金沢八景弁天屋 午前タチウオ釣り

 

台風12号が関東地方へ向けて接近中という天気予報を確認してから「もうこの日しかない」と決断したのは9月22日秋分の日。天気は下り坂で午前中なら晴れ間も出るとの予報で金沢八景の弁天屋、午前タチウオ釣りに釣部OB仲間の斉藤さんを誘って出掛けた。北東風が風速8m前後吹くという不安はあったが、午前船なら特に問題はないと判断。前日に予約の電話を入れて当日は出船の1時間以上前に到着し、運良く左舷トモとトモから2番目の釣り座を確保できた。

 

7時20分、定刻より5分遅れで桟橋を離れた。向ったのは最も魚影の濃い観音崎沖。30分足らずで最初のポイントに到着。水深60m前後で釣り開始となった。船長の指示ダナは「底から20m上まで」とアナウンスされた。片天秤にオモリ60号のハリス6号2m1本針(2/0サイズ)で終始使い続けた。オモリには輝きのあるラメ入りを使ってみた。付け餌はサバの短冊。皮側から針を刺し、2回縫い指してまっすぐになるようこき上げてにケンで止めること。

 

釣り方は夏タチウオと同様に40cm弱の短い幅でシャクリ上げて行く。リールのハンドル回転は3分の1か2分の1程度でいい。スピードも比較的早く鋭くといった感じ。待ちのポウズ(待ち時間)は無しで続けて誘い上げて行く。すると、ラッキーにも52m前後でガガガッと強烈な突っ込みで大きくアワせると、運良く針掛かり。グイ〜っといつつも通りの刺激的な引き込みで釣れてきたのはレギュラーサイズ。全長80cm強といったサイズ。決して大きくはないが、強引な引きを満喫できたのは嬉しい限り。これでボウズはなくなった、という安堵感が心中に染み渡る。

 

立て続けにこんどは喰いダナが48m前後で強烈なアタリが出た。モーニングサービスなのか食い込みの良い、鋭い突っ込みで2本目をキャッチ。型はほぼ同サイズだが、開始から2本目を2投で抜き上げると気分がいい。誘い方が今日のタチウオに合致していると言うことだ。

 

だが、毎日のようにサバ餌で針に掛けられているタチウオにも飽きがくるのも理解できる。午前中の潮変わり、満潮8時13分を過ぎて潮止まりが約30分あるとして、その後のアタリは遠くなってしまった。どんな魚でも潮変わり直前直後はアタリが多いが、日によっては下げ潮になると食い気が落ちる日もある。気難しい魚だ。

 

同行してくれた斉藤さんは昔のインナーガイドの長い竿を使ってリールも手巻きリールにこだわる。だが、アタリはあるものの針に掛けられない。誘いの速度がやや遅いのか、アタリはあっても追い掛けてこない。スピード感のある誘い方をするには長いロッドは少し不便だ。

 

理由は長いために自重が重く、上方へとシャクる速度とテンポが不連続気味になり、疲労感が増すため。軽快に連続して一定の誘い方を約3時間近く続けるには、2m弱の竿に小型電動リールとのコンビが必須と思っているのは私だけではないだろう。決して高額な専用竿はいらない。アタリを引き出して掛けて釣る、タチウオ釣りには必要不可欠だと思う。

 

私の右隣に座った吉田さん(世田谷区在住)は1.8m前後の短いロッドで小さい幅出小刻みにシャクりながら、当日の最大ドラゴンを釣り上げた。全長はなんと118cmとか。船長からメジャーを手渡されて計測を依頼されていたほど。写真撮影にも協力頂き、有り難うございました。

吉田さんの凄いのは引き出しの多さだろうか。まだタチウオ歴2〜3年程度と謙遜していたが、研究熱心と感じた。アタリが出ても追い掛けてこない場合は、その場ですぐに6回程度のタタキをいれていた。この誘い方で掛けていた1本もあったようだ。

 

結局、午前10時50分に無念の沖揚がり。私は10時頃に小型を1本追釣して合計3本の釣果。写真は2本だが、1本は斉藤さんへ進呈。当日の竿頭は5本というから前日よりも喰い渋ったということだろう。残念にも斉藤さんはボウズに泣いた。「朝イチ番のアタリをバラしてしまったのが敗因。悔しいが仕方がない」とうなだれていた。

 

なお、当日の釣行費用はシニア割引を利用して5530円。確か通常の15%引きとか。嬉しいサーピスである。付け餌のサバ短冊と板氷は無料。ただしP代は1台500円。合計で6030円。

 



片瀬漁港萬司郎丸 カツオ&キハダ釣り

 

2020年8月の猛暑には閉口した。高い湿気とのダブル攻撃で辛い日が続いた。熱中症に留意しながら仕事を進めつつ、早く秋の気候に移行してくれないものかと気を揉んだのは正直なところである。海釣りも暑いだけで集中力が落ちるもの。

 

そこでやっと訪れたのが最高気温が30度前後9月10日木曜日、しかも曇天とくれば行くしかないでしょ、沖釣りに。仕事を後回しにしてでも釣りたい魚が相模湾で8月末頃から活況となっていたからだ。本ガツオである。まぁ、大物のキメジも含めてだが、年に一度のお祭りには参加しておかないと悔やんでも悔やみきれないのだ。

 

そこで相模原市の釣り仲間でもある立神さんと病み上がり直後の江口さんを連れ立って足を運んだのは私の地元片瀬漁港の萬司郎丸だ。昨年もカツオ釣りには行ったが、確か2本程度の釣果と記憶している。そんな釣り人に嬉しいのが受け付け時に受け取れる「リベンジ券」だ。氷付きで乗船料金が破格の8500円だから驚き。カツオ釣りの釣行費用として格安だろう。


もちろん、3kgのオキアミコマセと付け餌は別途。これで1500円がプラスとなるが支払い額合計で1万円という金額は嬉しい。しかも、同行者5名まで同料金だ。なんと私以外の2名はカツオ釣りが初挑戦。いつも気合いの気合いが入っている立神さんは早朝4時30分には港内に到着。釣り座を確保してくれて感謝である。手作りの仕掛けの準備にもぬかりはない。船長が港を離れたのは午前6時。9月10日木曜日の平日にもかかわらず熱狂的なカツオファン12名を乗せて最初のポイントを目指す。

 

航行すること約30分足らずで二の宮沖付近に到着してすぐに釣り開始。船長の指示ダナは10m前後と浅い。かつおの群れの方向を考えての待ち伏せ投入が始まった。ビシは80号。ハリスは14〜18号前後。長さは2mがベスト。コマセはオキアミで付け餌もオキアミだ。1匹掛けでOKだが、抱き合わせの2匹掛けも悪くない。餌を目立たせるという意味では効果的。

 

1投目から本命カツオを掛けたのは立神さん。船中1本目はやや小型だが初挑戦で1本目を取り込むとは素晴らしい! その後、点々と船長はカッオの群れを追い掛けて移動を繰り返す。カツオ釣りというのは群れをどれだけ早く探せるかがキモ。食い気のある群れを探して西へと船を走らせる。午前8時過ぎには小田原付近まで追い掛けてきた。西湘バイパスの橋脚がハッキリ見える場所まで近づき、丹念に群れを探索してくれた。そのおかげで私の竿も大きく曲がって最初の1匹が釣れた。

 

カツオの取り込みはとにかく大変。海面まで引き上げた魚をタモアミになかなか入れられないのだ。理由は浅いタナで掛けているため元気一杯で右往左往、縦横無尽に駆け回りタモに入らない。凄まじいパワーとスピードで海面近くまで仕掛けを巻き上げるだけでもひと苦労だ。それでも口の堅い場所に針掛かりしていれば取り込めるのだが、両隣の釣り人のハリスや道糸に絡むとほとんどの場合、針外れとなる。これはカツオ釣りの宿命だが、当日の右舷は5人だけだったが、バレは相当数。たぶん釣果の3倍以上はバレていたことだろう。

 

船長の話では「ハリのサイズを15〜16号に大きくすればバレは減る」とのこと。だが口の堅い場所に掛からない限りはそれも難しいと思う。海面での強烈な疾走と仕掛け同士の絡みがあれば大半はバレてしまうはず。それがカツオ釣りのある意味醍醐味でもあるのだ。私はカツオ釣りというものは数を釣るのではなく、上手く針に掛けて素早く取り込むこと。これに尽きると思う。上顎の硬い所に針を掛けられるかどうか、これが釣り人の実力の評価基準だと考えている。

 

当日も確かにオマツリでのバラしの他に針外れ、ハリス切れなどを含めて豪快なカツオとのヤリトリを満喫できた。そうして仕掛けを準備万端に用意してくれた立神村に感謝である。実は私は今回も仕掛けをほとんどお借りして釣りをさせてもらった。釣り人としては恥ずかしいことである。自前の仕掛けが作れなかったことは事実だが、市販仕掛けも充分に用意してきたのだが、彼の丁寧な結び方、収納の方法を診ると、どうしても使いたくなってしまう。甘えの精神が抜けない私はまだまだ未熟者だ。南方はえ縄結びに漁師結び。カツオやキハダを釣る人には必須の結びと断言できる。

 

結果、午後1時に沖揚がり。立神さんは6本、江口さんは8本も釣り上げというから驚きだ。私はクーラーBOXのスペースを考えて3本にしおいた。凄い負け惜しみだがカツオ釣りというのはギャンブルであり、群れいなければボウズの日もあると覚悟して欲しい。1本の価値を真剣に考えて新鮮な状態で持ち帰って欲しい。この時期の氷は必ず多めに入れておきたい。

 

私の釣果は3本だけだったが、最大は全長49cm。最少でも43cmあった。3本目を漬けにして捌いたのはなんと12日の土曜日だ。それでも7日月曜日の夜でも酒の肴として絶品を口の中に披露してくれている。醤油、料理酒、みりん少々、それに卸し生ニンニクを入れて漬けるだけ。中落ちの身肉も素晴らしい味を数日間、堪能できるのだから相模湾のカツオ釣りは止められませんね。

 




網代湾和田木港 内田丸2馬力ボート根魚&青物釣り

 

猛暑日が連日だった8月下旬の28日、当初予定していた27日が雨予報だったので一日予定をズラして釣行したのが久しぶりの網代湾の内田丸ボート釣り。しかも、個人的には2馬力ボートは初挑戦である。幹事役はボート釣りのお得意な立神さん。釣り仲間はいつものクリちゃんと大和市在住の山川さん。2艇に分かれて私はクリちゃんと同乗し、立神さんは山川さんと一緒に乗り込んだ。

 

この2馬力ボート釣りの計画は立神さんが数週間前から計画を立てて、進行してくれたのだが、運が悪いことに雨模様に。1日日程をズラしても結果的に雨に祟られた1日となった。前夜から網代山の温泉の出る貸し別荘に泊まり込んでの釣行だっただけに悔しい限りだ。もちろん、パラパラ程度の小雨なら何も臆することなく真剣に釣りができたのだが、経験したことのないようなもの凄い豪雨と途中から雷も鳴って半ば撤収気味に港に戻ったのも船外機ボートだから容易にできることだろう。手漕ぎだったら疲労感は倍増したことだろう。8時30分には危険を感じて戻り、20分足らずで雷雨が止み、空には澄み切った青空が広がった。

 

狙いは立神さんグループは基本が青物とカイワリ。ビシ仕掛けにウィリー3本針をセット。水深30mのブイ回りにロープを括り付けてのカカリ釣りを開始したのが7時30分頃。付け餌はオキアミ。南寄りの風がやや強く、波も少し高い。ボートも揺れるためなかなかアタリを出せないが、唯一30cm級のゴマサバだけは元気一杯だ。立神さんは朝のうちにマダイらしき強い引きを感じて巻き上げたが、ブイに絡まり、無念のハリス切れに泣いた。

 

一方、クリちゃんは根魚狙い1本。私はアミコマセを前日に購入済みだったのでサビキ仕掛けでコマセ五目釣りの竿を出したが、もう1本はサバエサで根魚も狙うという2刀流。狙いものにブレがないクリちゃん、に対して私は節操のない欲張り釣法だ。ところが、豪雨から再度スタートしても雨が降ったり止んだりを繰り返す非常に不安定な天気に途中から私は戦意喪失気味に。アタリがまったくなく、唯一釣れたのがゴマサバ1匹だけ。一応血抜きをしてクーラーBOXに収納したが、最後まで釣果がコレだけになるとはその時は思っていなかった。

 

午前11時を回ると青空から覗く強烈な日射しが辛い。暑いのは当然だが、釣りをする意欲を奪うほどの刺激が肌を直撃してくる。まさに暴力的な紫外線攻撃だ。私はこの時期の日焼けの洗礼を過去に受けていたので皮膚をガードするサロペットを装着していた。だが、クリちゃんや立神さんは無防備な短パンスタイルだったため、軽い火傷状態で3日間ほど辛い目に遭ったようだ。真夏のボート釣りで着るものに無頓着だと大変なことになることを知って欲しい。数日間はシャワーも浴びれなくなるからだ。火脹れになる人もいるので要注意。

 

それはそうと、アタリがないのに辛い直射日光の刺激を受けて、私はほとんど顔を覆って寝ていた。理由はひとつある。当日の潮が干満差のない長潮だからだ。すべての長潮が悪い日とは限らないが、潮が流れないだけでなくベタ凪になってボートが流れない。ノーアンカーの流し釣りで流れないと釣れないことが多い。オールで少しずつ漕いでポイントを移動しないとダメになる。が、私も精神的にも肉体的にもヘトヘトだった。クリちゃんに頼んでそろそろ帰港しましょうと、頼んだのが午後2時前だった。流石のクリちゃんもアタリがゼロでは辛い。とうとう午後2時過ぎに竿を畳んで帰港した。

 

当日は朝からの豪雨と突然の雷で一時帰港。その後も再度網代湾内を流し釣りで頑張ったが、山川さんのカイワリが光っただけ。ボート釣りの悲惨な結果はいつもこんなものである。釣り人の情熱と根性がまったく通じない日もある。だが、豪雨に見舞われても再度海に出て魚に挑戦した熱意と負け時魂は今後必ず豊漁の日を約束してくれるに違いない。

 

なお、当日の釣行費用は2人乗り1艇8000円の2馬力ボートにエサ代を個人でもって平均して一人当たり5000円ちょっとであった。水温計での計測はしませんでした。たぶん、海面近くは30度近くあったと予想できる。ボート店主も「台風でもきて海の中を少し洗ってくれれば食い気も出るんだろうけどね」と語っていた。

 



金田漁港つりの浜浦ボート シロギス五目釣り

 

8月は連日の猛暑で外回りの仕事を熱中症に最善の注意を払って行動したことは言うまでもない。健康でなければ釣りもできなくなってしまうからだ。締め切りに間に合わせて仕事を達成して、念願のボートでシロギス&マゴチ釣りに出掛けたのは8月21日金曜日。向ったのは金田湾のつりの浜浦。

 

心強い助っ人は今回も釣部OB後輩の齊藤さんだ。午前7時15分前に駐車場に着くと平日にも関わらずほぼ満杯。女将さんの指示でなんとか駐車できたが、平日は予約不要とはいえ、なるべく早めに到着した方が良い。当日は隣のボート店=浜千鳥が夏期休業していたため浜浦に集中したとも考えられる。参考までに駐車場代は2人乗りボートの場合、1台は無料だが、2台目は原則として1日500円がかかる。当日は特別に無料。

 

朝から気温も湿度も高く、タックル等をボートまで運ぶのに汗だくになった。風は南寄りの微風で海は凪ぎ。前回の大津港沖では北東風で海が揺れまくっていたが、今日は絶好のボート釣り日和となった。しかも、行きはボート店主が船外機でポイントまで曳航してくれるから助かる。そのおかげで午前7時20分には仕掛けを投入することができた。

 

齊藤さんは素早くシロギス仕掛けの竿を投入後、すぐに養殖ウグイのギンペイをマゴチ仕掛けに装餌して投入。すると、釣り開始から10分足らずで泳がせ釣りの竿が海面に突っ込んだ。「きたよ、これはデカイ」と興奮しながら海面に浮かせたのは茶色の魚体、だがマゴチではなくヒラメだ。私が慌ててタモ取りしてボート内に取り込んだ。目測で全長40cmはある。ボート釣りでは初のヒラメをキャッチして満面の笑顔。彼が凄かったのはその後に立て続けに良型カワハギやホウボウを取り込み、ものの30分前後でバタバタとお土産を確保したことだ。

 

一方、私はと言えば、シロギス狙いの竿にメゴチがポツポツと釣れる程度。型は全長20cm前後だから活きエサには使えない。当日の泳がせ釣り用のギンペイは一人3匹まで。これは外道の小メゴチかピンギスを釣って活きエサにしようと考えていたからだ。だが、自然界は釣り人の考えや計画をあっさり断念させる。途中トラギスやベラも釣れたが、どれも活きエサには不都合なサイズばかり。

 

ギンペイを使い切ると、シロギス狙いが中心となるのだが、不思議なことにまったく本命シロギスが釣れないのだ。2人で4本のシロギス仕掛けを海中に投入し、しかもノーアンカーの流し釣りをしているにも拘らず、だ。海水温が高くて浅い場所に移動しているのかも。そう思って水深3m近くの超浅場も狙ってみたのだが、釣れてくるのはメゴチばかり。根が点在する場所では、キュウセンやトラギス、ホウボウも釣れる。アタリがあるのは楽しいのだが、ここまでシロギスが釣れないとちょっとイラつく。

 

当日の潮は中潮の初日。午後12時30分に潮変わりとなる。そこで潮止まり時間を狙って大きくポイントを金田漁港の白灯台の横付近に移動してみた。水深は4m。すると港湾口に投入した仕掛けに当日初のシロギスが釣れた。型は18cm未満の小型。それでもアタリを感じてアワセて釣り上げた本命は小型でも嬉しいもの。

 

しかも自分たちで考えた時間帯と場所に居てくれたことを感謝したい気持ちだ。齊藤さんもしっかり2匹のシロギスを釣り上げたが、後が続かない。浅瀬周辺に移動していたのではなく、群れが散っていて数釣りが難しい季節になったのだろう。

 

面白かったのは息絶えたギンペイをエソがくわえて上がってきたこと。食物連鎖の現場を目撃したことは貴重である。死んだ餌でもエソはおかまい無しに食らいつくことが分かった。恐ろしく貪欲な魚である。もうひとつ齊藤が凄かったのがバラエティに富んだ釣果だ。前述のヒラメ、カワハギ、ホウボウに加えてベラ類やフグ類など全13魚種を釣り上げたこと。シロギス五目釣りといっても13種類の魚を釣ったことはある意味素晴らしい。では、私はと言えば、メゴチが8匹の他はシロギス、ホウボウ、トラギスが各1匹ずつという貧果に泣いた。

 

決して負け惜しみではないが、アンカーを投入した際の誘い方がうまく魚と合致すると軟らかい穂先がピクピクと震えて、その感触を味わえたことは感慨深い。流し釣りでは、竿先に出るアタリを目で見て判断するだけだから誘いはボートの流れ方と風任せのポイント移動ということになる。まぁ、それはそれで楽しいのだが、「釣った感」を味わうなら手に竿を持って誘いを入れて手にアタリを感じて釣りたいものである。今回改めてシロギスのボートつりの醍醐味を再認識したといっていいだろう。参考までに水深4m下の海水温は25度であった。

 

なお、今回の釣行費用はボート代が2人乗り4200円、ギンペイが6匹で900円、アオイソメが一人500円、氷代100円。P代は無料。一人当たりの金額は3150円。土日祝日はボート代が2人乗りで5000円になるので要注意。

 




真名瀬港福栄丸 チョイキスフィッシング

 

2020年の8月はとにかく暑い。猛暑日が続き、釣りをしたくても長時間は熱中症の危険を感じるほど。最高気温が35度に達する予報となった8月2日の日曜日、立神さんとクリちゃんと出掛けたのが葉山真名瀬港の福栄丸のチョイキスフィッシング。以前から気にはなっていたのだが、期間限定で実釣時間が短い。午後2時から4時までの時短釣りである。狙いはシロギスだが、暑い時間だけに釣る時間も短く、簡単にお土産が釣れると思って乗り込んだのだが、それが大きな間違いだった。

 

福栄丸で初めてチョイキスの釣りを体験したのだが、乗船料金は2時間で2000円。エサ代は別途。氷は500mリットルのペットボトルの氷が一人本無料。駐車場代は1台300円。葉山近辺の8月のボート釣りと比較すればある意味リーズナブルだ。駐車場代だけで2000円も取られるボート店も夏季にはあるのだ。

 

だが、それはある程度の釣果を期待してのこと。実釣が2時間ならまぁ10匹程度は本命が釣れて、ゲストのメゴチやヒメジ、カワハギが混じる程度だろうと楽しみにしていた。それが大きな間違いだった。自然相手の釣りとはこんなこともあるのか、と正直驚いた。

 

当日の乗船客は我々3名の他に2人の計5人で定刻より少し早く港を出発した。南西の風だったが、そよそよ程度で心地良い快適な風であった。走ること約17分程度で最初のポイントに到着。水深は想定外の深さにビックリ。25〜28m近くもあり砂地帯に点々と根が点在する場所で開始。

 

軽くアンダースローで15mほど投げて誘いを入れる。仕掛けは片天秤にオモリ15号の定番スタイル。ハリス1号の2本針。付け餌はジャリメ。いつもはヌメリの少ないアオイソメを選択するのだが、今回は初めてジャメリを使ってみた。石粉をまぶして手返しを早くしようと考えたがそれ以前の喰い渋りに遭遇してガックリ。

 

あまりにアタリが少ないので私は胴突き仕掛けの竿も出して船下を探ってみた。それでもアタリが少なく、一体どうしてことか。シロギスがダメでもゲストがもう少し釣れても良いはず。可笑しい。水温が高過ぎるのか、狙っている水深が深過ぎるのか。1時間を過ぎても3人で釣れたゲストが、ヒメジ、トラギス。メゴチ、マダコ、ハゼ程度だから呆れてしまう。特にメゴチは異臭を放つヤリヌメリが多かった。

 

沖揚がり直後に港で船長に話を聞くと「今日は底潮が冷たくて2枚潮だったね。水温は27.9度だけど底潮が3度以上低かったかもね」という。私の判断で恐縮だがこの時期はもっと浅い場所に乗っ込んでいるはず。それこそ海水浴場の近くの水深5m弱で釣れることが多い。浅い場所では乗合船が入って行けないこともある。だからエンジンを切ってシロギスの警戒心を刺激しないように釣るのだ。ボート釣りで釣れる絶好の時期ではある。

 

とはいえ、この猛暑では長時間のボート釣りはある意味危険でもある。時短のシロギス釣りで楽しめれば、と思ったのが間違いだったのか。悔しい気持ちとリベンジしたい気分で船長に聞くと「カツオがまだ釣れてないから今年は8月末まではチョイキスの釣りはする予定です」とのこと。もっと浅い水深を探ってくれればもう少しアタリはあっただろうと悔しい気持ちで港を後にした。

 

今回の釣行費用は乗船代一人2000円。P代は1台300円、エサ代は別途。今回は立神さんが事前購入で一人300円、氷はペットボトルが無料だが、各自バラ氷を用意した方がいいだろう。残念だったのはクリちゃんが海面でバラした尺カワハギだった。この時期はメガハギがシロギス仕掛けに掛かるのでマイタモを携帯した方が良いかも。

 



カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM