギで10匹以上釣ったのは数年振りのこと。満足感は自分で探し当てたポイントで数釣れたという点にある。これがボート釣り最大の醍醐味なのである。因に平日のレンタル代は一人乗りで3600円。Pも無料。氷は100円。これから10月に入るとワッペンも増えてくるがアタリが多くなり腕の差が出るようになるが、数釣りが楽しめることは間違いない。
 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM