片瀬漁港萬司郎丸 LT中深場根魚五目釣り

 

3月も中旬を過ぎる頃になると相模湾にも春の濁り潮が差し込んでくる。折しも3月10日頃から小田原沖でキンメダイが群れで回遊してきたらしく、初島沖ではなく、灘寄りの浅いポイントで好釣果が続いていたのを釣果情報で確認していた。そこで混雑する3月18日からの3連休を避けて17日に片瀬漁港の萬司郎丸からLT根魚五目釣りの乗合船に乗り込んだ。平日とあって右舷2人で左舷は4人の乗船客。船長は定刻より20分も早くを港を離れて一路好釣果が続く、小田原沖を目指した。航行すること約80分。海はほとんど無風ベタ凪だから快適なクルージングで向かった。すると、そこには小田原船籍だけでなく、茅ヶ崎港や平塚港周辺の釣り船も船団を形成していた。

 

船長は「はいどうぞ、やって下さい。水深は180〜190m前後」のアナウンスで一斉に150号のオモリに引かれて仕掛けを投入。萬司郎丸では、珍しく深場釣りでも全員が一斉に投入するスタイルを取る。これも初心者には気が楽である。針数も「タナを広く探れるから10本でもいいですよ」とは船長の弁。私は7本針でスタート。

 

オモリが着底して底から5mほど巻き上げると、すぐに穂先を不連続に叩くキンメ特有のアタリが出て、幸先良く2匹のキンメダイをキャッチできた。型は大きくはないが、1投目から本命が釣れるのは嬉しいもの。次ぎの投入でも2匹掛けを達成し、早々に4匹をクーラーBOXに入れた。途中からの投入も自由だからキンメ釣りが初めてでも慌てることはない。たぶん潮流が速くないというからという恩恵もあるのだろう。

 

さて、3投目には30cm級のマサバも2匹掛かり、キンメダイと同じタナで釣れてくる。最近では、アジ釣りに行ってもサバがほとんど混じらないことが多く、久しぶりのマサバは大歓迎。指でエラを千切って血抜きをしてから海水氷の入ったクーラーに納めた。もちろん、エサ用として切り身にしても良かったが、船宿支給のデッドヘイトのカタクチイワシで充分アタリが出ていたのでその必要を感じなかった。また、自宅から生のヤリイカを前夜に短冊にして持ち込んでいたので、潤沢な付け餌があったため釣り上げたサバは刺し身で食べるために持ち帰ったというわけ。

 

午前9時前頃からアタリが少し遠くなったが、ポイントを移動すると30分後には再びアタリが出るようになった。今度は底上げ10m〜15m近くでもキンメからのアタリが頻繁に出るようになった。底潮が適度に流れていて、濁り潮のためか待望のスミヤキ(標準和名=クロシビカマス)も釣れてきた。細長い魚体だが、全長50cm以上ある良型も混じった。皮側に小骨が縦横に走る特異な魚だが、スプーンで身肉を削り取るように剥いでナメロウにすると絶品ということを知っている根魚ファンは多いはず。白身だが、上品な甘みもあり貴重な美味深海魚といっていい。

 

船中でも飽きない程度にポツポツとキンメを筆頭にスミヤキやクロムツが釣れていたようだ。中でもロッドを満月に曲げて電動リールのドラグを効かせて慎重に取り込んでいたのは右舷ミヨシの松井さん(藤沢市)だ。海面近くまでグイグイと強引な突っ込みが衰えない。間違いなくメダイだと信じてタモに収まったのは推定4kgはあろうかと言うメダボなメダイだ。これは松井さんもビックリ。破顔一笑の大物に撮影の協力をしていただいた。

 

ほとんど無風で晴れだから最高の釣り日和に恵まれたが、大概そうした釣り日和の日には潮が流れず、貧果に終わることが多かったが、3月17日は違った。しかも、底立ちを取り直す回数は少なかった。それより船長からの指示で「20mくらい上にも反応出てます」という。183mからさらに10m上、つまり170mでも喰ってくることがあり、私は驚いた。これまで小田原沖でキンメダイを釣った経験は何度もあるが、灘寄りの水深170m台でキンメダイを釣った経験はない。群れで行動することが多い魚だが、ここまで浅い場所で釣れるとは。いままでなら初島沖付近では250〜280m前後が平均的なタナのはず。それがここまで浅いと手返しの点でも有利だ。

 

ただ、何度も仕掛けの投入を繰り返していると、8号のフロロカーボンハリスでも縒れが出て、魚が掛かれば回転しながら上がってくるので縮れて手前マツリも頻繁に起きるもの。途中からの投入も可能だから縒れたハリスは針ごと交換してから落ち着いて再投入すること。これだけで魚の食いは違ってくる。当日は無精者の私も針付ハリスを何本も交換したことは言うまでもない。ハリスの縒れは食いが落ちる最大の原因となるので要注意である。

 

午後1時30分に沖揚がり。最後の流しでもスミヤキとマサバが釣ることができて大満足で港に戻った。船中トップはなんとキンメ釣りが初めてだと言う川崎市の岩崎さんの23匹。良型のクロムツも値千金だ。私はキンメ13匹にスミヤキ3匹にマサバ5匹と久しぶりの大漁で気分最高。近所の魚好きの坂部さんへお裾分けもできた。

 

最後にキンメダイの美味しい食べ方をひとつ。刺し身で食べたいならクーラーBOXに丸2日は寝かせたい。旨味成分が滲み出すのに時間がかかるからだ。初日にどうしてもというなら一度軽く素焼きをしてから煮付けにすると旨味を閉じ込めた煮付けにありつけるからお試しあれ。スミヤキはナメロウと少し面倒だが刺し身で食した。その他に西京漬にも挑戦。味噌は田舎味噌に白味噌を7対3の割合で混ぜて、ミリンを適当に掛けて溶くといい。その前に三枚に下ろした身を皮側から細かく骨切りをする手間がある。この骨きりさえマメにやればたぶん美味しい、と思う。実は今晩食べるのでまだ未知の味覚なのである。ネットで調理法も色々と検索できる便利な時代になったものである。

 

オマケ情報をひとつ。萬司郎丸では朝受け付けをすると、必ず「リベンジ券」を1枚もらえる。しかも、次回は7000円で乗船できるというから嬉しい。利用期限が記載されていない点も船宿の心遣いだろう。今現在、港内の駐車料金は無料になっている。

 




ジャパンインターナショナルボートショー2017inパシフィコ横浜

 

パシフィコ横浜で3月5日まで開催されているジャパンインターナショナルボートショー。今回は2日のプレスデイに足を運んで簡単に取材をしてきたのでその要点をお伝えしておこう。個人的にもボート釣りが大好きなのでいわゆるミニボートを中心に新しいネタを探してきた。基本的に2馬力エンジンを搭載する船舶免許不要で、しかも船検も不要なお手軽ボートがメインとなっている。

 

その中でも目を引いたのがジョイクラフトの「ブラックマグ205」である。驚いたのは船体重量がわずか19kgなのに定員が2人。2名が乗れてこの軽さは画期的といえる。しかも、幅7cmのトランサムには2馬力エンジンを搭載できるから快適なボート釣りが満喫できるわけだ。万が一、大物がヒットしても大魚に船体を振り回されないために、下向きのオールストッパーも装備されている。つまり、差し舵効果が期待できるオールブレーキというわけ。

 

気になる船体価格は12万9000円。もちろん、海でも使用可能。超高圧フットポンプは1万1000円の付属品となっている。3月5日、明日最終日のボートショーで現物をぜひご覧下さい。ただし、2馬力エンジンは別途。

 

次ぎは魚群探知機のHONDEX。ボート釣りで最も大切なのがポイント探索だが、魚探があるか否かは釣果の有無に直結する。もちろん、高性能な高級機種があればすべて安心かと言えば決してそうともいえない。安価でも必要充分な機能を備えていればミニボートなら問題はない。そんな魚探メーカーとして人気と実績の高いHONDEXのブースで新製品を探してきた。2017年4月に発売が予定されている「PS-611CN」がそれだ。

 

ひと言で言えば、ポータブルGPS内蔵のプロッター魚探ということ。超小型ボディに全国詳細地図を内蔵しているのだ。しかも、プロッター画面と魚探画面の併画表示が可能となっている。下端にあるオートスイッチを押せば、全自動で深度、感度を調整してくれる。さらに、高輝度LEDバックライト、フィッシュマーク表示、単三乾電池による駆動が連続使用で8時間とくれば至れり尽くせりだ。価格は税抜きで4万5000円。これがあれば好釣果は間違いないだろう。

 

最後に目が止まったのがBMOジャパンのブース。ボート釣りを楽しむファンには細かいところに手が届く便利な機能パーツが盛り沢山あって、目移りしてしまう。ひと言で言えば、クーラーBOXに装置できるカスタムパーツがオススメ。では、何があるのかというと、ロッドホルダー、プライヤーホルダー、カップホルダー、マルチトレイ、エサ箱など実際に釣りをしている時にこんな便利グッズがあれば、という小物類がすべて揃っている。

 

中でも素晴らしいのがステップレールだ。貸しボート店で借りたボートに装着できる万能型のボート用艤装システム。このステップレールをボートの縁に装着すれば、ロッドホルダーやコマセカゴが簡単に取り付けられる。

 

また、マイボートに限らず魚探を簡単に装着できて、振動子の取り付けまでできるフィッシュファインダーセンサーマウントも画期的。HONDEXPS500シリーズをベースに考案されたもの。魚探マウントと魚探の振動子を取り付けるための大判プレート付パイプが一体となっているのだ。こいつは便利である。価格もBMベースなら5800円+税。

 

とにかく、ボートの艤装に興味にあるユーザーはBMOジャパンで検索してみるといいだろう。ボートショーの会場まで行かれなくてもネット通販もしているとか。便利な時代になったものである。

 




茅ヶ崎港まごうの丸 LTアマダイ釣り

 

昨年の晩秋頃から釣れ続いているアマダイだが、今年に入ってから気付いたのは「あまり満足できる良型を釣っていないな」ということ。そこでネットで色々と船宿のHPやブログを検索していると「大型を中心に狙っています」という船長の言葉につられて予約を入れたのが茅ヶ崎港のまごうの丸。釣行日は2月26日日曜日。前夜の天気予報で最高気温が14度になるという。高気圧に覆われるので凪ぎということは明確だ。

 

出船は午前6時45分。第十八まごうの丸の右舷胴の間に釣り座を構えて準備をする。まごうの丸ではライトタックルを謳うためPEは2号、オモリは50号でOK。ところが、私が数年前に手に入れた中古の超小型電動リールは道糸が実際に何メートル巻いてあるかが分からなかった。それが今回想定外に少ない糸巻き量であることが明白となった。

 

船長が向かったのは航程約35分の亀城根周辺。水深が110mからスタート。少しずつ深くなり、一番深い場所では水深127m前後もあった。オモリ50号では両隣とオマツリするのではと思い慎重に仕掛けを投入するが、道糸はまっすぐに立つ。操船する船長の技術もあろうが、当日は大潮回り。とすれば、もっと道糸が余分に出て行っても可笑しくはない。

 

ところが、毎回深い110m以深を釣っているのに道糸が斜めになること
はほとんどなかった。案の定、潮が動いていない様子。それでも釣り開始から10分足らずで右舷ミヨシの釣り人が良型のアマダイを釣り上げて嬉しそう。その後はゲストからのアタリはあるものの釣れてくるのはトラギス、アカボラ、カナガシラなど。しかもミニサイズだから悲しい。

 

高級ゲストはミヨシと大ドモ(相模原市の入口さん)のオニカサゴ。この時期は鍋にすると大変美味な魚である。私にも高級ゲストでも釣れるようにマメに底立ちを取り直して、海底からハリス分の半分を巻き取りつつ、前後1mの誘いを掛ける。時々、オモリで5回程度底を叩き、魚にオキアミエサの存在をアピールするが、アタリは遠い。

 

私の竿を最初に曲げたアマダイは全長21cmのミニサイズ。巻き上げ途中で少しだけ暴れたので本命かもしれないと思ったが、このサイズでは素直に喜べない。今回は数ではなく、型を狙ってきたのだから余計だ。

 

よくみるとミヨシと大ドモの入口さんは2本竿で釣っていた。船長の許可をとれば、2本竿でもOKなのだろう。しかし、見ていると誘いをかけない置竿でも釣れているではないか。私は1本の竿に神経を集中してマメに誘いを入れているというのにである。たぶん、潮が流れていないため下手に誘いを入れても魚の活性は高まらないということだ。

 

因に、仕掛けの途中にガン玉を1個噛ませて、先針の動きに変化を出したが、潮流が緩いためか効果は薄かったようだ。さらに、針のチモト部分蛍光グリーンのソフトビーズを装着してみた。そろそろ海底には春の濁り潮が入り始める頃だろうと考えたからだ。ただし、ミニサイズの雑魚が多い時には外した方が良い。

 

やっと全長26cm(後検寸)のアマダイが釣れたのは午前9時30分頃。回りでもポツポツとアマダイが釣れていたのでアマダイは釣れる場所にくるとパタパタと連続して釣れるようだ。底上げ1mで誘い上げてから穂先にググッと違和感が出た直後にグングンと引き込んだので3mほど手巻きでリールを巻いてから電動のスイッチをオンに。水深70m前後で再び突っ込みがあったので少しは良型かと思ったが、手に伝わる重量感がない。残念ながら30cm足らずだった。

 

期待した3匹目も1匹目と同様の21cm。型狙いで釣りにきても期待通りには釣れないもの。船長は終始120m前後の深い場所を点々と探りながら少しでも潮の流れているポイントを探ってくれたが、私が最後に釣ったのはムシガレイでジ・エンド。(動画内ではガンゾウビラメと語っていたがよく見ると目の位置は右側でムシガレイであると判明)

 

午後2時に沖上がり。船中のアマダイは1〜5匹。サイズは20〜39cm。10人で29匹の本命が釣れたという。私は26cm1匹、21cmが2匹の他にムシガレイ、ヒメコダイ、カナガシラだった。まだアマダイ釣りは3月も続くという。リベンジに再挑戦するつもりだ。参考までに当日の海水温度は14.8度。

 




金沢八景弁天屋 メバル〜カサゴリレー釣り

 

2月17日の金曜日に吹いた春一番がとんだ悪影響を海の中に与えるであろうことを薄々は感じていたが、千葉県市川市から電車で来る釣り部後輩の皆川君に藻エビで釣るエビメバルの楽しさを体験してもらいたくて翌日18日土曜日に金沢八景の弁天屋に乗り込んだ。エビメバルとカサゴのリレー釣りである。前夜には風も収まり、出船可能を宿に電話確認しての釣行となった。朝、7時30分の定刻に桟橋を離れて沖赤灯台の近くまでゆっくりと20分のクルージング。とはいえ、北風がやや吹いていたため船はそこそこ揺れたことは想像するまでもない。

 

最初のポイントは水深約30mで釣り開始。まずはエビメバルから。藻エビを針に軽くチョン掛けに近い感じで刺す。尾羽をハサミで切除して針先を第一節で抜く。この餌付けは結構重要である。藻エビがピンピン跳ねる状態を見てメバルがガガッと食い付いてくる。という想定だったのだが、当日は前日の南西強風で潮が澄み、たぶん水温も急降下したと考えられる。潮が澄むと目の良いメバルは警戒心を強めて日中は餌を捕食しない傾向があるという。女将さんも「南西強風で澄み潮に変わったので食いが悪くなったでしょ。こういう日はカワハギの方が良く釣れるの」という見解だ。

 

それも半端ない強烈な激渋状態が続いた。とにかく、アタリが皆無に等しい。釣り開始から2時間は船中ゼロだったと記憶している。底荒れではなく澄み潮と低水温のダブルパンチでメバルが口を使わないのだ。春一番が吹く前まではトップで30匹以上、スソでも13匹前後は釣れていたのだから難しい魚だ。最後に船長は第二海保まで足を延ばして最後の賭けに出た。

 

すると、到着するや否や、私の左隣に座っていた6歳の片山龍之介君が竿を曲げつつリールを巻いているではないか。彼の仕掛けはサビキ仕掛けだが本命メバルを釣り上げて嬉しそう。写真撮影に協力してもらって有り難うございました。お父さんはなんと全長40cmの大アジを釣り上げて安堵の表情。それまでまともなアタリがなかったためメバル釣り以前の醍醐味を味わえていなかったからだ。それは私も同じだ。水深30m前後で掛かる大アジは右隣の皆川君にもヒット。最初の1匹は海面でバラしてしまったが、2匹目は船長がタモ取りしてくれて、なんとかお土産確保といった感じ。正直私もなんとか大アジを釣りたかったのだが、蚊帳の外に。

 

だが、最後まで諦めない精神は最後に幸運を運んでくれた。新鮮な藻エビに交換して仕掛けを再投入して数分後、グググッと穂先に生体反応が出て少し聞き上げてやるとゴンゴン、ゴンゴンと強く引くではないか。これは大アジか、それともメバルか、と海面を割って姿を見せたのは良型のメバルだった。船長のタモ取りでボウズを逃れてホッとひと安心。船長からも「良かったね、本命釣れたね」と労いの言葉を掛けていただいた。その10分後には、カサゴ釣りへ転戦する合図が出された。時計の針は11時を少し回っていた。

 

カサゴの方はというと、メバルとは異なり活性はそこそこ高く、アタリが出る回数は多かった。多少、根が点在するポイントを潮流ししているため根がかりは必至。オモリの損失を気にしていてはカサゴは釣れない。付け餌はコノシロの短冊で5cm前後の薄皮を針にチョン掛けすればいい。仕掛けの注意点として、下の針はオモリよりも下に来る設定が重要だ。根の凹みに餌を送り込むスタイルが一般的で、カサゴの目前に餌を届ける必要があるからだ。遊泳力のない根魚だたけにマメに底立ちを取り直して、餌がフワフワと漂う感じが最適。オモリが底をトントンする感覚を持ちつつ、わずかに底を切って、再度落とすという釣り方がカサゴには理想だ。ただしオモリが根に貼り付いてロストすることも覚悟しておこう。できれば球形のオモリが根がかりを少しでも減らせると考えている。カワハギ釣りの時に使う丸いオモリである。号数は30号か25号。私は30号を使った。

 

釣れてくるのは平均して18cm前後だが、中には10cm前後とミニサイズも釣れてくる。このミニカサゴはリリースしても海面に浮いてしまい、海底に戻れるケースは少ない。船長も「魚が浮いてしまうと海鳥のエサになるだけだから持って帰って食べて下さい」とアナウンスしていた。リリースできる状態がどうかは足元の水バケツに入れてみて、腹を上にして浮かなければ海底復帰できるケースもある。私は2匹ほどリリースしたが、1匹は海底に戻って行った。

 

カサゴ釣りでのゲストはトラギスが多かった。正式にはクラカケトラギス。この魚、シロギス釣りのゲストにも登場してくるが、天ぷらネタとしては悪くない。だが、数匹のために天ぷらも面倒だろう。白身魚で良く調理する方法にアルミホイルに包んでバターと塩胡椒で味付けしてフライパンで焦げないように焼くと旨いのだ。ホイルの下にタマネギやシメジなどを敷くと焦げ付きが減るので一度お試し荒れ。

 

最後になるが、片山龍之介君の釣りのレベルはとても6歳には見えない。竿の持ち方、リールの巻き方、仕掛けの取り込み方など今年の4月から小学1年生になる男の子の釣りレベルではない。お父さんと一緒にほぼ毎週末釣りにくるというから凄い。話を聞くと「もう釣歴が2年を経過しているかな。将来は村越正海のようになりたい」とのこと。もし、オリンピックに釣競技があれば待ちなくメダル候補の選手になれるだろうと、思った。お父さんの教え方が素晴らしいということは言うまでもない。またどこかの船上でお会いできたら声を掛けて下さい。うみつりネットの防水シールをまた進呈させていただきますので。撮影協力有り難うございました。

 




金沢漁港忠彦丸 午前ビシアジ釣り

 

年間で最も寒くなるこの時期に釣りに行くのはよほどの釣りキチと思われても仕方ないだろう。2月11日土曜日、実は沖の瀬のキンメ釣りに数人の釣り仲間と行く予定にしていたのだが、数人が体調不良と風邪気味でダウン。結局、中止になった。だが、一度釣りに行く気分が盛り上がってしまうと、抑えきれないのが釣りキチの悲しい性。

 

そこで初釣を楽しみにしていた釣り部後輩の栗原君を誘って、金沢漁港の忠彦丸から午前ビシアジ釣りに出掛けた。最近はLT(ライトタックル)アジ釣りが主流だが、敢えて130号ビシを使った従来通りのビシアジに決定したのは訳がある。型の良い30cm級のブランドアジを食べたかったからだ。忠彦丸の言う横須賀沖とは観音崎から走水沖を指す。全長20cm弱を数多く釣るのではなく、型の良いマアジを10匹程度釣れば充分という発想がそこにある。数釣れば捌く時間も掛かり、お裾分けするにも型がこぶりでは恥ずかしいではないか。

 

ということで、午前7時30分に港を離れて走水港の真沖で釣り開始となった。水深は60m前後。相模湾のビシアジ釣りに比べればほぼ半分の水深といっていい。電動リールを使うのだから水深は関係ないと思ったら大間違い。手返しの時間差と巻き上げ時間の長さによってバラしも多くなる。海面での抜き上げ時のバラしは辛いものがある。

 

とはいえ、型の良いアジは最初だけ。平均すると20cm前後で食いも渋い状態が続く。型がこぶりだとどうしても多点掛けを狙いたくなるが、当日は私も栗原君も2本針の仕掛けを使っていた。それは潮が速ければオマツリが多発する可能性があるためだ。当日の我々右舷側は私を含めて4人だけ。左舷はもっと少なく3人。とすれば、仕掛けは3本針でも良かったのだが、「数ではなく型狙い」という信念で2本針を使い続けた。ハリス2号、2mの銀針。ムツ針11号が中心。

 

ところが、どうしたものか私は右側に座る2人とのオマツリが多くなってきた。潮が速くなってきたためだ。水深は朝から60m前後と大きな変化はないが、潮流が少しずつ速くなり、船長も「ビシが着底してコマセを振ったら1m上げてアタリを待って下さい。反応は底べったりです」とのこと。栗原君も「底から1m上げなくてもアタリはきますよ」とコンスタントに20cm前後をポツリポツリと釣り上げている。一般的に東京湾のビシアジ釣りの食いダナは低くて2m、高くても3m程度のばすだが、当日は50cm〜1mでアタリが出る。潮流は極端に速いという印象はなく底立ちを2回取り直せば、直立とまではいかないが適度に右斜め方向に落ち着く。

 

とにかく、アジの活性は低いようで、アタリが出てもしっかりと針掛かりしている感じは薄く、竿先を上げて聞き上げても重量感がなく、生体反応も薄い。電動リールのスイッチを中速より遅い巻き上げでも途中で針外れのバラシも数回あり、弱々しいアタリに神経を使ってゆっくりと巻き上げる場面も何度もあった。

 

船長が「あと30分で上がります」というアナウンスがあってから少しずつアタリが頻繁に出始めた。ただ型は大きくはない。それでも、栗原君は終盤に2点掛けを披露して嬉しそう。今年初めての釣りだけに真剣に取り組みつつ、大切に水バケツの中でアジの血抜きをしていたようだ。

 

私はなんどかトモの釣り人とオマツリをして、仕掛けの交換などのロスタイムが2回ほど続き、それが祟って食い気のある終盤に数を稼げなかった。まぁ、数釣りは望んではいなかったものの正直、もう少し良型のアジを釣りたかった。

 

午前11時に無念の沖上がり。正味3時間の釣りと考えれば仕方ない。船中トップは40匹、私はスソの12匹にイシモチ1匹。栗原君は終盤に数を延ばして16匹にサバを1匹。私の最大は最初に釣り上げた全長31cmだった。あとは30cmが1匹混じった程度で、平均すると20cm弱前後であった。

 

因に当日の水温は10.5度。船長曰く「10.5度は例年並みです。昨日もこのポイントで数釣れましたけど、今日は渋かったですね」と言う。そういえばポイントの移動はほとんどなかった。船長が粘った結果だけに仕方ない。参考までに付け餌はアオイソメが支給される。また、同船にはハンドウォーマーという温水パイプが釣り座下に通っていて、手を暖めることができる。この時期には最高のオモテナシと感じたのは私だけではないだろう。

 





カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM