松輪港あまさけや丸 ワラサ五目釣り

 

フェイスブック繫がりで集まった6人がワラサ狙いで松輪港あまさけや丸に乗り込んだのは10月8日の日曜日。主催は横須賀市在住の小幡みどりさん。当日は晴れで北寄りの弱風が朝の内少し吹いていたが、概ね凪ぎ模様だ。定刻の6時30分より20分も早く港を離れることができたのは人数限定の仕立て船だからである。船長はピンチヒッターの代理船長だったものの、大人しい静かな操船で時間を掛けてポイントを目指す。

 

ただ遊漁船組合の取り決めで釣り開始は午前7時からと決まっている。私はちょっと苦手なミヨシ(右舷)に釣り座を構えた。右手が小幡みどりさんでトモが小幡さんのご主人。左舷も3人で日曜日のワラサ釣りとしては大名釣りに近い状態だ。本命ワラサが掛かればオマツリは必至。そんな時に片舷で3人というのは贅沢である。竿入れの協定時間7時に釣り開始。船長の指示ダナは海面下48m。ハリスが8号6mなので54mまで80号ビシを落としてしばし潮に馴染むまで数秒間待ってから3回に分けてオキアミコマセを振り出しつつ、指示ダナにセットする。

 

モーニングサービスは10分足らずですぐに訪れた。左舷の石井真子さん(川越市)はなんと本ガツオを早々に釣り上げて喜色満面で撮影に協力していただいた。周囲でも、ポツポツとアジやサバ、ソウダガツオは釣れているが、本命のワラサがヒットしない。私の竿が曲がったのも同じ頃。ただ海面に姿を現したのはイナダ。後検寸で全長45cmだった。引きはイナダ特有だが、ワラサのそれとは大きく異なる。針掛かりしてから強引に突っ込むワラサならすぐにドラグが滑り、リールを巻く手が止められるのが一般的。たとえ3kg前後でも、最初の突っ込みはまさに暴力的で刺激的なのである。ワラサが否かはその突っ込みですぐに判断できる。イナダでは、電動リールのスイッチを入れてもほとんどの場合、ドラグが滑り出すほど豪快な引き込みがない。小幡さんもイナダを釣り上げてひと安心した表情だ。

 

ところが、時計の針が7時30分を過ぎると、アタリが遠くなり、多彩なゲストも掛からない。豊富なメニューのモーニングサービスはものの30分足らずで終わってしまったようだ。小幡さんは1時間もすると仕掛けを細字掛けに交換した。ハリス6号6mでワラサ+マダイ狙いに変更したようだ。それでも付け餌のオキアミも齧られないまま戻ってくることもあり、魚の群れが消失した寂しい時間帯に突入してしまった。私はというと、アタリがないだけに退屈してしまい、仕掛けを細しかけに変更する手間まで省く無精者に早変わり。実はそのとき、すでに睡眠不足が祟って若干船酔い気味になっていたのだ。マメな手返しもそこそこにハリス8号6mのまま何もしないのは釣れない証し。しかも、ロッドキーパーに任せたままの置竿、というより放置状態に。これでは釣れるわけがない。お土産になるイナダを2本クーラーBOXに血抜きしてから保管したので、安心感があって眠気にも襲われた。

 

その点、小幡さんご主人と左舷トモの有泉さんはしっかりマダイ狙いに転向していた。仕掛けはハリス4号6〜8mに変えていたのだ。朝のうちの北東風も完全に止み、穏やかな海面を夏空の紫外線が容赦なく照らす。こうしたマメな仕掛け変更が功を奏したのか午後1時少し前には有泉さん(鶴ケ島市)が1kgオーバーの良型マダイを釣り上げた。お見事というほかない。食べ頃サイズのマダイは見るからに美味しそうであった。

 

ゲストのアタリが消え失せても裏本命、マダイを諦めなかったことが幸運をもたらしたと言えそうだ。長い時間の置竿はもってのほか。最後まで諦めない精神が大切ということである。

 

結局、午後1時30分に沖揚がり。船中6人で本命ワラサはゼロ。前日は悪天候だったが、釣り船が少なく釣客も少なかったため某宿ではトップ13本という驚異的なワラサ釣果を実現したという。あまさけや丸の女将さん曰く「昨日はね、釣り人の数よりワラサの数が上回っただけ。釣れる時には釣れるのよ」とハッパを掛けられた。私の場合は、それ以前に朝のゲストの時合が過ぎてから諦めムードを体全体に漂わせていたのだから釣れるわけがない。まだまだ修行が足りない、ということだろう。

 

最後に味覚の話で締めくくろう。45cmのイナダは定番の刺し身で美味しく頂いたが、実は一番旨かったのが最後の流しで釣れた35cm弱のサバだ。包丁で皮を引く時に付着する脂が凄かった。まだ10月上旬というのにしっかり脂が乗っていたのには驚いた。松輪サバ、恐るべしと書いておこう。

 




金沢八景荒川屋 午前LTアジ釣り

 

9月3日の豪華客船でのクルージングパーティに参加した時にひょんなことから「船で釣りをしてみたいですね」という一人の女性(渋谷区の藤井さん)の要望からトントン拍子に10月1日に金沢八景の荒川屋で午前LTアジ釣りを楽しむことになり、フェイスブックで繫がりのある人に声を色々と掛けて頂いたのが今回お世話になった実質の幹事役、森さんである。幅広い人脈をお持ちの森さんのおかげで私を含めて9人が集まり、穏やかな秋晴れに恵まれて初の沖釣りイベントは大成功となった。

 

その裏方として「釣った魚を調理して食べさせてくれるサンドフィッシュ)というレストランを併営している荒川屋さんの貢献度も大きい。今回の釣りイベントは釣り+食事にあったといえるだろう。ただアジ釣りをするだけではここまで人数は集まらなかったはず。釣り立てのアジを食べることで参加者全員の気持ちがひとつになれたのではないだろうか。

 

気になる実釣については可もなく不可もなく、といった印象だ。午前7時30分に金沢八景の同宿の桟橋から出航。当日は他の団体さんもいて、総勢24人は乗っていた。我々のグループは大半が初心者で、貸し道具と貸し合羽だけでも7人。経験者は私と栗原君、もう一人ぐらいで、釣りがまったく初めてという女性も数人いた。それでも、水深約25m前後の小柴沖で釣り開始となり、すぐにアタリを捉えることのできた人も数人いて活性が高いと感じたのだが、そんな美味しい時間は長く続かなかった。朝の90分後までが当日のゴールデンタイムだったと記憶している。

 

潮の流れは適度に動いているため30号ビシのコマセは早くなくなり、マメな手返しをする人がポツポツと釣り上げていた。中でも釣り部後輩の栗原君は全長で30cmオーバーの良型ばかりを黙々と釣り上げて、嬉しそう。左舷の大ドモという特等席に座っていたとしてもアジ釣りの腕は確かだ。指示ダナは底から2m。ビシが着底して正確な底ダチを取り直して、1m巻き上げて1回コマセを振りだし、もう1m巻いて再度コマセを振ってアタリを待つスタイルが一般的。2分待ってもアタリがない場合は、再度ビシを海底まで落とし直してからシッカリと底立ちをとって、底上げ2mでアタリを待つ。これを2回繰り返したら、ビシを回収してコマセを詰め替えて再度仕掛けを落としていく。この繰り返しだけだから難しいことはない。

 

ところが、釣りがまったく初めてという人にとっては慣れない動作が続くため、アタリを長い時間待ってしまう。すると、ビシが海底近くで動かないため隣同士の仕掛けとオマツリをしてしまう。船は潮に任せて少しずつ流れているため、マメな底立ちの取り直しこそがオマツリを防止する対策のひとつにもなるのだ。因に荒川屋のオリジナルLTアジの仕掛けは全長で1mだ。その理由はオマツリの防止と魚を掛けたまま取り込める長さということらしい。一般的にはハリス長は短くても1.8m、通常で2mである。それはビシをコマセカゴに入れてからハリスを手にもって大きく腕を延ばして取り込めば難なく船内に入る。

 

だが、そうした一連の動作が慣れていなければ口頭で説明されてもすぐには実践できないもの。特に魚が掛かって海面に姿を現せば心は焦りまくる。それが初心者というもの。慣れていなければ上手く取り込めない。海面で3回もバラしたり船内に取り込んだ後にも魚が跳ねて海中に自然リリースしてしまったケースも多かったようだ。それも初めての釣り体験としては大切な思い出となる。次回からはどうしたら上手く取り込めるのかを考えて行動するといい。ベテランや常連客の釣り方や取り込み方を横目でシッカリと見て覚えることも大切なのである。

 

当日は中乗りさんも一人乗船していたが、どうしても船内通路が狭いため軽快なフットワークで移動することができない。できれば、取り込みの手助けや仕掛けのオマツリ解きをもっと手伝って欲しかったというのが正直なところである。もうひとつ疑問点がある。船内にタモ網が1本も置いていないのだ。これは船長の考え方で、たぶん釣り人とアジとの真剣勝負を望んでいるのだろう。取り込みで失敗するのは釣り人の負け。海中に逃げて帰れたのはアジの勝ちということになる。

 

とはいえ、30cmオーバーのアジは海面から抜き上げる時に重力が一気に掛かるため、上顎の硬い部分に針が掛かっていなければバレてしまう。これだけはなんとかして欲しいもの。タモの手助けは許さないという船長の考え方なのかもしれない。結局、午前10時50分に沖揚がり。船中トップが35匹という。私は8匹だったが、1匹だけ全長35匹の良型をキャッチできたのがせめてもの救いか。名手、栗原君は30cmオーバーばかりを7匹も釣り、喜色満面であった。初挑戦の加藤さん(横浜市)はダブル掛けを披露して合計7匹も釣り上げていた。初めてで7匹はリッパ。しかも35cm級も1匹キャッチして満足そうだった。「アジが掛かってググッという感触が楽しいですね」と楽しめたようだ。

 

嬉しいのは釣ったばかりのアジをササッと短時間で調理してくれて食べさせてくれるレストラン「サンドフィッシュ」のサービス。もちろん、事前予約の有料だが、ご飯、味噌汁付で1800円は安い。料理は刺し身、塩焼き、そして人気のフライだ。中でもこのフライが超絶品。釣り立てのアジをフライで食べた記憶はほとんどない。噛んだ瞬間のサクッ、次ぎにフワッときて最後にジュワッと味わい深い味覚は筆舌に尽くしがたい。私は当日クルマで行ったためノンアルコールビールしか飲めなかったが、電車組の大半はビールのお変わりをしていたようだ。羨ましい限り。釣果以上にアジの味覚を満喫した釣りとなった。

 




長井港仮屋ボート サビキ五目釣り

 

ここ数ヶ月、大好きなボート釣りに行けていない。勝手気侭な手漕ぎボートは天候に左右されることが多く、天気が良くても風が吹くと出航中止になることが多い。しかも、仕事の都合や用事が重なることも多く、タイミングが難しかった。なんとか運良く天気の良い9月21日の木曜日に長井港の仮屋ボートから青物狙いで漕ぎ出せた。当日は朝から晴れで風も北風微風。最高気温が前夜の天気予報で29度になるとか。真夏日一歩手前である。

 

朝飯を佐島付近の牛丼店ですませ、林ローター近くの釣餌店(活きエサの徳丸)で冷凍アミコマセ1kgを320円で購入して、現地に到着。時計の針はすでに7時をとうに回っていた。港内の駐車スペース(無料)にとめて、支度をしてボートに乗り込んだ。前夜に電話を入れてボート店主に「水深25m近くを狙うのでアンカーロープは40m以上欲しいです」と伝えておいた。ツブ根の北側にあるカケサガリの岩礁帯に到着できたのは8時の15分ほど前。だが、アンカーを投入するには風向きや潮流を考慮する必要があり、到着直後はほとんど風はなかったが、大潮3日目だけに潮具合が読めない。まずはオモリ50号だけを投下して水深をリールの道糸でチェック。確実に水深が25m以上ある場所を確認。その際に潮の流れ具合も探りつつ、アンカーを投入したのだが。

 

コマセにアジパワーというマルキューの集魚剤を1袋混ぜて、汁気を除去してから詰め込んだ。オモリが着底して2mほどリールを巻いてからアタリを待つと、すぐにグググっと竿先に反応が出た。これは幸先の良いスタートかと思ったらなんとハリスが切られているではないか。2投目になって憎き犯人の正体が分かった。全長30cm近いシロサバフグである。フグは一般的に定着性が強く、広範囲に移動をしない習性があるという。つまり群れでこのフグがいれば仕掛けはいくつあっても足らない。ハリス切れで使い物にならなくなるからだ。そのとき既に40号のオモリを1個、切られて紛失している。

 

対応策はポイントの移動しかない。重たいアンカーを引き上げて漕ぎ出したが、山立てをするにも朝からモヤが掛かって岸側の景色が判然としない。長井港の赤い灯台や佐島沖堤防の白灯台など知っている山立て知識をフル動員して、場所を決定した。再度水深をチェックすると29m前後とやや深くなった。それでも風がないため40mのアンカーロープは半分も出て行かない。そのためか、ボートはゆっくりと移動する感じ。ここで少し粘ってみようと2本目の竿を出したのが良かったようだ。1本目の竿にはハリス4号のサバ皮サビキをセットしてオモリは40号だか、針数はフグの被害で3本に。2本目の棹には安価なバーゲン品のピンクスキンサビキを結んだ。ハリスは2号6cm。量販店で購入した5枚1パックのバーゲン品である。

 

午前10時20分頃、穂先がお辞儀をして、何やらアタリが訪れた。ただ、強い引きはない。海面に顔を出したのはなんとウルメイワシ。しかも6本針に4点掛けだからそこそこの重量にはなる。最初はこれは泳がせ釣りの餌にしようと考えたのだが、実際にはアンカーを投入しての掛かり釣りだから断念。流し釣りができないわけではないが、コマセ釣りの場合、一点に集中してコマセを撒いて魚を寄せるために流し釣りをすればその効果が極端に落ちることになる。つまり、どちらにウエイトを置くのかを明確にしないと「虻蜂取らず」「2頭を追うものは1頭も得られず」というハイリスクな釣りをすることになるからだ。

 

結局、流し釣りはせずにコマセサビキで粘ることに決定。のんびりとした釣りが好きな筆者にはその方が似合っているのだ。しかも、その後にラッキーなハプニングが訪れた。当日の潮変わりは午前11時30分頃。干潮から上げ潮に変わった直後にサバ皮サビキの竿に強烈なアタリがきた。穂先が海面に突っ込み、竿全体が弧を描きリールはドラグが滑り、ハンドルを回しても道糸は巻かれない状態が何度かあって、やっと海面直下に赤い魚体が顔を見せた。正真正銘のマダイである。全長は後検寸で28cmだったが、強い引きは充分堪能できた。

 

その後は相変わらずウルメイワシが多点掛けとなるシーンが何度もあり、数は延ばせるが魚の引きは楽しめない。少し仮眠をしたくなり、ボート内で寝転んで10分ほど寝込んでしまった。穂先だけは目視確認していたつもりだが、ピンクスキンの竿がカダカダと震えるような音に目が覚めて、リールを巻いてみると強い引きではないが、重量感のある突っ込みが途中で2回ほどあり、浮かんできたのは全長32cm(後検寸)のワカシだった。なんと2本の針を飲み込んでいたからたぶん掛かったイワシを喰ったわけではなさそう。ワカシはピンクスキンがお好みだったということだろう。ハリス2号でも2本の針を飲み込んでくれれば案外簡単に釣れてくるもの。「果報は寝て待て」ってことなのかどうか。

 

もうひとつ驚いたのはウルメイワシの高活性具合、貪欲な食欲だ。とうとうコマセが底をついてコマセなしの状態で仕掛けを降ろしてみたところ、おかまいなく多点掛けで釣れてくるではないか。タナは海底から2m前後。遊永層が合致すれば針掛かりしてくるという感じ。3点掛け前後だが、ピンクスキンが好みのようでサバ皮にはたまにポツリと掛かる程度。不思議だが、当日の潮の濁り具合やピンクスキンの色にも好反応を示したということである。サバ皮のハリスは4号だったこともあり、一概に比較できない。

午後2時10分に港に着岸。ボート店主に写真撮影に協力してもらい、ニコパチも無事終了。自宅に戻って、ウルメイワシは酢みそ和えと梅干し入りの生姜煮で舌鼓をうった。冷蔵庫のチルド室で3日連続で完食した。


ワカシは当日に刺し身に、マダイは一晩寝かせて翌日刺し身にした。どちらも絶品の味覚に酒量が増えてしまったことは言うまでもない。ボート釣りの魅力はやはり自分の狙った場所で目的の本命魚を釣り上げることで満足感を得られるもの。もちろん、大物ならもっと嬉しいのだが、ポイントの選定から釣り方の決断など自分の経験と腕が試される、原始的な釣りなのかもしれない。小田和湾の海と自然に感謝する気持ちを今回ほど強く感じたことはない。次回のボート釣りには新調したロランスの魚探をぜひ試してみたい。

 




片瀬漁港島吉丸 カワハギ釣り

 

毎年秋が深まる前に釣っておきたい魚は数多くあるが、特にカワハギは10月中旬以降になると15cm弱のワッペンと呼ばれるミニサイズが増えてくる。その前に良型をサクッと釣っておこうと思って出掛けたのが9月10日、片瀬漁港の島吉丸のカワハギ釣りであった。ところが、想定外の「もうワッペンがいるのか」とガックリ。しかも、海面で全長25cmオーバーのギガサイズをバラしてしまい、ショックを最後まで引きずった。

 

当日は天候の良い凪日和。朝から晴れていて風もない夏日に。こうなると船中は右舷だけ出11人の乗船客。たぶん両舷で20人以上の大盛況だったに違いない。私が座った右舷胴の間の左隣し多摩市から来たという上田さんご夫婦。右隣は小学3年生で9歳の五十幡日向君とそのお父さんの家族連れで賑わっていた。

 

まだ海水温が高い時期だけにベラ類やトラギスといったエサ盗りゲストが多い時期だけに私は普段は装着しない中錘と集魚板をつけて点々と散らばっているカワハギを寄せて釣ろうと考えた。ところが、他の釣り人たちもそんなことは先刻承知で個性的な最新の集魚アイテムを装着して仕掛けを投入。最初のポイントは港から10分の江ノ島裏。水深18m前後からスタートした。

 

予想通りのトラギスとベラのオンパレードは約1時間近く続いたが、腕のある常連はそんなゲストを避けつつも、ポツポツと本命のカワハギを釣っていた。私はというと相変わらず誘い方に手が合わず苦戦。やっと本命が釣れたのが開始から1時間経ってからという、いつものドン臭いスタイルだ。25号の白塗りの球形オモリが海底に着底すると同時に竿先をスッと大きく1mほど上げてから少しずつ穂先を揺らしながら仕掛けを下げて行く。これはカワハギが仕掛けをめがけて寄ってきていることを想定して、上から少しずつ餌のアサリをみせながら誘い、最後にオモリを底に着けてカワハギの頭を下げて喰わせる方法を得意としているのだが、どうも近づいているのが前述のベラとトラギス、キタマクラばかりという結果に辟易することに。

 

それでも、マメに餌を付け替え、針&ハリスを交換しながらなんとか2匹目を釣り上げたらこれが哀しい「ワッペン」とくれば悔しいこと甚だしい。14cm足らずのサイズはさすがにリリースするしかない。9月初旬にも関わらず江ノ島裏には早くもワッペンが出現するとは、ちょっと想定外であった。一般的にはワッペンは10月下旬頃から増えてくるモノと考えていたからだ。エサ盗りの雑魚に加えてこの類が多いとなると当然エサの消耗も激しくなる。

 

船長は「昨日はここで結構良い型が数釣れたんだけど、今日は潮が逆なんだよね」と渋い顔。それでも、時折、強烈な引きで良型を抜き上げる場面もあり、カワハギの型は大小入り交じる感じで釣れている。午前10時30分頃から南風がそよそよと吹き始めた頃についに今日一番のゴンゴンゴンという強烈なアタリがきて、リールを巻き始めると海面近くで左に走り、浮いてきたのが目検討で25cmオーバーのギガサイズ。これはさすがに怯んだが、エイヤッと抜き上げようとした瞬間にハゲ針が抜けてしまって痛恨のバラしに。船長は「タモ入れを待ってくれれば掬ったのに」と言われたが、もう後の祭りでしかない。悔しいというより強烈な引き味に興奮して数分間は呆然としてしまった。

 

掛かっていた箇所のハゲ針5号が延ばされて、間抜けな形に変形していた。いままで針が延ばされるほどのギガサイズを釣った経験がないだけに一種感動的でもあった。右隣の五十幡さんには「30cmはあったように見えたけど」と言われ、改めてギガサイズは「抜き上げ禁止」と痛感した。針の掛かりどころはもちろんだが、針が抜き上げ直後に延ばされることがあるということを体験できたのは貴重かもしれない。今後の良い教訓として頭に刻んでおこう。

 

その後は1匹追加できたのだが、これがまた情けない。竿の脱落を回避するために落下防仕用のリーダーを装着していたので安心して、トイレに行った。まさにその数分の間に「ゴンゴンと竿が曲がってから巻き上げておいたよ」と仲乗りさんに言われて苦笑い。あれほど誘いが上手く行かなかったのに底上げ2辰里泙淬峇箸砲靴浸迭櫃韻剖瑤辰討るとは。嬉しいやら恥ずかしいやらでもう笑うしかなかった。それが2匹目だからなおさらである。恥ずかしながらワッペンサイズのリリースは合計3匹。

 

南西風が少し強くなり始めた午後2時に沖揚がり。船中の釣果は1〜15匹。お父さんと一緒に釣りにきていた五十幡日向君はまだ9歳だというのに良型カワハギを2匹釣り上げて嬉しそう。「もう3〜4年ほどカワハギ釣りはしてます」というお父さん。アサリの餌付けから誘い方までお父さんからの指導よろしく、将来有望なプロアングラーになるだろう。その日向君が2匹、私は沖揚がり直前に釣った15cmを最後に3匹で終了。ここまで貧果が続くと「もうカワハギ釣りは辞めた方がいいのかな」とその夜、肝和えを晩酌に真剣に悩んでしまった。修行が足りないだけなのだろうか。ウ〜ん、どうなのだろう。やるべきことはやっているつもりなのに‥…。

 




鴨居大室港五郎丸 午前タチウオ釣り

 

釣り人にとって気難しい魚を釣る時ほど慎重になるもの。数日前から行く予定の船宿の釣果情報や定休日、潮具合や海水温など色々な要素を吟味しつつ、「明日なら釣れるゾ」と確信を持って意気揚々と船に乗り込む。今回は釣り部後輩の栗原君を半分強引に誘っているため、特に熟慮したつもりだった。それを平然と裏切るのが難敵、タチウオである。別名、幽霊魚とも呼ばれ、突然食い気がなくなる不思議な魚でもある。

 

8月29日は火曜日。久しぶりに釣りを楽しもうとした栗原君を完膚なきまでに叩きのめしたタチウオが憎い。とっても、だ。乗り込んだのは鴨居大室港の五郎丸。午前タチウオ船である。当日は南西風が少し吹いたが、曇天で少し涼しいほど。真剣にタチウオに立ち向かうには最適な釣り日和と思えたのだが。出船は午前7時15分。ほぼ定刻に港を後にして向かったのは観音崎沖。南西風を観音崎の山々が遮ってくれるため波立ちは少ない。

 

約20分で最初のポイントに到着したものの5分程度群れを探索し、午前7時45分頃に仕掛け投入の合図が船長から出された。「水深は70m、65mから20m上まで探って下さい」。一斉にオモリ60号の1本針仕掛けを海中に投入して、釣り開始。道糸がPE2号限定でそれ以上は80号とのこと。私は超小型電動リールにPEラインを200m巻いてあるため速攻で底立ちを取りつつ、下から誘いを入れる。一方、タチウオ初挑戦の栗原君は最初持参した少し年季の入った2.4mのロッドを振っていた。オモリが80号で2.4mでは体力的にもチト辛いものがある。途中から私が持参した手巻きリールの1.8m万能ロッドに替えて釣りを続けてもらった。

 

私は一投目で幸先よく全長84cm(後検寸)の本命をキャッチできた。メーター読みで水深約52mでグググっと強く突っ込んだので強く竿を煽ってアワセを入れた。これなら今日はそこそこ釣れるのでは、と思ったのが甘かった。アタリは出るのだが、食い込みの強くなる掛けるタイミングがないのだ。リールを3分の1回転巻いて、シャクる。竿先を海面に下げつつ1秒待ってからまた軽くシャクる。シャクる幅は30〜40cm前後。シャクる速度に変化をつけながら、45m前後まで誘い続けるが、難敵タチウオは餌のサバの短冊を追い掛けてこない。もちろん、朝から1時間前後まではそこそこ活性は高かったが、食い込みアタリが出ないため、強くアワセることができない。

 

私が座った左舷トモの常連さんは活性が低いタチウオを狙う時に使う秘策を使っていた。電動リールの巻き上げ速度を極スローのまま巻き上げるスタイルである。それでもアタリが出る回数は少なく、竿先が突っ込む食い込みまでが来ない。典型的な激渋りの時間は、9時前から続いた。

 

栗原君も丹念に誘いを入れながらマメにエサの確認をしていたようだが、なかなかアタリが出ない様子。船長が「移動するので上げて下さい」といったタイミングでリールを手で巻き始めた途端にガツンと針掛かりした感じ。軟調子の万能ロッドが大きく弧を描きながら釣り上げたのは指4本サイズの良型タチウオだ。とりあえず、ボウズ脱出でひと安心。一番胸を撫で下ろしたのは私だったかもしれない。

 

その後、船長は転々とポイントを移動する。観音崎沖から走水沖、猿島周辺も探っていた。指示ダナは浅い場所で50m前後。深くても70m弱だった。「底から20mまで誘って」という合図が出されてもタチウオは気紛れなので上下5mまで誘い続けた方が良い場合もある。餌を見続けてジックリと追い掛けて最後に食い付くケースもあるからだ。

 

一般的に夏タチウオは8月下旬なら水深30mから上で掛かることが多い。高活性なら10m未満でも針掛かりする。これが反対に当日のような低活性の喰い渋りになると、もう何をやっても喰ってこないのだ。これが幽霊魚と呼ばれる気難しい魚の所以である。

 

こうした時に最低限試しておきたいことはハリスを細くして、長くすること。当日はハリス8号の太いハリスに2mの長さを使い続けてしまった。これを5号ハリスに3mに長くしたらもしかしたら喰ってきたかもしれない。分かっていても試さなければダメである。誘い方を微妙に変えれば喰ってくるだろう、餌を新しく変えれば掛かるかも。といった「だろう釣り」は低活性のタチウオには通用しないと思った方がいい。とにかく、できる限りの対応策をコマメにやってみること。これしかない。試してダメなら諦めもつくがやってみなければ分からない。次回、再挑戦した時にはぜひ試してみたい。そのためには釣行前の準備万端が不可欠である。

たぶん、栗原君も納得のいく釣りとはいえないはず。次回の挑戦を心待ちにしています。難しいから面白い。タチウオの人気はココにあるのだ。

 

因に、前日の同宿のトップは31匹、当日は船中トップが5匹、私と栗原君は1匹でスソ。翌日はトップ20匹以上だったとか。谷間に釣りに行ってしまったわけである。トホホ。

 





カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM