金沢八景弁天屋 午後マゴチ釣り

 

釣り部後輩の皆川君から7月中旬頃に「マゴチを釣ってみたいんですが」とリクエストがあり,台風12号の接近が気になったものの関東には影響がなさそうなので予定通り金沢八景の弁天屋に前夜電話を入れて「3人で並んで釣りたい」ことを告げ右舷胴の間に皆川君、佐藤君,私の順に釣り座を構えた。弁天屋のマゴチ釣りは午後船のみ。出船は12時30分だが、電車組の皆川君と佐藤君を京急金沢八景駅で11時30分にピックアップ。3人乗りの場合は駐車場代が無料になるというのも嬉しい特典。

 

当日は土曜日の好天日ということもあり,総勢17人のマゴチファンを乗せて午後12時30分少し前に河岸払い。約30分のクルージングで到着したのは第二海堡周辺。水深15m前後からスタートフィッシングとなる。当日は中潮の初日で午後2時9分が干潮。そのためか釣り開始からの活性はやや低く,船中で右舷トモですぐに釣れた以外は本命の顔が見られない状況が続く。

 

それでも船長はマゴチのポイントを点々と探りながら水深5m前後の浅い場所に移動すると,突然左側の佐藤君がロッドを曲げて早々にヒット。小型ながら本命マゴチを無事にタモ取り。嬉しい初マゴチをキャッチできた。その後もアタリは出るのだが,食い込みが浅く,掛けられずに時間が過ぎる。エサは活きハゼ。5匹までは乗船料金内だが,それ以上は1匹50円とのこと。上顎の硬い所に針(丸セイゴ16〜17号)を刺して,海底に送り込む。オモリは鋳込み天秤の15号を使用。底立ちを取り、道糸のマーカーを確認しながら1mほど巻き上げてアタリを待つ。誘いは10〜20秒毎の底ダチの取り直しだけ。マメに誘いを入れると,アタリはすぐに出るもの。

 

だが,当日は午後2時頃まではアタリは少なかった。潮が上げ潮に転じると一気に活性が上がり、ゲストも多彩釣れてくる。私が最初に釣り上げたのはエソ。これは砂地帯に棲息するフィッシュイーターだ。小骨が多い魚だが蒲鉾の材料なる魚だから丁重に持ち帰った。骨切りして味噌を加えてナメロウにすると酒のつまみになるのだ。

 

午後2時30分を回ると周囲でもポツポツとマゴチが釣れ始めた。佐藤君も良型を釣り上げて2匹目。私もミニサイズを釣り上げてボウズを逃れた。残念なのは皆川君。アタリは出るのだが、上手く掛けられない様子。確かにマゴチ釣りはアタリが出るまでは運に左右されるが、そのアタリをどのタイミングで掛けるのかが難しい所。まして初心者なら何度かはパラすもの。

 

とはいえ、サイマキエビを餌にするマゴチ釣りよりはハゼ餌の方が釣り易いとは良く言われること。アタリから合わせまでの時間が短いからだ。待ち時間が短く、個体によっては一瞬で丸呑みすることもある。特にハゼが元気に泳いでくれるとそのケースが多い。ガツガツと突然に針掛りすることもあるのだ。

 

佐藤君が最初に釣り上げたマゴチも水深5mで掛かり、まるで出会い頭のような釣れ方だった。反射的に竿を持ち上げて合わせると掛かっていたという感覚だろう。まぁ、そう言うケースは決して多くないが、活性が高まればマゴチの食いは良くなる。高級ゲストはヒラメだ。右隣に座った港区の大江さんはなんとヒラメを4匹も釣り上げ、「なかなかマゴチが釣れないんですよ」と困り顔だが、目が嬉しそう。その後、2匹のマゴチを釣り上げてクーラーは一杯に。

 

驚いたのはイシモチもゲストで釣れること。アオイソメが好物のイシモチが生きたハゼを食べるとはビックリ。

 

最後のドラマは私の竿に訪れた。沖揚がり10分前に竿先がググッと曲がり、数秒待っているとガツガツときた。竿を少し上げたらゴンゴンと強い引き込みでリールを巻き上げると、今度はドラグが滑り、巻く手を止めて待つこと一瞬。穂先をあまり上下に動かさずに慎重に、ゆっくりと巻き上げると巨大な茶色の魚体が浮いた。仲乗りさんのトモ取りで無事に取り込んだのは後検寸で全長62cmのマゴチ。自己記録更新である。釣りは最後まで諦めてはいけないと言われるが、まさにそれを実践した感じだ。確かに、最後だから新しいハゼに付け替えたのは事実。底を取って1m巻き上げて待っていただけだが、ハゼが最高の仕事をしてくれたようだ。

 

船長に「60cm以上を釣ると大物賞がもらえるからまた来るように」と言われ宿で1000円の乗船割引券を頂いた。HP用に写真まで撮影してもらって嬉しい半日を過ごすことが出来た。若女将の話では「マゴチは11日で終了するの。まだ釣れるけど成長が遅い魚だからまた来年を楽しみにきて下さい」とのこと。種の保存を考えるとても真摯な船宿であることが分かった。それだけでも来た甲斐があった。皆川君、来年まで予備知識を仕入れてイメージトレーニングして待ちましょう。諦めない限り必ずマゴチは釣れるから。

 




この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM