片貝港と南新堤 釣り場の安全ガイド


作田川の河口に位置する片貝港は、九十九里浜の中央付近にある砂地帯の上に作られた漁港である。新港と旧港に区分されるが、震災の影響かまたは潮流の動きによって砂の堆積が進行中。特に南新堤の付け根周辺は砂地帯が隆起して、かなり浅くなっている。


赤灯のある北堤や白灯堤には特に震災に夜ーよる影響は見当たらず、亀裂や決壊はない。ただ一部砂が堆積して水深が浅くなっている部分もありそうだ。


海底は砂地帯が多く、一部根が点在する箇所もあるものの魚種は多彩。投げ釣りでは、イシモチ、シロギス、シタビラメ、フッコ、ヒラメが高実績だ。サビキ釣りではアジやイワシが7月過ぎ頃から高確率。


砂浜が一部隆起したと思われる南新堤は、先端部分が北堤の赤灯に向けて斜めに30mほど伸びている。港湾工事の完了は2012年3月末頃。海底は砂地帯が大半だが点々と根があり、根回りに仕掛けが入ると晩秋から春先までアイナメの釣果が期待できる。初夏になるとサビキ仕掛けにアジやイワシ、メバルも釣れる。ルアーではフッコやスズキに加えて夏場はマゴチの実績も高い。新港と旧港の港内では7月下旬頃からハゼの良型が数釣れるようになる。





この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM