金沢八景弁天屋 カワハギ釣り

 

釣り仲間が多いほど楽しい時間を共有できる。喰い渋りで厳しい釣果の時にも予想外の大物が1匹でも釣れると自分でなくても嬉しい気分を味わえる。釣りというアウトドアレジャーは不思議な魔力を持っている。今年のカワハギは魚影が薄く個体数も少ないという情報が入って入る。そんなカワハギをこよなく愛する釣部OBの釣り仲間が今回の栗原君である。数は期待できないのを覚悟で乗り込んだ。

 

足を運んだのは金沢八景の弁天屋。10月27日の火曜日。驚いたのは乗船者数である。平日にも関わらず両舷で17人という盛況ぶり。天気は晴れだったが北寄りの風が少し吹き、朝のうちは波がポチャポチャと飛沫が掛かりながら、最初のポイントである第二海堡の岸壁の際。水深11mでスタートフィッシングに。航程は約20分余り。

 

運に恵まれたのは私だった。第一投で全長20cmのカワハギを釣り上げて幸先の良いスタートを切った。だが、そのあとが続かない。船長は早々にこの場所に見切りを付けて、「少しまた走ります。大貫沖から徐々に南下していき、竹岡沖へも向いますから」と細かいポイント移動の順番をアナウンスする。

 

再開後は船中ポツホツとアタリは出るものの、腕の差が出る典型的なカワハギ釣りの展開となってきた。船宿のアサリは新鮮な剥き立てだからヌメリを海水で除去して締め剤を振りかければすぐに硬くなり、エサ付けが楽になる。いつも市販の冷凍アサリを使っているので期待が持てる。鮮度が良いほど喰いが良くなるもの。だが、釣れる人と釣れない人の格差は広がるばかりだ。

 

もちろん、各自得意な誘い方を中心にマメに手返しを繰り返す。オモリが着底するとス〜と2mほど仕掛けを浮かせてから再度誘い下げの落とし込み釣法も繰り返すが、時々仕掛け全体を海底に這わせる釣り方も試みるが、どれもダメ。オモリを宙に浮かせて静かにアタリを待つスタイルで掛かる時もたまにあるが、穂先の感度が優れたロッドを持っている人が確実に有利になる釣り方でもある。

 

アタリが何もなくても、数分後に仕掛けを回収すると3本針の付け餌がすべて消え失せている場面は、今回の釣行では皆無だった。群れが固まっていないというのではなく、カワハギ自体が少ないという印象。10月下旬、水温が20度〜19度と下がっているはず。固まっていれば船中ポツポツという感じでなく、バリバリと数釣れるのが一般的。今年は数釣りは難しいと思った方が良い。かといって良型ばかりかというと、そうでもない。ただワッペンも少ない傾向だ。アサリエサが20秒足らずでなくなる場合は、ワッペンの集団攻撃に遭ったと思って間違いない。

 

だが、竹岡沖も含めて今回訪れたすべてのポイントで、そうしたワッペンには遭遇しなかった。周囲=右舷側のみだが、小型でも17cmはあったように思う。いわば中型サイズが多いという印象。そんな中、右隣の栗原君が昼過ぎに「来ましたよ、大きいのが」と言って硬いロッドを曲げて慎重にリーリングする姿はいつになく、緊張気味だ。ややあって海面に浮いたのは巨大なウマヅラハギだ。全長で40cmは超えていたといった印象。私がビデオ撮影しながらタモ入れしたから目測で判断。細長い魚体のウマヅラだが、肝も入って入る様子。破顔一笑の栗原君にもいつも通りに撮影に協力したもらった。

 

その後、船尾に完備されるトイレで用足しをしていると突然左舷トモに座っていた横浜市在住の前田さんが良型のカワハギを釣り上げて「やっと1匹目ですよ、ボウズを逃れて良かったです」と言ったかどうか記憶は定かではないが、嬉しそうだった。確かに、昼過ぎ頃から少しだけ活性が高まった時間はあった。私もそんな時間になんとか2枚を追加して計3枚を釣り上げるのがやっとだった。

 

船長は「あと50分程度で上がりますから頑張って」とアナウンス。残り10分の時に言わないのが嬉しい。神経を集中しなければ釣り上げるのが難しい魚だけに諦めかけていた釣り人も最後まで粘って数を釣っていた。だが、船中の釣果はゼロも数人いたようだ。こんな日でも腕達者の猛者は16匹も釣るのだから頭が下がる。一度隣に座って誘い方などジックリと観察してみたいとつくづく思った。

 

沖揚がりは午後2時。竹岡沖から50分近くかけて金沢八景の桟橋に戻ってきた。ハッキリと分かったことは今年のカワハギは個体数が少ない中で確実に釣り上げるのは非常に難しいと痛感したこと。ゲストのトラギスやベラの数も極端に少なく、私はドラギスが1匹だけ。フグ攻撃で仕掛けとオモリをロストしたのが1回あっただけ。根掛かりの多い湘南腰越沖に比べると釣りはしやすいが、アタリが少なく、神経を集中する時間がもたない。付け餌の消耗も少なく、消化不良の釣りとなったが、これが今年のカワハギの傾向なのかもしれない。

 

それでも、自宅に戻って肝和えの刺し身をワサビ醤油で食べた瞬間に「また釣りに行きたい」と思わせてくれる。魅力の詰まったムズ面白い釣りであることは確かである。

 

今回の釣行費用はシニア割引を利用して8750円。アサリの剥き身と氷代は無料。P代込み。

 




松輪港あまさけや丸 ワラサ五目釣り

 

釣り人にとって秋の台風シーズンと回遊魚との相性は運任せの難しいところ。当初の計画では、10月11日に釣行する予定だったが、台風の影響もあって断念。悔しい思いを払拭してくれたのが釣り仲間の立神さんだった。狙いは剣崎沖のワラサだ。釣れ具合は好調だっただけに「早くしないと」という思いで仕立て船の幹事役を請け負ってくれたのが立神さん。20数年ぶりにあまさけや丸に電話を入れて速攻で仕立ての予約を入れて、計画を実行。

 

ところが、天候悪化の天気予報に翻弄されて「風と雨が厳しいのでキャンセルするか否か」を半ば強行することで結果的に好釣果に恵まれた。自然相手の沖釣りはある意味ギャンブル性が高い。ただし、最後まで釣り仲間の意向を重視してくれた幹事の立神さんには感謝の言葉しかない。

 

足を運んだのは10月19日の月曜日。平日だったため松輪港の港内駐車場は混雑していなかった。不覚にも当日朝寝坊をしてしまい、皆さんには多大なるごん心配とご迷惑をお掛けして申し訳なかったです。当日の初お披露目の方はひとり、左舷ミヨシの木村さんだけ。後は右舷のトモの江口さん、左舷トモの山川さん、立神さんは同の間に座り、私が珍しく右舷ミヨシに釣り座を設けた。といっても全員で5名の大名釣りスタイル。ワラサが走ってもなんとか取り込めそうな布陣である。

 

定刻の6時30分より15分早く、港を離れてゆっくりと最初のポイントに到着するまでわずか20分足らず。心配していた北東風は予想より弱く、推定で風速7m程度。波もウネリも大したことはなく、充分ナギに近かった。天候も曇天ながら小雨も降らず沖揚がりまで快適な釣りを満喫することができた。

 

さて、最初のポイントは指示ダナが52m前後。海面からのタナ取りでハリス分を沈めて2〜3回に分けてコマセを巻きつつ、指示ダナに合せる。ハリスは8号6m。これにクッションゴムを天秤から連結させる。私は1mより短い3mm50cmを選択。タナボケを回避したかったからだ。仕掛けは立神さん自作の信頼性の高いモノ。ハリスにヨレができないように円形の仕掛け巻きに収納。針の結びも完璧。安心して使えるのでここ最近はお世話になりまくり。感謝である。

 

私の竿が曲がったのは午前7時少し前。約2年ぶりのワラサ釣りだけに強烈な突っ込みで少しだけ慌てたが、船長から「モノが大きそうだから少しドラグを緩めて慎重に」とアナウンスされてしまい、こちらも緊張しまくりに。電動リールをスローで巻きながら無事に立神さんのタモに収まった。だが、サイズは想定よりやや小さく後検寸で全長60cm、2.3kg程度だった。今年最も多いイナワラサイズだ。それでも船中最初のイナワラだけに嬉しいさ一杯。針が口回りから外せずに次の流しは1回お休みに。

 

すると、その後船内でポツポツとワラサやマダイも釣れ始めて活気づく。最高潮に盛り上がったのは右舷ともの江口さんが釣り上げた推定6kgオーバーのマダイ。写真撮影をさせてもらい「デカっ」の言葉が連発する場面も。新宿の香りはどうだったのでしょうか? これは内輪だけの話。

 

その後、潮が速くなり船長は機転を利かせてマダイ釣り場へ転向した。これが功を奏したのか、私も小ぶりのマダイをキャッチ。左舷ミヨシの木村さんもマダイやらイナワラなど立て続けに釣り上げて嬉しそう。潮変わり近くの12時30分前後には船中でイナダやマダイが連続で釣れ続く場面もあり、タモ入れラッシュが続いた。私はハリス6号6mの市販仕掛けで1.3kgのマダイも釣り上げた。

 

最後は全員本命を手にすることができ来て、喜色満面の嬉しい好釣果に恵まれた。特に左舷トモの山川さんはクーラーBOXに入りきれない魚に困り顔。立神さんも待望の良型ワラサを手にして満足そうだった。マダイと青物、両方手にできた人が多く、船中、久しぶりに大漁節が鳴り響きそうな印象だった。

 

今回の釣行費用は、3kgのオキアミコマセに氷をセットして一人9700円。帰りに港の漁協でひとつ100円の増し氷を2杯追加して200円。合計9900円。マダイ2匹にワラサと2匹のイナダ=全長48cmが釣れれば大満足でしょう。船長と剣崎沖の豊穣の海に感謝!

 




腰越港池田丸 カワハギ釣り

 

秋口になるとどうしてもボート釣りで釣りたい魚がある。カワハギだ。味覚的にもサイズ的にもこの時期に釣らないとワッペンサイズが多くなってしまうため乗合船が入り込めない金田湾近辺で手漕ぎボート釣りを楽しみたかった。

 

ところが、10月下旬に予定していた好天日はどの日も北風が強く東京湾でのボート釣りを断念せざるをえなかったのだ。天気が晴天でも北風に弱い東京湾では、ボートが出せない。そんな日が月末に掛けて3日間も続いてしまった。

 

仕方なく、地元湘南エリアでのボート釣りも検討してみたが、それも風の影響で諦めざるをえなかった。毎月月初は仕事がスタートするため、なんとかカワハギを釣るために9月中の乗合船に変更。結果的に釣部OB仲間との同行者はなく、私一人での釣行となった。腰越港の池田丸に乗り込んだのは9月30日の水曜日である。

 

天気は晴れだが、予報通り北風が朝のうち少し強く吹いていたが、波立つほどではなく、無事に左舷胴の間で竿を出すことができた。ただし、北東風の相模湾は左舷に座ると午前中は完全に日陰になり、寒いこと甚だしい。陽が当たるミヨシ側ならまだ良かったが、先客がいたので仕方がない。

 

驚いたのは最初のポイントまでが近いこと。なんと港から出航して5分で開始の合図が出るとは。最後に乗り込んだ私は準備が遅れて、船長からのアナウンスがあった時点ではまだ仕掛けにハリス付針をセットしていた。これでは、真剣味が足りない。難敵のカワハギを釣る姿勢に問題があると指摘されても返す言葉がない。因に針はハゲ針系の4.5号を選んだ。大きな針で小型を避けたかったからだ。

 

さて、ポイントまでが近いことは例年通りだが、江ノ島裏磯がすぐ近くだ。水深は20m〜28m前後。時々オモリが根掛かりする複雑な地形が多い。とはいえ、終日オモリ(25号)をロストしたり仕掛けごと全損することは1回もなかった。

 

水温がまだ高いためか回収した際にオモリを握ると暖かい。釣り座が寒いから余計にそう感じたのかもしれない。仕掛けはダイワ製の幹糸仕掛けを使った。ハリスの位置を自由に変動できるスグレもの。3本針の位置を釣れてくるゲストの架かる場所などで幅広くしたり、縮めたりできる。この時期は確かに定番ゲストが多い。キタマクラやササノハベラ、トラギスがゲストの御三家といっていい。高級ゲストはカサゴだ。私には釣れなかったのだが。

 

やっと1匹目のカワハギが釣れたのは午前6時30分を少し回った頃だった。少し根が点在する所だったが、餌盗りのゲストを避けて、オモリが着底したらすぐに2mほど巻き上げてから竿先を揺らしつつ、少しずつ誘い下げる方法。ゲストに喰わせるアサリはない! と念じつつ再度オモリが着底したら今度は少し仕掛けを弛ませて、1秒待ってから聞き上げるスタイルが個人的には好きだ。魚を下に向かせて針に掛ける作戦。

 

ただ、根が複雑な場所では根がかりに要注意。オモリが岩に挟まれたらすぐにロストしてしまうからだ。そんなリスクを知りつつ、宙の釣りも交えてから色々と試してみた。やはり、自分の信じた誘い方で釣れると嬉しいものである。

 

だが、最初の1匹目がワッペンだとガックリする。目測で16cm前後。リリースしなくても充分腹が膨らんでいたので肝和え好きとしては当然キープ。次の2匹目も15cm前後と小さい。この時期にはまだワッペンは少ないはずだが、湘南エリアでは多くなっているだろうか。

 

左舷は私を含めて3人。釣り方を参考にするためにトモに座った浦さん(中野区在住)を少し眺めていたら、良型のカワハギを釣り上げていた。その後、港に戻ってから駐車場で浦さんに声を掛けてこのブログ用の撮影に協力していただいた。その節は有り難うございました。

 

型の良い、せめて20cmオーバーが釣れるように最後まで粘ったが、最大で全長17cmとは情けない。カワハギ独特のカンカンカンという鋭く金属的な突っ込みは味わえなかった。それでも数はなんとか5匹まで達成。お土産に華を添えるためでもないのだがベラの煮付けが好きなので3匹は持ち帰った。

 

午後1時に沖揚がり。港まで約5分で接岸。確か出船が定刻より15分も早かったのに帰港時間は午後1辞5分とはなんとも良心的である。当日の船中釣果は0〜12尾。全長15〜28cmだったとのこと。

 

なお、当日の釣行費用は釣割の前日割を利用して乗船料金は1人6000円。アサリの剥き身エサは別途持参。氷代は100円。港内P代は1台1日500円。

 




金沢八景弁天屋 午前タチウオ釣り

 

台風12号が関東地方へ向けて接近中という天気予報を確認してから「もうこの日しかない」と決断したのは9月22日秋分の日。天気は下り坂で午前中なら晴れ間も出るとの予報で金沢八景の弁天屋、午前タチウオ釣りに釣部OB仲間の斉藤さんを誘って出掛けた。北東風が風速8m前後吹くという不安はあったが、午前船なら特に問題はないと判断。前日に予約の電話を入れて当日は出船の1時間以上前に到着し、運良く左舷トモとトモから2番目の釣り座を確保できた。

 

7時20分、定刻より5分遅れで桟橋を離れた。向ったのは最も魚影の濃い観音崎沖。30分足らずで最初のポイントに到着。水深60m前後で釣り開始となった。船長の指示ダナは「底から20m上まで」とアナウンスされた。片天秤にオモリ60号のハリス6号2m1本針(2/0サイズ)で終始使い続けた。オモリには輝きのあるラメ入りを使ってみた。付け餌はサバの短冊。皮側から針を刺し、2回縫い指してまっすぐになるようこき上げてにケンで止めること。

 

釣り方は夏タチウオと同様に40cm弱の短い幅でシャクリ上げて行く。リールのハンドル回転は3分の1か2分の1程度でいい。スピードも比較的早く鋭くといった感じ。待ちのポウズ(待ち時間)は無しで続けて誘い上げて行く。すると、ラッキーにも52m前後でガガガッと強烈な突っ込みで大きくアワせると、運良く針掛かり。グイ〜っといつつも通りの刺激的な引き込みで釣れてきたのはレギュラーサイズ。全長80cm強といったサイズ。決して大きくはないが、強引な引きを満喫できたのは嬉しい限り。これでボウズはなくなった、という安堵感が心中に染み渡る。

 

立て続けにこんどは喰いダナが48m前後で強烈なアタリが出た。モーニングサービスなのか食い込みの良い、鋭い突っ込みで2本目をキャッチ。型はほぼ同サイズだが、開始から2本目を2投で抜き上げると気分がいい。誘い方が今日のタチウオに合致していると言うことだ。

 

だが、毎日のようにサバ餌で針に掛けられているタチウオにも飽きがくるのも理解できる。午前中の潮変わり、満潮8時13分を過ぎて潮止まりが約30分あるとして、その後のアタリは遠くなってしまった。どんな魚でも潮変わり直前直後はアタリが多いが、日によっては下げ潮になると食い気が落ちる日もある。気難しい魚だ。

 

同行してくれた斉藤さんは昔のインナーガイドの長い竿を使ってリールも手巻きリールにこだわる。だが、アタリはあるものの針に掛けられない。誘いの速度がやや遅いのか、アタリはあっても追い掛けてこない。スピード感のある誘い方をするには長いロッドは少し不便だ。

 

理由は長いために自重が重く、上方へとシャクる速度とテンポが不連続気味になり、疲労感が増すため。軽快に連続して一定の誘い方を約3時間近く続けるには、2m弱の竿に小型電動リールとのコンビが必須と思っているのは私だけではないだろう。決して高額な専用竿はいらない。アタリを引き出して掛けて釣る、タチウオ釣りには必要不可欠だと思う。

 

私の右隣に座った吉田さん(世田谷区在住)は1.8m前後の短いロッドで小さい幅出小刻みにシャクりながら、当日の最大ドラゴンを釣り上げた。全長はなんと118cmとか。船長からメジャーを手渡されて計測を依頼されていたほど。写真撮影にも協力頂き、有り難うございました。

吉田さんの凄いのは引き出しの多さだろうか。まだタチウオ歴2〜3年程度と謙遜していたが、研究熱心と感じた。アタリが出ても追い掛けてこない場合は、その場ですぐに6回程度のタタキをいれていた。この誘い方で掛けていた1本もあったようだ。

 

結局、午前10時50分に無念の沖揚がり。私は10時頃に小型を1本追釣して合計3本の釣果。写真は2本だが、1本は斉藤さんへ進呈。当日の竿頭は5本というから前日よりも喰い渋ったということだろう。残念にも斉藤さんはボウズに泣いた。「朝イチ番のアタリをバラしてしまったのが敗因。悔しいが仕方がない」とうなだれていた。

 

なお、当日の釣行費用はシニア割引を利用して5530円。確か通常の15%引きとか。嬉しいサーピスである。付け餌のサバ短冊と板氷は無料。ただしP代は1台500円。合計で6030円。

 



片瀬漁港萬司郎丸 カツオ&キハダ釣り

 

2020年8月の猛暑には閉口した。高い湿気とのダブル攻撃で辛い日が続いた。熱中症に留意しながら仕事を進めつつ、早く秋の気候に移行してくれないものかと気を揉んだのは正直なところである。海釣りも暑いだけで集中力が落ちるもの。

 

そこでやっと訪れたのが最高気温が30度前後9月10日木曜日、しかも曇天とくれば行くしかないでしょ、沖釣りに。仕事を後回しにしてでも釣りたい魚が相模湾で8月末頃から活況となっていたからだ。本ガツオである。まぁ、大物のキメジも含めてだが、年に一度のお祭りには参加しておかないと悔やんでも悔やみきれないのだ。

 

そこで相模原市の釣り仲間でもある立神さんと病み上がり直後の江口さんを連れ立って足を運んだのは私の地元片瀬漁港の萬司郎丸だ。昨年もカツオ釣りには行ったが、確か2本程度の釣果と記憶している。そんな釣り人に嬉しいのが受け付け時に受け取れる「リベンジ券」だ。氷付きで乗船料金が破格の8500円だから驚き。カツオ釣りの釣行費用として格安だろう。


もちろん、3kgのオキアミコマセと付け餌は別途。これで1500円がプラスとなるが支払い額合計で1万円という金額は嬉しい。しかも、同行者5名まで同料金だ。なんと私以外の2名はカツオ釣りが初挑戦。いつも気合いの気合いが入っている立神さんは早朝4時30分には港内に到着。釣り座を確保してくれて感謝である。手作りの仕掛けの準備にもぬかりはない。船長が港を離れたのは午前6時。9月10日木曜日の平日にもかかわらず熱狂的なカツオファン12名を乗せて最初のポイントを目指す。

 

航行すること約30分足らずで二の宮沖付近に到着してすぐに釣り開始。船長の指示ダナは10m前後と浅い。かつおの群れの方向を考えての待ち伏せ投入が始まった。ビシは80号。ハリスは14〜18号前後。長さは2mがベスト。コマセはオキアミで付け餌もオキアミだ。1匹掛けでOKだが、抱き合わせの2匹掛けも悪くない。餌を目立たせるという意味では効果的。

 

1投目から本命カツオを掛けたのは立神さん。船中1本目はやや小型だが初挑戦で1本目を取り込むとは素晴らしい! その後、点々と船長はカッオの群れを追い掛けて移動を繰り返す。カツオ釣りというのは群れをどれだけ早く探せるかがキモ。食い気のある群れを探して西へと船を走らせる。午前8時過ぎには小田原付近まで追い掛けてきた。西湘バイパスの橋脚がハッキリ見える場所まで近づき、丹念に群れを探索してくれた。そのおかげで私の竿も大きく曲がって最初の1匹が釣れた。

 

カツオの取り込みはとにかく大変。海面まで引き上げた魚をタモアミになかなか入れられないのだ。理由は浅いタナで掛けているため元気一杯で右往左往、縦横無尽に駆け回りタモに入らない。凄まじいパワーとスピードで海面近くまで仕掛けを巻き上げるだけでもひと苦労だ。それでも口の堅い場所に針掛かりしていれば取り込めるのだが、両隣の釣り人のハリスや道糸に絡むとほとんどの場合、針外れとなる。これはカツオ釣りの宿命だが、当日の右舷は5人だけだったが、バレは相当数。たぶん釣果の3倍以上はバレていたことだろう。

 

船長の話では「ハリのサイズを15〜16号に大きくすればバレは減る」とのこと。だが口の堅い場所に掛からない限りはそれも難しいと思う。海面での強烈な疾走と仕掛け同士の絡みがあれば大半はバレてしまうはず。それがカツオ釣りのある意味醍醐味でもあるのだ。私はカツオ釣りというものは数を釣るのではなく、上手く針に掛けて素早く取り込むこと。これに尽きると思う。上顎の硬い所に針を掛けられるかどうか、これが釣り人の実力の評価基準だと考えている。

 

当日も確かにオマツリでのバラしの他に針外れ、ハリス切れなどを含めて豪快なカツオとのヤリトリを満喫できた。そうして仕掛けを準備万端に用意してくれた立神村に感謝である。実は私は今回も仕掛けをほとんどお借りして釣りをさせてもらった。釣り人としては恥ずかしいことである。自前の仕掛けが作れなかったことは事実だが、市販仕掛けも充分に用意してきたのだが、彼の丁寧な結び方、収納の方法を診ると、どうしても使いたくなってしまう。甘えの精神が抜けない私はまだまだ未熟者だ。南方はえ縄結びに漁師結び。カツオやキハダを釣る人には必須の結びと断言できる。

 

結果、午後1時に沖揚がり。立神さんは6本、江口さんは8本も釣り上げというから驚きだ。私はクーラーBOXのスペースを考えて3本にしおいた。凄い負け惜しみだがカツオ釣りというのはギャンブルであり、群れいなければボウズの日もあると覚悟して欲しい。1本の価値を真剣に考えて新鮮な状態で持ち帰って欲しい。この時期の氷は必ず多めに入れておきたい。

 

私の釣果は3本だけだったが、最大は全長49cm。最少でも43cmあった。3本目を漬けにして捌いたのはなんと12日の土曜日だ。それでも7日月曜日の夜でも酒の肴として絶品を口の中に披露してくれている。醤油、料理酒、みりん少々、それに卸し生ニンニクを入れて漬けるだけ。中落ちの身肉も素晴らしい味を数日間、堪能できるのだから相模湾のカツオ釣りは止められませんね。

 





カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

うみつりネット facebook

更新情報:Twitter

YouTube チャンネル

新着記事タイトル

カテゴリー

月別記事

うみつりネット・おすすめ商品

 (JUGEMレビュー »)

釣り専門出版社の地球丸から5月下旬かに発売された「関東周辺防波堤釣り場ガイド」は北は茨城県大津港から南は静岡県静浦港まで全53港の釣れる絶好ポイントを網羅しました。港の足下の水深から各ポイントの海底状況はもちろん、駐車場、トイレ、最寄りの釣具店など最新情報を盛り込んで制作しました。巻頭カラーページではアオリイカやイナダ、クロダイなど人気魚種の釣り方解説や仕掛け情報も掲載しました。総ページ数144で本体価格1500円+税です。各港のカコミ記事にはグルメ情報や釣具店情報も入れました。うみつりネットの筆者自身が足で取材した渾身の自信作です。できれば書店で手に取ってご覧下さい。

うみつりネット・おすすめ商品

うみつりネット・おすすめ商品

海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4)
海釣り最強バイブル 4 熱釣!根魚塾 (メディアボーイMOOK 海釣り最強バイブル 4) (JUGEMレビュー »)

カサゴ、アイナメ、メバル、ソイなどの根魚は定着性が強く、移動する距離や範囲は少ないという。そんな根魚のポイント攻略法を徹底的にまとめあげたのが本書。消波ブロックや堤防際の隙間に身を潜める根魚をエサとルアーで根こそぎ釣りまくる戦術を詳細に伝授する渾身の力作である。関東周辺を調べ尽くした永久保存版だ。

リンク

著者プロフィール

ブログ内検索

その他

ケータイサイト

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM