腰越港池田丸 ライトヒラメ五目釣り

 

これまでヒラメ釣りに行くのは魚影の濃い銚子付近まで遠路はるばる出掛けていた。それは千葉市在住の釣り仲間がいるからだが、最近は往復の交通費や前泊を余儀なくされるため1泊2日の釣行計画が不可欠だった。体力的、経済的な負担を考えると結構格差があるが、その分、釣れるヒラメのサイズが違う。今回の地元湘南エリアと比較する雲泥の差があることは言うまでもない。数釣りも銚子なら可能だ。

 

だが、今回出掛けた腰越港の池田丸では、使用するオモリが25〜30号という軽さにビックリ。道糸PEは2号程度だが、とにかく、ライト泳がせ釣りとはいえ狙う魚はヒラメが中心。混じりはマゴチ、ホウボウ、カサゴ、メバルなど。餌は生きたカタクチイワシである。しかも、使う竿がエビメバル専用竿だから掛かった時に強引には感動的な感触がある。オモリ負荷10〜30号の柔軟なイナターロッドが満月のように湾曲するシーンを目にすると、釣った感が半端ないのだ。

 

出掛けたのは3月20日の水曜日。天日の天気予報で最高気温が19度近くまで上昇するということで風も北風3m程度。北風ならウネリはほとんどないはず。確かに出船の午前6時30分(定刻は7時)から2時間は船上は寒かったが、朝陽に照らされる右舷側は多少は暖かい。驚いたのは受け付けで「今日はお客さん一人だけだから頑張って大きいのを釣って下さいね」と笑顔で送り出されたこと。2月下旬の一之瀬丸同様、独り占めの大名釣りとなってしまった。ネット予約の釣割の前日割を利用すれば8000円の乗船料金。通常より2000〜3000円の割引だからお得ではあるが、他の釣り人の撮影ができない不安がよぎる。自分で釣るしかない。

 

仕掛けは市販のライトヒラメ釣り用の胴付2本針。枝スは上が40cm、下が60cm。生きたシコイワシ(カタクチイワシとも言う)を下あごから上顎の硬い所に刺し抜く。素早く装餌して、速攻で落とすのだが、最初のポイントは腰越港から5分の真沖。水深は15m前後からスタートした。釣り場があまりに近いので一瞬戸惑ったが、私一人しかいないのでのんびりとイワシをイケスから小型タモ網で海水を入れたバケツに4匹前後入れる。マイワシと違って大量に入れると酸素不足で弱りも早い。

 

アタリが出たのが釣り開始から30分過ぎ。竿先が大きく不連続に突っ込むと、ロッドキーパーからロッドを外して手持ちでリールを巻く。重量感はなかったものの慎重に巻き上げて海面に顔をだしたのは全長20cmのカサゴ。10cm弱のイワシをくわえて上がってきた。定番ゲストだが、もう少し大きいサイズが欲しかった。

 

その10分後には、ギュンギュンと竿先が海面に突き刺さりそうなド派手な引き込みが2回ほど続いたので、今度もゆっくりとリールを巻くとヒラメらしい首を振るような突っ込みがあり、浮上したのが今回のヒラメだ。後検寸で全長36cmだから湘南エリアではレギュラーサイズかもしれないが、まぁボウズを逃れたのでヨシとしよう。下針のイワシを丸呑みして上がってきた。ペンチを使って喉奥の針を外した。

 

釣り方はとても簡単だ。オモリが着底したらすぐに底を切って1m巻き上げてアタリを待てば良い。30秒に1回は底立ちを取り直すこと。それが効果的な誘いになるからだ。アタリを待つ間はロッドキーパーにセットしたままでいい。体力不要ののんびりした緩い釣りといえよう。水深も深くても30m弱だからかなりの良型が掛からない限り慌てる必要はない。腰越沖から稲村ケ崎前付近を流す。終盤は、岸が近いので江の電の車両が見えそうなほど。砂泥に根が点在する箇所が多い。船長はイワシの群れを探しながらポイントを探索していたようだ。最初にカサゴが釣れたことでもそれと分かる。

 

とろこが、午前8時を過ぎた頃からアタリが少なくなり、マメにイワシを交換したり、底立ちを取り直しても、微細なアタリがたまに来るだけ。しかも、餌だけ奪いさられるケースが多く、釣果に結びつかない。天気は晴れ。波も風もなくなりベタ凪となった。いわゆる凪倒れという感じだ。船長に聞くと海水温は16度でここ数日は変わりがないという。潮も薄濁りで悪くない。

 

船長は私の釣果が芳しくないのを悟ってなんと通常午後1時に沖揚がりだが、1時間30分ものサービス残業をしてくれた。午後から少しだけアタリは増えたが、針掛かりするような魚ではなかったようだ。タナを下げて根廻りを意識すると、オモリのロストに加えて道糸からの仕掛け全損というミスもあった。仕掛けの予備とオモリは5個は準備しておきたい。

 

春先に人気と釣果が高まる湘南エリアのライトヒラメ五目釣りはまだ続くようだから興味のある人はぜひ挑戦して欲しい。軟らかいメバル専用竿があれば最高だ。

 




リョービ INTERGET メバル&マゴチ 2.7mロッド

 

釣り人にとってタックルは大切な手足となるモノ。それだけにこだわりのある人も多い。だが、私は基本的に高額な高級ブランド品は購入しないことにしている。もちろん、長く持たせるなら安価なものよりは信頼性が高いことは熟知している。それでも、コストパフォーマンスに優れた逸品は自分の釣りに対する考え方が反映される。適度に安価で、多用途に使える汎用品を購入することが多い。もう少し正直に言えば、経済的に余裕がないのだ。

 

今回紹介するリョービのINTERGETメバル&マゴチロッドはもう15年以上前に某量販釣具店の新店舗オープン記念で格安で販売されていたもの。本当は2.4mの竿が欲しかったのだが、売り切れでなくなっていた。それでも、今となって2.7mの長さを購入して大正解だと思っている。基本的にインナーガイドは道糸がロッドの中を通るため、とにかくガイドの糸がらみが皆無である。ガイドがロッドの外側に装着されていないのだから当然と言えば当然だ。

 

しかも、3本継のため仕舞寸法が短い。持ち運びにも便利だから色々な釣りに使っている。オモリ負荷は10〜30号。先調子だが、魚が掛かると適度に胴に乗って柔軟に対応してくれる。2018年5月6日には弁天屋で全長62cmの大型マゴチを仕留めている。穂先が軟らかいため食い込みが良く、魚に違和感を与えないようだ。

 

10年ほど前には夜メバルをこのロッドで掛けるとほど良い曲がりで良型メバルの強引をいなしてくれる。しかも、夜は仕掛けが見にくい。だが、ガイドのないインナーロッドのため仕掛け長くても不安はない。風のある夜釣りなら間違いなくインナーロッドをオススメする。ただし、根掛かりすると外しにくい。

 

そんな時には道糸を延ばして手に道糸を持って根掛かりを外すようにしている。穂先が柔軟なため竿の操作では絶対に外そうとしない。簡単に破損してしまう可能性が高い。長く使うには無理な操作や力づくのヤリトリを絶対にしないことが大切だ。

 

唯一面倒なのが道糸通しである。ワイヤーを通して道糸をロッド内を通過させる手間がかかる。無精者と私はこのロッドに関しては、装着したアブのリールを使い続けている。道糸が劣化したら仕方なく、リールシートから外して道糸を交換するしかない。水深50m以内の釣りモノにしか使わないため、いまだに糸の交換はしていない。それでも大物が釣れているのでまだ大丈夫だとタカを括っている。そのうち道糸の劣化で大物をバラしてしまうかも。それだけが心配である。

 

気持ちの良い魚の引きを満喫できるこの古い2.7m3本継のインナーロッドを私は気に入っている。実は他にも捨てられないインナーロッドはまだ数本あるが、まだまだ使い続けることだろう。長く使うにはメンテナンスも大切。釣りから帰宅したら速攻で道糸が通るロッドの穴に真水を丹念に流し込んでいる。潮による付着物やゴミ等の付着が命取りになるからだ。その点だけは無精者の私でも気を使っている。楽しい釣りの醍醐味を存分に味わうためにも。

 



ジャパンインターナショナルボートショー2019inパシフィコ横浜

 

ジャパンインターナショナルボートショー2019が3月7日〜10日までパシフィコ横浜で開催された。今年のテーマは「海・心満たされる時間‥…」だという。私は毎年取材と撮影に出掛けているのだが、個人的に大好きな海釣り専用の小型ボートを中心に見て歩記を続けている。ショー自体も年々進化していて、ボートの展示艇をみるだけでなく、海ゼミコーナーでは無料で聞けるためになる講義が色々な講師から聞けるのが素晴らしいと感じた。朝11時から夕方4時45分まであり、8日の土曜日にはなんと18時45分まで講義が設定されていた。

 

一例を挙げれば、「海の天気予報はこうして使おう」とか「ボート屋おやじが語るミニボートの遊び方」などの他に「美容クリニック医師が教える日焼け対策」などとても具体的で実用的な講義が多かったようだ。

 

さて、気になる各ミニボートメーカーの展示艇には目を向けてみよう。メインゲートが入るとまず最初に目に入ったのがJOYCRAFT。中でも注目したいのが「ラ ポッシュ」シリーズだ。全長3mクラスで本体重量が20kgを切るという高張力素材のウルトラライト艇である。このシリーズの魅力はなんといっても2馬力エンジンを搭載できる免許不要艇であるという点。もちろん船検も不要だ。3人乗りのラ ポッシュ260は船体価格が19万円。それが同ショー特別価格になると格安、といってもすでにショーは終了しているので残念!

 

2019年新登場のワンダーマグ205も魅力的。全長203cmの2人乗りだが、価格は14万円。超高圧電動ポンプは同時購入で2万円。見逃せないのがJMSというメーカーが作った1.2馬力のエンジンを装着できるという点。2馬力以内だから免許不要で船検も不要ということだから触手が動く人も多いだろう。参考までに船体重量は15kgという軽さだ。

 

アキレスボートも新登場の展示艇があったが、ジョイクラフトと共通している点はとにかく2馬力の免許不要と船検不要がキーワードになっていること。3人乗りと記載されていても実際には釣りに使うとなるとクーラーBOXやタックルBOXなど竿やリール以外にも搭載する荷物が増えることは確かだ。

 

とすれば、最軽量に荷物を減らすこと。と同時に空間スペースを有効に効率的に活用することに限る。その点は、快適装備の備品メーカーであるBMOジャパンのブースに何点か新商品が見受けられた。ロッドホルダーを軽くて丈夫な硬質プラスチックで作った新型ホルダーが6600円とは格安。以前までのステンレス製と比べると半額に近い価格だ。

 

さらに、嬉しいのが簡単に脱着可能なバッカンをベースにしたビク=スカリである。魚が入れ食いの時間に毎回スカリを挙げて口を開いて魚を入れる手間が不要だからこれが有るとないでは大きな違いが出る。いもつながらBMOジャパンの便利装備には痒い所に手が届くという印象が強い。ユーザーからの実際の声を商品に反映されている点は素晴らしい。ベースとなるレールシートを装着すればインフレータブルボートでなくてもおそらく使えるはず。詳しくは同社のHPを検索してみて欲しい。

 

最後に株)ノッツグループのボート事業部が展示していたDIYボート「KNOTS
 11M」というボートが画期的。ユーザー自身が加工、塗装、部品・付属品の取り付けをするDIYボートだ。免許も船検も不要な2馬力ボーとだが、ミニボート最大サイズの3.25m。ただし、重量はFRP単板構造のためか48kg。

 

このボートに装着するのがゼロエミッションの電動船外機SPRIT 1.0ST。1kwリチウムイオンバッテリーを利用する。前進も後退も自由自在。バッテリーの重量は8.8kg。チャージ時間は通常5時間。3〜5時間のクルージングが可能だと言う。ミニボートの船外機もついに電動の時代になりつつあるようだ。
 




金沢八景一之瀬丸 ショートメバル五目釣り

 

今年の2月は酷寒と暖かい日が明確に分割されて、寒暖差が激しい。総体的には暖かい印象を受けるが、陸上と海中では大きく異なる。それは熟知しているつもりだったが、海釣り好きにはどうにも勇み足で出掛けてしまうことが多い。まして、たまに行く船宿から割引のハガキが届くと、期間内に行かなくてはとちょっと焦ってしまう。それが失敗の元になることがある。

 

今回の沖釣りもまさにその好例だ。2月になると東京湾の藻エビを餌にした「エビめばる」が解禁となる。最近は相模湾のイワシメバルの船宿が激減していて、乗合料金も9000円近くになり、二の足を踏んでしまう。少しでも安価に出掛けられる釣りモノを選択してしまうのは貧乏釣り師の悲しい性でもある。

 

今回足を運んだ金沢八景の一之瀬丸では「ショートメバル五目釣り」と設定されていて、乗合料金は7000円。それが1000円匹で楽しめるとなると出掛けたくなってしまう。時間は午前7時出船で沖上がりが午後1時。正味5時間程度だが、嬉しいことにメバルの他にイシモチとカサゴのリレー釣りとなっている。多彩な魚種を釣らせてくれるのだからさらに魅力的に感じる。

 

それに目が眩んで出掛けたのが2月22日の金曜日。前日に電話予約を入れていざ船宿に着くと、「今日はお客さんはあたな一人です。他の2人組からキャンセルが入ったから」と言う。天候は少し北東の風が吹く予報だが、決して悪天候ではない。確かに平日の金曜日だから釣り客が少ないことは覚悟していたが、まさか1名だけの大名釣りになるとは。

 

定刻の7時より10分ほど遅れて桟橋を離れた。平潟湾はベタ凪だったが、外洋に出ると風と潮が冷たい。船長の指示で左舷胴の間からややミヨシ寄りに移動しての釣り座。北風の日は右舷の方が陽が射すのだが、左舷は波飛沫が掛かることが多い。とはいえ、それでも良型のメバルとイシモチがそこそこ釣れればいいだろうと思って我慢したのだが、我慢が貧果に直結するとはその時には予想できなかった。

 

釣り開始は午前7時30分頃。水深25m前後でスタートとなった。船長の指示はこうだ。「オモリを底に着けたらあまり仕掛けを動かさずにアタリを待って下さい。たまに誘う程度で良いですから」という。25号のオモリを着底させて、ジッとアタリを待つのだが、ウンともスンとも穂先は動かない。そのまま潮に仕掛けを任せ切りにすると根がかりすることも多いので要注意。また針の色も重要らしい。船長は銀針は使わない方がいいという。目の良いメバルに警戒心を与えるようだ。

 

時々コツ、とアタリが出ても食い込まない。というより、柔軟なメバル専用竿に振動が伝わらない。結局、1時間以上何も釣れないので船長はや大きく移動を決断。その後やっと釣れたのがミニサイズのカサゴが2匹。リリースをしても次のアタリも12cm足らずの赤ちゃんメバル1匹。これは厳しいと思って船長に「水温は何度ありますか」と聞くと「低いね。10度を切っているから」と厳しい返答に愕然。年間で最も水温が低い日に遭遇してしまったようだ。ゲストのカサゴも最大で17cm程度。小型2匹をクーラーへ。

 

藻エビが底をついた午前11時頃に「イシモチに切り替えようか」と無念のリレー釣りへ。五目釣りだからそれで良いのだが、本命のメバルがミニサイズ1匹とは。これがこの時期の食い渋りの現実だ。たぶん水温だけでなく潮もまだ澄んでいて警戒心の強い日中のメバルが敬遠したのだろう。

 

イシモチ釣りは船長も竿を出して応戦。速攻で2匹を釣り上げると私のメバル竿にも食ってきた。ガクガクガク、グングンと強く穂先が突っ込んだ所でゆっくりとリールを巻くと針掛かりしたようで気持ちよく曲がる竿に満足感を覚えつつ、やっと気持ちの良い春イシモチを釣り上げてひと安心。型は30cm弱の中型だが、充分刺し身で食べられるサイズにニンマリ。

 

その後も忘れた頃に竿先が強烈に突っ込むイシモチ特有の引き味を堪能しながら5匹を釣り上げた所で、ジ・エンド。午後1時直前の沖上がりに。船長が釣った3匹のイシモチを頂戴して、船を降りた。潮が濁り始める3月下旬まで待てば、もう少しは釣れたはず。ハガキに書かれた割引期限が3月末だっただけに悔やまれる。まぁ、コレも釣りである。

 

メバルとカサゴは煮付けにして食したが、春を感じる、どこか微笑ましい味に悔しさを禁じ得なかった。久しぶりの冬のイシモチは湯引きの刺し身で食べたのだか、コレは素晴らしい絶品。皮と身の間の脂身が最高に旨い。熱湯に掛けた身肉を速攻で氷水に付けて、すぐに布巾で水気を拭ってから食べて欲しい。夏季のイシモチとは雲泥の差を感じることができるからだ。

 

春告魚、メバルの再釣戦をどうするか。3月中にリベンジするかどうかは天候次第。春を告げる濁り潮に早く変わってくれることを願うばかりだ。

 



腰越港 釣り場ガイド

 

約10年ほど前に港を大幅ニリューアルして完成した腰越港。以前の面影は一部にはあるものの外海側の外壁はおよそ2m以上と高くなり、釣りは不可能となっている。基本的に釣り場は港内だけと思って間違いないだろう。この港では一部を除いて釣り禁止エリアがほとんどないのが嬉しい。

 

腰越港は正門のゲートが朝5時前後に開き、クルマで入れるのだが1日500円の有料。湘南エリアとしては安い。1日置いて駐車しても500円で、この額は平日も週末も同じだ。時間制の高額駐車場に停めるならここに置いて江ノ島まで歩いて観光するというのもアリだろう。普段運動不足の人には最適ともいえる。

 

さて、釣り場紹介だが、江ノ島に近い最も西側の長い堤防の先端は魅力的な釣り場となっている。それは広いスペースが確保されていて2つのベンチまで設置されている。先端は円形状に湾曲していて、江ノ島方向に向けてチョイ投げをすると5月頃からシロギスやメゴチがボツポツと釣れる。ただし、30〜40m付近に沈み根があり、仕掛けを引っ掛けてロストすることが多いので要注意だ。それでも根廻りに仕掛けがうまく入ると昔釣れた貴重なアイナメが釣れるかも。仕掛けとオモリは多めに持参しよう。

 

足下の水深が浅い所で3m、深いところで4m前後ある。海底は基本的に砂地帯が広がるが、転々と海藻が繁茂する箇所もある。ヘチ狙いでカサゴやソイも釣れるが、港内側の方が釣れる。潮が当たり流れがきつい場所は居着かないようだ。ウキ釣りなら寒いこの時期でもウミタナゴや小型メバルが顔を出すことが多い。アミコマセは必携だが、絶対にゴミを出さないこと。持ち帰りが常識。もちろん、垂らしたコマセも水バケツで洗い流してから帰ろう。

 

港内入口から左側に進むと釣船の係留エリアが一番奥にある。ここが一番船が数多く係留されている。船を繋ぐローブにも注意が必要だが、基本的に釣船が沖に出て行ってからの釣り場となる。係留ロープが沈んでいることを考慮して、底狙いの釣りは避けた方が良い。仕掛けがロープに絡むからだ。ルアーをキャストするのも控えたい場所だ。くれぐれも漁業関係者とのトラブルはないようにお願いしたい。

 

その奥の岸壁先端は深く、潮通しが良い。水深も5m弱ある。ウキ釣りでクロダイをダンゴ釣法で狙ってみたい場所だ。ただし釣り座が狭いため入釣できるのは一人だけ。階段上は立入禁止なので要注意。堤防先端にはテトラポットが入り、カサゴなど根魚が釣れそうだが転落防止柵が設置され、乗り越えは危険。絶対にテトラ帯に昇らないこと。

 

港内には小さいながら公衆トイレがある。目印は公衆電話BOXのすぐ脇。トイケマークがあるのですぐに分かる。ただし清潔感はあまりないので男性利用客が中心のようだ。このトイレを出て斜め左手側に港内の岸壁がある。飯岡丸が帰港した際に釣船客を下船させる着岸のための岸壁になっているようだ。海面までの距離があまり高くなく、サビキ釣りやチョイ投げを子供連れで楽しむには最適な場所だ。普段は係留船は少ないので早朝にここに船が係留されていなければ、釣船が全部で払うまでここで竿を出して時間を過ごしてから、係留船エリアに移動するという手もある。

 

ザックリと、腰越港の釣り場を見てきたが、注意点がひとつある。それは港内に浚渫工事の台船が接岸していたこと。期間は3月15日までと看板に書かれていたが、どの箇所で工事が実施されるかは分からない。撮影当日は港内の立入禁止堤防に止まっていたが工事自体は行われていなかった。多少工事期間が長くなっても世間が春休みとなる頃には終了していることだろう。砂泥が堆積してしまっている場所を深く掘る工事だが、泥をかきあげて濁りが入るとその翌日にクロダイが良く釣れるという話は聞いたことがある。春の乗っ込みも近い。楽しみではある。

 





カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM